悪の舞台
作者:ユリオ

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

グリマルキンX  2019年10月17日(木) 19:22 (Good:2Bad:0) 報告

ウルベルトにとって悪とは自らの信念や思いを貫くことなんですね。勝手なイメージとしては善は皆のために、正義は己のために、というイメージが有ったのでウルベルトの悪も正義と言い換えれるのでは、と思ったのですがやっぱりそこがウルベルトにとっての起源であり譲れない所みたいですね。

これからウルベルトの旅路によりよい悪があることを祈ってます。

返信:ユリオ 2019年10月17日(木) 21:32

感想ありがとうございます。

気づいてしまいましたか。そうなんですよね、このウルベルトさんが定義してる悪は、場合によりけりですが傍から見れば正義と言っても良いものなんですよね。本人は否定するでしょうが。

キャラ紹介の、偽悪的っていう言葉を見てから、悪ぶっても本当に悪人じゃないのバレバレな良い人なんだろうなぁって思って、こんな感じの言うほど悪じゃない悪を信じてる人になりました。

まだ始まったばかりですが、ウルベルトさんの悪を見守っていただけますと幸いです。


Y.T  2019年10月09日(水) 01:24 (Good:3Bad:1) 報告

これほどキッチリウルベルトさんの過去とナザリックから引退した内心の描写をした作品が過去有っただろうか、いや無い!
これは期待の作品です!(・∀・) 

リアルで行動を起こすべく決死の義挙の直前、しかも死者の手紙を受けての発起人の立場で転移とか・・・・( ;∀;)

返信:ユリオ 2019年10月09日(水) 19:05

感想ありがとうございます。


作戦自体はウルベルトさんいなくても別の形で決行されるんでしょうが、ウルベルトさん的には唯一の機会を失う事に。リアルに戻って作戦失敗してる未来とかだったら絶望しそう……。

期待に沿えるよう、頑張っていきます!


高機動トウモロコシ  2019年10月08日(火) 07:44 (Good:2Bad:0) 報告

おおう…志半ばで無慈悲な転移か。
これはキツい。

返信:ユリオ 2019年10月08日(火) 09:10

感想ありがとうございます。

死ぬ前に未練を残さないようにと思ってユグドラシルに行ったら、リアルに戻れなくなったウルベルトさん。
ただ、ユグドラシルに行かない場合は、デミウルゴスに最後会っておけば良かったなぁって後悔しながら死ね事になるんで、果たしてどちらが良かったのか…。


焼きプリンにキャラメル水  2019年10月07日(月) 22:26 (Good:1Bad:0) 報告


ウルベルトさんの過去話、何故ウルベルトさんが『悪』にこだわる様になったかが丁寧に描かれていて凄かったです。ユグドラシルを始めた理由も辞めた理由もしっかりしていて分かりやすかったです。

もしデミウルゴスが現実世界に転移してきたらウルベルトさんの敵は大変なことになっていたでしょうね。

続き楽しみにしています!

返信:ユリオ 2019年10月08日(火) 08:21

感想ありがとうございます。

ウルベルトさんの悪や、ユグドラシルを辞めた理由は、最初にきっちり書いておこうと思ったんで、わかりやすいと言ってもらえてすごく嬉しいです。

デミウルゴスが現実世界に転移するのいいですね。ただ、うちのウルベルトさんだと、作戦は考えてもらうけど、自分でやらなきゃ意味がないって言って、普通の人間の体で無茶するので、デミウルゴスはハラハラしっぱなしになるかもしれない。

最後までのプロットは一応できてるんで、エタらないように頑張ります!


全話感想

佐藤中村  2020年01月30日(木) 01:44 (Good:0Bad:0) 報告

ウルベルトって、平沢進の曲好きそう。


つが  2020年01月29日(水) 15:14 (Good:0Bad:0) 報告

……これ絶対本体の前でカンペ読ませてるだろwww

(バッカなんでモモンガ呼びすんだよ、訂正訂正!)
「ほら、あれだ。君たちはプレイヤーだろ。プレイヤーが良い奴なのか、悪い奴かを見定める為に君らを監視していたんだが、えっと、なんだっけ。
(帝国だよ帝国!)
そう、帝国。帝国で君の名前をモモンガと言っているのを聞いたんだよ」

的にしか見えないwww

起こってること自体は割と悲劇なのになあ…

返信:ユリオ 2020年01月29日(水) 20:51

感想ありがとうございます。

大体、そんな感じです。
舞台裏は、本編とは別方向に大変な事になってます。


takaMe234  2020年01月29日(水) 12:00 (Good:0Bad:0) 報告

……ひょっとして、ツアーって誰ゾに台本渡されてませんかねこれぇ?

誰なんだろうなぁホント(白目

返信:ユリオ 2020年01月29日(水) 12:39

感想ありがとうございます。

裏で誰かがカンペ出してますね。
一体誰なんだろうなー。


悪路王  2020年01月29日(水) 00:43 (Good:5Bad:2) 報告

何か盛り上がってきてたのに水をかけられた気分
後半の茶番入りますか?
いやいるんでしょうけど入れるタイミングもうちょっとずらせなかったのかなとか、あるいはもうちょっとこう書き方というか
何か受け入れられたけどそれも超スピード過ぎて感慨もなにもないですし、てかどこまで仕込み?

この作品のアインズ様はウルベルトが一緒にいたためNPCたちとの交流が足りてないので、まずは現地勢より先にナザリックの皆やウルベルトと向き合うことに集中するべきではないかなとも
いや本当にアルベドとデミウルゴスと最近のセバス以外物凄い影薄いし

-追記-

ああなるほど
作者的には今の流れは想定外だったのですね
それで今回の話で軌道を修正しようとしたと

ここからは私という一読者の感想なのですが
正直今回の和解?シーンを自然なものにするには現地勢の描写が足りてなかったのではないかと思います
青の薔薇とかもこの作品においてはほとんど出番がないので唐突に現れて和気あいあいとされても、いきなりなんなのとしか思えないですし、ツアーに至ってはホントにポット出
今作の現地勢で印象深いのはジルクニフくらいです
彼はナザリックへの恐怖とそれでも帝国のためにという強い心を見せてもらってるのでこちらとしても応援したくなります

またこの作品において私が心打たれた人物描写は
ウルベルトのリアルでの決断と異世界での暗躍、デミウルゴスの葛藤、アルベドの激情、セバスの後悔、アインズの逡巡、パンドラのある種の冷徹さなどで全体的にナザリックのキャラクターたちに寄っているのです。この辺は本当に素晴らしいものでした
その流れを引き継いで前回のスタッフ・オブ・アインズ・ウール・ゴウンが奪われるという類を見ない非常事態からさあどうなるんだ!といったところからの今回の話の後半だったので

返信:ユリオ 2020年01月29日(水) 12:37

感想ありがとうございます。

書いてみたらここまでの流れが思ったよりシリアスになったんでどうしようかなぁとはちょっと悩んだんですが、当初の予定通りに後半の茶番をいれてしまいました。
真面目な感じにする手もあったんですが、なんか自分の中で違うなぁってなったものでこういう形になりました。
仰られる事も凄く分かるんですが、表面上今まで上手くいってたけど、予想外のところで表舞台でぐだる感じにどうしてもしたくて。

アインズ様はウルベルトさんどうしような感じで意識がNPCにまで行かず、ウルベルトさんはナザリックに干渉があまりできない状態だから現地勢と向き合う場しか作れなかったって感じです。

NPCが基本影薄いのは、作者があまりキャラ出しすぎると話がまとまらなくなるからで、完全に技量不足です。もっと、NPC達の出番作って上げられたら良かったんですが……。



-追記-

青の薔薇とかとのやり取りは、よく知りもしない人とも、短期間である程度仲良くなれるんだなっていうシーンにしたかったってのがあって、描写をあんまりしていなかったんですが、やっぱりもう少し書いとけば良かったですね。反省。

ツアーについては、いきなり出てきたキャラが頑張って見せまいとしてきた舞台裏を覗かせちゃった感じなんで、舞台を見てた観客的には、もやもやするんだと思います。
ただ、完璧な舞台はやっぱり違うよなぁと思ってのツアーの大根演技でした。

ご期待をへし折っちゃった感じで申し訳ないんですが、作者的にはプロット通りのこの展開の方がウルベルトさんの舞台っぽいかなぁと、こうなりました。


Julchen  2020年01月28日(火) 22:13 (Good:1Bad:0) 報告

ついにウルベルトさんの自我消えちゃったかぁ……。命より信念のほうに重きを置く彼が信念曲げちゃったらもう手遅れそう……

返信:ユリオ 2020年01月28日(火) 23:09

感想ありがとうございます。

そうですね、自我消えてたら手遅れですね。命より信念の方が重いのは今も変わらないですけど、彼の一番大事な物って何かなっていう感じです。


takaMe234  2020年01月25日(土) 19:48 (Good:1Bad:0) 報告

デミウルゴスが嫌いなセバスをサポートしてたのはこういう事か……
確かにモモンガに怒りを向けられる為の出汁に使われたんだから同情の余地はあるなぁ
モモンガが一番憧れてたたっち・みーについて刺々しい言い方したのも

しかし、それでもモモンガは同様はしたけど怒り出しはしなかった
追加でジルクニフ経由で仕掛けたけどそれでもだめだった

ならば、という感じでスタッフ・オブ・アインズ・ウール・ゴウンを持ち出したと……


セバスとジルクニフは嘆いていいと思う

返信:ユリオ 2020年01月26日(日) 10:14

感想ありがとうございます。

ウルベルトさん的には、ここまでセバスに暴言吐けばモモンガさんも、自分よりセバスを庇うだろう。
と思ってたんだけど、そうはならなかったんだなぁ。
たっちさんの話も混ぜてすれば流石にと思っていたんだけど、それでも無理だったんで、もうスタッフ持ち出すしかなくなっちゃっての行動ですね。

間違いなく一番可哀そうなのジルクニフだけど、二番目セバスですね。ごめんなー。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。