黄金獅子はもういない
作者:夜叉五郎

▼感想を書く

感想

mujina  2019年10月28日(月) 23:18 (Good:1Bad:0) 報告

ヤンがなにをやっていたのかについて追加されている。
この話のヤンは絶対にヴァルの事が嫌いだと思う。
やっていることは理解できるけど、リズムが合わないので嫌いという意味で。

返信:夜叉五郎 2019年10月29日(火) 19:41

感想ありがとうございます。
そのとおりで不気味に感じてます。
その不気味さを感じ取れるヤンも、十分に不気味なんですがね。


ぴょんすけうさぎ  2019年10月28日(月) 20:00 (Good:0Bad:0) 報告

「天下人編」、閲覧。

>智謀を持って貴方に仕える者は無残なものだ。
実は大部分カンニングなんだけどね。

ヤンの動きが加筆されましたが、ヤンはヴァルのことをどう思っている(評価している)のでしょう?
そして、ヴァルのほうはヤンに対してどう対応する気なのか?
原作知識があっても手におえないヤンですから。

返信:夜叉五郎 2019年10月29日(火) 19:40

感想ありがとうございます。
ナチュラルチートキャラのヤンが負けるところは想像出来ないので苦慮しております。


TTaT  2019年10月26日(土) 22:06 (Good:3Bad:2) 報告

「反駁」が「反発」の意味で?使われているようですが、「反論」の類義語なので相手の主張に対して言い返す場面以外では違和感があります。
ドワイトのところのアレなんかは完全に「反発」の間違いですね。誤字報告でもよかったのですが、これまでも多発していたので「誤用」かなと思いこちらに書かせていただきました。

返信:夜叉五郎 2019年10月28日(月) 01:25

感想ありがとうございます。指摘通り二箇所ほど変だったので修正しておきました。


ぴょんすけうさぎ  2019年10月26日(土) 19:04 (Good:0Bad:0) 報告

最高司令官編、閲覧。

>シュターデン
この人、帝国側のフォークみたいな存在じゃないか? なんとなく似てる。理論優先、精神的に倒れて入院とか。ただし味方への害毒はフォークの方が多い。こんなのが高い地位に上がるからいかんのだ。

>自戒しようと心に決めた。
>もう完全に手遅れな感はある。
私生活で女に弱いのは事実だが、そこから強みを引き出してるからねぇ。(原作を知っているからこそ可能だが)

>セカンドローの地位を二人でしっかりとキープし続けた。
シューマッハ、ミッターマイヤー、ロイエンタールの「三矢」
ナンバー2不要論のオーベルシュタインなら「けっこうなことだ」というかな。

-追記-

確かにタグにあるとおり「NTR」なんだけど、原作を知ってなきゃ成立しないな。

しかも、ヴァルだけじゃなくヤンまで!

返信:夜叉五郎 2019年10月26日(土) 18:32

感想ありがとうございます。
シュターデンは職業間違えた感がありますね。先生で終わっとけば良かったのにと。
16話あたりで私生活の部分の強みを権謀術数に少し生かす予定です。


mujina  2019年10月26日(土) 15:35 (Good:2Bad:0) 報告

シュターデンの胃を痛めつけ、まとめ役のいなくなったため、五月雨式に突っ込んでくる貴族艦隊を釣瓶撃ちで撃破し続ける簡単な戦いでした。
なお狙ってやった事実が後世の歴史家たちを困惑させる事になったのは別の話。
この戦いでヴェルの指示のもとでやったこと。

一、シュターデンの胃を破壊し、まとめ役のいなくなった貴族艦隊を釣瓶撃ちで撃破。
一、降伏勧告を受けなかったガイエスブルク要塞を質量爆弾で圧殺。おそらくあったであろう降伏文書も見ずに(黙殺)して皆殺し。
一、銀河放送したことで、氷山爆弾をつかえばイゼルローン要塞も無力化可能であることを示す。(戦術革命その2)
一、三顧の礼をつくして引き抜いたフォーレンハイトがガイザーリンク艦隊を撃破し、ガイザーリンクは更迭。
一、双璧コンビが副盟主を完膚なきまでに叩き潰す。
一、たまたまだけど同盟のクーデターの引き金をひく。(絶対にたまたまな事を信じてもらえなさそう)
一、同盟軍の侵攻を防ぐ名目で、中立派のメルカッツをイゼルローン要塞近くの宙域に配置。おそらく率いている将兵も『中立派』でいたかった人たちであろう。

半分くらいはたまたまそうなっただけだけど、釣瓶撃ちとガイエスブルク要塞圧殺はヴェルが青写真を書いているしな。
ぶっちゃけ、大陰謀家にしかみえない。

返信:夜叉五郎 2019年10月26日(土) 18:27

感想ありがとうございます。
後世の評価はストップ高でしょうね。ただし女好きのところで減点、というか評価がマイルドになる感じかと。


adachi  2019年10月26日(土) 12:29 (Good:2Bad:0) 報告

胃にとどめを刺されたシュターゼン。
今まで読んだSSの中で一番可愛そうな気がする。

返信:夜叉五郎 2019年10月26日(土) 18:24

感想ありがとうございます。
OVA準拠にしてみました。確かに酷いですよね。逃げ込んだレンテンベルグも潰されてるので。


全話感想

しゃあっ!  2020年01月29日(水) 22:14 (Good:1Bad:0) 報告

この作品が大好きです。
魅了されて一気に読み耽ってしまいました。

さすが原作を知っている主人公!
数々のテロも悲劇も未然に防ぐのは最高ですね。
地球教徒のヤバイ連中は鎮圧できて良かった。

ヤン提督は残念でしたが。
(でも、暴動に担ぎ上げられる事も無く、予後は安楽にすごせれたかも。軍人恩給も出たでしょうし。隠居生活は快適かも。
健康が回復すればいいのですが。)
ロイエンタール提督の反乱も無くなったし、
本当に良かった。


新月だってお月見です  2020年01月25日(土) 03:59 (Good:1Bad:0) 報告

ルッツとフィーアが恋仲になったのであれば、
ケスラーは寝取られを
回避出来なかったことになるんじゃないの?

ルッツとケスラーの記述に矛盾を感じる。


まし  2020年01月20日(月) 02:17 (Good:2Bad:0) 報告

まとめて読みました。
人類の決戦存在が執事セバスティアンとは・・・・
あとFCオリキャラのハウサーが登場した作品は二つ目で、珍しかったです。


ポテトン  2020年01月02日(木) 17:51 (Good:1Bad:0) 報告

一気読みしたけど、さすがフォーク。やってくれたぜ。

そしてよぎる中学時代の思い出。
「本物は凄い。ピュアペースト、アンドリュー」という響きから「H社のカレーはあいつの出汁を入れているから食べちゃダメだ」という事実無根の風評被害。



感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。