あさおん・オブ・ザ・デッド
作者:夢野ベル子

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

無意識な梅  2018年12月15日(土) 00:13 (Good:1Bad:0) 報告

素晴らしかったです!
続きめっちゃ待ってます!

感想という名の夢野様の原動力になーれ!

返信:夢野ベル子 2018年12月15日(土) 08:21

感想ありがとうございます!
原動力なってますよー!
パワーいただいてます。


玉露Ⅲ  2018年12月14日(金) 21:41 (Good:0Bad:0) 報告

いい作品に出会えました、次話の執筆頑張って下さい!

返信:夢野ベル子 2018年12月15日(土) 08:20

ふおおおおおおおおっ。
感想ありがとうございます。
いい作品といってもらええてうれしいです。
作品の執筆スピードは、ほぼ土日に依存する感じです。
年末に一気に進めればいいなぁ。
でもその頃にはネタも尽きてるかもしれません。


しろめし鴎公  2018年12月14日(金) 18:47 (Good:0Bad:0) 報告

おおおお??僕ちん良いTS作品みつけちったかんじかな??お気に入りしなければ(使命感)

返信:夢野ベル子 2018年12月14日(金) 21:28

うにゃん。
感想ありがとうございます! お気に入りありがとうございます(照れ)
ひとまず思いついているところまではサクサク書いていきたいです。


ととと  2018年12月14日(金) 09:04 (Good:2Bad:0) 報告

やべぇぞ、更新だ! 感想書かなきゃ!
はたして本当にゾンビに襲われないのか、イイヒトさんの運命やいかに

でもイイヒトさん、僕ちんは無いと思うんですよ
一時的狂気入ってない?

返信:夢野ベル子 2018年12月14日(金) 21:27

感想ありがとうございます。
ゾンビモノのいいところは人間が生きたまま食われるところだと思います(邪悪な笑い)。


全話感想

アクルカ  2019年07月17日(水) 02:57 (Good:1Bad:0) 報告

「節水すれば一ヶ月くらいは持つ」→フラグがたちました。
次の事件が起きた時に、水が無くなるフラグが❗
間違いない❗❗❗(*´∀`)♪


アクルカ  2019年07月14日(日) 14:52 (Good:0Bad:0) 報告

そんな事しちゃうと、どこもかしこも
うちもうちもってなっちゃってとても大変な事態に⁉️
キャパオーバーしちゃうぞ❗❗

返信:夢野ベル子 2019年07月15日(月) 07:20

まあこの事態を収束させる方法はいくらでもあるんですが、例によって残念なコミュ力のせいで遠回りになっているといえます。配信のおかげでだいぶん人並みにコミュ力ついてきてはいるはず?

ここまで読んでいただきありがとうございます。
完結までがんばります。


アクルカ  2019年07月14日(日) 14:44 (Good:0Bad:0) 報告

今回の話数で本人もそう言っています(笑)

返信:夢野ベル子 2019年07月15日(月) 07:17

まあ単純に能力不足でもあります。
しかし、できないことは他者にやってもらえばいいのです。
が、ここで参謀役がことごとくスルー。
目的が曖昧なのがよくないのかも。


アクルカ  2019年07月14日(日) 14:40 (Good:0Bad:0) 報告

↓後書きに対してのコメント

返信:夢野ベル子 2019年07月15日(月) 07:16

ですよねー。
これって人類に対する最大限の譲歩でもあるんですけどね。


アクルカ  2019年07月14日(日) 14:37 (Good:0Bad:0) 報告

よく知っておりますw


アクルカ  2019年07月14日(日) 14:13 (Good:0Bad:0) 報告

新たな幼女(名前付きな上に心中の独白とはいえ、セリフ付)
つまり次の事件の中心人物的存在?

返信:夢野ベル子 2019年07月15日(月) 07:14

わが母の伯父さんにあたる人は耳が聞こえなかったそうです。
耳が聞こえないからとてもこころがキレイだったと。
伝聞ながら聞いておりまして、そういう着想もありました。

中心人物なのはまちがいないと思います。プロットどおりならば?



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。