遥か高みへいる君へ
作者:鈴木_

▼感想を書く

感想

tanken  2017年05月08日(月) 22:36 (Good:0Bad:0) 報告

またしても、読みに来た。


マルシン牌  2016年10月28日(金) 01:21 (Good:13Bad:0) 報告

ついつい定期的に読みにきてしまいます。
そして、今日も最後の一文に感動をもらいにきました。

-追記-

改めて読み込むと、本当に新初段の棋譜を入れない意図が分かる。ヒカルもその気になれば棋院と折衝して入れる許可をもらえる立場であろうに敢えて折衝していないわけが最後の告白につながるのです。


こうぴょん  2016年10月01日(土) 01:06 (Good:0Bad:0) 報告

なんども何度も、読み返しては泣き、読み返しては泣きの連続であります。もう、絵も声も何もかも思い浮かべることができるんですよね…

俺もこの世界の住人だったらきっと買ってると思います


ゆりカモメ  2016年05月11日(水) 18:21 (Good:2Bad:0) 報告

これ読むと懐かしさとか色々で泣きそうになる

作者さんのヒカ碁作品ほんと好き


全話感想

シャーマン ファイアフライ  2014年07月23日(水) 19:13 (Good:0Bad:0) 報告

久しぶりに成仏するサイを思い出しました。
う、涙が。


なぎちよ  2013年05月09日(木) 23:19 (Good:4Bad:0) 報告

原作のヒカルの碁の味がよく出ていました。原作への愛が感じられる作品でした。


皓月  2013年04月18日(木) 16:58 (Good:2Bad:0) 報告

鈴木さんの書くヒカ碁は俺のツボにハマります。涙腺決壊しました。


knt-E  2013年02月18日(月) 07:07 (Good:3Bad:0) 報告

【悪い点】

誤字報告

「ネットじゃないなら、何で進藤はその棋譜を知ってるんだ?あれ?え?だって……そのsaiの招待を進藤は知ってるってことなのか?いや、そうなると進藤はsaiに碁を学んだってことに……」
→そのsaiの正体を

「でも虎次郎にはアイツの姿が見えたんだ。そしては秀策になった。塔矢、俺に聞きたいことあるんだろ?」
→そして秀策orそして彼は秀策


鈴木さんのヒカ碁への愛が感じられる作品でした


unlimiter  2013年02月17日(日) 14:37 (Good:2Bad:1) 報告

回想シーン乙

原点を思い出します。懐かしいです。


感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。