グラン・ミラオス迎撃戦記
作者:Senritsu

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

全話感想

蒸しぷりん ID:xvdezHf6  2020年01月02日(木) 17:45 (Good:1Bad:0) 報告

感想を失礼いたします。
拝読させていただいてしばらく、胸が圧迫されているような感覚と鳥肌が治りませんでした。
グラン・ミラオスとあれほどの死闘を繰り広げた後にも、それ自体を誇るというよりも、物語が好きな優しいフラヒヤの女神様……もとい、かの伝説の存在の語る物語の一部になることに自らの生命を賭け、それを成し遂げたことを何よりも喜ばしいこととした生き様が、あまりにも鮮烈に輝いていて美しくて……!
ソナタさんやアストレアさんやガルムさんをはじめとした人々の思いの強さ、大切なものの為に自らを顧みずに死地へと向かう毅さ、生と死の狭間にありながらも身体を動かし続ける力、そして力尽きていった人々の命、それさえ軽いものだと錯覚してしまうほどのグラン・ミラオスの圧倒的な生命……書ききれないほどに、すべてに心を揺さぶられました。
拙い語彙ではうまく言い表せず、歯痒いのですが、本当にこの作品に出会えてよかったです。ありがとうございました……!

返信:Senritsu 2020年01月02日(木) 18:52

そういえば、本来はグラン・ミラオスと戦うことそのものを誇り、栄誉として戦うのでしょうね。よく考えてみれば当たり前のことですが、はっとさせられました。終始防衛戦の雰囲気だったからでしょうか。
自らの抱く大切なもの、美しいもののために生きるという生き方は物語だからこそできる……現実ではなかなか難しいと言うべきですね。心の中に描いた理想、夢をただ描き出すような感覚で筆を執っています。

グラン・ミラオスの命のスケールを取り上げてくださったことがとても嬉しいです。確かにその通りで、グラン・ミラオスは人ひとりとなんて話にならないくらいの大きな生命を持っています。その場にいるだけで圧し潰されてしまいそうな圧倒的な命の圧を乗り越えてやっと、土俵に立てる。そこに至るまでに何度も同じような経験をしたのでしょう。やっぱりハンターってすごいなあと思わされます。

こちらこそ、最後まで読んでくださっただけでなく、素敵な感想を本当にありがとうございました!


硝煙  2019年12月27日(金) 05:04 (Good:2Bad:0) 報告

およそ3時間と少しばかりの時間を掛けて、全ての話を読ませて頂きました。戦闘、展開、モンスターの描写やキャラクターの畏怖の持たせ方、武器描写、意外性、絶望、結論、そして何より彼と彼女達の心情の描き方、全てに置いて私の読んできた作品の中でもトップクラスの内容でした。

私としてはあまり文学作品で泣くことはあまり無いのですが、何故でしょうね。最終話で涙が止まりませんでした。

具体的な内容に触れていくと、まず属性の解釈の仕方が面白いな、と感じました。エルタの獄狼竜による龍属性と、ガルムの銀火竜による龍属性で描写を分けているのは「へぇ」と思わず声に出してしまいました。
キャラクターによって口調に差がついていることと、その前の地の文も相まって、誰が話しているのかとても分かりやすかったです。(特にアストレアの漢字が少なめになっている話し方は、たどたどしい感じがしてとても良かったです)
キャラクター関連で言えば、脇役(と言っていいのか.......?)にしっかり設定や場面、それぞれの誇りなどが持たせてあったこと、も凄く印象に残りました。最近の小説(の一部)には脇役は脇役に徹している、物語にあまり出てこないみたいな小説が多い気がします。しかしこの小説は全ての脇役(というと語弊があるかもしれませんが)に対して何らかの信念や役割が割り振られていたように感じます。特に大砲の援護射撃や、時折出てくる上位ハンター達の生き様が面白かったです。(殿していて仲間を失い、下半身不随で自身もハンター生活を続けられなくなったヘビィガンナーの人ら個人的には好きでしたよ)
不死の心臓へのトドメにおいて、キリン亜種の剣斧が出てきましたが、彼の、生きる事など全て投げ打って攻撃にあてる姿勢が、キリン亜種の生き方そのもの(=他へのリソースを削り氷を攻撃一点として使うスタイル)と同じように感じました。
あと、個人的にガルムさん好きですよ。彼の戦績と、それに驕らず素直に賞賛する所と、グラン・ミラオスに相対する姿と。あとガンチャリを使ってるあたりセンスがあるな、と。
そしてこの作品、なんと言っても絶望展開が素晴らしい!!開幕に何隻も船沈めるし、人はバンバン死んでゆくし、巨龍砲撃たせると思いきや反撃で爆発して指揮官諸共死んでしまうし、自爆特攻して右側破壊しても再生するし、塔を壊して直撃させても立て直すし、避難経路が火山弾で潰されるし、しまいにはタンジア更地になるし。そんな中でも、否そんな中だからこそ主人公達が、そして絶望に抗う人達が輝いて居たのだな、と。

では次に私が少し、「おや?」と感じた所を僭越ながら幾つか挙げさせて頂きます。まず、穿龍棍の描写ですがフロンティアをプレイしていない方には少し分かりずらいかな?という印象を受けました。レウス討伐の時や、別のモンスターを狩る際に一通りの戦闘描写、あるいは舞台に出てくる人への説明みたいな感じで、未プレイ者にも分かりやすいような工夫があると良いのかな、と思いました。(太刀や大剣と比べ動きが多く説明しにくい印象はありますが ) 2つ目は、キリン亜種の剣斧です。彼は穿龍棍と剣斧を狩りの旅で持ち歩いていたのですよね。そしてキリン亜種の剣斧が剣モードは1回きりという描写がありましたが、その場合彼は旅の最中に剣斧を使っていなかったのか、あるいは斧モードだけで戦っていたのか、が少し疑問に残りました。

長々と駄文を書き連ねて来ましたが、何が言いたいかというと、「とても完成されていて面白かった」ということです。世界観的な描写についてはより一層語り合いたくなったので、いせぼん総合サーバーでお待ちしております。
By seven stars

返信:Senritsu 2019年12月28日(土) 12:10

まずは読了お疲れさまでした。それが充実した時間と感じてもらえましたら、何よりの幸いです。

龍属性の表現はこれまでにやったことがなかったので、少し想像を膨らませてみようと考えました。ありそうなことを考えてみるのは楽しいですね。他の属性についても意識していきたいなと思っています。
登場人物の個性についてはかなり苦手と感じているところで、褒めていただけるとは思ってもいなかったので驚きました。
実はアストレアの話し方はあれでも成長しているのです。彼女は過去作にも主人公格として登場した人物なのですが、その当時はもっと拙い話し方をしていますね。モガ村で暮らし始めたことで人と話す機会が増えて、あの段階に落ち着いたという経緯です。
最初は脇役は脇役として割り切って執筆コストを減らそうかと考えたのですが、どうしても性に合わなかったのですね。やっぱり、彼らは彼らの物語の主人公ですから。適当な精神性で描いたら失礼にあたってしまいます。どうしても人の命が軽くなってしまう内容ではありましたが、その姿勢はできるだけ崩さないようにと、物語中盤を執筆している辺りから意識していました。

状況的にキリン亜種の武器が最適だなと。これは思いついた時点で即決でした。後悔もないですね。概念には概念で対抗する。そんな芸当がモンハン要素で構成できてしまうというのもまた、魅力的な世界です。
ガルムは王族の依頼を専属でこなすことがあるという裏設定があります。ガンチャリオットとダマスクシリーズを身に着けているのはその関連ですね。果たしてこの文だけで伝わるのかどうか。
絶望展開については言われるたびに驚くというか、グラン・ミラオスと言う存在が人にはどう映るかをとにかく書き出していったらこうなってしまったというか。ゲームの外側の戦いを書いてみたかったというのもあるのかもしれませんね。

穿龍棍はちょっと意識ずれが起こってましたね。自分の頭の中ではごくふつうにモンハン世界に存在する武器なので、他の武器と説明量を揃えてしまったというか。
確かにご指摘の通りと思いましたので、前哨戦辺りの後書きで捕捉したり、本文に基本的な説明を付け加えるといった調整をしてみようかと思います。
キリン亜種の剣斧はあの一撃以外では使っていないです。ずっと櫃に仕舞ったまま、最高の信頼性を誇る運搬屋に運んでもらっています。彼は二年ほど前から穿龍棍特化、それよりも前は別の剣斧を主な武器として担いでいます。

完結した物語の大きな利点ですね。それを達成することができてよかったと心から思います。
それでは、感想をありがとうございました!


Kyo-ne  2019年12月12日(木) 15:00 (Good:1Bad:0) 報告

一言でいうと、最高でした。
昨日旋律さんのことを知り、最初にこの作品を読んで、あっという間に引き込まれ、読んでいるうちに夜が明け、昼を迎えましたw
深夜テンションで一気読みしてしまったこともあって、あまり細かく感想を言えないのが申し訳ないのですが、そこは、これから何回も何回も読んでじっくり味わっていけたらと思います。
あまり本とか文章を読まない僕ですが、感動のあまり泣いてしまいました。
感想をありがとうございました!

返信:Senritsu 2019年12月13日(金) 02:11

動画から! 一気読み! すごい。お疲れさまです&手に取ってくださりありがとうございます!
モンハンという共通の話題があるから、普段小説とかを読んでいなくても読める。創作する側としてはすごくありがたいです。普段見てもらえない人からも見てもらえるって本当に大きなメリットで。
モンハンの作品でも人を感動させられるってことを伝えたい気持ちがあります。すごく傲慢なことですけどね。この作品がその一助になればこれ以上の幸せはありません。
他の自作品もよろしくお願いします(ダイマ

それでは、感想をありがとうございました!


沙希斗  2019年12月08日(日) 17:10 (Good:1Bad:0) 報告

完結、お疲れ様でした。
ただただ、感動しました。

前回の感想で「物凄く嫌な予感がする」と書いてしまったんてすが、あの「紅い光」は「女神様」が手助けした光だったんですね。
エルタに重ねられた「真っ白な手」の主が彼女のものだろうという事は分かってたんですが、紅い光がグラン・ミラオスの最期の抵抗かと勘違いしてしまいました。
かの龍のものじゃなくって良かった……!

そうか、やはりエルタは成し遂げたんですね。
そして、「願い」も叶えられたんですね。

最初の御伽話のような始まりを、最後に持って来る演出が憎いです。
「書きやすい」とおっしゃっていた通り、やはりこういう流れで書くのが「senritsu流」なんでしょうね。


通称「無印」と呼ばれている初代「モンスターハンター」の村長、「ココットの英雄」とかつて呼ばれていた彼は、話し掛けると「ハラヘットンナ」と聞こえるセリフを話す事で有名です。
なのでそれが口癖なのだろうとも言われている程なのですが、実はこのセリフを逆再生すると、「これから始まる物語は……」とハッキリした口調で言っているという事が分かっています。

なんだか、そのセリフを思い出すような終わり方でした。

返信:Senritsu 2019年12月08日(日) 20:12

こちらこそ、物語の序盤から追いかけてくださったこと、感謝いたします。お疲れさまでした。

もう十八番みたいになってますよねこれ。終盤に書きたいものが集中するという作者としての性質上、こういう流れになりやすいみたいです。
作中や他の方の感想への返信でも言っていますが、この作品はエルタを基準にすると彼が願いを叶える過程の物語になります。彼にとって何より大切なものが序節なので、締めで重視する点もそちらを選択させていただきました。

初めて知ったので動画を見てきましたが、予想以上にはっきりした口調でそう話していてびっくりしました。
ものすごく粋な計らいだなと思うのですが、これ、気付いた方すごすぎませんか……?
なんだか憧れちゃいますね。これ。背中を押されている感じで。ご紹介をありがとうございます。


墓守幽也  2019年12月08日(日) 16:07 (Good:3Bad:1) 報告

まずはお疲れさまです。
主人公もカンペキに死んで、祖なるものパワーで蘇生とか流石にしなさそうな展開なので、全体を通しての感想もう書いちゃいます。
後ろにぐだぐだ書きますが、総評としては面白かった!この一言に尽きます。

「純粋にモンハンの世界を描いた小説」として非常に面白いです。
正直過去読んできたモンハン二次の中で三指には入る出来映えの作品。
複数のモンハンシリーズ作品の設定が無理なく纏まっていて、それでいてうまいことバランスがとれているのは凄いの一言。
ミラオスは「人間に対する雪辱に燃える挑戦者」という解釈や、戦況マップの導入なんかも非常に面白かった。

ただそれだけに、所々入ってるFateネタが余計と言うか、ぶっちゃけ不要。
着想を得たのが七章のアレ、というのは何となくわかるが、だからといって作品内にまで直接的なものを持ち込む必要はなかった。
転生モノのように他所の世界観が混じる余地があるならともかく、せっかくモンスターハンターの世界に没入できる話なのに所々のFateネタのせいで現実に引き戻されるのが惜しすぎる。

「今こそ、訣別の刻だ(人よ、神を繋ぎとめよう)」みたいに、
話の流れと微妙に合わないワードをチョイスしてるところがあるのも惜しい。
例に挙げた↑の台詞に関して言うなら、あの宝具は「神がヒトに干渉することのないように神を縛り留めておこう」ってことであって「これからトドメの一撃を放つぞ!」って宣誓ではないからして。
次の一発でぶち殺す気満々なのにそれはどうなのさっていう。

返信:Senritsu 2019年12月08日(日) 19:12

こちらこそ、読了をありがとうございました。
作中でも言いましたが、さすがの彼女でもその域までは厳しいかなという判断に至りました。あくまで作者の世界観における設定です。

今まで複数のシリーズに跨いでモンハンの作品を書いているので、引き出しはそれなりに用意できているみたいです。ホームグラウンドなので自由に動ける、という感覚に近いものがありますね。
戦況マップに関してはもっとやりようはあったかなと思っていましたが、最低限機能はしていたようでほっとしています。

ご指摘の点に関しましては、ああ~~という感じです。やっぱり引っ掛かりますよね。ごめんなさい。
自分もちょっと無理があるかな……と思いつつ、憧れが強すぎて書いてしまったというのが実情です。
該当部分は修正させていただきました。やはりにわかが書くべきではなかった……。
あの物語が起点になっていることは事実で、この作品にとって大切なことでもあります。大きな欠点に感じられるかもしれませんが、その他は見逃していただけると嬉しいです……。


ゆずかさ ID:3yC3sSOs  2019年12月08日(日) 00:43 (Good:1Bad:1) 報告

完結お疲れ様でした。
ツイッターで貴方の作品を知り、最後まで読ませていただきました。
細かいことは言えませんが、感想を書きたいと思います。

全26話、とても長い物語でしたが、最初から最後まで隙がなく面白くて
長さが全く気になりませんでした。終始引き込まれる。
これでもかと言わんばかりに人間たちを追い詰めていく煉黒龍の力にも
折れず立ち向かおうとする人間達がとても強く、美しいです。
これこそ英雄というものなんだと、感動しました。
(特に7節のアストレア、めちゃくちゃ好きです。あの台詞はずるい)
エルタくん・・・ 惨たらしく逝ってしまった彼ですが、10年かけて追いかけた夢が
最後に果たせて本当に良かったなと思います。彼のような一つに全てを捧げる
生き様が、うらやましいです。

・・・もっとしっかり書きたいのですが、難しいですね。
文章力の無さが悔やまれる・・・
とんだ駄文になってしまいましたが、少しでも気持ちが伝わってくれたら嬉しいです。
最後に、壮大で素晴らしい物語をありがとうございました!

返信:Senritsu 2019年12月08日(日) 18:47

もしかして一気読みですか!? すごい。自作品群の中でも最長クラスの作品なので驚きです。

そうですね。特に終盤にかけては、英雄の証が似合うような作品になればいいなという願望を持ちながら書いていました。
ハンターも、一般人も、身に纏う防具を除けば同じ人です。RPGのレベルのようなシステムのない中で、存在の格が違うような古龍にすら立ち向かってしまうのは、やはりすごいなと思わされます。

エルタが夢を叶える物語としても見れるように、というのはあるかもしれませんね。
伝説に挑む人の物語の本質は、案外そういうものだったりするのかもしれなくて、そんな物語のひとつが描けていたらいいなという気持ちでした。

とても素敵な感想と思いますよ!? 気持ちを表現する言葉を探して、選んでくださったのがとても嬉しいです。途中でやめたってなってしまったら、作者はその方が読んでくれたことすら気付けないまま終わっちゃいますから……
こちらこそ、ここまで足を運んできてくださり本当にありがとうございました!


泡辛 ID:QDJGLEAg  2019年12月07日(土) 22:05 (Good:2Bad:1) 報告

「やっぱりモンハンっていいなあ」と思わせてくれるような作品でした。
おとぎ話の主人公になるという、あどけない少年が思うような夢を抱き続けて生きてきた一人の狩人の生き様。とても引き込まれました。

作品を読み終えて、久しぶりに3Gを起動してみると、友達と夢中になってやり込んだ、小学生の頃の思い出が浮かんできました。

火力を重視したスキルを組んで、お守りや装飾品を効果的に集める、というのもモンハンの楽しみ方の一つですが、お気に入りの装備を着て、世界観を味わいながらモンスターと向き合う。たまにはそういうのもいいかも?と思わせていただきました。

このような素晴らしい作品を産み出してくださったSenritsuさん、また、最高の舞台を用意してくれたモンスターハンターというゲームに感謝!

返信:Senritsu 2019年12月08日(日) 18:19

実際、自分もその二つの観点(ゲーム性を楽しむ方と、世界観を味わう方)は持っていますね。両方とも楽しみたいので、セーブデータを二つに分ける戦法をよく取っています。
一つ目のデータは攻略重視で友達とわいわいやって、落ち着いてきたころに、二つ目のデータでじっくりストーリーを進めてみる。すると、見落としていたNPCの台詞や細かなギミックが見つかったりして。後者は根気が要求されますが、二次創作する身としてはその見返りも大きいです。

本当に。モンスターハンターという舞台に感謝しかないです。ものすごく当たり前ですが、その舞台がないと作品が書けませんからね!
こちらこそ、素敵な感想をありがとうございました!


Tenkai79  2019年12月07日(土) 21:30 (Good:1Bad:1) 報告

とても感動しました。すばらしい小説を読ませてくれてありがとうございます。

返信:Senritsu 2019年12月08日(日) 17:59

こちらこそ、以前から頂いていた感想に励まされる日々でした。お付き合いくださりありがとうございました!


雪代トウカ  2019年12月07日(土) 21:15 (Good:1Bad:1) 報告

もう完全に語彙が尽きました今作も考える余地余白もなく名作です、まだ続きが少しあるみたいですが一先ず執筆お疲れ様でしたありがとう‪⸜(*ˊᵕˋ*)⸝‬ 

返信:Senritsu 2019年12月08日(日) 17:55

その文にちょっとふふってなりました。ありがとうございます。
それらしき雰囲気を隠したり隠してなかったりしていましたが、ばれましたね。どれくらい先になるかも分かりませんが、後日短編を投稿予定です。またそのときにお会いできますことを願っております。


パラポラアンテナ  2019年12月07日(土) 20:29 (Good:1Bad:1) 報告

僕感想書くの苦手なんで一言だけ


とてもおもしろかったです、ありがとうございました

返信:Senritsu 2019年12月08日(日) 16:35

感想まで足を運んでくださり本当にありがとうございます。
こちらこそ、最後まで読んでくださったことを心から感謝いたします。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。