元雄英生がヴィランになった
作者:どろどろ

▼感想を書く

全話感想

ミスターイシアタマ  2020年08月01日(土) 20:37 (Good:0Bad:0) 1話 報告

とりあえず主人公はこの圧倒的不利状況の2章を突破できれば手札は増えるんだよね。裏切られてたとは言えそれで引き換えに個性を複数取得したし狂信者という仲間(手駒?)は手に入る可能性がありますし。
トゥワイスには主人公全幅の信頼置いていたけどなんか理由あるのかな?個性が便利で仲間思いだからって頭のネジが全部吹っ飛んだ主人公は常に裏切りやスパイの可能性考えてると思うけど......
同じ理由でスピナーや荼毘、トガと合流した場合どのように認識するのか....
まあ取り敢えず蟻塚ちゃん関連の地雷を踏まない限りは最低限のチームにはなるかね(その場合トガがいろんな意味の地雷)

返信:どろどろ 2020年08月20日(木) 18:07

三章の登場キャラが主人公の仲間になるか手駒になるか、微妙なところ。主人公はどんなヴィランの上にも下にも着かないことを信念してますが、ここのところ、その信念を曲げざるを得ない出来事が立て続けなので。

トゥワイスのこと信頼してる理由は、普通に彼の性格見抜いてるからってだけですね。主人公がイカレてる、というかイカレ始めてるのは事実ですけど、今のところはまだ他人を信じる心を持ってます。
 
トガちゃんは紛うことなき地雷ですねぇ。実は開闢行動隊の皆さんの中で一番コントロールできないのはトガちゃんです。なんなら主人公の首狙ってくるまである。


肉の多い大乃国  2020年07月24日(金) 15:23 (Good:1Bad:0) 26話 報告

とても面白かったです。
27話以降でミリオ達と絡ませる予定はあるのでしょうか?

-追記-

返信ありがとうございます
3章楽しみに待ってます

返信:どろどろ 2020年07月24日(金) 14:53

主人公がビッグ3と戦うのは三章中盤あたりです。三章序盤ではとある展開を介して間接的に絡みます。活動報告で予告がてら少しネタバレしてるので、良ければご覧ください。

ちょぼちょぼ書き溜めてはいるので、気長に待って頂けるとありがたいです。亀更新申し訳ない。


暁 黄昏  2020年07月04日(土) 15:42 (Good:2Bad:0) 26話 報告

この主人公のしぶとさと生命力はまるでgo…ゲフンゲフン
まあ…個性やそれを合法的(ホークスや前回の話でミキサーやられてジュースにされたテトラ、草壁のお姉さんを殺したヒーローがやった犯罪及び違法及びモラルに欠けた行為も含む)に使うヒーロー達の所為で不幸になっている人が少なからずいるんですよね〜…(草壁のお姉さんとか壊理とか)

まあ、個人的にカワイソウなのは「異形型」ですかね〜。
だって、生まれて来ただけで見た目の所為で差別をされるから。
(14行省略されています)

返信:どろどろ 2020年07月18日(土) 16:52

ヒロアカ世界は色んな見方出来るから面白いですよね。念じるだけで相手を殺す個性とかあってもおかしくないし。異型系への差別はあんま原作で語られてなかった気もしますが、その辺はXmenとか見ながら独自解釈で補っていきます。まぁそこに焦点置くと迷走しそうではありますが。。

主人公は基本先手だと無敵ですが、後手に回ると途端に弱くなります。反撃の手札が少なすぎるので、素のポテンシャルに頼らざるを得なくなるので。そういう意味じゃ二章は最悪の展開が重なりましたね。AFOに警戒しながらヒーローや警察を相手にしつつ、蟻塚奪還しなきゃならない挙句、因縁の相手である踏破さんが全力で邪魔してくる始末ですから。
酷いことになると言ったら次回がピークです。つまりまだ上があります。


ミスターイシアタマ  2020年06月15日(月) 22:38 (Good:0Bad:0) 1話 報告

活動報告見て思ったんですけどステインのシンパ達が脇なみ主人公の方に注目してマスキュラーも死亡してしまったから敵連合戦力結構ダウンしますね。この調子だとヨーロッパ最強の勢力も後数人出ることだから本格的に先生が出陣しないと蚊帳の外になりそう。そしてオーバーホールとホークスという今まで全くのマークの外に居たヒーロー、敵が参戦。こいつらはどういった立ち位置になるのだろうか

返信:どろどろ 2020年06月21日(日) 00:51

主人公とガッツリ絡む、とだけ。


ミスターイシアタマ  2020年06月03日(水) 08:04 (Good:0Bad:0) 1話 報告

片腕に続き目まで再起不能レベルのダメージ負ったぞこの主人公。
これで3章から主人公のターンとかマジ?本当どんな精神力の強さやねん。悪夢に堕ちたがここから普通に力づくで乗り越える気がしてならんよ。
しかし頭のネジが逝かれた人間には暗示術は効かないと過去話であったのに平然と蟻塚に暗示掛けやがった踏破という男。本当にどのレベルまでの高みにいるのだろうか。
ところで踏破の個性の絡繰りは分かったがエンデヴァーどうなったのかまだ分からんな。眠ったって事は踏破の術中に堕ちたって事なんだろうけど

返信:どろどろ 2020年06月05日(金) 00:49

左手切断。両目破裂。脊髄損傷からの下半身不随。自律神経の乱れによる感覚異常。…なんでまだ生きてるんですかね、コイツ?
踏破の能力値は頭脳と自尊心以外の全てが主人公より上です。二章プロット作った当初はこんな強くなかったんですけど、ちょっと訳ありで上方修正してます。
エンデヴァーはまだ使うので踏破の手では死なないと思いますよ。仮にも同じヒーローですから。
でも殺しても面白そうなので、どう転ぶかは作者の気分次第です。主人公の左腕を奪った轟と、轟の父を奪った主人公って関係性、面白いネタになりそうですし。


日本人  2020年05月24日(日) 19:41 (Good:3Bad:0) 26話 報告

原作主人公組の出番無さすぎて草。コレ体育祭は無理なんやろうなぁ……。マスゴミはマスゴミしてるし所々にクズの片鱗を見せつけてたり、ヒーロー側のダメっぷり(主に後半)が露呈してたりドロドロしてて面白いですわ。
とりあえず主人公と蟻塚ちゃんには最低限救済が欲しいですわ。

返信:どろどろ 2020年05月24日(日) 21:48

え?体育祭?雄英体育祭?いや、三章で普通に……おっと口が滑った。今の忘れてちゃん。
主人公は「俺を救ってみろ!」とか要求しながら全然救われる気がないクズオブゴミなんで、しばらく救済はないかもですね。


木刀大鷲  2020年05月18日(月) 04:46 (Good:0Bad:0) 26話 報告

NTRなんて最低ー(違うそうじゃない)。殺人許可証ね、持ってると人殺した時とかに便利、て理由でハンターライセンス取ったヒソカみたいな事を言うな踏破さん。何処かにヒソカやイルミや団長のような奴がいてもおかしくないよなヒロアカ世界って

返信:どろどろ 2020年05月18日(月) 08:15

ヒロアカをハンターハンターと勘違いしてる踏破さんです。主人公にもそんな未来があったかもしれない。


ミスターイシアタマ  2020年05月17日(日) 09:20 (Good:1Bad:0) 1話 報告

感想の続きですが原作キャラが仇ということは姉の死は本当に凱善製薬は関与してないってことになるのかな。ならば姉の仇がどっちsideなのだろうか?ヒーローサイドかヴィランサイドか
もし原作でヒーローサイドのキャラだったとしたらもう本気でヒーローは主人公の事弾劾する資格ねえな。吐き気を催す邪悪な存在に気づかず不当極まりない理由で主人公の夢を奪ったんだから。

-追記-

今気づいた!
過去編でヒーローに姉を殺されたって書いてあるやんけ!!
本当にヒーローはもうさあ......

返信:どろどろ 2020年05月17日(日) 12:20

どっちでしょうね。二章のうちに分かります。

追加
まだちょっと裏があったりなかったり。ともかく次回を待たれよ。割と全部分かると思います。


Sari_Shun  2020年05月16日(土) 12:32 (Good:4Bad:0) 26話 報告

敵の中にもヒーローライセンスを持ってるやついてもおかしくないよねって思いました。
確かにある意味での殺人許可書だし ヒロアカ時空ってまじで黒くしようと思えばどこまでも黒くできますよね。

そのような部分を表現してるこの作品まじで好きです

-追記-

返信ありがとうございます!
三章楽しみにしてます!

返信:どろどろ 2020年05月16日(土) 00:37

原作で描かれてないだけで、高校以外でもヒーロー免許取る方法はあるでしょうしね。
ただ、ここだけの話、踏破にヒーロー設定を付けたのにはちゃんとした理由があるんです。多分三章の一話で分かると思いますが。


ディアーチェ  2020年05月15日(金) 21:29 (Good:3Bad:0) 26話 報告

主人公と蟻塚ちゃんはよく負けるなぁ…
まぁシリアスものだから、この流れもしょうがないか。

-追記-

なんと!!?( ゚д゚ ) 後々の楽しみの為だったのか…やりおる。

返信:どろどろ 2020年05月15日(金) 21:22

というか踏破の格を下げずにいると後々楽しいことが起こるんですよ



感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。