あさおん・オブ・ザ・デッド
作者:夢野ベル子

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

安木ポン酢  2019年01月29日(火) 19:26 (Good:2Bad:0) 報告

うーむ……
追い詰められて現れるものが人の本性とは思いたくないですね、衣食足りて礼節を知るとも言いますし

実際、被災なんかすると誰しもピリピリするものですが、その人達も普段は普通の人達なんです……

返信:夢野ベル子 2019年01月29日(火) 20:07

人間が最大級に追い詰められている状況での選択なので、その意味ではもう少し歩み寄って優しさを見せたほうがいいのかもしれません。周りがゾンビだらけでいつ死ぬとも知れない状況では、人間の心は常にギリギリになってもしょうがないのかなぁ……。

そのピリピリについて、歩み寄れるようになれば、みんなハッピーエンドなんですけどね。


oen  2019年01月29日(火) 19:21 (Good:0Bad:0) 報告

ゾンビ物は意外と人間同士での殺し合いで死ぬ方が多かったりするのけっこうあるよね。ストーリーを持たせて完結させるためには某傘との戦いみたいに黒幕いたほうがやっぱ楽。

返信:夢野ベル子 2019年01月29日(火) 20:06

おっしゃるとおりです!
ゾンビモノって、ゾンビを放置プレイしておいて、人間どうしで殺し合いギスギスパターンもわりと多いです。ロメロ監督的に言えば、ゾンビは大衆そのものだから、ゾンビという大衆との関係は個別的な人間関係に劣後しますね。
ストーリーを持たせて完結させるには、黒幕は必要かもしれません。あとはセカイ系ですかねー。
この作品はたぶんちょっと昔のセカイ系に近いのかなーなんて考えてます。わりとコメディしてるけど。


だいたい四人の公王  2019年01月29日(火) 16:21 (Good:1Bad:0) 報告

追い詰めらている人間の描写、すこすこのすこ
にしても、描写細かいっスね…………好き
…実は、赤子だけ持ってって両親見殺し〜的な
ありふれたゾンビモノの展開かな〜…とか思ってましたが
……こりゃぁ、いい意味で裏切ってくれましたな…

多分、ゾンビモノの世界での死因は
ゾンビにぱっくん:8割、他殺:1割…
……でもって、自殺1割くらいだと思うぞ?
肉親はゾンビ化、あるいは死亡し
んでもって、世界は腐り猿まみれになっている
こんな世界で独りぼっちで生活…
しかも、時間は結構経っていると来た……
他人が居ないと不安や恐怖がドンドン蓄積されるので
冗談抜きで、こういった
『生きた人間が、自分の行動に反応してくれる』のは
人間のメンタルを支えてくれるから実際、大事な事……

返信:夢野ベル子 2019年01月29日(火) 20:02

追い詰められている人間の真に迫った描写っていいよね……。ついでに言えば、たとえ話なんだけど、壁とかに挟まれてちょっとずつ潰されていくときの絶望顔を文字で表現したいよね……。あ、あれわたしはなにを言って……。

はい。ゾンビですけど、今回は運がよかったのです。
死霊の盆踊りのカップル並に運がよかった!

ゾンビモノの世界での死因はおっしゃるとおり、だいたいはゾンビによるものですが、ゾンビ誘引を他殺だと考えると、案外他殺の割合も多いような? 多くない?

自殺は確かに少ないなぁ。これって登場人物をすぐに自殺させると物語が始まらないからだとは思うけど、モブはわりとさくさく死んでるパターンもあるかも。

そしてひとりぼっちは寂しいもんな、はわりとありえる話だと思います。

せつないくらい寂しいような感覚?


うっすん  2019年01月29日(火) 12:43 (Good:0Bad:0) 報告

そのうち気に入らないやつはみんな死んでしまえな傲慢ヒロちゃんになっていきそう

返信:夢野ベル子 2019年01月29日(火) 19:55

傲慢な自分をいさめてくれるのはいつだって他人だけなのよなぁ……と思います。
完全に主人公妄信組に入信しちゃってる系のふたりだと、おそらく意味がないので、
配信という絶妙な気軽さというか、距離感が救いになってくれればいいななどと思って書いてます。

たまにブレーキングに失敗して、ぶっころモードになるかもしれませんが……。


おあ  2019年01月29日(火) 03:26 (Good:4Bad:0) 報告

配信モノとしても面白いけど、今回はどちらかと言うと後半のゾンビモノとしての面白さが好きでした。
ゾンビ達を従える謎のロリ…こーゆーのほんと好き

返信:夢野ベル子 2019年01月29日(火) 09:29

自分も配信書いてるより、追い詰められている人間書いてるほうが好きなことに気づきました(絶望)。
あ、でも配信も好きなのは確かなので、もう少し続けるのです。


にょんギツネ  2019年01月29日(火) 01:44 (Good:1Bad:0) 報告

> 『すべてが幼女になる幼女ウイルスだったらよかったのにな』
分かります。
でも、自律した言動とクオリアがなければただの血肉の塊。姿に意味はないのかもしれません。
そして、ロリータ、因子、超人、変容、クオリア。これらを題材にした物語のことを少し思い出してしまいました。
 ――ロリ・ロリ・ペド・タニマナシ(ロリよロリ、何故我を見捨て給うや)

主人公も視聴者も群れたがって、必死に現実にはなくなったひたすらに和やかで暖かいコミュニティを求めているのでしょうね。ゾンビが紛れ込むことなどありえないコミュニティをただただこいねがっているという点で、この作品特有の配信コミュニティが生まれているのだと思います。

緋色の「お前と友達になんてなりたくないから同族(ゾンビ)になんてしてやらない」というのは、まさに上位者の傲慢だと思いました。ヒトの汚い部分を見れば見るだけ徐々に変わっていくのが……はい。

返信:夢野ベル子 2019年01月29日(火) 09:28

主人公も視聴者もみんなゾンビでみんな仲良し(意味深)です。
そうすると『人間』のほうがコミュニティの外敵になっちゃいますけど、主人公としてはその枠を広げたいと考えているのかな。ヒイロウイルスで汚染しようと無意識に考えてる線もありますね。

この配信コミュニティはちょっと繊細なコントロールが必要そうです。
すぐにぶっ壊れそうというか、リアリティがなくなりそうというか……リアリティはすでにないかもしれませんが、景情一致戦法で乗り切るぞ! 的な発想です。

上位者の傲慢に気づいて、もう少し優しくなれればいいのになと思っています。
そのためには、もっとLOVE集めなきゃ……。


鰻重特盛  2019年01月29日(火) 00:52 (Good:1Bad:0) 報告

更新ありがとうございます!今回もとても楽しく読ませていただきました!
なろうの方の作品も読ませていただいています。
しかし、ヒイロちゃんはいよいよ人外染みてきましたね、どこまでいくのか?日本以外はどうなっているのかも気になります!

返信:夢野ベル子 2019年01月29日(火) 09:25

感想ありがとうございます。
なろうのほうは毎日更新が掟みたいなところありまして、わりと大変ですよね。
短編がなぜか一番読まれました。これも謎い……。

人外については……
わたしはもともと東方二次創作とか大量に書いてた人間なので、
それなりに人外描写には自信があります。
内心を人外染みた描写をしなきゃ一人称の旨味成分が足りないかも。
こいしちゃんほどには狂ってないから書きやすいほうかなぁ。

日本以外の国はどうなってるのか。
ユーチューブできないと困るから、とりあえずアメリカはそれなりに無事?


猫嵐  2019年01月29日(火) 00:44 (Good:1Bad:1) 報告

重力を操る……。
いよいよゾンビとは見たいになって来ましたね。
ゾンビ化は副作用みたいなもので、本当は適合者を探すためのソフトウェアみたいなものとかいわれても納得できそうな。

返信:夢野ベル子 2019年01月29日(火) 09:20

ふわっとしてる感じを表現してみました。
感想ありがとうございます。
ゾンビ化はSF寄りになると、たぶんこんな感じです。
あんまりチートすぎてもどうかなと思うんですが、べつに使わなきゃいいんです。
がんばるのは人間の仕事というか。


全話感想

ばるーらさん  2019年03月18日(月) 21:48 (Good:0Bad:0) 報告

ボンジョヴィに続けてディープパープル......貴方の齢が気になります。
勿論、ギターでsmoke on the waterはソロまで頑張って欲しいところ(挫折済み)


にょんギツネ  2019年03月18日(月) 21:10 (Good:0Bad:0) 報告

同じネット小説の実験的SFゾンビものという点で小説家になろうの某作品(主人公の少年とゾンビの集合的意識が融和する)とかと、この作品のゾンビに対するアプローチが似ているような気がすると思いました。

楽器演奏配信! こういうのもまた配信映えしますよね。命=サンのギタースキル高い。
きっと緋色の次の配信はリコーダー演奏ですね!(クソザコ推理)



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。