アルゼンチン帝国召喚
作者:鈴木颯手

▼感想を書く

感想

帝国将校  2020年03月06日(金) 10:58 (Good:0Bad:0) 報告

作者様、連日更新楽しみにしていました!
この頃は異世界第二文明圏の国々と国交を締結するのに四苦八苦して何とかはしようとしていたグ帝が自国と同じ異世界転移国のアルゼンチン帝国に関心を持った結果、この国は自国より遥かに国力が上で軍事技術が遥か未来を持っていると危機感を抱いて、直接外交使節団を派遣してアルゼンチン帝国との外交関係の構築に動きましたか。
多分グ帝にとってアルゼンチン帝国との外交は最も対応しなければならない最重要国なので皇族クラスの人間を使節団に派遣しているはず…

しかしグ帝がアルゼンチン帝国に興味を持ったのは、アルゼンチン帝国がロウリアを早期に滅亡させ分割併合した事に着目したのかな?
この頃のグ帝は異世界各国に諜報員を送って内偵していたし…

早速外交使節団を送って来ましたか…しかしこのグ帝のフットワークの速さは…もしかしてまだ皇族は処刑されてはないのかな?
ハイラスが処刑された直後の頃だったらグ帝の政府内や世論的にも他国に使節団を送るのは止した方がいいとなっていると思うので。
トラウマになっているでしょうし…

結構この作品は原作と違うので穏健派筆頭の皇族ハイラスが生存していてアルゼンチン帝国に来ている展開もあり得ますね。
アルゼンチン帝国に興味を持って国交を結びたいと思った結果、自分達グ帝の人間を下に見てくる列強国レイフォルをはじめとする異世界の第二文明圏の国々とは無理に国交を結ばなくてもよい方針に舵を切ったのかな?
まだ皇族の処刑で始まってしまったレイフォルパカンダ殲滅戦争が起きていないのかな?

>上層部の命令は完結だった。
×→完結 ◯→簡潔

>炎上若しくは沈みつつあった。
×若しくは ◯→もしくは

返信:鈴木颯手 2020年03月06日(金) 11:32

感想ありがとうございます。
グラ・バルカス帝国については原作どおりですね。ただ、アルゼンチン帝国を見た諜報員が必死に説得しアルゼンチン帝国は(諜報員の話だと)やべぇけど皇族送るのはちょっと……、って言う感じです。
なので皇族は基本的にいませんね(ていうか基本的に参考にしてるのがウェブ版なので書籍版で追加された要素や話はカットせざるを終えない感じです。)


全自動大根おろし機  2020年03月05日(木) 23:14 (Good:0Bad:0) 報告

国の上層部にDI○がいそうです


ぴょんすけうさぎ  2020年03月05日(木) 18:11 (Good:1Bad:0) 報告

第九話、閲覧。

>この世界じゃ全ての兵装がオーバーキルだろう
至極ご尤も。わざわざ、手加減をする必要もないしね。やっちまえ。

>グラ・バルカス帝国がアルゼンチン帝国に外交使節団を派遣してきた
ま、間違っても戦ってはいけない相手だからね。

「アルゼンチン帝国については日本と同等の技術力を持つグラ・バルカス帝国」ですから。
性格は似てるってことですよね。将来どう絡むかな。

まあその前にパーパルディアをどう処理ですね。アルタラスが攻撃する前に始まるな。
どのように料理するか、楽しみです。


全話感想

ぴょんすけうさぎ  2020年05月27日(水) 15:56 (Good:0Bad:0) 報告

第二十六話、閲覧。

お待ちしてました。

どうやら、問題ありそうな漂着者ですね。それも複数の国が絡む。


ぴょんすけうさぎ  2020年03月27日(金) 16:39 (Good:0Bad:0) 報告

第二十五話、閲覧。

>2000隻の船団
パーパルディア皇国レベルという時点でお察し。

>Uボート50隻
こりゃ駄目だ。狩りほうだい。

>北部諸国もまた一月とたたずに新たな国によって亡びるのであった
第三文明圏は、消滅だな。
これで治まる訳がない。次はどこへ進出する?

空間の占いでは、魔帝を滅ぼした国への対処の鍵であるアルゼンチン帝国という事くらいは分かる。
でも細かい事は分からないから歯がゆいんだよな。


ぴょんすけうさぎ  2020年03月22日(日) 16:30 (Good:0Bad:0) 報告

第二十四話、閲覧。

>フィルアデス大陸は最近激動の時を迎えている。
今度は、フィルアデス大陸北方ですか。
この大陸がすべて極東国家連合傘下になるまで続くでしょう。時間の問題ですが。


ぴょんすけうさぎ  2020年03月20日(金) 13:16 (Good:0Bad:0) 報告

第二十三話、閲覧。

>皇太子グラカバル
>もし皇太子に何かあっても我らに責任は取らせるようなことをしない
あの性格なら無理ないな。

>お見合い
これは、なにか「楔」以外の裏があるかな?


ぴょんすけうさぎ  2020年03月19日(木) 17:35 (Good:0Bad:0) 報告

第二十二話、閲覧。

>外交官フィアーム
彼女の計算機のエピソードは笑える。

けど、(原作では)使節団の報告は本国になかなか信じてもらえないんだよな

ミリシアルの“世界最強”のプライドが今作ではどう打ち砕かれるか、それが楽しみの一つ。


ぴょんすけうさぎ  2020年03月18日(水) 17:48 (Good:0Bad:0) 報告

第二十一話、閲覧。

>シャークン
原作同様、運よく生き延びた。

>モイジ
家族を連れての観光とはのんびりですな。原作では家族ごと悲惨なことに・・・

>神聖ミリシアル帝国はアルゼンチン帝国に使節団を派遣
なんかトラブルが起こりそうな予感。


ぴょんすけうさぎ  2020年03月17日(火) 18:26 (Good:0Bad:0) 報告

第二十話、閲覧。

>黒、赤、緑の三色の国旗の国
どんな国だ? 「架空国家を作ろう」の国? よく知らないので。

>古の魔法帝国
ラスボスのはずが、殲滅されちゃってるんだよなぁ。

>両者が激突するのはまだ先であるが少しずつ近づいているのであった。
原作でも、魔帝の復活は確実だけど、時期はあいまいだし。 



感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。