Fate/sn×銀英伝クロスを考えてみた
作者:白詰草

▼感想を書く

感想

黒鷹商業組合  2015年04月26日(日) 15:27 (Good:6Bad:1) 63話 報告

ランサー×ダックスフント(多数)萌えるな。スゲー微笑ましい光景だ!


kuraisu  2015年04月24日(金) 00:45 (Good:13Bad:2) 63話 報告

>参加者ならば、父の見事な対応を見ていたはずだ。
>それを思い出して、きちんと監督役の任を果たしてもらわなきゃ
言峰「ああ、父を見習いアーチャー陣営(前回)に助力しているが?
   それと私は仕事には潔癖且つ凝り性だが、規定外の労働をする気はない」

>例えば、核の焦土の中から立ち上がり、星空に飛び立った人々がいた。
CCCで英雄王が見据えた未来によると型月世界の人間もいずれ暗い大海に漕ぎ出し、その果てにまで辿りつくそうですね。
だからこそ、人類の知恵の原典たる英雄王の宝物庫に銀英伝の人たちが聞いたら頭を抱えそうな『光の速さで飛ぶワープ機能付き宇宙船』なんてものが所蔵されてあるわけだから……
まぁ、尤もその頃に人類はともかく地球は『鋼の大地』化してそうだが。


くろきし  2015年04月24日(金) 00:03 (Good:11Bad:5) 63話 報告

>数の信奉者なんですよ。
>やれ、魔術は秘匿とやっている間に

型月では魔術の行使者が少ないほど威力が上がると言われてますが
神秘の隠匿とか言う割に皆が魔法を信じていた太古の方が
遥かに強力な魔術行使が成されていた事実

設定ミスとかでは無く
「現代の魔術師は騙されている」可能性はかなり濃厚だと思いますね
或いは根源と言う人の手に余る玩具に人が近づかない様
皆アラヤに精神干渉を受けているとか


虎猫  2015年04月23日(木) 22:11 (Good:18Bad:1) 63話 報告

妙な言い方だけど狂犬病ほど完成度の高い疫病もない
限定的な感染性、発症後の致死率も異様なまでに高い
あくまで自己保存が目的であるはずのウイルスにしてはやけに攻撃的、キャリアごとお陀仏になりかねないだろうに


有部理生  2015年04月23日(木) 21:15 (Good:15Bad:1) 63話 報告

ダックスフントのあの体型は穴熊狩り用、ちっさくなったのも愛玩のためではなく、ウサギ狩りさせたりする用と実はガチガチの狩猟犬だったりします。
ランサーさん、狩りが好きなら可愛がってやってもいいかもしれませんね。


投稿話順全話感想

南田&終田  2024年01月20日(土) 11:35 (Good:1Bad:2) 120話 報告

現界隈に疲れたので読み返しにきたら、旧設定の頃の二次だが 素晴らしいし面白いし 最高だな。
今となっては 受肉して 型月ユニバース銀英伝ルートの方が核戦争が起きても 人類も地球も生き残るという言峰への説得の言葉が逆に返ってくる事態。
その場合は状況コントロールの為に地球皇帝独裁者ヤン・ウェンリー爆誕になるのか 異聞帯化待ったなしだな。


NNN。  2023年03月20日(月) 12:17 (Good:12Bad:1) 120話 報告

何年経ってもfate二次の最高峰はここだなぁ…と、読み返してしみじみ思います。

言峰とギルガメッシュが警察に追われるのとか、役所への書類で四苦八苦するキャスターとか最高ですw

また何年かしたら読み直しに来ます!


Mark-auto  2022年12月26日(月) 18:19 (Good:7Bad:1) 120話 報告

オススメで見かけたので拝読しましたがこれはスゴい。
首から上だけが取り柄と言い切るヤン提督が本当に首から上だけで戦い抜いたのもそうだし戦略の天才が最強の戦術兵器である英霊達に対しイニシアチブを取り続けたのもスゴい。

聖杯戦争という大魔術をオシントやヒューミント、ソーシャルハッキングで解析していく手腕は圧巻の一言。
絶対、戦後の凛達はお役所への手続きに手を抜かなくなるんだろうなあ…


エイ  2022年12月03日(土) 22:16 (Good:8Bad:2) 120話 報告

久しぶりに再読しに来ましたが、相変わらず、序盤からエピローグ、おまけに至るまで、全て最高です。
fate二次創作の最高峰の一つと評されてるのは、この作品を読み、理解する能力を持つ人間全員が正解と認めるところです。
特に言峰が警察に追われる展開は、非常に現実的な視点で、ご都合主義の矛盾をぶった切ってて、心憎い展開だったと思います。
fateに法律のメスを差し込む手法は、fateが面白いからという理由で心の隅にちょっと疑問が押しやって楽しんでいた人間にとって、疑問を晴らすことのできる本当にスッとする展開でした。
言峰に精神鑑定も言い得て妙です。彼は治療されるべき異常者だと思うんですよね。
ギル関連も読んでいて納得しかありません。
霊体化やアンリマユ、知名度補正、どこをとっても、きちんと丁寧に説明されており、白詰草様が非常に論理立てて、かつ、柔軟に思考された結果であることが分かります。
ヤンの頭の良さも際立っていますが、それに相対するfateの世界観と考え方、成長と変化も、非常にキャラ解釈が深くて、どちらの世界にも深い愛情を持っていらっしゃることは一読すれば、日本語が読めるなら誰にでも分かります。
何度読んでも色褪せることのない名作と呼ぶしかありませんし、これはfateアンチであっても読むべき神傑作であると思っています。
捧げた評価10点がまだ足りない、まだ加点したいと思うほどです。
紙媒体も続きをめちゃくちゃ楽しみにしています。


Harautho  2022年08月31日(水) 13:50 (Good:5Bad:1) 120話 報告

読み始めて一気に読んじゃいました。結構面白かったです。
Fateの二次創作の中でも屈指の歴史と法の知識量とそれを元にした進行はほか作品では見られない要素でした。英霊の服装とかのツッコミなど他が見たことなかったですし...
受肉すれば問題になるって当たり前の事ですけどやっぱりもう少しマスター達と一緒にいて欲しかったですけどね。御三家とかアルトリアとかキャスターのその後とか気になる事は色々あるのですが更新は望み薄かな?fgoとかほか世界線にも行った話も読んで見たいな〜と。まあ気長に待ってます。

改めてこんな作品をありがとうございました!



感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。


感想検索
キーワード
ユーザー名 話数 並び替え
絞り込み