色んな世界に転移・転生してチート化していく神様(笑)の物語
作者:火桜

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

愉悦部部員のアンさん  2019年09月09日(月) 23:18 (Good:0Bad:0) 報告

???「おい聞いたかあの話…次の色転めっちゃ長くなるらしいぜ…やべぇな!」
???「これは次が楽しみだ!」

返信:火桜 2019年09月09日(月) 23:25

うわぁ、ハードルをあげてく~
これは次を頑張らないといけないですね。
いつも感想ありがとうございます。


愉悦部部員のアンさん  2019年08月20日(火) 11:01 (Good:0Bad:0) 報告

マーリンが!マーリンがぁ!
あ、今回も面白かったです!無理せず更新頑張ってください!

-追記-

あ、すいません、気をつけます

返信:火桜 2019年08月19日(月) 21:55

いえいえ、頑張らせていただきます!!
私は別に良いのですが、なるべく作品に関係のないことを感想で言わないでほしいです。
せっかく感想を戴けたのに消されてしまうので、これからも作品をよろしくお願いします。


愉悦部部員のアンさん  2019年08月11日(日) 22:19 (Good:0Bad:0) 報告

ついにオリ主のハーレム生活(なお、ペットだけ?)が始まるのか…普通に羨ましい

-追記-

他にも動物加えて欲しいな…蛇とか蛇とか蛇とか(身勝手の極み)

返信:火桜 2019年08月13日(火) 01:07

ついに始まるゾイ。
誰もペットだけとは言ってない模様。

これからを楽しみにしていてくだせぇ。
感想、ありがとうございましたm(_ _)m

追記

蛇?蛇、蛇
あ、マジで?そういうこと?
まさか『嘘つき絶対焼くガール』じゃないですよね?
とりあえず考えておきます。


愉悦部部員のアンさん  2019年07月01日(月) 18:12 (Good:0Bad:0) 報告

#運対(作品以外についての投稿)#

返信:火桜 2019年07月01日(月) 18:17

クッソがぁぁぁぁぁ!!!
あぁぁ!!ネロ出ただとぉう?
私への当て付けかぁ!!
本音

(おめでとうございます。良かったですね。)
建前


十六夜 ID:ZYTUUE4.  2019年06月29日(土) 20:38 (Good:0Bad:0) 報告

呼符10枚逃すのマジでキツイですよね!
めげずにこれからも更新頑張ってください。

返信:火桜 2019年06月30日(日) 08:32

頑張りますぅーー!!


スーパーイッセーロゼ  2019年06月15日(土) 19:24 (Good:0Bad:0) 報告

ひとつ聞きい、オリ主のハーレムはどこ?
あと、オリ主って強いのとバカかな?
isの世界は馬鹿しかいないから
チートになれますか?気になります!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

返信:火桜 2019年06月15日(土) 19:38

ハーレムのタグは一応仮につけてるだけです。
ハーレムになるかもしれないし、ならないかもしれません。
馬鹿かどうかは読者の皆さんの感じかた次第です。


エルナ  2019年04月20日(土) 19:39 (Good:0Bad:0) 報告

第1章完結お疲れ様です。
やっぱり主人公がめちゃくちゃ強いと誰も殺さずにゲームをクリアできますね。
霊骸で汚染されたリクの体も多分主人公の回復薬で治せますよね。
これぞハッピーエンド。


神霊種って神髄が本体なので体を消す意味あったのかな?とチラッと思いました。
後、アルトシュの性格が原作と違います。
アルトシュは戦の神で最強の神だったので敵になる存在がいなく、あらゆる戦闘が殺し合いではなく、一方的な蹂躙でした。それが戦の神であるアルトシュには嫌だったようです。
さらに、最強の龍精種だったハーティレイヴが自分より強いアルトシュと戦い、敗れることに怒り、嫉妬していました。
なので主人公に片腕を消されたり、神撃が通用しなかったことに歓喜して高笑いすると思います。

返信:火桜 2019年04月20日(土) 21:05

またもや感想ありがとうございます!!

本当ぉに、ここまで見てくださってありがとうございます!

アルトシュの体まで消した理由とかは別に無いですけど主人公のテンション のせいですかね
最高にハイな気分だぜぇ!!
みたいな感じです

指摘してくださった所は修正するとは思います
時間があればですが 

ゴールデンウィークの時とかにしときます


これからも見てくださると嬉しいですよ!
正直にはエルナさんの感想はマジでやる気に繋がってます

本当にありがたい

これからも感想くれとか強要はしないのでこれからも暖かい目で見守ってくださると嬉しいです

本当にありがとうございました!!


エルナ  2019年04月01日(月) 23:30 (Good:1Bad:0) 報告

投稿お疲れ様です。
私の作品を見て頂いていたとは嬉しいです。
ありがとうございます。

またいくつか気になることがありました。

まず、神撃をジブリールが真似をしてそれによって疲労して人間程度まで弱体化したとのことですが3つの理由で無理だと思われます。
1つはまずアルトシュが神撃を使ったのは大戦末期の対アルトシュ連合へ撃ったのが最初で最後だと思います。
理由としましてはアルトシュに神撃を使わせるような敵がいないからです。アルトシュ相手では神霊種だろうが龍精種だろうが雑魚に過ぎず、神撃を使うような場面は大戦中になかったと思います。星すら砕く威力らしいので。
もしあるとすれば最強の龍精種であり、かつてアルトシュと最強の座を賭けて戦ったハーティレイヴ相手ならば使った可能性はありますが、アルトシュを除けば最強と思われるハーティレイヴですらアルトシュより弱かったらしいので使わなかった可能性が高いですし、使っていたとしてもアルトシュとハーティレイヴが戦ったのはジブリールが産まれる遥か昔なので神撃を観ることは叶いません。
2つ目はもし、アルトシュの神撃を目撃することが出来ていたとしても神撃とはアルトシュの力の1片たる全天翼種の天撃を束ね放つものですのでジブリールにはどう足掻いても真似は出来ません。アルトシュとジブリールには海と水滴以上の力の差があるので。
そして3つ目はもしアルトシュの神撃を目撃し、天撃以上の威力の攻撃をしたとしてもそれをすれば精霊の過剰使用でジブリールが消えます。
天撃を撃って幼くなり、弱体化するのは精霊の過剰使用で精霊が不足し、形状を維持出来なくなる為です。つまり天撃の時点で最下限まで弱体化しています。
原作でジブリールが天撃以上に消耗する魔法を使用した時は身体の所々が欠落し、直ぐに修復術式を使わなければ死んでしまう状況でした。
つまり、天翼種は存在できるギリギリまで消耗しても人間はおろかまともな生物ならホコリを払うがごとく消せます。

次に、最新話でジブリールが「首の次に大切な知識〜」と言っていますが天翼種達が知識や書物を収集し始めたのは大戦終結後からで大戦中は特に大切にしていませんし、集めてもいません。
天翼種は基本的にゴリ押し思考の種族なので積極的に情報収集をすることもなかったはずです。

次に、同じく最新話で主人公がジブリールに弱体化していると他種族に殺させるぞみたいな脅しをしていますが天翼種に死の恐怖はない上にジブリールは自身の創造主のアルトシュに挑んだり、天撃を使って弱体化した状態で最強の天翼種であるアズリールに挑もうとしたり、しているので脅しにならないと思います。

最後に、アズリールはジブリールを溺愛しており、時々ストーキングしたりしているのですがこのSSだとしていないんですかね?
していたらジブリールにセクハラした主人公を消し飛ばしそうなんですが……

これからも頑張って下さいm(_ _)m

-追記-

返信&お気遣いありがとうございます。
2度も長ったらしく指定したにも関わらず、感想を消したりせずにしっかりと受け止めて解決案を出すだけでなくこちらへの気遣いまで頂けるとは思いませんでした。

さて、アズリールの問題以外は大体そんな感じで大丈夫だと思います。ですがアズリールの問題は難しいですね。
アズリールは天翼種の長で最強の天翼種であり、ジブリールの数倍以上の力があります。
天翼種の長なのでジブリールをずっとストーキングしている訳では無いのですが、ジブリールが帰って来なかったらさすがに探しますよね^^;
それで説得案ですが、アズリールは頭が固いので難しいと思います。さすがにジブリールを溺愛しているとはいえ主のアルトシュの方が優先度は高いのでジブリールが望んでもアルトシュの所有物であるジブリールを渡すことはないと思います。
そして返り討ちにする案ですがチートでアズリールを倒すとさすがにアルトシュ陣営全てが敵に回ると思います。先程述べた通り天翼種最強でアルトシュの筆頭眷属のアズリールがやられればアルトシュが直々に動くことはないとは思いますが全天翼種が動くことは間違いないと思います。
ですのでジブリールは一回帰って通う形が平和だと思います。

ですが言い忘れていたことが1つあるのですが天翼種はアルトシュに編まれた魔法なのでどデカい精霊反応があります。なのでほぼ確実に他種族にバレます。魔法で精霊反応を隠すのは吸血種が得意としていますが天翼種は細かな魔法が苦手な上にそんな魔法を使う必要もないのでジブリールは使えない可能性が高いです。
それで、主人公が神力?や魔力?を得ましたがこれは精霊とは違うので精霊反応はないんですかね?
ないなら主人公の力で隠すのもアリだと思います。

ここまでまた長ったらしく書きましたがこれは火桜さんの作品なので参考までに留めておいて置いてください。
原作をぶち壊しても誰かに文句を言われる筋合いはないですから火桜さんが楽しめるように書くのが一番だと思います。
応援していますので頑張って下さい(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

返信:火桜 2019年04月04日(木) 15:21

的確な指摘ありがとうございます
ちゃんと読みこんでなかったです
これからは気をつけたいです
こんなスッカスカなものを見せてすみません

弱体化のところどうしましょう
主人公となんとか絡みさせたかったのにこれじゃできないですね

神撃の部分はどうしよう
アズリールの部分もどうするか

ジブリールを帰らせるしかないんでしょうか?
うむむ難しいですね

過剰使用の部分は回復薬で精霊も回復させれるという設定でどうでしょう?

脅している部分もジブリールならどうにかできるなら意味をなさないし
その事については主人公は知らないという後付け設定でどうでしょうか?

アズリールが問題なんですよね
アズリールについてはすっかり忘れてました
確かにそうなれば主人公を消してジブリールを連れて帰りそう
ストーカーについては知りませんでした

知識についてはどうするか

首の次に大切な知識
というところを消すしか無いですね

ジブリールに知ってる情報渡してその代わりに不思議主人公の情報を渡すというのはどうでしょう?

ジブリールも警戒するようにしてますしそれで良いんじゃないんでしょうか?

情報については天翼種陣営等について
まぁ、主人公はジブリールと話したいだけなんで
情報については別にどうでもいい感じです

ただリクに対価としてみたいな感じです
リク自身も情報については期待してない感じで
主人公がジブリールに熱心ですから

罪悪感からくる罪滅ぼしとしてですね


でもこれらが解決しても神撃についても
アズリールについてもどうすればいいか

大戦中の中でアズリールが主人公の前に来たら殺られるかもしれない

いっそのこと主人公のガチチートを使ってアズリールをやっつけて
(アズリールってジブリールより弱かったでしたっけ?)
娘さんを僕にください!テンションでジブリールを持っていくかしましょうか?

神撃については書き換えて天撃のちょっと強い版でどうでしょう?

精霊の過剰使用については先程の回復薬での活動できるまでの回復

だから主人公と一緒に居るのはジブリールが少し主人公のことを気にかけていて殺さずにいる

そして警戒(観察)という建前の元一緒に居るという感じでどうでしょうか

ここでジブリールを少しデレさせておきたくて仕方なかったんです

これからも頑張ります( ・∀・)

エルナさんも適度にゆっくり体調を壊さない程度に頑張ってくださいm(_ _)m

追記
主人公の魔力については言うなればファンタジー系のMPみたいな感じで精霊には該当しないような感じにします

アズリールに関しての解決策ありがとうございましたm(_ _)m
主人公にはアズリールと戦ってもらって一度死なない程度に負けてもらおうと思います

感想についてや指摘についてはこちらも嬉しい限りです
長い何てことはありません(笑)
2度も感想をありがとうございます!!

今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m



エルナ  2019年03月19日(火) 17:21 (Good:1Bad:0) 報告

最新話まで読ませていただきまして、疑問に思った点が何点かあります。

まず、同族殺しの機凱種のことですが、その案自体はとても面白いのですが、解析体であるシュヴィに負ける程度では恐らく通常の機凱種の反撃で倒されると思います。
解析体は戦闘体の32%の出力しか出ないと原作にありますのでシュヴィが軽々倒せるとなるとそれ以下ということですので、たとえ不意打ちで何機か倒しても連結体は1つに400以上の機凱種がいるのでその後逃げに徹しても1分も経たずに消されるはずです。
そもそも、同族殺しをするような機体を追放で放置するはずがなく、こちらの情報を持っている分下手な他種族より危険なので機凱種の全戦力を持ってして殲滅するのが論理的です。

次に、主人公がシュヴィに忘れられるシーンですが、何がどうして忘れてしまったのか意味が分かりません。いかに恋は盲目といっても限度があると思います。
ついさっき自分で怪我を治して、会話してゲームをした相手を忘れるほどシュヴィはポンコツではないですし、リクが忘れるのもおかしくシュヴィに伝えると思います。
後ついでにそのシーンで黒灰の嵐が続いていますが流石に晴れてからリク達は出発したと思いますよ。そうじゃないとリクが死ぬ。

次に、これは誤字か勘違いか分かりませんが、ジブリールが神撃を撃っていますがジブリール達天翼種が放つのは天撃で神撃は天翼種の創造主アルトシュの技です。

次に、弱体化して幼女になったジブリールが全裸になってますが恐らく天翼種の服は精霊で作られたものだと思われます。
原作でジブリールが水着に着替える時に空に「ご希望通りの姿を〝編む〟のに時間がかかりました」と言っていたり、天撃を撃った後に幼女になった時に服も一緒に縮んでいることから天翼種の身体と同じく精霊で構成されていると思われます。

次に、ジブリールはたとえ天撃を撃ち幼女になったとしてもホコリを払うがごとく人類種を殺せます。
原作で森精種の都市を天撃で滅ぼした後に3000人の防護魔法で辛うじて消滅ではなく壊滅で済んだ都市に残った書物を略奪する際に邪魔をした森精種を殺しまくってますので。
森精種最高の術者でさえ弱体化したジブリールの腹に風穴を開けて撃退するのが精一杯でした。というかそれでさえ特に苦しげな様子はなかったので天翼種に痛みなどはないと思われます。

次に、ジブリール達天翼種に羞恥心はありません。たとえ全裸になったとしても特に気にせず飛び回ります。

他にも細かいところで疑問がというかツッコミがありますが最後にもう1つだけ。

最新話辺りでシュヴィが主人公に惹かれてるような印象を受けましたがもしそういう展開にするつもりならやめた方がいいと思います。
シュヴィはリクと結婚するからこそ原作や映画での感動があったわけでそれを無くしてしまうとこの作品の良いところを潰してしまっています。
私個人の感想としては大変申し訳ありませんが酷く不快です。
二次創作なのでこれは私のわがままと言われればそれまでなのですが……。
ご不快に思われたなら消してもらって結構です。

この中で少なくともジブリールの放つ神撃とジブリールが人類種程度まで力が落ちていること、そしてジブリールが羞恥心を感じるのは原作と矛盾していますので訂正した方が良いと思います。
他は私の考察や私情が混ざっているので貴方の作品ですのでそのままでもそれはそれで良いと思います。

長文失礼致しました。
これからの投稿も頑張ってくださいm(_ _)m

-追記-

すみません、全裸になってませんでしたね^^;

返信:火桜 2019年03月22日(金) 11:26

感想ありがとうございます!

このように多くの指摘をしてもらえるとは思いもしませんでした
ありがとうございます

あと少しネタバレをしてしまうのですが
どうにかしてジブリールと主人公を絡ませたくての羞恥心です
ごめんなさい

シュヴィとリクが主人公を忘れていった理由は後程考えさせていただきます
できればアドバイスください
どうしてもジブリールと絡ませたくて

あと、機凱種については分身体だったことにしときましょうか?

その前にどうやって分身体を作ったかを考えなきゃならないといけなくなる

落ち着くところは転生者にするとかですかね?
そうしたらシュヴィVSジブリールの対戦が変わって
シュヴィVS転生者にできそうです

ジブリールの神撃についてはそうですね
昔に一度見たことがあって、天撃じゃ主人公の防御を突破できそうになくて見よう見まねで撃った感じで

その代わりに代償(力の使いすぎ)として人類種レベルまで力が落ちた感じですね

そこのところ描写がなくてすいません

何故主人公が耐えれたのかと思ったらジブリールの見よう見まねで神撃にしてはお粗末だったと思ってくれれば幸いです

ご指摘ありがとうございます
これからもよろしくお願いいたします。

追記

エルナさんの二次小説はいつも読ませていただいています!
とても面白く楽しませていただいています!
そんな人に感想をもらえるなんて感謝の極みです!
今かいてるこの二次小説もどの世界から始めるか迷った時にエルナさんのメリオダスの作品を思い出してノゲノラゼロから始めさせていただきました
パクリといならごめんなさい

あ、ごますりじゃないですよ?
機嫌とかとってないですよ?
普通に嬉しいです



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。