麻帆良に現れた聖杯の少女の物語
作者:蒼猫 ささら

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

全話感想

hi◆zM0wjbGy6. ID:iUE5GTg6  2016年04月24日(日) 21:44 (Good:0Bad:0) 36話 報告

はしゃぐエヴァが凄く可愛い!
これは完全にキティちゃんですわ……

カモが真面目になってるのが面白いw

返信:蒼猫 ささら 2016年05月01日(日) 07:06

感想ありがとうございます。

他の感想返しでも答えていますが、エヴァのキャラ改変は本当に大きいですからそう受け入れて貰えると安堵します。

カモについては、彼なりに反省し更正した為・・・というのもありますが、本作がシリアス傾向である影響もあります。
しかし、エヴァと違って性格が変わった訳ではないので今後も面白おかしい事をやらかすと思われます。


イルイル  2016年04月21日(木) 21:36 (Good:0Bad:0) 37話 報告

凄く良かった最新話の後になんという悲報が・・・!
早いところの復帰を何時までもお待ちしておりまする
今回の話はイリヤのお姉ちゃんっぷりが遺憾なく発揮されており、大変満足しました
この母性というか姉っぷりならエヴァが慕っても違和感薄くなりますね
タカミチもちょっと思ってたけどユスティーツァな彼女を見てたら内面と合わせて惚れていてもおかしくなかったんでしょうが、
本来の見た目から感じられる歳の差と犯罪臭が天元突破する・・

-追記-

甘く匂い立つ白いうなじと~←このへんいくら綺麗でも真っ当な女子中学生達が同性に対して抱く劣情ではないですね…
女子校の闇を垣間見た気分です

返信:蒼猫 ささら 2016年04月22日(金) 21:31

感想ありがとうございます。

本作のイリヤはHFルートを辿っている事もあり、そういったスタンスを取っています。ですのでイリヤのお姉ちゃんっぷりに満足頂けたのなら、自分としては書いた甲斐があったと申しますか、非常に嬉しくあります。

そんなイリヤが年齢通りの見た目であったら、確かにタカミチとフラグが立っていたと可能性は低くなかったと思います。
イリヤが美人で、その内面の芯の強さに彼が惹かれそうなのもそうですが、今回の話の中で書いていたように彼はどこか士郎に似通った部分がありますので、何か大きな切っ掛けがあればイリヤの方もタカミチを気にしたと思います。

ただ、もし今の見た目でタカミチが本気になったらイリヤはドン引きするでしょうが。

追記の部分に関しては、それだけイリヤの魅力が魔性かつ異常だったというか、何気にイリヤを着飾ったあの衣装が魅力値の上昇と魅了スキル付与の効果を発揮してしまったと言った感じです。
何しろエヴァの集めた宝石や貴金属や布地(これらは殆ど魔力を帯びた物)の中でも一級品で、その上、最強の魔法使いである彼女が手掛けた渾身の逸品ですから。
一種の概念礼装に近い代物になってます。ただしイリヤ並の魅力的な美人でなければ効果は発揮しませんが。


イメクト ID:7qBbuvsw  2016年04月21日(木) 16:39 (Good:0Bad:0) 37話 報告

「イリヤの美貌に見惚れるのは良い。美しさに平伏すのも良い。しかし嫌らしい……情欲に塗れた穢れた眼で見る事は絶対に許さん。」
とお怒りのキティちゃんですが、あなたのシロウがホロウで穢れた目で水着姿にドキドキしたんですぜ。
タカミチがロリミチにエボリューションしかけてる~。

返信:蒼猫 ささら 2016年04月22日(金) 22:18

感想ありがとうございます。

士郎のその辺の話を知ったら、イリヤに見惚れた事以上に「え、本当にそういう趣味だったの?」とエヴァはショックを受けると思います。
勿論、シロウは全力で否定し、並行世界の例を出してその自分とは異なると弁明するでしょう。
その言い訳を受け入れて貰えるかは未知ですが・・・。

タカミチはロリに走らないと思いますから大丈夫です。
おそらく彼は巨乳好きの筈ですし。
ただし年齢詐称薬を飲んで大人になったイリヤを見たらどう転ぶかは判りませんが。


イメクト ID:7qBbuvsw  2016年04月17日(日) 20:46 (Good:2Bad:2) 34話 報告

ロッテ「小太郎を犯人です」
小太郎やめとけクランの猛犬を見本にするな、運がなくなるぞ。激辛地獄と激甘地獄が待つ未来に一直線だぞ!

返信:蒼猫 ささら 2016年04月19日(火) 22:00

洗脳探偵……そのネタを拾って下さってありがとうございます。元ネタの彼女とは同じメイドなので思わず使ってしまいました。
一応、ロッテも彼女と同じ無口、無愛想な人格なので。

小太郎やめとけクランの猛犬を見本にするな~……恐らく大丈夫でしょう。イリヤに拾われるという幸運に恵まれていますし、食事もメイドの他、イリヤの手料理ですから。

―――あ、ですが原作と違い、夏美という恋人…または嫁候補は出来ないかも知れません…多分。


僧侶  2016年04月17日(日) 16:20 (Good:1Bad:0) 33話 報告

ふう、ようやく最新話まで読了
特に昨日(?)はヘルマン編の展開が気になって午前4時までぶっ通しで読んでたので疲れました。

とりあえず白エヴァかわいい!

あと気になるのは高音さんですねぇ。このまま放っておくと色々こじらせてしまいそうな気がします。
影を纏うのではなくて黒化しちゃいそう…

返信:蒼猫 ささら 2016年04月17日(日) 18:56

感想ありがとうございます。

一気読みされたという事でしょうか?
だとしたら、話に癖があり、一話一話がそれなりが長い本作では大変だったと思います。余り無理をなさらないで読んで欲しいですが……同時にそのように楽しまれて読んで頂けると作者としては嬉しくもあります。

白エヴァについては不安もありますので、そう言って頂けると本当に安堵します。

高音については、イリヤも忙しくある所為で長く放置気味ですがフォローする積もりです。あのまま放置したら仰られる通り、色々と精神を拗らせて負の側面に心を呑まれ、黒化してしまいそうですから。


hi◆zM0wjbGy6. ID:iUE5GTg6  2016年04月14日(木) 23:03 (Good:0Bad:0) 33話 報告

白エヴァ良いですよ、かわいいです!

22話を読んで21.5話など時系列が行ったり来たりすると少し混乱します。
「幕間その5」の場合は、一話内で話の時系列がかなり前に戻ったりするので読んでて混乱しました。
話自体はとても良かったです。

返信:蒼猫 ささら 2016年04月17日(日) 18:43

感想ありがとうございます。

白エヴァないしエヴァ・リリィを受け入れられたようでホッと安堵しています。ですが、やはり受け入れ難いと言う方も居られるでしょうが…。

時系列の方は混乱させて申し訳ないです。オマケに次回も幕間その5と同じように時間が遡ったりしますし、構成が甘かったと書き手として未熟さを痛感するばかりです。
今後は気を付けたいと思いますが、話の仕様上と言いますか、伏線やネタ明かしなどを何とか上手く使いたいと、おかしな話の見せ方を自分はすると思いますから、確約は難しいです。

ですが読者を混乱させたとして、心に留めて置こうと思います。


ランサーが死んだ  2016年04月14日(木) 22:18 (Good:0Bad:0) 33話 報告

ネギまクロスでここまでグッとくる作品は初めてです。まず作者様に感謝を!!

エヴァの件は泣かされました。いや、あれですね。にやけちゃいますよ(´・∀・`)これからも愛読させて頂きます!執筆頑張ってください(*`・ω・)ゞ

返信:蒼猫 ささら 2016年04月17日(日) 18:30

感想ありがとうございます。

エヴァの事…純真な少女の姿とシロウとイリヤのやり取りをそう思って頂けたら幸いです。話の内容もそうですが改変の大きいのでホント不安ですから。

応援もありがとうございます。完結できるよう頑張りたいと思います。


gatz ID:WEQpHvMw  2016年04月13日(水) 23:21 (Good:0Bad:0) 9話 報告

初感想です。取り敢えず6話まで読ませていただきました。
かつてイリヤINネギまのストーリーを夢想した一人として、前々から気になる作品ではありました。
よくあるオリ人格転生モノか。と辟易しつつもここまで来ると、しっかりと型月らしいこじつけ設定があり、物語に一本筋が通った。これは脱帽ものです。
この先も楽しみにさせていただきます。

返信:蒼猫 ささら 2016年04月14日(木) 19:05

感想ありがとうございます。

なんと言うか…高く評価されているようで恐縮です。

物語に一本筋通っているかは色々と悩み迷いながら書いている身の自分としては判らず、これも過大に評されているようでプレッシャーを感じてしまいます。
それに第6話以降も期待に応えられた内容か自信がありませんから。

ですがこの先も拙作を読まれ、楽しんで頂けたら幸いです。


カルデア臨時職員 ID:v482slvA  2016年04月13日(水) 02:30 (Good:0Bad:0) 33話 報告

エヴァンジェリン・リリィとでも呼称すべきか・・・。(FGO感)
白エヴァ尊い・・・・。

返信:蒼猫 ささら 2016年04月13日(水) 21:23

感想ありがとうございます。

エヴァンジェリン・リリィ…白エヴァと呼ぶよりも語呂も良くてそっちの方が良いかも知れませんね。ただその場合、青王様やメディアと同様、今とエヴァとは異なるシロウと在った頃の復讐を経験していない過去のエヴァそのままの存在になりそうですが。
しかし語呂の良さを思うと今後はそっちを…エヴァ・リリィと呼びたくなりますね。ちょっと迷ってしまいます。

けど、どっちでもOKな気もしますから読者の皆様にお任せします。


嘘狐  2016年04月13日(水) 01:16 (Good:0Bad:0) 33話 報告

いつも読ませていただいています!
白エヴァ可愛ゆすな〜もうロリババア何て言わせないッ!

至るネギま!小説を読んできましたがなかなか見ないエヴァが見れて嬉しいです。シリアスが多いこの小説でどのくらいの癒しをくれるのか、私、気になります!エヴァたそ〜

応援しておりますので、これからも更新頑張って下さい

返信:蒼猫 ささら 2016年04月13日(水) 21:12

感想ありがとうございます。

確かに白エヴァに対してはロリババアという言葉は似合わないでしょうね。
このようなエヴァになったのは、あとがきでも書いたように自分でも予想外でした。勿論、構想段階である程度は少女の心が残っているとしていたのですが……まさかあのように為るとはホント思いもよらない事でした。

癒しを見せられるかは判りませんが、今後も白エヴァの存在はイリヤやシロウの前では出て来ます。ネギ達の前ではテレもありますが、事情もあって隠しますが。

応援もありがとうございます。本作を無事完結させられるように頑張りたいと思います。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。