GAMERA-ガメラ-/シンフォギアの守護者~The Guardian of Symphogear~
作者:フォレス・ノースウッド

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

すし好き  2016年01月01日(金) 10:33 (Good:0Bad:0) 報告

マリアの相談がごはんの味と聞いた時は、男が決して触れてはいけない乙女に関するある数字がぐんぐんと思いましたがwww
懺悔室って(苦笑)

確かにマリアはかわいいですが、この調子だと朱音に変なスイッチが入る予感が(汗)

返信:フォレス・ノースウッド 2016年01月01日(金) 14:36

しないシンフォギアを見ている限り、○○と○○も相当気にして翼の天然発言(本人が性格が丸くなったと言いたかったのだが)に涙ぐんでいましたが、たやマさん的には仮にもかつてはテロリストだった囚人の身でご馳走にありつけるのは感情では喜ばしいけど理性では罪悪感がてなことになってそうなのでそっちを強調。

いや、マリアの可愛らしさは誰でも変なスイッチが入りかねません(オイ


サイヒ ID:iAn/n0iw  2015年12月29日(火) 22:35 (Good:0Bad:0) 報告

最近の刑務所の食事ってちゃんとしたメニューで、臭い飯というのは昔のイメージみたいです。

マリアさんは世界を救うためにあえて悪になっただけで本当は正義の人なんですよね。
 
何が言いたいかというとマリアさん優しくて可愛い
(断言)

返信:フォレス・ノースウッド 2015年12月31日(木) 08:32

根っこは善良過ぎるくらい正義の人かつ根っからの優しい人でもあるのに、あんな可愛さも全開なんて最高過ぎますよね(2828


PSYどん  2015年12月29日(火) 11:05 (Good:0Bad:0) 報告

たやマさんまじ可愛い。
朱音とマリアさんが並んだらモデル体型が2人、さぞや絵になるのでしょうね。
翼さん・・・?あぁうん。

朱音もどちらかというとお母さん気質だから2人は相性いいんでしょうね。

次回も更新お待ちしてます。

返信:フォレス・ノースウッド 2015年12月29日(火) 11:47

たやマさんのおっそろし~~ところは、しないフォギア中心にどんどん可愛さアピールされてるのに、全然嫌味さがないどころか、もっともっと見せてと欲張りが出ちゃうところwww

文字通り美人過ぎる美女装者二人ですからね、無機質な面会室にも華が咲きます。

おい翼さんに失礼でしょ(コラ、でもどうしてあの人って〝面白い〟が付き纏うのでしょうか(やっぱ奈々さんの弄られ属性か)wwwしかも半ば万国共通とか。


けろっと  2015年11月02日(月) 23:02 (Good:1Bad:0) 報告

フォレスさん、どうもです。最新話の更新お疲れさまです。何だかんだで前回のお話の感想を書けていなかったので、今回は前回と今回のお話を合わせての感想をば。

いやぁ・・・次回予告とかから予想はしておりましたが、やっぱり翼さんとバトる羽目になっちゃいましたね朱音さん。とりあえず戦闘描写からしてあの翼さん相手にあんなに立ち回って見せるとか・・・流石は元ガメラというべきか。前話でのノイズとの戦闘でも見事な空中戦を披露してくれましたし。
ちなみに、朱音さんが今回歌った歌ってシンフォギアっぽいタイトルで表すとどんな感じでしょうか?大体各ギアの最初の(?)歌って「○○(2文字の漢字)・○○○(纏っている聖遺物の名称)」というような法則っぽいですが……。

まあそれはともかく、朱音さんはある意味暴走状態な翼さんとの戦いの中、彼女がビッキーさんへどのような「怒り」を抱いているのかを感じとっていたようで。・・・でも、翼さんも朱音さんも、この時点ではビッキーさんがガングニールを纏えている「理由」について、どうにも「体内に聖遺物が紛れ込んだだけで」なんてお考えのようで。・・・その「紛れ込んだだけ」でギアを纏えるようになっているって時点で、本来は色々と危惧すべきなのでしょうけど・・・現時点じゃその事に関する情報自体少ないですし、そんなことまで考える余裕なんて・・・と言った現状だったりするという悪循環だったり。うーん、原作の展開を知っているだけに、色々ともどかしい気持ちを抱いてしまいがちです。

まあとりあえず、ビッキーさん自身に対し色々と思う所がありはするものの、今は「友達」として彼女の事を守る、といった旨を宣言する朱音さん。その直後に、翼さんに対しあえて彼女の「逆鱗」に触れるような話題を切り出し、今の翼さんの「歪み」に対し指摘していき・・・結果、彼女を激昂させてしまう結果に。何ていうかもう・・・読んでいて悲しい感じの翼さんの姿が容易くイメージできるようでしたね、ええ。かつて奏さんが仰った、本当の翼さんは「泣き虫で弱虫」・・・というのがよぎるように思えました。

その後、翼さんの《天ノ逆鱗》を真っ二つにするという形で、この悲しい戦いに決着をつけた朱音さん。ただ呆然と二人の装者の戦いを見つめるしかできなかったビッキーさんも、何かしら思う所があったのか、何だか申し訳なさそうに謝ったり・・・。
それからはOTONAこと風鳴司令が到着し、翼さんが泣いている事に気付いたり~・・・と言った流れでしたが、ビッキーさんのKY発言は朱音さんがストップされたようで。まあ、流石に原作のアレは、いくらビッキーさんなりの善意というか頑張りの宣言だとしても、あの状態の翼さんに言うのはいろんな意味で酷いですからね(汗)。

さてさて、大体の流れとしては原作通りながらも、色々と原作とは異なる展開もあったりした前回と今回のお話。指令のOTONAっぷりが見れなかったのは正直ちょっと残念ですが、彼が彼なりに大人として悩んでいるシーンとかは、「うん、この人ならこう考えてそうだなぁ」と思えるぐらいよかったかと。

朱音さん、これからいろんな意味で苦労というか苦悩しそうですね。主に面倒くさいSENPAIとか色々歪んじゃっている友達関連で。・・・うん、自分だったら正直胃潰瘍になりそうなくらい重たすぎますね、こういうのは(汗)。

とにもかくにも、今回の更新もお疲れさまでしたっ!次回のお話も楽しみにお待ちしておりますので、ご執筆頑張ってください~。

p.s.
朱音さんの口調に関するご指摘、ありがとうございます!今度もしまたこういうのを書く事があれば、そういう点に注意していきたいと思います。

返信:フォレス・ノースウッド 2015年11月04日(水) 22:21

長文な感想ありがとうございます!

長くなると思い返信はメッセージで送ります。


けろっと  2015年10月22日(木) 21:53 (Good:1Bad:0) 報告

初めまして、フォレスさん。けろっとと申します。どうぞよろしくお願いします~。
シンフォギアはなんとなーくな感じで1期のDVDを借りてみたのがきっかけで、以来すっかりその熱に飲み込まれ、気付けば適合者となりました(汗)。
それにしても、ガメラとのクロス・・・しかも主人公がガメラの生まれ変わりの女の子って、中々斬新な設定ですね。まあでも、どちらかと言えばオリ主系のssは苦手な方の私ですが、こちらの主人公の朱音さんはビッキーさん達に負けず劣らずな位キャラが十分たっておりますし、個人的には中々良い感じだと思います。バトルのシーンも、中々に「シンフォギアだな!」って感じにかっこよかったですし!!(を)
彼女の過去・・・というか前世の設定に関しても、かつての平成ガメラの映画に関するようなネタもちらほら垣間見えて面白いですし。

さて、最新話ではそんな朱音さんが自分の前世・・・「ガメラ」という『生体兵器』であった頃について二課の皆(ビッキーさん含め)に色々お話しますが・・・改めて考えると、ギャオスってホントに恐ろしい奴だったんですねぇ・・・。てか、ホントにこんなの作った古代人に対して「なんでこんなもん作った!?」と言ってやりたいくらいです、ええ。

まあとにもかくにも、とりあえず自分の事やギャオスという自分にとっての「宿敵」に関して話し終える朱音さん。その後は原作通りビッキーさんがギアを纏えた理由についての説明や、ビッキーさんの「ありえない」ぐらい即答な了承の返事の場面に。・・・それでまあ、後者の展開について思わず朱音さんも内心動揺しておられるようで。
まあ、確かに普通なら「人助け」の気持ちだけでノイズと命がけで戦う、なんてのをああも簡単に頷ける筈ないですしねぇ。
・・・恐らく朱音さんは、今後何らかの形でビッキーさんの「歪み」の原因とも言える彼女の「過去」を知る事になるのでしょうが・・・果たして「それ」を知った時、朱音さんはどうされるのやら。下手をすれば「人間」という種族に対し嫌気どころか絶望すら抱けそうですし、あれは。まあ、某特撮番組のとある「ニーサン」風に言うならば・・・

「この世界には、<理由のない悪意>などいくらでも転がっている。・・・彼女のかつての理不尽な体験も、その一つにすぎない」

・・・って感じでしょうかね?なんか違ってたらすみません(大汗)。
とにもかくにも、今回はいわゆる「説明回」ながらも中々面白かったです!次回予告からして「あー、やっぱそうなるよねー」と思いつつ、不安半分ドキドキ半分な感じで次回のお話をお待ちしております!!マイペースの更新でよろしいので、ご執筆頑張ってください~!!

(以下、私なりに考えたシンフォギアGXのDVD・ブルーレイ告知CM風会話(朱音さん&ビッキーさんver))
朱音「戦姫絶唱シンフォギアGX!ブルーレイ&DVD第1巻、第2巻は好評発売中!」
ビッキー「今度発売の第3巻では、なな、なーんと!私と未来のデュエットソングまで収録だとか!?このシリーズ結構長いけど、実は未来とのデュエットって初めてだったり?」
朱音「まあ、未来は響と違ってあくまで一般人のポジションだからね」
ビッキー「それもそっか~。・・・あれ?でも未来って確か、Gの最終回で「あれ」を生身d」
朱音「響、それ以上はいけない。Gを未視聴の人にとってネタバレになるから」

・・・どうでしょう?正直朱音さんの喋り方が掴めていないかもですが(汗)。

返信:フォレス・ノースウッド 2015年10月27日(火) 21:37

こんな長文の感想、本当ありがとうございます!

ふと今年急にシンフォギアとガメラのクロスネタが思い立った際、それまで読んだことのあるシンフォギアのオリ主二次はどれも男だったので、だったらこっちはインパクトも兼ねて女の子にしてしまおうと。
女の子なら、どうせハーレムになんでしょ? な勘繰りな予め回避できますし(オイ
黒髪ストレートロングの長身美人なお姉さん系なのは、半分は趣味ですが、もう半分は美少女偏差値が高い本作では半端なルックスと性格では埋もれる&響との徹底対比も兼ねてます。

朱音は人類に対しては絶望まで行ってないけど、いわゆる暗黒面に関しては承知しているところです。
何せガメラとギャオスの戦いは結局、地球と星の生態系と生命を巻き込んだ人間たちのエゴ同士のぶつけ合いな代理戦争であったわけで、今の彼女もその認識を持っています。
響のトラウマに関しても、彼女の洞察力の高さと、日頃ノイズに関連する記事、報道を集めている習慣によって自力で辿り着くことに、ゼロもゴジラもガメラも、うちのクロスの主人公は能動的に動き回りますからね。

BD風CM会話での朱音の口調は大体合ってます。
ただ朱音はリリなののリインフォースアインスの中性的口調を現代よりにしたって感じ(他に似ているキャラを挙げるなら進撃のミカサ)で書いてるので、『~~ね』とか『~~だわ』と言ったいかにも女性的な言い方は避けるようにしてます。


D級管理者「永雛」 ID:Wm2Q4jp2  2015年09月14日(月) 16:51 (Good:0Bad:0) 報告

永雛です。
フォレス様、新作公開お疲れ様です!

今回はガメラとシンフォギアのクロス小説……恥ずかしながらシンフォギアは全く知りませんが(汗
しかしガメラの擬人化だと、大抵の場合背中にデッカイ甲羅背負って、
飛行する時は原作そのままのグルグル回転を連想しちゃいますよね(笑

ゴジラとは違い、人間の味方としてのイメージが明確なガメラだけに、
どんな展開となるかが楽しみです。

では今回はこの辺りで。

次回も楽しみにしております!

返信:フォレス・ノースウッド 2015年09月20日(日) 22:27

どうも、こちらでも感想をありがとうございます。

実は平成ガメラとシンフォギア、古代文明と言うか、オカルト要素だったり、人間を駆逐する為に生まれたギャオスとノイズだったりと、クロスする要素が多いなと気づき、あのG3のラストの後に起きた大激闘の後に、ガメラがシンフォギア世界に転生しちゃったらと妄想してたらこうなりました。

澤海―ゴジラと違ってかつての姿にはなれない朱音―ガメラですが、ガメラである彼女ならではのアクションをたんあまり詰め込む気なのでお楽しみに。


全話感想

ゴ・ジャラジ・ダ  2020年05月24日(日) 09:07 (Good:1Bad:0) 報告

おぉう…流石は朱音ちゃん、元がガメラだけあって戦い方に容赦が無いですね。


そして、ガメラに空中戦を挑むという大ミスを犯してしまうフィーネ

知識が無かったとはいえ、足場を必要としない縦横無尽な空間攻撃が可能になる最高の狩り場へ自ら足を踏み入れてしまったのが運の尽きですね。


月が割れてもガメラは宇宙空間すら平然と行動出来るし、他のメンバー待たなくても朱音ちゃん一人で解決出来てしまう気が…

返信:フォレス・ノースウッド 2020年05月24日(日) 21:51

余りに朱音(ガメラ)を怒らす悪逆非道の限りをつくし過ぎたフィーネは、自分は聖遺物を知り尽くしている等の驕りも災いして徹底的にボコられちゃいました。
朱音本人も言ってた通り、慎重かつ緻密に何年もかけて計画進めておきながら、融合症例になったビッキーと会って欲がくらんだばかりに。

幸い朱音とクリスの絶唱砲撃で月へのダメージは原作より抑えられたので、欠片が落ちる心配はなくわざわざ月へ向かうまでもありませんが――。


パルサード ID:PpoLy/.U  2020年05月24日(日) 08:45 (Good:1Bad:0) 報告

フィーネの言う「あの御方」の名前を言い当てたり、ラッシュで追い詰めたりと流石、朱音ちゃんですね!前世がガメラなのは伊達じゃない!
余談ですが、XDではウルトラマンに続き、3周年記念としてあの「リリカルなのは」ともコラボするとは予想外でした・・・!?バンドリ、グリッドマン、ゴジラ、進撃の巨人・・・私的に次にコラボするのは「鬼滅の刃」か、はたまた「サクラ大戦」か・・・(ェ

返信:フォレス・ノースウッド 2020年05月24日(日) 21:45

前世ガメラであること踏まえても伊達じゃなさ過ぎる朱音です(ジブンデカイトイテ
まさに『ガメラ怒りの鉄拳』

ついにXDジョーカーを切りましたね。
サクラ大戦とのコラボは見てみたいな。


ホープマンZERO  2020年05月23日(土) 15:46 (Good:1Bad:0) 報告

投稿お疲れ様です。

朱音姐さんのラッシュ…凄まじいですね。
技だけでも十分に火力はある上に、普通のパンチや蹴りだけでも大体の敵は、倒せそうな気がします。
底力をここ一番で最大限に発揮するのは、ヒーローものでは王道でありとても良いと思います。

次回も楽しみです。

返信:フォレス・ノースウッド 2020年05月23日(土) 21:07

シンフォギアとしてのガメラもなまじ強力過ぎる火力具合で、逆に言えばギアの力に依存していては確実に持て余すピーキーさなんですよね。
なので重々自覚してる朱音は鍛えることを欠かせない――ことが功を奏してここまでの凄まじさに(汗
プロット時点ではもう少し拮抗してたのですが、いざ書き始めると朱音がどんどんネフシュタンの弱点を見い出して突いて、ギア抜きでもOTONA予備軍にまで日々磨き続ける戦闘力でフルボッコになっちゃいました。
でも、どんなに敵サイドが外道な諸行をしていたつぃてもただ相手を倒すだけではシンフォギアではないので、ビッキーにもちゃんとビッキーにしかできない活躍をこの後描く所存デス。


邪神イリス  2020年05月22日(金) 13:32 (Good:1Bad:0) 報告

むしろガメラはピンチになってからの逆境がヤベェからなぁ。倒せる!と、油断していたらいつのまにか自分がやられているという敵さん達。
慢心は駄目だよ。

返信:フォレス・ノースウッド 2020年05月22日(金) 13:46

早速感想ありがとうございます。

ガメラ相手に油断と慢心は絶対敗北のフラグ。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。