グラン・ミラオス迎撃戦記
作者:Senritsu

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

全話感想

沙希斗  2019年12月02日(月) 15:32 (Good:1Bad:1) 報告

泣きました。
そしてガルムさん、お見事でした。

彼の活躍があったからこそでもあるのですが、でもそれまでに「ブレスを吐かせないようにして近付ける作戦」が功を奏していたんですね。
そのためにアストレアはあんな、傍目から見れば常軌を逸したかに思える身を犠牲にしながらもブレスを避け続ける誘導をしていたんですね。

しかしエルタが「こうまでして」頑張ったというのに、それでもクリア出来そうにないような物凄く嫌な予感(前振り)が……!?
次回、どうなってしまうんでしょう。

返信:Senritsu 2019年12月02日(月) 20:38

ガルムさんが話題に出てくれてよかったです。ちょっと周りの活躍に隠れがちかなと思ったのですが、彼の功績もかなり大きいですね。まさに彼の経験の賜物でした。
力押しではどうやっても押し負けてしまいますから、策略、読み合いに持ち込むというのは大切なことなのだろうなと思っています。

次回は最終話となります。今週土曜日に公開される予定です。


生姜  2019年12月01日(日) 00:34 (Good:3Bad:1) 報告

初めのタイトルやら元の粗筋からして、書きたかった部分、重ねたかった部分はこれだろうなぁと思っていました。
その考えをかるく上回ってくださる展開回しに、ワクワクさせられてしまいましたけれどね……!

返信:Senritsu 2019年12月02日(月) 02:55

まさにその通りで、この一連のシーンが書きたくて書き始めた小説でした。一年かかっちゃいましたけど……自分のモチベーションの持続時間的にかなりぎりぎりでした。
自分なりのかっこよさというか、思い描く展開の熱さというものをぎゅっと詰め込んでみました。という感じで。ワクワクしていただけてよかったです。
それでは、感想をありがとうございました!


雪代トウカ  2019年12月01日(日) 00:18 (Good:1Bad:1) 報告

本来の原作達を越えていくようなsenritsuさんの小説は本当に大好きです(;Д;)。本当はもっともっとすごいって言いたいのに語彙力がなくて本当にごめんなさい(T-T)

返信:Senritsu 2019年12月02日(月) 02:48

原作とは違う土俵で描かせてもらっている気がするので、そのおかげというのもあるのかもしれませんね。
いえいえ、感想を書いていただけるだけでものすごく(ものすごく)ありがたいです! とても励みになります。ありがとうございました!


沙希斗  2019年11月24日(日) 16:53 (Good:1Bad:1) 報告

はああぁ……。

大袈裟ですが、息をするのも忘れました。
握った拳が汗でべとべとです。爪の痕が付いて痛いです。

取り敢えず、二人共生きてて良かった……!

返信:Senritsu 2019年11月29日(金) 02:20

なんとか引き込むことができていたみたいでほっとしています。この小説で書きたかったことのひとつなんです。
次回も全力ですので、お楽しみに!


Tenkai79  2019年10月22日(火) 23:42 (Good:1Bad:0) 報告

この小説のグラン・ミラオスを見ていると、(Fに出たらこんな感じなんやろなぁ)って考えてしまいます。[阿鼻叫喚]
続き、楽しみにしてます。

返信:Senritsu 2019年10月26日(土) 22:53

いつかのG級ミラルーツ(実装時)の地獄が思い出されますね……実際、あのミラルーツの動きを参考にしているところがあったりします。
またお待たせしちゃいそうですが、よろしくお願いします。


沙希斗  2019年10月16日(水) 16:40 (Good:1Bad:0) 報告

キリンになってお待ちしておりました!(首の長い方ね)

相変わらず絶望の状態から僅かな希望を見い出すような描写が上手いですね~~!
今回はソナタの戦闘シーンが見れて嬉しいです。
ガルムさんも、自身の屈強さを活かした「彼らしい」闘い方ですね。

ところで「盾を担ぐ左腕が」の部分で引っ掛かったのですが、通常のハンターって盾を右腕に付けてませんか?
それと当たり前のように「ゾラ・マグダラオス」の名前が出て来てますが、この世界の連中って新大陸(つまりワールド世界)のモンスターの知識もあるんでしょうか?

-追記-

右利き、左利きの問題ではなく、通常右利きのはずのハンターが盾を付ける時だけ左右逆になるのは「自身の命を護る事を最優先にするために左より力の入る利き腕(右)に盾を装備して防御出来るようにしているから」という理由がある(もしくはプレイヤーに向いた時に鏡合わせになるようにという説もある)のですが……。

ま、まぁ彼だけ特別って事でいっか。
逆に左利きだったりして?(笑)


そうですか、「ゾラ・マグダラオス」ってワールド世界に限った古龍じゃなかったんですね。
じゃあたまたま今までのシリーズで見付かって無かっただけなのか。あんなに馬鹿でかいのに。

返信:Senritsu 2019年10月16日(水) 20:29

お待たせしました(平謝り)

せっかく登場したキャラですから、がんばっていただきました。
次回はあの子が活躍する予定ですよ!

ゾラ・マグダラオスについては、別に新大陸と関わりのない現大陸の人々も知っていると思います。新大陸で新発見された古龍ではなくて、現大陸の人々に古龍渡りを追いかけられた古龍なので。彼は世界で一体のみではないということもMHWで明かされていますね。

それでは、読了をありがとうございました。



追記返信

その記述は初めて見ました。公式小説かハンター大全に載っていましたかね?
でも、その説は納得できるものです。本文を訂正いたします。

いえ、見つかってはいるんです。ただただこれまでの作品で名前が出てこなかっただけですね。シュレイドやロックラックから遠い地域に生息する古龍だったのかもしれません。


生姜  2019年10月10日(木) 03:21 (Good:1Bad:0) 報告


更新をありがとうございます。
もう「はいずり」の単語がみえただけで恐怖をば感じます今日この頃、いかがお過ごしでしょうか(震
だいたいアイスボーンのせいですよね……(笑。

……確かに、ミラオスさんの経緯を考えれば、「人間に挑む」という構図も一方の生物であればこそ、素直な感じがしますね。いえ。図体とか威圧感とかがあれなので、此方からしたらいっぱいいっぱいなんですけれども……(

さて、むしろここからがハンター方々の見せ所。ご活躍と、そして顛末をば楽しみにお待ちしております。

ではでは。

返信:Senritsu 2019年10月16日(水) 13:23

こちらこそ、最新話をお読みくださりありがとうございます。

ゲームでも散々轢かれましたからね。読者さんも印象強いかと思いまして、力を入れて這いずってもらっています。
そろそろMR200です(目を逸らしながら)

人間主観だとどうしてもその発想には辿り着きにくいですよね。こういった設定には「古龍の賢さをどのあたりに置くか」というのも重要になってくるなと感じながら書いていました。
発想を転換すれば、これまで傲慢だったものが本気を出すよりかは、今そこにある姿が全力であったほうが後先考えずともよいという意味でましかもしれない……のかも…………?

いよいよあの子が活躍する最新話をお楽しみに。
それでは、また!


雪代トウカ  2019年10月09日(水) 21:22 (Good:1Bad:0) 報告

待ちわびてました( ᵕ ᵕ̩̩ )感涙、もうとにかく続きが楽しみです( ´•̥  ̫ •̥` )♡

返信:Senritsu 2019年10月13日(日) 02:18

お待たせしました。次回もかなりお待たせしちゃいそうなのですが(こら)、なんとかいい物語にできるようにがんばります


Tenkai79  2019年10月04日(金) 23:35 (Good:1Bad:0) 報告

今までのどの小説よりも感動しました。できれば完結までがんばってください。

返信:Senritsu 2019年10月07日(月) 16:22

心配されている……近いうちに最新話投稿します。はい。がんばります
この作品完全に埋もれているはずなのに見つけてくれたのすごいですね。ありがとうございます


雪代トウカ  2019年09月06日(金) 20:35 (Good:1Bad:0) 報告

貴方の作品は何でこんなにも素敵なんだ。続きが楽しみです、執筆頑張ってください。

-追記-

SenritsuさんのMH作品は全部読んでます。どの作品でもクライマックスの方で自然と涙が流れるとても素晴らしい作品達でした。今回のグランミラオスの物語も続きを楽しみにしてます^^執筆頑張ってくださいd(*´ェ`*)

返信:Senritsu 2019年09月06日(金) 20:13

雪代さんこの作品も読んでくださったのですね! 本当にありがとうございます。
とうとうアイスボーンが発売されてしまって執筆時間が確保できるか(自制できるか)心配なんですが、なんとか完結目指してがんばっていこうと思います。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。