能力バトルはもういいから普通の学校生活を送らせてくれ! ――国立異能力バトル高校学級日誌
作者:アレクラルク

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

全話感想

とある花騎士団長  2020年09月07日(月) 18:31 (Good:0Bad:0) 299話 報告

番外編の完結、お疲れさまでした。

最後に特大級の当たりを2回とも引いてきましたねw
あるいはこの時、神平が別の占いを希望していたら、いくらか未来は変わったのでしょうか。

返信:アレクラルク 2020年09月07日(月) 18:44

感想ありがとうございます。
まあ、たかが4分の1ですし。どうなんでしょうねえ。占ってもらっても結果を信じなかったかもしれません。
そんな占いもあったな程度で、自分の意志で道を切り拓こうとした気がします。
春日野の能力は、まだ何者でもない誰かにとっての指針に過ぎず、ひとたび道を定めたら、後は脇目を振らずに進むだけなのでしょう。
あるいは神平の青春時代はバスケ部に入った時点で終わったのかも知れません。組織人として次代を育て、忠誠を尽くす。そんな生き方を手に入れました。


とある花騎士団長  2020年09月06日(日) 18:35 (Good:0Bad:0) 298話 報告

投稿お疲れ様です。

凡庸にすらなれないリスクを極力潰すためにあるのが社会なんですかねー。結局は徐々に集団が細分化されていって勝ち残りをしていると言えなくもない。

返信:アレクラルク 2020年09月06日(日) 18:58

感想ありがとうございます。
現実にいれば、神平は充分に有能な部類かと。
ただ、やがて武力で他から奪うという戦略が通じなくなります。組織に身を寄せるのは正しいですが、組織そのものが陳腐化するリスクは消せません。


とある花騎士団長  2020年09月05日(土) 18:14 (Good:0Bad:0) 297話 報告

投稿お疲れ様です。

凡庸に成り果てたか。
別に悪いと断じるものではありませんけどね。
てか、こうして見ていくと本当に冬林くんってすげぇんだな……

返信:アレクラルク 2020年09月05日(土) 18:23

感想ありがとうございます。
組織に属することは強みですが、個人の理想を追うことは諦めなくてはならないでしょう。
異能力高校の体制に対して、最後まで抗おうとしたのが冬林です。志を持ってあがく姿は、心ある人々の共感と協力を取り付けました。


とある花騎士団長  2020年09月04日(金) 18:37 (Good:0Bad:0) 296話 報告

投稿お疲れ様です。

組織の人間になったからこその強みはあったでしょうが、結果的に情報収集系の能力者を手中に収めなかったのは致命的でしたね。
後半における情報戦では、勢力の中でもバスケ部だけは良いようにやられていた印象でした。

それにしても御手洗先輩のこの能力、サシなら岬先輩にも勝てるんじゃなかろうか……

返信:アレクラルク 2020年09月04日(金) 18:43

感想ありがとうございます。
御手洗のほうです? 悪意を喰らって溜めねばならんという制約が、一撃必殺・死四詩ボムにはきついかと。普通のアタッカーの不意打ちのほうが、まだ勝ち目はあるかと思います。


とある花騎士団長  2020年09月03日(木) 18:13 (Good:0Bad:0) 295話 報告

投稿お疲れ様です。

本編の欠けていたピースがはまっていく感覚がありますね。
一部匂わされてる感はあったのですが、ここまでかっちりはめこまれていることに感服いたします。

返信:アレクラルク 2020年09月03日(木) 18:36

感想ありがとうございます。
およそ3・4年越しの後付けであります。何とか辻褄を合わせられて、ほっとしているところであります。


とある花騎士団長  2020年09月02日(水) 19:24 (Good:0Bad:0) 294話 報告

投稿お疲れ様です。

野心を語ってはいても、神平の発想はどこか将に仕える参謀といった感じでしたからね。
元からバスケ部の門を叩いていたとしても、彼に見出だしてもらえたかはわかりませんし、やはりウラノカマに従ったことは成功だったのではないだろうか。

返信:アレクラルク 2020年09月02日(水) 19:29

感想ありがとうございます。
紆余曲折を経て、落ち着くところに落ち着きました。自分の足で歩いた経験が、ウェルキンゲトリクスに見出されるほどに成長させてくれたとも言います。
役に立ったかどうかは微妙だが、あの占いがなければ今の自分はいない。成功者にそう思わせるのが、占いというものの真髄かも知れません。


とある花騎士団長  2020年09月01日(火) 20:46 (Good:0Bad:0) 293話 報告

投稿お疲れ様です。

平然と凶器が持ち込まれているw
いや、今さらだけど(苦笑)
器量の限界を知ることは非常に大事なことですね。
この環境で命あってそれを知れたのなら喜ぶべきです。

返信:アレクラルク 2020年09月01日(火) 23:26

感想ありがとうございます。
まあ、予算の使い道として、ないというのも不自然かなと。
野心満々な神平も、段々限界が見えて参りました。クライマックスまで後少しですので、お付き合いいただけますと幸いです。


とある花騎士団長  2020年08月31日(月) 19:33 (Good:0Bad:0) 292話 報告

投稿お疲れ様です。

毒を食らわば皿までですかね。
ここで曲がりなりにも中西とコネクションができていたあたり、ウラノカマの結果もあながち間違いではないでしょうね。

返信:アレクラルク 2020年08月31日(月) 21:44

感想ありがとうございます。
実は微妙な解釈なんですよね。2回に1回当たる能力なのか。内容の半分くらいが当たる能力なのか。春日野先輩の自己申告なので、真相は謎に包まれているという。


とある花騎士団長  2020年08月30日(日) 18:29 (Good:0Bad:0) 291話 報告

投稿お疲れ様です。

現実的に2学期が始まってから動いたのでは手遅れでしょうな。
そこに至るまでにどれだけ準備を整えられたかが勝敗を分ける。
神平視点では描かれることはないでしょうが、陰で動いてそうな勢力が気になりますね。はてさてどこまでくらいついていけるか……

返信:アレクラルク 2020年08月30日(日) 18:57

感想ありがとうございます。
まあ、夏休みを通じて動くことになるのでしょう。
主人公は本編でさっさと帰省してましたけどねw
帰省できる実家の有無も、二人の微妙な差異ではあります。


とある花騎士団長  2020年08月29日(土) 18:08 (Good:0Bad:0) 290話 報告

投稿お疲れ様です。

まあ、プライドが高い彼らが名目上とはいえ格下と組むんだからそれなりの勢力の動きはバックにありますよね。
ただ、キナ臭さはありますけど。

返信:アレクラルク 2020年08月29日(土) 19:00

感想ありがとうございます。
神平がいかに知略を尽くしても、学校の全貌を把握は出来ないもどかしさをお楽しみいただければと存じます。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。


感想検索
キーワード
ユーザー名 話数 並び替え
絞り込み