アルゼンチン帝国召喚
作者:鈴木颯手

▼感想を書く

ms05  2020年03月13日(金) 14:33 (Good:0Bad:0) 報告

今確認したけどグランフィアも架空国家ですね、世界線が違うみたいだから国力が比較し辛いですが果たしてどうなるでしょうか。魔族国家で人間国家のアルゼンチンとは相性最悪だから惨劇しか予測できない。
架空国家を作ろうはこの作品を見て初めて知りましたが複数世界があるのは驚きました。

返信:鈴木颯手 2020年03月13日(金) 14:40

世界線は複数(4つ)ありますからね。因みにアルゼンチン帝国も神聖グランフィア帝国も作者がつくった国です。
国力は把握しづらいのはどうしようもないですがラヴァーナル帝国を真正面から滅ぼせる実力はあると思っていただければいいです(wikiよりだいぶ強化してますが)。


ぴょんすけうさぎ  2020年03月13日(金) 14:07 (Good:1Bad:0) 報告

第十六話、閲覧。

>我が国に対し宣戦布告もなしに攻めてきたリーム王国
ホント? 真実は闇の中。

やっぱり反体制組織は存在している。が、話にどう関わってくるかな? 実力は?

ラヴァーナルの代わりにグランフィア登場ですか。ラヴァーナルを踏み潰しつつ・・・
かなり強そうですが、アルゼンチン帝国大丈夫かな?

返信:鈴木颯手 2020年03月13日(金) 14:38

感想ありがとうございます。
パタゴニア労働党は一度壊滅した後に再建された+ずっと付け狙われているので潜伏している協力者と合わせても国家転覆まで行ける力はありませんがそれでも時期さえ間違わなければアルゼンチン帝国を崩壊される事は出来ます。
神聖グランフィア帝国は何倍も強化(というよりチート過ぎて没になった原案に)してます。そうでもしないとラスボスにならないので(じゃあ何で出したんだよという突っ込みはなしで)


ぴょんすけうさぎ  2020年03月12日(木) 17:32 (Good:1Bad:0) 報告

第十五話、閲覧。

>72ヶ国連合
パーパルディアを攻撃してる時間があったら逃げたら?(逃げようとしても無駄だけど)

>幸いなのはアルゼンチン帝国とは遠く離れている事だ
ちょっと甘いよ。

>リーム王国を焼き払うのだという
登場したと思ったら、殲滅寸前。 フェンと同様の運命か。

>ミレケネス
観戦武官でしょうね。たっぷり冷や汗をかいて帰ることになるでしょう。


ぴょんすけうさぎ  2020年03月11日(水) 17:40 (Good:1Bad:0) 報告

第十四話、閲覧。

>72ヶ国連合をパーパルディア皇国の独立した軍隊、と解釈して諸共併合
わざわざ分けて考えるまでもない。

>全土空爆・・・王城以外は更地となりました
フェン王国もただではすまなかったねぇ。

>パーパルディア皇国は解体されかつての面影は消え失せる
ま、領土拡大・侵略は、パーパルディア皇国もやっていたし、この世界では当然のこと。
蹂躙される側が回ってきただけ。

一応、アルタラス王国とガハラ神国は友好的なため残っているみたい。
第3文明圏の今の形は消失しますね。後リームは下手打つと・・・。

エミリア・スーレットとレミールの二人には、今後どんな展開があるのか?


中京氏神  2020年03月11日(水) 13:43 (Good:1Bad:0) 報告

連載楽しみに待ってます。ムーとの関わりはどうなるのか気になる


ぴょんすけうさぎ  2020年03月10日(火) 17:29 (Good:1Bad:0) 報告

第十三話、閲覧。

>生き残りを救助しつつ
ここまでやっといてなんで救助するのかって疑問が湧いた。何かに利用するのか?

>レミール
彼女はどうも簡単に死なない運命らしい(二次界隈で)

>陛下
名前も出ず、退場か。

>行いが悪かったからではない。・・・領土拡大先に選ばれただけさ
シビアな返事ですな。よくて属国、悪けりゃ滅亡。パガンタやレイフォルみたいに。パーパルディアがやってきた事でもある。

>皇都と工業都市という要を失うのであった。
ロウリア同様あっという間に、継戦能力を失ったな。

グラ・バルカスの観戦武官の反応が楽しみ。

返信:鈴木颯手 2020年03月10日(火) 17:55

個人的にレミール好きなんで。レミール出す為に救助活動を行わせました(メタァ)


ぴょんすけうさぎ  2020年03月08日(日) 17:56 (Good:0Bad:0) 報告

第十二話まで、閲覧。

一応、友好的でよかったけど・・・

>観戦武官
アルゼンチン帝国の力をグラ・バルカスに見せ付けるんですね。生贄はパーパルディア。
誰が来るかな? またほかの国からは?

>友好国の為に広大な土地を用意してあげたいのです。
つまりその土地用にパーパルディアを潰すと言ってる。

>皇帝
まだ、ロクに名前も出てない。

>情報収集の時間は既に残されていなかった
パーパルディアは知らぬ間に、虎の尾を踏んでいた。
この国の傲慢な性格上、いずれ転移国とぶつかり、そして十中八九潰される運命。


帝国将校  2020年03月08日(日) 17:23 (Good:0Bad:0) 報告

>誰にも本土の位置は知られていない。それでは安心は出来なかった。

諜報員派遣だけじゃなく、情報を収集出来る人工衛星というものがあってだな…
グ帝の皆さんにグラ・バルカス本国の位置を撮影した写真を見せたら青息吐息の様相になりそうですね。

>インペリオ・キャピタルの総統府にて外交使節団はアイルサン・ヒドゥラーと対面していた。この国の頂点に立つ男との対面にシエリア達に緊張が走る。まさか自ら来るとは考えていなかったのだ。

グ帝使節団は現アルゼンチン帝国の“現総統”であり後に未来の皇帝になる指導者アイルサン・ヒドゥラーとの対面会談をしましたね。
これは両国にとって歴史的な瞬間となることでしょう。

自治領帝国領チリの都市パルパライソだけでカルチャーショック受けてたのに、インペリオキャピタル見たら驚愕のあまり反応無くなってもおかしくないですね。


帝国将校  2020年03月07日(土) 23:15 (Good:0Bad:0) 報告

第十話の感想について。
アルゼンチン“帝国”とグラ・バルカス“帝国”
同じ帝国を国名に冠するこの二つの国はどの様に友好的な関係を結ぶのか…楽しみしています。


ぴょんすけうさぎ  2020年03月06日(金) 16:15 (Good:0Bad:0) 報告

第十話、閲覧。

>グラ・バルカス帝国とアルゼンチン帝国
西と東、なにも今すぐ対立する必要はない。この世界の状況をよく調べてからで良い、と思うんだが。

一方、パーパルディアはすでに遅し。外交を打ち切り皇国からは完全に撤退した後。敵認定されていると言っていい。原作より酷い運命が待っているな。



感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。