GAMERA-ガメラ-/シンフォギアの守護者~The Guardian of Symphogear~
作者:フォレス・ノースウッド

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

D級管理者「永雛」 ID:6995vOuY  2016年02月15日(月) 12:25 (Good:0Bad:0) 報告

フォレス様、最新話の投稿お疲れ様です!
ではいつものように感想を。

響と朱音、今回は実に好対照な戦闘(ただし悪い意味で)となりましたね(苦笑

ド派手に勝ったけど周辺(地形:一応分類的には味方)への被害大きい響と、
堅実、悪く言えば普通に勝って周辺(民間人)への被害を抑えた朱音、
ゲスいマスメディアが叩くネタゲットと笑みを浮かべそうな対比です(汗

本文終盤ではなんとなく久しぶりな感じのする(ぇ)翼登場、さらに第三者も登場。

そしてどう考えてもトラブル沈静化どころか悪化する未来しか見えない(白目

…知り合いにバレた件と言い、朱音のストマックは大丈夫なのだろうか(超心配

今回も楽しませていただきました♪
次回も楽しみにしております!

返信:フォレス・ノースウッド 2016年02月15日(月) 18:26

かつてのガメラと同じく敵に対する敵意の余り敵を倒すことを優先する戦いをしてしまった響と、級友に正体を知られてしまいながらも冷静に守る戦いを貫く朱音の図な回でした。

結構無印の響って戦いの際の二次被害出してまして、緒川さんたちは「そこは自分らがフォローしてるから」とフォローしてましたが、よく官僚から『暴走を起こしかねない融合症例に任せられるのか』と追及受けなかったのが不思議なくらい、この後あるデュランダル絡みの一件なんて、引いた目で見れば暴走響の起こした被害の方が甚大だったりしますしね。

多分この先の展開では響と未来のストマックの方が心配になると思います。


すし好き  2016年02月14日(日) 18:39 (Good:1Bad:0) 報告

苦難と言うものを乗り越えて、人は成長できますが、
倒すべき敵がこちら側に押し戻すとは、なんという皮肉(苦笑)

未来もそりゃ、知人がそんな恰好をしたら呆然としますわ。

最後に、来たか・・・

返信:フォレス・ノースウッド 2016年02月15日(月) 10:39

少なくとも私の記憶では、敵の攻撃で暴走状態を脱する展開は響くらいしか見たことないですね。
と言うか原作三話の響、最も踏んではいけない翼の地雷を踏む、人手が足りないので実戦に出されるけど基本逃げてばかり、当然翼と連携する以前の問題、学生生活にも響いて追試免除のレポートに追われる、未来とのすれ違いも起きてしまう、そして暴走……金子さん視聴者にこれでもかと「この子が主人公で大丈夫か?」と突きつけるんだもんな(奏がヒーローとしても主人公としてもキャラとしても完璧すぎた)、その認識は終盤頃には払拭されてますけど。

未来だってアニメのような変身見せられたら呆然とします、原作の場合、その相手が響だったので、ショックの方が大きかったですけど。


サイヒ ID:ZWKvgpvM  2016年02月13日(土) 18:17 (Good:1Bad:0) 報告

響はダディに似てるんとこあるんですよね苗字だけではなく終盤、生死不明になったりとか。

この子はウルトラマンノアに選ばれたデュナミストって言われても信じるレベル 
心身共に痛めつけられてそれでも前に進み答えを得てからが響の本番だと思います。

そして接触しましたね、この頃の自分を振り返ったら頭が痛くなりそうな子その2が。

返信:フォレス・ノースウッド 2016年02月13日(土) 19:07

ピクシブの百科事典じゃ翼とダディは色々共通点多いと記述されてましたけど、響も響でダディと似通う点が多いですからね。

〝前向きな自殺衝動〟を評された響だからな……もしシンフォギア世界にもビーストが現れたら、本当にノアさんがデュナミストに選んでスパルタカウンセリングしかねないですね(汗

あの子はっちゃけているようで常識人寄りでもあるからな、ふと思い出して悶えること結構ありそう。


PSYどん  2016年02月13日(土) 09:06 (Good:0Bad:0) 報告

更新お待ちしてました。
響は主人公であり、ヒロインだからね、多少(?)の苦難は乗り越えるものだから(震え声)。

ついにネフシュタン登場。初登場の際、うわ痴女だと思ったのはないしょだ!

次回も更新お待ちしてます。

返信:フォレス・ノースウッド 2016年02月13日(土) 14:59

お待ちいただきありがとうございます!

主人公だから試練を課されて乗り越えなければならないのは当然なんですけど(汗、これでもかってくらい響の場合、響自身の歪さを見せつけらつつ、メンタル追い詰めさせるもんでね。
第四期も次は金子さんどう響をぼこらせるんだろうと妙な心配が(汗

内緒にする必要ない、あの鎧を着て現れた時のクリスちゃんは誰もがそう思う(オイ


全話感想

ゴ・ジャラジ・ダ  2020年05月24日(日) 09:07 (Good:1Bad:0) 報告

おぉう…流石は朱音ちゃん、元がガメラだけあって戦い方に容赦が無いですね。


そして、ガメラに空中戦を挑むという大ミスを犯してしまうフィーネ

知識が無かったとはいえ、足場を必要としない縦横無尽な空間攻撃が可能になる最高の狩り場へ自ら足を踏み入れてしまったのが運の尽きですね。


月が割れてもガメラは宇宙空間すら平然と行動出来るし、他のメンバー待たなくても朱音ちゃん一人で解決出来てしまう気が…

返信:フォレス・ノースウッド 2020年05月24日(日) 21:51

余りに朱音(ガメラ)を怒らす悪逆非道の限りをつくし過ぎたフィーネは、自分は聖遺物を知り尽くしている等の驕りも災いして徹底的にボコられちゃいました。
朱音本人も言ってた通り、慎重かつ緻密に何年もかけて計画進めておきながら、融合症例になったビッキーと会って欲がくらんだばかりに。

幸い朱音とクリスの絶唱砲撃で月へのダメージは原作より抑えられたので、欠片が落ちる心配はなくわざわざ月へ向かうまでもありませんが――。


パルサード ID:PpoLy/.U  2020年05月24日(日) 08:45 (Good:1Bad:0) 報告

フィーネの言う「あの御方」の名前を言い当てたり、ラッシュで追い詰めたりと流石、朱音ちゃんですね!前世がガメラなのは伊達じゃない!
余談ですが、XDではウルトラマンに続き、3周年記念としてあの「リリカルなのは」ともコラボするとは予想外でした・・・!?バンドリ、グリッドマン、ゴジラ、進撃の巨人・・・私的に次にコラボするのは「鬼滅の刃」か、はたまた「サクラ大戦」か・・・(ェ

返信:フォレス・ノースウッド 2020年05月24日(日) 21:45

前世ガメラであること踏まえても伊達じゃなさ過ぎる朱音です(ジブンデカイトイテ
まさに『ガメラ怒りの鉄拳』

ついにXDジョーカーを切りましたね。
サクラ大戦とのコラボは見てみたいな。


ホープマンZERO  2020年05月23日(土) 15:46 (Good:1Bad:0) 報告

投稿お疲れ様です。

朱音姐さんのラッシュ…凄まじいですね。
技だけでも十分に火力はある上に、普通のパンチや蹴りだけでも大体の敵は、倒せそうな気がします。
底力をここ一番で最大限に発揮するのは、ヒーローものでは王道でありとても良いと思います。

次回も楽しみです。

返信:フォレス・ノースウッド 2020年05月23日(土) 21:07

シンフォギアとしてのガメラもなまじ強力過ぎる火力具合で、逆に言えばギアの力に依存していては確実に持て余すピーキーさなんですよね。
なので重々自覚してる朱音は鍛えることを欠かせない――ことが功を奏してここまでの凄まじさに(汗
プロット時点ではもう少し拮抗してたのですが、いざ書き始めると朱音がどんどんネフシュタンの弱点を見い出して突いて、ギア抜きでもOTONA予備軍にまで日々磨き続ける戦闘力でフルボッコになっちゃいました。
でも、どんなに敵サイドが外道な諸行をしていたつぃてもただ相手を倒すだけではシンフォギアではないので、ビッキーにもちゃんとビッキーにしかできない活躍をこの後描く所存デス。


邪神イリス  2020年05月22日(金) 13:32 (Good:1Bad:0) 報告

むしろガメラはピンチになってからの逆境がヤベェからなぁ。倒せる!と、油断していたらいつのまにか自分がやられているという敵さん達。
慢心は駄目だよ。

返信:フォレス・ノースウッド 2020年05月22日(金) 13:46

早速感想ありがとうございます。

ガメラ相手に油断と慢心は絶対敗北のフラグ。


ホープマンZERO  2020年04月04日(土) 13:58 (Good:1Bad:0) 報告

投稿お疲れ様です。

今回のフィーネさんのエンキの名を聞いて狼狽するシーンは、ある種、どんな形でも良いので、一度見てみたいと思っていました。ありがとうございました。本来、フィーネさんとエンキの会話について判明したのは、シンフォギアXDの「フィーネの日記」でした…同時に正史アダムの本質も判明してしまったのは何とも言えませんでしたが…。

人類の相互不理解による争いについてフィーネさんが語っているシーン…相手が朱音姐さんで良かったと思います…。前世がガメラだからこそ見えてくる点があるかと…。ちなみに、フィーネさんの相手が最後のワイリーナンバーズなら、「どうして、人間を信じられる!?」という旨の彼女の問いに次のように答えていたかなと思います…。(もっとも、その後は彼の本質上、迷わず戦っていたと思いますが…。)

最後のワイリーナンバーズ「・・オレはトモとのヤクソクを守りたいだけだ アイツ
とのヤクソクをな オレはアイツを信じる そして・・アイツが信じつづけた人間を・・・・オレは信じる」

いよいよ、次回辺り、本当の戦いの幕開けでしょうか?楽しみです。


ホープマンZERO  2020年03月22日(日) 22:32 (Good:1Bad:0) 報告

投稿お疲れ様です。

翼さん…原作に比べると成長していると思われます。
そして、フィーネさん…真実を知らないとはいえ、悲しいものです…。
真実は、いつも自分が思っているより最悪の結果が訪れるかと…。

因みに、シンフォギア世界の月ですが、「両津不動産」の痕跡がまだ残っておりましたらもっと面白かったと思いますww

そして、翼さん…原作以上に色々と背負い込まないと良いのですが…。
そこで、アドバイスです!!
今回は、テイルズオブエクシリア2のローエン(CV.麦人さん)から翼さんに1つの言葉を伝えたいと思います。

ローエン「彼方の災厄から生る喜びは、脆き幸福。広く皆の喜びとなる選択をせよ 彼方の喜びを此方の喜びとせよ。此方の喜びが彼方へ届くよう。彼方から此方へ、此方から彼方へ廻る喜びこそ、真の幸福なり」

ローエンは、訃堂とは真逆のキャラとも言えるでしょう。温厚で仲間想いでした。訃堂と同じ声優さんだからこそ、余計に…。

だからこそ、シンフォギアXDの「竜姫咆哮メックヴァラヌス」を視た後だと、猶更、この言葉を思ってしまいました。

最後のワイリーナンバーズ「イレギュラーのたわ言はそのぐらいにしておいてもらおうか…」

最後になりましたが、これから先の展開、楽しみです!!

返信:フォレス・ノースウッド 2020年03月23日(月) 14:11

投稿頻度が遅いとは言え最近あんま感想来ないので、毎度送ってくれるホープさんにはいつも感謝しております♪
絶対翼をXV(バッドエンド)ルートに行かせねえぞと気概込めて書いているので、結果的に原作より早いスピードで成長の階段登っている上に、原作ではついぞできなかった、『自分から悩みを仲間に打ち明ける』に至れているので、ホープさんの心配は杞憂ですよ。

ほんとヴァラヌスでのアナザー訃堂には私もガッカリでした(汗
麦人さんみたいに悪役に定評がある役者こそ善人役で輝かせられる&本編での汚名返上する折角のチャンスだったのに……今度短編ながらガチのローエンさんみたいなOTONAのアナザー訃堂と朱音のお話書こうかなと思ってます。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。