IS~傷だらけの鋼~
作者:F-N

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

全話感想

東京<アズマ キョウ>  2019年04月14日(日) 20:26 (Good:2Bad:1) 報告

(すっかり周回遅れ気味ですが見ないふりして24話の感想を…)
◆一夏君の癒しイベント、外出。原作とは異なり隆道さんがいるお陰で一夏君に直接コナかけてくる人たちは少なくなってはいるかもしれませんが、それでもIS学園内での一種の異物として周囲の女子から意識されてそうでであったり隆道さんがそばに居ないときはハニトラ紛いの接近とかもあったりそもそも男女の生活習慣の違いとかで気疲れしてるでしょうから、五反田君の「IS学園=ヘヴン」の理想には到底同意できないでしょうね。
尤も、一夏君があの環境を天国だと受け容れちゃうタイプの男子だったら今以上の問題が色々と起きてそうですが。つまり五反田君がIS学園に入学することになればトラブル間違いなし。五反田君OUT(ただこういうタイプの男子がいればきっと隆道さんも年相応の笑いとかできるのかもしれませんが。一方で対女性観の辺りで決裂しそうでも…)
◆蘭ちゃんのプライベート暴露、でも今の一夏君はIS学園で滅法露出に鍛えられてるから安心。まぁIS学園の薄着女子たちの何割がただの薄着なのやら…?(見せつけている可能性もありそうですし。)それと隆道さんにエンカウントした女子は残念だったね…当然だけど。
◆本来なら快く蘭ちゃんの指導を引き受けるシーンなのに、今の一夏君はまるで戦地帰りの経験者みたいな貫録が出てる。実際、何の考えなしに発言したために起きたセシリアとの決闘エピだったり、一夏君や隆道さんがいたがために起きたであろうイレギュラー等を考えると「皆を守りたい」という信条のある一夏君なら簡単には合意できないでしょうね。原作だと酷い目にあったのが一夏君だったこともあって、恐らく「自分が犠牲になる/傷つく」事を厭わない一夏君ならイレギュラーをあまり気にしてなかったのでしょうが、実際には隆道さんが犠牲になり血を流しズタボロになってしまったのでその意識に違いがでたんでしょうね。(惜しいのは、そうした犠牲が今後も起こってしまうであろうことなのですが)
◆一夏君の平穏の裏にある隆道さんの苦難。「この世界は───残酷である。」の一言がどこまでも隆道さんに付きまとうのが辛い。ただ、そんな隆道さんにいつか「救い/報い/平穏」が訪れることを願いつつ、この作品を読んでいる自分がいます。目が離せません。

◆感想の連続投稿をまたやらかしました。感想を纏められない…

返信:F-N 2019年04月16日(火) 12:42

感想ありがとうございます。遅れながら返答を。

◆>一夏君があの環境を天国だと受け容れちゃうタイプの男子だったら今以上の問題が色々と起きてそうですが。

そうなってしまったら、よくあるような改悪サマーorオリ兄orオリ弟的な存在に………。

◆>本来なら快く蘭ちゃんの指導を引き受けるシーンなのに、今の一夏君はまるで戦地帰りの経験者みたいな貫録が出てる。

セシリア戦と無人機戦の展開は原作と違えど、ぶっちゃけなんで安請け合いしたんだと疑問に思う訳ですよ。
オリ主の教え(四話)と今までの経験によってこうなるのは最早当然のこと。

◆>一夏君の平穏の裏にある隆道さんの苦難。「この世界は───残酷である。」の一言がどこまでも隆道さんに付きまとうのが辛い。

死神が鎌を持って常にオリ主の背中に張り付いている状態とでも言っておきましょうか。
まだ原作でいう二巻の冒頭です。今後の原作イベントだけでなくぶっ飛んだオリジナル回もいくつかありますのでその時まで。


通りすがる誰か  2019年04月08日(月) 08:16 (Good:2Bad:0) 報告

久々にお邪魔します!

菜月先生、まさかのラブ!? よくちーちゃんや山ピーばかり見るから珍しくも良いですね~♪
それが叶うかは彼次第ですが…(笑)

髑髏は…過去に色々あったとしても、人を見定める目をまるで養ってないですね…それじゃ女尊男卑な輩と全く変わらんっすわ。

元号は書かれてませんが、公式外伝の『アーキタイプ・ブレイカー』で「2022年」とハッキリ出てますよ。
シナリオビューなら発売されてますので、参考にしてみてはどうでしょうか?


-追記-

確かに令和4年になりますね。私は取り入れて問題ないと思いますよ。

返信:F-N 2019年04月08日(月) 06:55

感想ありがとうございます。そしてお久しぶりです。

男運が無い榊原先生。このキャラクターを見つけた瞬間、話に組み込みたい衝動に駆られましたね。ピッタリじゃないかと。

『髑髏』の攻撃判断が『無害』か『有害』かですからね………。何より教師二人が来た目的とタイミングが悪すぎるっていう。
正直に行っていればワンチャン………?

シナリオビュー売ってたんですね、ちょろっと見てきました。でもなぁ、和暦(西暦)を知りたいが為に買うってのも………。
2022年との事なので和暦にすると令和4年ですね。これ組み込んでいいのかなぁ………。

追記
西暦を設定、和暦を追加しました。情報ありがとうございます。


ryusei495  2019年04月08日(月) 02:26 (Good:1Bad:0) 報告

リアルにある歌の歌詞載せると下手し非公開にされるか消されますよ〜 何人もそれで痛い目見てますから

-追記-

ふんふんふーんみたいにハミングにするか「♪〜」みたいに音符の後に〜をつけたりみたいにするといいかもですね

返信:F-N 2019年04月08日(月) 06:52

感想ありがとうございます。

げ、マジ?と思い規約を読んだらありましたね、完全に見落としてました………。
んんー、これぐらいならまだグレーゾーンな気がする………。いや、もしもの事を考えて修正、ですかね。

追記
本当はあのままにしたかったのですが、怖くなったので鼻歌に変更しました。アドバイスありがとうございます。


風華 楓  2019年04月08日(月) 00:30 (Good:0Bad:0) 報告

最初から正直に話していればなあ……、敵意を向けられたとしても会話の余地はあったかもしれない。

返信:F-N 2019年04月08日(月) 00:40

感想ありがとうございます。
可能性はあった、かもしれないですね。
半端に警戒した結果拗れちゃいましたが。


眞川 實  2019年04月07日(日) 22:17 (Good:0Bad:0) 報告

女尊男卑の被害者は何も男だけではない。
ということですね。この女の子は。
何故かすごい気になる。

ただ、シャルロットとラウラはシャルロットが同情的に書かれる事が多いけど、柳くんにとってはーーー

返信:F-N 2019年04月08日(月) 00:37

感想ありがとうございます。
この女の子はいったい何を見てきたのだろうか?
ところで、先生達が両親の事を聞いた際に女の子は『お父さん』しか言ってないんですよね。なんででしょうね。

今後出てくる二人はなー………オリ主にとってそりゃあ水と油というか………。


Goetia.D08/72  2019年04月07日(日) 19:07 (Good:1Bad:0) 報告

 町一つの規模でここまで過剰に警戒するとは……。
隆道が学生の頃に一体何があった?
しかし今回の一件はひたすらに二人の認識が甘かったとしか言いようがありませんね。
 この町や髑髏は、ISの発展に反比例して産まれた闇そのもの……なのか?

 根羽田さんの胸部装甲は戦艦級…と、少なくとも大和型姉妹やプリンツ辺りには届くカンジですな。
そして遂に登場した真のメインヒロインである……。
生身の戦闘力ではラウラに匹敵する可能性を持ち、性格は例え寂しくても何時までも何処までも待ち続けるタイプで、恐らく箒を上回る胸部装甲の持ち主。
(鈴?ラウラ?ふっ…戦闘力たったの5か、ゴミが。)
エエやん……。

 髑髏の人達を見て、グラップラー刃牙初期の武装不良集団を思い出しました。でも何で女子まで?
結成までの話とかは、回想待ちですか?

 ミスミソウの花言葉……、なるほど。

返信:F-N 2019年04月07日(日) 20:29

感想ありがとうございます。
何もオリ主だけではないんですぜ………。
ただの聞き込みだったら監視される程度で済んだんですがね。それだと住民は絶対に協力しませんが。
認識の方は仕方ないとしても、来た目的と来るタイミングが非常に悪すぎた。(家政婦は何度か政府(更識)に追い掛けられ、既に何者かに襲われている)

家政婦の胸部装甲は正に『圧倒的』。
戦闘力は………うーん、ここは伏せますね。

男だけかと思いきやまさかの女子(?)。
何故女子(?)がいるのかは、次回以降に出るほんの少しの回想で察していただけたらなぁと。
まぁ、要するにアレですよ。この過激となった社会によって被害を被った人間はなにも『男だけ』ではないということです。

>ミスミソウの花言葉……、なるほど。
気づいてしまったか………。


バンバード  2019年04月07日(日) 18:05 (Good:1Bad:0) 報告

もしかして>>BeHinD yOU.┓┏.
ああ、まだ闇はあるのね。嬉しい、愉悦が捗るわ。
うーん、脳内お花畑人間は一回殴られればいいんじゃないかな!(なお武器の指定はない)

返信:F-N 2019年04月07日(日) 20:03

感想ありがとうございます。
>もしかして>>BeHinD yOU.┓┏.
似ている………!?

闇はまーだありまっせ。
あ、相手が死んじゃうよぉ………。


1542  2019年04月07日(日) 16:31 (Good:2Bad:0) 報告

いつも読ませて頂いてます
面白いので、次回が楽しみです!

返信:F-N 2019年04月07日(日) 20:01

感想ありがとうございます。

ありがとうございます。励みになります。
更新頻度は遅いですが、今後ともよろしくお願いします。


剣聖龍  2019年04月07日(日) 16:05 (Good:1Bad:0) 報告

西暦だと、アーキタイプ・ブレイカーからの情報では西暦2022年だそうです。

返信:F-N 2019年04月08日(月) 06:54

感想ありがとうございます。
となると原作開始時の和暦は令和4年………となりますかね。
んー、どうしましょ。

追記
開始時の西暦を設定、和暦を追加しました。情報ありがとうございます。


東京<アズマ キョウ>  2019年04月02日(火) 01:51 (Good:1Bad:1) 報告

(後半です。もう少しお付き合いいただけますと幸いです。ほかの方には感想欄を埋めるご迷惑をおかけしてすみません)
◆深夜の一幕。攻殻機動隊のインターセプター事件を彷彿とさせるようなやり取りでその後の展開が気になる終わり方なのがにくい。更識家に対するあり得る不信感に触れた辺り鱗が落ちる思いでした。「更識家が日本所属の暗部だから大丈夫だな」とつい思いがちなところに対する警告めいた先輩の一言が私にも刺さりました。楯無さんは読者視点では信用できるとしても、実際に更識家に対峙する組織の人たちにとっては、ましてや更識家の構成員が信用しきれるかというのは別の話ですね。(そもそもこの後輩さんが本当に「更識家に報告しようとした」のかまでは判りませんが…)
◆隆道さんに圧し掛かる血と悪意と冤罪に塗れた経歴。その端々に隆道さんを守らんとする意志が見え隠れしますが、これは元母と思わしきあの人による努力の結果なのか。ただ経歴ロンダリングしたとしてもこう何度も実施可能となると、司法にも口が出せる強力な存在が居ることになりますが…謎が多い。せめて隆道さんを助ける理由が打算的・悪意のあるものでないことだけを祈ります。
◆『飼主』の指示を受け、隆道さんへの敵愾心を露にする大男。嫌な予感しかしない(隆道さんにも、大男にも、『飼主』にも。あとこれから起こることへの対応が降りかかってきそうな千冬さんにも)。判っているのはこの大男が大願を果たすことはなさそうだなぁというのと、『飼主』に切り捨てられることですね。『飼主』の破滅は…五分五分かな?そして会話中に出てきた「髑髏」のチーム名。前話との関連を考えると反女性団体思想の暴力組織なんでしょうけど、気になるのが大男の言った
「『彼奴等が来る前に仕留めねえとなぁ。用心しとけ』」
の一言。仮に「髑髏」が予想通りなら主な攻撃対象は女性団体なんでしょうが、何故大男達が隆道さんにアクションを起こそうとすると「黙っていない」のか。シンプルなのは『飼主』側から女性団体が派遣されてくるか、或いはこの大男のグループ自体が女性団体の下部組織だから、なんでしょうが…最初に私が予想したのは
「もしかして『髑髏』は隆道さんに対して何らかの思惑を持っている?」でした。それこそ千冬さんや束さんに心酔するような、そういう組織なんだろうかと。24話の展開が気になってきます。まぁまた隆道さんが大けがするんでしょうねぇ…。

◆24話タイトルが不吉すぎる、そして根羽田さんが活躍する…?
最新話、期待して読ませていただきます。
乱筆乱文、失礼いたしました。

返信:F-N 2019年04月02日(火) 19:28

引き続き返答を。
◆>更識家に対するあり得る不信感に触れた辺り鱗が落ちる思いでした。「更識家が日本所属の暗部だから大丈夫だな」とつい思いがちなところに対する警告めいた先輩の一言───。
>読者視点では信用できるとしても、実際に更識家に対峙する組織の人たちにとっては、ましてや更識家の構成員が信用しきれるかというのは別の話ですね。

当主が『IS操縦者』で、おまけに他国である『ロシア代表』。当主の事を知っていなければ間違いなく信用しない人間はいるでしょう。作者だったら絶対信用しません。

◆>隆道さんを守らんとする意志が見え隠れしますが、これは元母と思わしきあの人による努力の結果なのか。ただ経歴ロンダリングしたとしてもこう何度も実施可能となると、司法にも口が出せる強力な存在が居ることになりますが…。

バカデカく重要な内容の一つなので真相はだいぶ先ですね。
いつ頃判明するのか?………今作品の中~終盤辺りですね………。
もしかしたら作者がどこかでミスってポロっと出しちゃうかもしれません。

◆>『飼主』の指示を受け、隆道さんへの敵愾心を露にする大男。嫌な予感しかしない。

ヒント。『R-15』『残酷な描写』←重要!!!

>「髑髏」のチーム名。前話との関連を考えると反女性団体思想の暴力組織なんでしょうけど───。
>何故大男達が隆道さんにアクションを起こそうとすると「黙っていない」のか。
>「もしかして『髑髏』は隆道さんに対して何らかの思惑を持っている?」でした。それこそ千冬さんや束さんに心酔するような、そういう組織なんだろうかと。

くそっ早く読者の方々に『髑髏』がどんな奴等なのか見せたい………!
でも、絶対ドン引きされるんだろうなぁ………。

>まぁまた隆道さんが大けがするんでしょうねぇ…。

怪我はしないよ!………『まだ』ね!

◆>24話タイトルが不吉すぎる、そして根羽田さんが活躍する…?

もう二十四話を読んでいるでしょうから不要でしょうが、文字数の関係で家政婦は出せませんでした………!



ここで一つ念押ししておきますね。

今作品は『R-15』『残酷な描写』があります。

決してブラックなだけの作品で留まらせません。

ガッツリと『R-15』と『残酷な描写』タグの仕事をさせるつもりです。

読者がドン引きするくらいのを目指しています。

ぶっちゃけ言うと、展開を考えた作者本人も戦慄しました。

その第一ウェーブとしてご用意したのが今回の『暴力だらけの日曜編』です。

その時までお待ち下さい。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。