セいしゅんらぶこメさあゔぁント
作者:負け狐

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

紫苑01  2019年02月10日(日) 15:34 (Good:0Bad:0) 報告

あーしさんにしてみたら…
いろはをライバル認定しようとしたら二股女でしたって…キレるよね…( ̄▽ ̄;)
しかも意中の人が他の女性とニコヤカに登場したら…
誰にとっての災難になるだろう…乙女おかんのあーしさんが可哀相に思えてきた…( ;∀;)

返信:負け狐 2019年02月13日(水) 01:26

まあいろはすも葉山狙いなのは間違いないんですけどね、八幡は現状そういう対象にあらず。

その誤解とさらなる誤解が重なり、何か知らんうちにあーしさんが話の中心に……!
あれ? 戸部は?


maru114  2019年02月10日(日) 07:12 (Good:0Bad:0) 報告

ゆきのんも、あーしさんが現れたのは想定外だったと思われますが、状況を把握したらイイ表情で麻婆を食べ始めそうですね。

返信:負け狐 2019年02月13日(水) 01:24

ゆきのんが玩具にするのは基本的に葉山とヒッキーの二人に限定しています、多分。

それ以外の人は自重するし大切にするよ! 仲間が大事なところ『だけ』は原作ゆきのんだよ!


足利ヨシムネ  2019年02月10日(日) 00:09 (Good:0Bad:0) 報告

雪ノ下はアレだ。

ボヤを見つけにいってガソリンぶっかけたあとに火炎放射機で燃やすつもりだ。

返信:負け狐 2019年02月13日(水) 01:22

それをやるのは雪ノ下は雪ノ下でも陽乃さんの方ですから……。

ゆきのんはもうちょっとだけマイルドですよ、うん。


全話感想

明夏羽  2019年04月20日(土) 05:21 (Good:0Bad:0) 報告

八幡とガハマさんがバカップルしてるのも最高だしゆきのんが若干はるのん寄りになってて最高だし葉山がゆきのん嫌いって言いつつも楽しそうにしてるのも最高だしあーしさんが葉山の素を見てから好きになってるのも最高。(ここまで一息
他にも色々最高な部分はあるけれど
何よりみんな仲よさそうで最高だと思う。

これからも楽しみにしてます。
頑張ってください。


紫苑01  2019年04月18日(木) 02:36 (Good:0Bad:0) 報告

姫林檎飴(小サイズ)だったら無理にでも一人で食えただろうに…( ̄▽ ̄;)
林檎で間接キスはアダムとイブの知恵の実のように
エデンの園(今の生ぬるい付き合い)から追放(ハードな付き合い)って事じゃないですよね?

小説内では触れなかったけど…
チョコバナナのチョコだけを舐めるって暴挙をガハマさんがやらなくて良かった…ヽ(´ー` )ノ


ハインツ・ベルゲ  2019年04月15日(月) 22:19 (Good:1Bad:0) 報告

お祭りのリンゴ飴ってなんであんなむやみにでかいんだろうね(もうちょっと小さなサイズのリンゴだってあるのにな)
買ったはいいが食いきれなくて、ビニールに入れて持って帰ったはずがカバンの中でこぼれてて大惨事になった嫌な思い出が……

自分語りして甘酸っぱさ中和してみようと思ったけどダメでした!
やだもう結衣がおばかで和むぅ……


ラディカル  2019年04月15日(月) 16:36 (Good:0Bad:0) 報告

甘い!
余りの甘さに、空間が固形化して氷砂糖に成りそうですね(*´ω`*)
しかし、ガハマちゃんアレをマジで天然で言ってるとしたら、ホントに恐ろしい娘ですねw


通りすがりの暇人  2019年04月15日(月) 13:13 (Good:3Bad:0) 報告

おう、あく付き合えよお前ら


朱鯉  2019年04月15日(月) 10:24 (Good:1Bad:0) 報告

色気を満たしつつ食い気に走るガハマさんかわいい(浄化)
もう八幡は自分が捕獲したって無意識で思ってそうですね。
結果ガハマさんが無敵すぎてさがみんが完全にひがみんになってますねぇ!
実は食い気に引っ張られて頭が回らなくなっていた説に一票。


ムーミンパパ  2019年04月15日(月) 07:22 (Good:0Bad:0) 報告

八幡とガハマさんのやり取り、にやにやが止まりませんね。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。