インフィニット・ストラトス ~迷い込んだイレギュラー~
作者:S-MIST

▼感想を書く

感想

ゼフィルス  2018年10月03日(水) 10:31 (Good:3Bad:0) 報告

…他の真面目な考察の中こんなこと言うのアホかも知れないけど、ラウラの胸が無から成長してるんですねえ、さっき気付きました。お手つきになったのかな…?

-追記-

あ、普通に成長してるだけなんですね。ナイスバディになるのかあ…。なんか楽しみです。
…"まだ"!?ということは期待しても良いんですかね!?

返信:S-MIST 2018年10月03日(水) 13:52

感想ありがとうございます。

>ラウラの胸が無から成長してるんですねえ、さっき気付きました。
 彼女は遺伝子的に設計されている人間ですので、将来ナイスバディ間違いなしなのです。
 ちなみに身長も少しずつ伸びてきています。

>お手つきになったのかな…?
 残念。まだなのです。


-追記-

>…"まだ"!?ということは期待しても良いんですかね!?
 成長した彼女がアンナコトやコンナコトされちゃう姿を妄想するのはとても楽しいのです。(グヘヘヘ)


kuroneko1576  2018年10月01日(月) 01:45 (Good:0Bad:2) 報告

……?
なんで晶君自分で交渉してるん?いくら相手が大企業の権力者とはいえ指名云々の話は話数が幾つか忘れましたがかなり前に警告済み、日本にしか言ってないような気がするのでそれを海外相手に言えばいいだけの話。2年生になったとはいえさすがに指名は早すぎる。確かに生徒のためになるにはなるのかな…?晶君自らではなく多少待ってもらって楯無にバトンタッチくらいは出来たと思うのですが…
晶君、交渉事のレベルが下がってる…?

返信:S-MIST 2018年10月02日(火) 00:52

感想ありがとうございます。

>2年生になったとはいえさすがに指名は早すぎる。確かに生徒のためになるにはなるのかな…?
>晶君自らではなく多少待ってもらって楯無にバトンタッチくらいは出来たと思うのですが…
 今回のお話し、企業が普通にスカウトしてきただけなら「まだ早いのでお断り」で済む話でした。
 でも専用機が絡むとなれば、そうもいきません。
 何故なら量産機パイロットと専用機パイロットでは、その後の待遇が全く違うからです。
 純粋に生徒のキャリアという事を考えるなら、(諸々の危険はありますが)人生変わっちゃうレベルでプラスな面もあるのです。なのでこの話を受ける受けないの判断をするのは、指名された生徒達自身でなくてはなりません。
 むしろ織斑先生や晶くんが独断で断ったりしたら、一般生徒が専用機持ちになるチャンスを2人の都合で潰したという事になります。
 そして楯無さんが出てきた場合も、ハッキリ言って結果は変わりません。
 生徒のキャリアを尊重した時点で詰みです。
 キャリアを尊重しなければ断ることは可能ですが、その場合は途中経過がどうであれ、生徒会長が2年生が専用機持ちになるチャンスを潰した、という結果しか残りません。一般生徒達にとって諸々の裏事情など関係無い事なので、楯無さん的には余り良くない結果です。
 なので今回のお話しですが、どうにか出来るのは指名された生徒達自身しかいないのです。


灰茨悠里  2018年09月25日(火) 14:33 (Good:0Bad:0) 報告

薄汚い大人の欲望に絡め取られる晶と千冬、単騎最大戦力といえど、絡めてには弱いですね。髪を切られたサムソンみたい。盾無の重要性が増しますね。
※「さてはて」は日本語的に完全な間違いですね。間違ったサイトをみた無知人が自分も使って広まったというパンデミック誤用です。正しくは「はてさて」ですよん。

返信:S-MIST 2018年09月30日(日) 14:44

感想ありがとうございます。

>薄汚い大人の欲望に絡め取られる晶と千冬、単騎最大戦力といえど、絡めてには弱いですね。
 この辺りはどうしても、というところでしょうか。

>髪を切られたサムソンみたい。盾無の重要性が増しますね。
 楯無さん今回は登場しませんでしたが、彼女には既に先の予想がついているようです。
 なのでこのまま様子見するかと思います。

>「さてはて」は~
 ご指摘ありがとうございます。
 修正させて頂きました。


クラッチペダル  2018年09月17日(月) 17:38 (Good:1Bad:1) 報告

今回の舌戦は完全に晶の負けですね。
決して不利じゃない、むしろ利が大きい取引。
しかも選ばれた当の本人の栄光もまず間違いないであろう条件。
普通ならここまで企業側が出すことなんて利益観点からないだろうけど、今回に限っては投資した以上の利益がほぼ確約されており、何より面子にかかわるから企業も本気度合いが違う。

ただ、一組の将来のことにかかわるからあまり強く出れないとはいえ、いろんな企業を懐に潜り込ませるのを回避できなかったのは痛いですね、これは痛い。
やはりここらへんの駆け引きの拙さが晶があくまで戦士であるという証左なんでしょうけども。

ただ……うん、当の本人たち抜かしてスカウトというのもどうかと思うし、まだスカウト受けてくれるか決まってないのに機体よこそうとしたり、候補選考白紙にしたりとか……さすがに焦りで先走ってますね企業。
これは後々手痛いしっぺ返しのフラグ!

返信:S-MIST 2018年09月20日(木) 11:11

感想ありがとうございます。

>今回の舌戦は完全に晶の負けですね。
 クラスメイトの将来に関わる選択でしたので、流石に強く拒否も出来ませんでした。
 ただ考えを示しておくというのは大事な事なので、次回どうなるか、というところですね。

>今回に限っては投資した以上の利益がほぼ確約されており、何より面子にかかわるから企業も本気度合いが違う。
 はい。かなり本気モードです。
 提示される機体は正式採用型ファング・クェイクのカスタムVerが有力ですが、広告塔的な意味合いもあるので、もしかしたら試作機や特殊型の路線も………というところですね。

>いろんな企業を懐に潜り込ませるのを回避できなかったのは痛いですね、これは痛い。
 作者的にもすごーーーーく、頭の痛いところです。
 
>まだスカウト受けてくれるか決まってないのに機体よこそうとしたり、
>候補選考白紙にしたりとか……さすがに焦りで先走ってますね企業。
 IS業界で行われる交渉事で“専用機”というカードは切り札とも言えますから、断れるという事を余り想定していないのかもしれません。まして相手は特別扱いされているとは言え、小娘なので………。


トニー  2018年09月17日(月) 07:29 (Good:0Bad:0) 報告

思った以上に三年生が強くてびっくり。
残酷なまでの才能差が見えますが、現実と比べたら妥当でしょう。
パイロットより機体が高価なISの性質上、全員均等化がナンセンスな以上、教育機関としては才能ある奴のみに絞って仕上げないとならない。
パイロット同様足切り必須。

ふと考えたが生徒多過ぎだけど落伍者(IS乗れない組)がどうなるか凄い気になるのでした。


-追記-

爆発的に伸びた専用機組には勝負が成立しない三年生。
才能無し一組≪才能あり三年生≪越えられない壁≪専用機組
今までの流れなら平均代表≦専用機組なので。
落伍考えたら、外部目線なら才能あるのを主人公が集中育成が妥当。

エリート組の一部が拾われたのは良かったと思います。
才能無かった組は冷や飯ってレベルじゃ無いでしょうが。
亡国拾いやすい人材の宝庫な今年。
ACなら改造のお時間。立場は酷似

返信:S-MIST 2018年09月16日(日) 16:05

感想ありがとうございます。

>思った以上に三年生が強くてびっくり。
 単純なパイロット技量という面では、キッチリ成長しているのです。

>ふと考えたが生徒多過ぎだけど落伍者(IS乗れない組)がどうなるか凄い気になるのでした。
 おおぉぅ。あえて考えないようにしていたところに感想が!?
 確かにコア総数が決まっている以上、この問題は避けては通れないのですよね………。

 今まででしたらパイロットになれなかった子達は、IS関連企業にOL等として就職していたのかもしれません。
 またパイロットに成れなかったとしても、IS学園を卒業できるレベルの子なら、有名大学への道もあると思います。
 でも今ですとオペレーターやパワードスーツパイロット、という道もあるかと思います。
 なお作中における未来のお話し(予定)ですが、ISオペレーターやパワードスーツ部隊のオペレーターは、高給取りの花形職業になっていく………かもしれません。


冴島 奏牙  2018年09月16日(日) 12:56 (Good:5Bad:0) 報告


更新乙です。


企業の人も言ってたが、勝つだけが戦いじゃない、生き残って次に繋げるのも大事なことです。ISだって代えが利く代物でもないし、戦闘自体には勝っても破壊されてたり捕獲されてたりするよりは、負けてもちゃんと帰ってくる方がいいわな。そこら辺は晶さんの教えの賜物だ。

アメリカは焦りが目に見えて分かりますな。
まぁIS登場以前から世界の警察官を名乗ってる大国がNEXT率いる面々に装備的にもメンバー的にも名を連ねてないのは、その方面の方々からすれば焦るのも当然だよなぁ。

そして最後の専用機組との模擬戦、これ専用機組は一人でもいけたよな多分。元々一年の始めの頃から多対一を専用機相手でやり続けてた連中に三年生が乗ってるとはいえ今更練習機では相手にもならんでしょう。


しかし一番気になったのはこれ等ではない。
ラウラのお胸がお膨らみになっているということについて詳しく聞きたかった。
鈴も成長したと二年の始め辺りの話で触れられていたが、ラウラも成長しているようで良かった良かった。 黒ウサギ隊の面々は副隊長の下、祝賀会でもやってそうだ。


返信:S-MIST 2018年09月16日(日) 19:02

感想ありがとうございます。

>そこら辺は晶さんの教えの賜物だ。
 彼も実際にミッションを行って、その辺りを実感したからこそ、そういう事を教えたのだと思います。

>装備的にもメンバー的にも名を連ねてないのは、その方面の方々からすれば焦るのも当然だよなぁ。
 はい。この一年、企業や政府関係者は、どうやって送り込むか中々頭を悩ませていたと思います。

>そして最後の専用機組との模擬戦、これ専用機組は一人でもいけたよな多分。
 行けたと思います。

>ラウラのお胸がお膨らみになっているということについて詳しく聞きたかった。
 やっとこの感想キターーーーーー!!
 失礼、少し取り乱してしまいました。

 はい、ラウラさん。少しづつ身体的成長が見られるようになってきました。
 最近よくシャルロットと下着を買いに行ったり、本国に頼んでISスーツを新調したりしているようです。
 
 ちなみに鈴ちゃんも胸部装甲が膨らみ始めていますが、こっちはどちらかと言うと、チャイナドレスが似合う脚線美、というところでしょうか。

>黒ウサギ隊の面々は副隊長の下、祝賀会でもやってそうだ。
 やってますとも!!


ホープ  2018年09月16日(日) 12:12 (Good:0Bad:0) 報告

三年生組対二年生組は、三年生が勝ち越しましたが二年生は只では負けませんでしたか、
負け方も損害の抑え方も上手く、状況判断も二年生の方が出来ていた様ですし。

正直…今の状態でもキープしときたいと思うのは、まぁ普通でしょうね。
しかもアメリカはメンツがかかってるから必死だこと、
織斑先生や晶くんは結局丸め込められてるし、
だが”一組は強か”と書かれていた事からそうそう思い通りにはいかなそうですけど。

そして三年対二年専用機は、ぶっちゃけハンデがハンデになっていませんよねw
そもそも、”包囲された状況で戦闘する”といった訓練をしてきた一夏達に高々二倍程度の数で勝てるわけがない、
三年生達はどの様な心境なんだろうか、ポジティブに専用機への渇望や憧れが強くなるだけならいいのだが。

返信:S-MIST 2018年09月16日(日) 18:52

感想ありがとうございます。

>正直…今の状態でもキープしときたいと思うのは、まぁ普通でしょうね。
>しかもアメリカはメンツがかかってるから必死だこと、
 詳細は次回になりますが、これで2年1組の重要度が更に上がるのは確実。
 ですが重要度が上がるという事は、それだけ厄介事が舞い込むということ。

 加えて言いますと、専用機持ちは原作中でも実弾使用のミッションに駆り出されております。
 恐らく1組の一般生徒も、そういう事に首を突っ込んでいく、或いはそうせざる得ない状況になっていくかと思います。

>そもそも、”包囲された状況で戦闘する”といった訓練をしてきた一夏達に高々二倍程度の数で勝てるわけがない
 多分、作中で指定されたコンビなら3倍でも、ある程度の損害を許容するなら4倍でもいけたかもしれません。


闇の皇子  2018年09月16日(日) 07:55 (Good:0Bad:0) 報告

世界に出回って居るISコア数を、束博士が50個程度流して、総数500個にすれば、多少はマシになるかな。

又は・・・。
学園のコアを、新規で学生専用の限定型のコアを、設計配備して、引き揚げたコアを世界で分けるとか。
学園に動かせる機体数が少ないと思うな。

返信:S-MIST 2018年09月16日(日) 17:56

感想ありがとうございます。

>世界に出回って居るISコア数を、束博士が50個程度流して、総数500個にすれば、多少はマシになるかな。
 最近ISのwikiを見ていて思ったのですが、ISの運用協定であるアラスカ条約には、21ヶ国しか参加していないようです。なので公式に(表向き)あるとされている467個のコアは、21ヶ国で分けられている、という考えで行く事にしました。
 なので単純に分配数を考えると、467÷21=22
 でも原作でドイツの保有数が10機程度となっているので、国力的にイギリスやフランスも同程度。日本も恐らく同じ程度でしょう。
 そしてアメリカやロシアで20に届くかどうか、というところかと思います。
 また国力によってISの保有数が決まるという考えでいくと、国力がドイツ以下の国は保有数が10機を切る事になります。
 そして残りがIS学園にあるとすると、学園には200機前後のISがあるかと思います。
 これなら機体数が足りない、という事は無いと思うのですが………逆に学園の保有数が多すぎてヤバイ気がしますね。
 50機分くらい、国や企業に割り振ろうかな………。


 ちなみに現在地球上で国として認められているのは、193ヵ国(国連加盟国数)なので、ISはそのうちの21ヶ国にだけ許された“力”という事になりますね。


帰灰燼  2018年09月16日(日) 05:02 (Good:0Bad:0) 報告

更新お疲れ様です!


心の底から酷過ぎる
専用機の模擬戦が殆ど虐殺ショーにしか見えない……裏を返せばそれだけ一夏達が成長した証でもあるんだろうけど、三年生からしてみれば色んな意味で悪夢でしか無いなこれ


企業の魔の手も本格的に一組達に伸びてきたな
千冬も晶も戦闘方面にスペック極振りだから交渉関連になると良い様に手玉に取られてるし……さて、晶の愛弟子達はこの状況をどう打破するのか

返信:S-MIST 2018年09月16日(日) 17:21

感想ありがとうございます。

>心の底から酷過ぎる
>専用機の模擬戦が殆ど虐殺ショーにしか見えない……
 量産機と第三世代機のフルカスタムマシンでは基本性能からして桁違いなのです。
 そしてパイロットの腕も………。

>三年生からしてみれば色んな意味で悪夢でしか無いなこれ
 専用機に挑んだ8人、心が折れてなければ良いのですが………。

>さて、晶の愛弟子達はこの状況をどう打破するのか
 次回をお楽しみに、という事でお願いします。


湯呑  2018年09月16日(日) 02:23 (Good:2Bad:9) 報告

▼このコメントは隠されています。閲覧するにはここをクリック



感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。