悪の舞台
作者:ユリオ

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

全話感想

アレルグ ID:.RukmeiY  2020年02月05日(水) 22:41 (Good:2Bad:0) 19話 報告

結局ウルベルトの信念がバッキバキに折れて死んでるままなんだけど、本当に人間としてのウルベルト生きてるのか……?今回の話で何か変わるかと思ったら手遅れなこと補強されるだけだったし。

返信:ユリオ 2020年02月06日(木) 12:29

感想ありがとうございます。

ウルベルトさんの信念については、このタイミングだと本人の中では完全に決着がついているんのですよね。なのでまぁ、信念が折れてるって事ははないです。形は変わってるけど。


あいう ID:kfM5GA5Y  2020年02月03日(月) 18:35 (Good:0Bad:0) 報告

ギルド武器ってアインズ専用に合わせた設計されてたからウルベルトさんが持っても真価を発揮しないと思うんだけどそこはどうなんですか?

返信:ユリオ 2020年02月03日(月) 19:26

感想ありがとうございます。

はっきり明言がないんであれですが、自分もギルド武器を使えるのはギルド長だけかなぁとは思っています。
あくまで、モモンガさんを焚きつける為に持って行っただけなんで、どちらにせよウルベルトさんが使う事はないですが。


星野谷 月光 ID:kkAjpsUI  2020年02月01日(土) 20:49 (Good:0Bad:0) 18話 報告

めっ、面倒くさい…アインズさまもウルベルトさんもめんどくせえよ…
たっち・みーさんとみたいに仲良く喧嘩できれば話は早かったんだけどなあ…
でもそうはならなかったんだ…
たかが喧嘩するために壮大に他人を巻き込み自我まで失い、そして目的まで失うってウルベルトさんもウルベルトさんで大概にくそでか感情持ってますよねアインズ様に…
本来の目的の帰還&仇討も捨て、一番大事だった信念までかなぐり捨てて、でも結果的にそのために他人を巻き込みまくる悲しい悪になってる…
(13行省略されています)

返信:ユリオ 2020年02月01日(土) 23:07

感想ありがとうございます。

アインズ様も、ウルベルトさんも面倒くさいですね。
ただただ仲良くしたいからウルベルトさんが何かしても言い返せないアインズ様と、嫌なこと言われたら素直にこっちに怒りをぶつけて来いよって思ってるウルベルトさんです。
喧嘩しない=仲悪いってことは、ないんだけど、その辺がちゃんとできてたら良かったのかなって感じですね。

早々に喧嘩してたら、巻き込まれる人はもうちょっと少人数で済んだんじゃないかなぁ。


つが  2020年02月01日(土) 18:23 (Good:0Bad:0) 18話 報告

何という綺麗なレメディオス…確かにあの子だけ戦場で死ねば聖王国は政治的に盤石になりますな。
だからこそ原作ではレメディオスだけ生かしてたんだし。

「わるいやつぶっころビーム」は是非とも撃ってみて欲しかった…
「なんで抵抗判定も無いんだよコラー!」と怒鳴る姿が見てみたい(綺麗に締めたのにギャグで落とさせる気か

返信:ユリオ 2020年02月01日(土) 22:42

感想ありがとうございます。

レメディオスな、なんていうか原作ではヘイトを向ける為に存在しているみたいで、可哀そうなので活躍させたかったんですが、戦場で死ぬ以外の活躍の仕方が、私には思い浮かばなかった……。

舞台裏は書く予定なんですけど、正直そんな感じのNG集とかも面白そう。
(綺麗な締めも良いけど、ギャグ落ちもやりたい……!


佐藤中村  2020年01月30日(木) 01:44 (Good:0Bad:0) 17話 報告

ウルベルトって、平沢進の曲好きそう。

返信:ユリオ 2020年01月30日(木) 12:44

感想ありがとうございます。

平沢進の曲、あんまり聴いた事ないんですけど、作者は筋肉少女帯の曲好きそうって思っていたんで、多分平沢進も好きだと思います。


つが  2020年01月29日(水) 15:14 (Good:5Bad:0) 17話 報告

……これ絶対本体の前でカンペ読ませてるだろwww

(バッカなんでモモンガ呼びすんだよ、訂正訂正!)
「ほら、あれだ。君たちはプレイヤーだろ。プレイヤーが良い奴なのか、悪い奴かを見定める為に君らを監視していたんだが、えっと、なんだっけ。
(帝国だよ帝国!)
そう、帝国。帝国で君の名前をモモンガと言っているのを聞いたんだよ」

的にしか見えないwww

起こってること自体は割と悲劇なのになあ…

返信:ユリオ 2020年01月29日(水) 20:51

感想ありがとうございます。

大体、そんな感じです。
舞台裏は、本編とは別方向に大変な事になってます。


takaMe234  2020年01月29日(水) 12:00 (Good:0Bad:0) 17話 報告

……ひょっとして、ツアーって誰ゾに台本渡されてませんかねこれぇ?

誰なんだろうなぁホント(白目

返信:ユリオ 2020年01月29日(水) 12:39

感想ありがとうございます。

裏で誰かがカンペ出してますね。
一体誰なんだろうなー。


悪路王  2020年01月29日(水) 00:43 (Good:8Bad:4) 17話 報告

何か盛り上がってきてたのに水をかけられた気分
後半の茶番入りますか?
いやいるんでしょうけど入れるタイミングもうちょっとずらせなかったのかなとか、あるいはもうちょっとこう書き方というか
何か受け入れられたけどそれも超スピード過ぎて感慨もなにもないですし、てかどこまで仕込み?

(17行省略されています)

返信:ユリオ 2020年01月29日(水) 12:37

感想ありがとうございます。

書いてみたらここまでの流れが思ったよりシリアスになったんでどうしようかなぁとはちょっと悩んだんですが、当初の予定通りに後半の茶番をいれてしまいました。
真面目な感じにする手もあったんですが、なんか自分の中で違うなぁってなったものでこういう形になりました。
仰られる事も凄く分かるんですが、表面上今まで上手くいってたけど、予想外のところで表舞台でぐだる感じにどうしてもしたくて。

アインズ様はウルベルトさんどうしような感じで意識がNPCにまで行かず、ウルベルトさんはナザリックに干渉があまりできない状態だから現地勢と向き合う場しか作れなかったって感じです。

NPCが基本影薄いのは、作者があまりキャラ出しすぎると話がまとまらなくなるからで、完全に技量不足です。もっと、NPC達の出番作って上げられたら良かったんですが……。



-追記-

青の薔薇とかとのやり取りは、よく知りもしない人とも、短期間である程度仲良くなれるんだなっていうシーンにしたかったってのがあって、描写をあんまりしていなかったんですが、やっぱりもう少し書いとけば良かったですね。反省。

ツアーについては、いきなり出てきたキャラが頑張って見せまいとしてきた舞台裏を覗かせちゃった感じなんで、舞台を見てた観客的には、もやもやするんだと思います。
ただ、完璧な舞台はやっぱり違うよなぁと思ってのツアーの大根演技でした。

ご期待をへし折っちゃった感じで申し訳ないんですが、作者的にはプロット通りのこの展開の方がウルベルトさんの舞台っぽいかなぁと、こうなりました。


takaMe234  2020年01月25日(土) 19:48 (Good:1Bad:0) 16話 報告

デミウルゴスが嫌いなセバスをサポートしてたのはこういう事か……
確かにモモンガに怒りを向けられる為の出汁に使われたんだから同情の余地はあるなぁ
モモンガが一番憧れてたたっち・みーについて刺々しい言い方したのも

しかし、それでもモモンガは同様はしたけど怒り出しはしなかった
追加でジルクニフ経由で仕掛けたけどそれでもだめだった

ならば、という感じでスタッフ・オブ・アインズ・ウール・ゴウンを持ち出したと……


セバスとジルクニフは嘆いていいと思う

返信:ユリオ 2020年01月26日(日) 10:14

感想ありがとうございます。

ウルベルトさん的には、ここまでセバスに暴言吐けばモモンガさんも、自分よりセバスを庇うだろう。
と思ってたんだけど、そうはならなかったんだなぁ。
たっちさんの話も混ぜてすれば流石にと思っていたんだけど、それでも無理だったんで、もうスタッフ持ち出すしかなくなっちゃっての行動ですね。

間違いなく一番可哀そうなのジルクニフだけど、二番目セバスですね。ごめんなー。


ありゃりゃりゃ……  2020年01月25日(土) 08:25 (Good:0Bad:0) 16話 報告

自ら悪にならんとするウルベルトさんに幸あれ

返信:ユリオ 2020年01月25日(土) 10:04

感想ありがとうございます。

あと6話と短いエピローグで本編完結の予定となっております。
現状、何やってんだこいつ状態ですが、ウルベルトさんなりに考えた上で悪として行動しているつもりなので、最後までお付き合いいただけると幸いです、



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。