ガンダムSEED Destiny 白き流星の双子
作者:紅乃 晴@小説アカ

▼感想を書く

全話感想

緋詩  2020年05月29日(金) 17:59 (Good:0Bad:0) 報告

キラが正座リスポーン組に転向フラグが(笑)

トールとリーク?
彼らは元からそういう動かし方で、必要とあれば流星メンバーに恥じない機動をガンガン行くから…


そしてふとある可能性に気がついた。
ネオ(アナトリアの傭兵)はラリークローンじゃないかと思ってたけど、むしろ逆なんじゃなかろうか?
ラリーの精神は転生者だけど、肉体はネオのクローンの可能性だってあるんじゃ?と、だってラリーの初陣っていきなりメビウスの中スタートだったけど、肉体の精神が初陣前で限界を迎えてそこにラリーが入った可能性もあり得そう。
マジでどんな関係なんだろうか…


SANO  2020年05月29日(金) 17:10 (Good:13Bad:0) 報告

あれ?原作でもキラは機体を酷使していたような?って思ったけど、原作ではラリー達のような「頼れる仲間(大人)」がいなくて、すべてを“一人”で背負っていたからだった。
ついでに、眼前で、避難民のシャトルを撃たれたり、フレイが死んだりを経験してないし、ニコルを殺してもいないから、精神が“壊れて”ない。

改めて、ラリー達の存在は「救い」だと思った。


シーゴン  2020年05月29日(金) 16:01 (Good:6Bad:0) 報告

このユウナ様なら指示を受けるのもやぶさかではない…

そしてキラが正座組に行きそうだ
後は変態が強いという説がこの世界ではありそうですね。キラくんちょっとラクス嬢のところに行ってきなさい。そのお年頃ならまだまだ有り余っているものがあるでしょう…
間違えてミーアに突撃かまして修羅場になってもいいのよ


RINT60  2020年05月29日(金) 14:47 (Good:0Bad:0) 報告

なにこのユウナ
カッコ良すぎて惚れちゃいそう


白銀刀  2020年05月29日(金) 13:59 (Good:10Bad:0) 報告

朗報:キラ、原作より強くなりそう
悲報:キラ、正座組行きフラグ立ちそう
漢:ユウナが無茶苦茶カッコよくなっとるΣ(・□・;)


HAL・AQUA  2020年05月29日(金) 13:49 (Good:5Bad:0) 報告

操縦が下手くそ…なるほどまぁ機体に無理させず何も守れず死ぬよか限界まで無茶させてメカマン一同に正座説教くらってる方がまだマシ………のはず……


shyrook  2020年05月29日(金) 13:33 (Good:1Bad:2) 報告

あれぇ?

原作だとストライクをスペック限界までゴリゴリ使い倒してモルゲンレーテでチェックしたメカマンたちが呆れていたような…。


茶狂い眼鏡  2020年05月29日(金) 13:15 (Good:1Bad:0) 報告

精神的に健全に育って、無事サイと結婚したフレイの人格というか、肝の太さが凄い…!!これはさん付けで呼ばねば。
ユウナ君もまだ若いけど、芯のある漢になってるし…。
ただ、その一方で原作のシンみたいに精神的に余裕がないルナマリアとか、例のカラードランカーに2代目の強化人間三人組がどんな動きしてくるか怖いなぁ…。


ユニバース@アトリエスキー  2020年05月29日(金) 13:07 (Good:2Bad:0) 報告

なるほど……確かに、キラがMSの操縦が下手くそって言えるのは納得出来た。ストライクに乗っていた頃、MSに乗っていたのはキラだけ。他はみんなMAで、誰も指南できるわけが無い。まともなMS操縦訓練をしてない上に、本編にあった消耗しない戦い方を意識したせいで、それがキラの基礎になっちゃったんだな

そして、あのユウナよ。カガリがウズミを継ぐ「オーブの獅子」なら、それを守る「獅子の守護者」と言ったところかな


ガイア・ティアマート  2020年05月29日(金) 13:04 (Good:7Bad:0) 報告

キラがうまく戦えなかった根本原因は前大戦でのカツカツの戦いの中で無意識のうちに刷り込まれていた「節約癖」だったとは・・・。

それが原因で機体性能の全てを吐き出させ切れていなかったというのを聞くと、ビルドファイターズのイオリ・セイを思い出しますね。(実力はあるのに壊すのを恐れるあまり無意識に自分に枷をかけていた)

しかし、フレイ本当に逞しいですね。何が悪いのか容赦なく突きつけるとか。
まさに肝っ玉母ちゃんです。



感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。