Fate/sn×銀英伝クロスを考えてみた
作者:白詰草

▼感想を書く

感想

藤林 源太郎  2015年04月24日(金) 11:13 (Good:5Bad:2) 62話 報告

そういえばどこぞのドMドSシスターがホットドッグ食わせようとしてましたね、平行世界で…。

人類の友、犬。
ヤンのいた1600年後までも友としていてくれるのはありがたいですね。
もっともヤンの家にいたのは猫でしたがw
狩猟などはもっぱら貴族の娯楽だったでしょうから、
銀英伝世界じゃ同盟と帝国とでは犬に対するイメージと要求は
正反対だったんじゃないかなぁとおもったり。

次回も楽しみに待ってます。


シャーマン ファイアフライ  2015年04月23日(木) 17:38 (Good:15Bad:1) 62話 報告

セイバーとヤンの愛称が悪いのは性格や価値観の聖な気がしますね。
アルトリアからしたら能力があるくせに能動的に動かず状況に流されるヤンは腹立だしいでしょうし、ヤンも騎士道とかは理解できないんじゃないかな。戦争は所詮殺し合いみたいな考えが根底にあるでしょうし。
ランサーの望みは召還されている英雄の中でもささやかな物なのになんで全てのルートでかなわないんだろう。
英雄って一人一人のプライドも高く我が強く連携なんて普通出来ないのにそれやってのけるヤンの統率力の凄まじさを感じました。


くろきし  2015年04月22日(水) 20:50 (Good:30Bad:1) 62話 報告

ふと思ったのですがランサー兄貴って
「ささやかな望みすら叶わない不幸なキャラ」イメージですが
不運とかでは無く原因はゲイボルグの様な気が

派手さに欠けますが対人宝具としてはガチチート
「必ず相手を殺す槍」に正面から向かうなんて阿呆超えて気狂いの域
とうぜん相手側からすれば不意打ちや謀略以外に勝ち目は無い訳で…

「相手に絡め手を強要する宝具」を所有した時点で
兄貴の望みは叶わない事はほぼ確定
所有者すらある意味呪われてる皮肉な宝具だと思いました


虎猫  2015年04月22日(水) 20:25 (Good:6Bad:1) 62話 報告

なるほど、お前は知っていたわけか、アーチャー改めアサシン

というかヤンも指摘しているが星間の彼方へ飛び出した時代に抑止力は機能しているんだろうか
銀英伝はあれで星間文明としては発展途上だし、科学が魔法に至るであろう時代まで含めたら…


ウルトラスパーク  2015年04月22日(水) 15:05 (Good:9Bad:1) 62話 報告

ラインハルト呼んだらイリヤ以外は即干からびるなw
イスカンダルみたいに神秘が無いから自前の魔力も少ないだろうし宝具展開したらイリヤもヤバイかも知れん
そもそもたとえ神にだって俺は従わない(キルヒアイスとねーちゃん以外)を地で行くから鯖には致命的に向いていない……

マジでヤンでよかったな!


四味浅流  2015年04月22日(水) 01:07 (Good:6Bad:1) 62話 報告

狙ったのは蟲爺の心臓、桜の心臓は通り道として破壊されただけか。
殺しても死なないような奴をピンポイントに討つランサー、輝いてるぜ!

しかしよくよく考えると、アレにまともな心臓はあったのだろうか…
(生物学の教科書を思い出しつつ)
魔術的な心臓かも知れないけど。


藤林 源太郎  2015年04月22日(水) 00:27 (Good:9Bad:4) 62話 報告

たしかに聖杯戦争は戦争と名がついていますが、
だからといってヤン・ウェンリーを呼ぶのは、草野球にベーブ・ルースをよんでくるようなもん。
本職の軍人でも戦士でもないのに、型付世界の魔術師はそろいもそろって血の気が多いのが困りどころ、
高血圧とか大丈夫なんでしょうかね彼らw
エミヤシロウが料理に例えたのがなんとも彼らしいです。
(17行省略されています)


haki  2015年04月21日(火) 22:50 (Good:9Bad:2) 62話 報告

何故、ヤンの情報をエミヤシロウが持ってるんだろう?
(セイバーたちは他の英霊の情報を持って無いから、聖杯からの情報提供ではないだろうし)

あるいは、エミヤシロウがヤンの世界に守護者として行ったとかなら、
この話が終わった後の番外編みたいな感じで、
銀河英雄の世界にエミヤシロウがなんらかの行くことになった時の話を見てみたいです。
そして『娘』に振り回されたりと化するシーンをw


ジョセフ・ジョンソン  2015年04月21日(火) 22:49 (Good:8Bad:3) 62話 報告

今回の桜の救いは、イリヤと士郎の和解と同様に、ヤン提督の「極力戦闘回避・真相究明とサーヴァントおよびマスター間での利害調整を優先」戦略無くしては起き得なかった奇跡ですからね、まさに「ミラクル・ヤン」の面目躍如。

あの世から事の顛末を見ていた雁夜おじさんが、喜びでむせび泣いている姿が目に浮かびます。ある意味、雁夜は切嗣やアイリスフィールと並んで、ヤン提督に大きな借りを作ったことになりますが、どういう形でヤン提督本人ないしヤン艦隊幹部たちが借りの請求にくるかが、ちょっと気になります。

あの蟲爺の理想と正義とは、いったい何だったんでしょうか?今更それを知る意味も必要もありませんし、知ったところで死徒同様に人食いを続けていたことへの言い訳には全くならないですが。
(8行省略されています)


kitty  2015年04月21日(火) 22:01 (Good:10Bad:2) 62話 報告

ゲーム序盤で士郎がランサーに殺されたときは、ゲイボルクでただ刺しただけで真名解放なしだったので、宝石の魔力を心臓再生と外傷の治療に使うくらいで済みました。今回のように刺しボルクの真名解放があると、心臓破壊に加えて体内に棘がたくさん広がってぐちゃぐちゃになる(ゲームFate/hollow ataraxiaの「アトゴウラ」に描写有)ので、凛、桜の身体を治療するの、とても大変だったでしょうね。お疲れ様です。



感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。


感想検索
キーワード
ユーザー名 話数 並び替え
絞り込み