大本営第二特務課の日常
作者:zero-45

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

全話感想

坂下郁  2016年09月10日(土) 06:38 (Good:0Bad:0) 報告

更新お疲れ様です。

いよいよ始まりましたね。

榛名さん、いい感じに荒ぶってますね。折々過去のエピソードを見させていただいてるのですが、それら紆余曲折を経ていよいよ榛名さんの本領発揮ですな。さりげない動きですが、之の字背面航行にシビれました。けれども戦艦がラムアタックって…(汗。

謎のゴールデンヲ級、手強そう…。摩耶さん、ご無事で…。

また次の更新を楽しみにお待ちしております。

返信:zero-45 2016年09月10日(土) 07:00

坂下郁様

 いつもご感想有難う御座います、お知らせ頂いた誤字修正も反映させております、毎度お手数をお掛けしまして申し訳ないです、助かりました。

 榛名さんですが、何と言うかこの辺りが最終形態という案が幾つかありましたが、後で着任した長門さんが玄人染みたオーソドックス艦という位置付けになりましたので、それとは逆の位置に立たせた接近戦特化の艦という事に…… でも51連装砲とか、その辺りも使えますから割とチート的な感じもしますね。

 ゴールデンヲ級、何かそのネーミング昔一時期発売されてたファンタを彷彿させる様でツボっております、まぁ彼女は取り巻きセットでゴイスーな艦ですから戦力的には戦艦棲姫さんのが…… ですが、頭が回り、対するのが三人ですから、どうなるかに話は終始するかと、はい。

 折角始めた海戦、既に自分脳みそパーンになってます、ちょこちょこギャグのジャブが入っているのは勝手に指がキーボードを叩いた結果です。

 そんな早期に終了してしまいそうな海戦の予感、またお暇ならお付き合い頂ければ幸いで御座います。


拓摩  2016年09月10日(土) 06:20 (Good:0Bad:0) 報告

投稿お疲れ様です、そしてお初にお目にかかります。
この作品を非常に面白く感じました為、週末を使って一気に読ませていただきました。

これからも作品の展開に期待してお待ちしています!

返信:zero-45 2016年09月10日(土) 06:30

拓摩様

 ご感想有難う御座います、こちらでは初めましてでしょうか、お名前は坂下様の処で幾度かお見かけしましたw

 えっと一気読みをされたとか…… 何と言うか無駄に文字数だけは多い拙作、大丈夫でしょうか(汗

 色々ブレまくっている話に好意的な評価有難う御座います、色々これからもおかしな話になるかも知れませんが頑張りますので暇つぶし程度の感覚でお付き合い頂けたら幸いで御座います。

 いや期待するとアレですから、はい、そんなカンジで……


黒25  2016年09月08日(木) 23:31 (Good:1Bad:0) 報告

やっぱり第二特務課に入るべきでしょう、この大鳳。攻撃力を追及する為にフロートを潜水艦用の酸素魚雷にするなんて!

だが、そのキ〇ガイっぷりがかなり良いと思います。その内、上官のサイトーさんが扱いに困って『やっぱり鯨さんとトレードしてくれない?』って言ってきそうではありますが。
大鳳さんがコレなら、もう一人名前の挙がってた神通さんはどうなんでしょう?山城さんとチキンレースやっちゃった人だし、まともじゃあないよね?

-追記-

最近、ふと思った事。
艦これ界隈の二次小説を見てると魚雷を直接相手(若しくは的)にぶつけてドカーンって表現がありますが、これっておかしくない?

艦娘の武装は大戦時の物に準ずるなら内部機構も同じな筈。とすれば、ぶつけてすぐに爆発ってならない筈なんですよ。発射管とかから射出され一定距離を走らなければ安全装置が外れず爆発しないはずなんですよ、魚雷ってモノは。航空爆弾とかと違ってね。この知識を得たのが漫画からなんで少し微妙ですが。設定とかがしっかりしていた作品なんで間違ってるとも考えにくいんですよ。

妖精さんファンタジーって事で突っ込んじゃ拙い部類のネタっすかね、コレ。

返信:zero-45 2016年09月09日(金) 23:57

黒25様

 いつもご感想有難う御座います。

 大鳳さんの設定と言うかネタは当初第二特務課に所属予定であった為に割りと細かい部分は残っていたので話としては書きやすかったです、てか、確かに瑞雲な大鳳さんだとちょっと普通の拠点では扱いに困る艦娘さんだと思いますが、現況の第二特務課にこれ以上艦娘さんを編入させてしまうと、読み手の方達にはちょっと御都合主義として映るのでは無いかと色々思う処はあり、中々というのが本音では御座います。

 しかし元鯨は誰にも渡さん、絶対に!

 てか、神通さんですが、着任している場所が現在話に出ている場所とは別海域の為絡ませ難いのでまだ登場予定はありませんが、いつか登場して貰うつもりでおりますので、その辺り気長にお待ち頂けたらなと(´・ω・`)

 まともな人? 潜水艦用魚雷を平気で装備しちゃう華の二水戦旗艦さんですから、そこはまぁお察しと言う事で(超遠い目

 そんな拙作では御座いますが、またお付き合い頂けましたら幸いで御座います。


-追記-

 魚雷の手投げ辺りに自分が突っ込み入れちゃうと、お前は話自体ファンタジー過ぎるだろと言われそうですが、違和感無いのかと聞かれれば違和感あります(え

 て言うかポイポイとかセンダイ=サン辺りが使う分には常時そうしてそうだから信管を触発式にしてるのかなとか納得も出来ますが、今まで普通に使ってたはずなのに、いきなり奥の手的にと言うのはちょっと…… と言うイメージと言うか、そんな感じですね。

 そういう自分も今作戦ではとんでも兵器使用予定ですからどういう評価受けるかとか戦々恐々としているのですが、出来ればスルーして頂けたらなぁとか、はい。


坂下郁  2016年09月08日(木) 09:42 (Good:0Bad:0) 報告

更新お疲れ様ですー

これはまたシュールな大鳳が出てきましたね。しかもなんと四姉妹。他3名も瑞雲教徒なのか気になるところですが、きっと気にしたら負けなのでしょうwww

長門さんから一喝入って摩耶さまもようやく吉野さんのいい所に目が向くようで一安心ですね。

敵も近づいてきたようですし、次回以降本格的に戦うみんなの活躍を楽しみにしております。

返信:zero-45 2016年09月08日(木) 10:00

坂下郁様

 いつもご感想有難う御座います、お知らせ頂いた誤字修正も反映致しました有難う御座いました。

 大鳳さんですが、当初の予定では第二特務課に所属予定でしたのでネタ的な部分とかは資料としてのこしておりまして、急遽リンガへ引き抜かれたという話があった物ですからこの機会にとちょっと無理やり気味に登場して頂きました、タウイタウイ大鳳四姉妹とか瑞雲ネタは第二話にちょこっとだけ書いてますので、その続き的な感じでしょうか、これから話に深く関わるか否かはまだ考えて無かったりします、はい。

 摩耶さんですが、敢えてキツい感じのイメージとして書いていますが、彼女は本来面倒見の良いヤンキーのお姉さんな感じの方なのですが、色々あって今はあんな感じの表現になっています、この章が終わる頃にはちゃんとした彼女の姿が書ければと思っている艦娘さんなので、暖かい目で見守ってあげて下さいませ。

 そして戦闘……うん、戦闘、色々音楽聴いてテンション上げながら書かないとまたショボい物になりそうで、はい。

 ちょっと長くなりそうな予感が……

 そんな拙作では御座いますが、頂いたご感想を励みに頑張って書き上げたいと思います!


坂下郁  2016年09月05日(月) 00:14 (Good:0Bad:0) 報告

更新お疲れ様ですー

本格的な戦闘に入る前の前哨戦ですね "上に政策あれば下に対策あり"という言葉を思い出しました 戦艦棲姫の鹵獲かぁ…色々痛い目に合わされてるからなぁ(遠い目 上手いこと作戦が進むことを期待しております あと摩耶様、あんまり吉野さんの言うこと聞かないようだと3食サルミアッキにしますよ

それでは次回の更新も楽しみにお待ちしております

返信:zero-45 2016年09月05日(月) 00:38

坂下郁様

 "上に政策あれば下に対策あり"、上手い言い回しですね、自分的語呂録に記録完了です、いつか使わせて頂こうかとw

 てか、三食サルミアッキとか、どこの鬼畜提督ですか…… 彼女のアレは次回か次々回辺りに話に絡む事になる部分ですね、はい、どんな感じになるかはまだ書いてないので明言は出来ませんが……


 そんな訳でいよいよ本番、次回もまたお暇ならお付き合い頂けましたら幸いで御座います。


サンガリアみっくすじゅ〜ちゅだいすき ID:BiUQnq52  2016年09月04日(日) 06:22 (Good:0Bad:0) 報告

この作品の所為で冷やし飴に浮気しちゃいそう
{IMG22091}

返信:zero-45 2016年09月04日(日) 14:42

サンガリアみっくすじゅ〜ちゅだいすき様

 個人的に自分大好きメーカーです、あのワンコインで500mlシリーズ、特に夏のソーダとかもぅ!

 みっくすじゅ~ちゅとかもう吉本カラー全開のネタの割には本格的な味とか、色んな意味でサンガリア侮り難しです、あ、ひやしあめですが自分ドクペと共に常飲してます、近所のドラッグストア箱売りしてますし、えぇ、浮気じゃなくて、ジュウコンカッコカリと思えばいいのですよ!

 そして支援絵書いて頂いたようで有難う御座いますぅぅm(__)m しかし見れない! 見れないのぉぉ!

アドレスプリーーーヅ!


たんぺい  2016年09月03日(土) 14:53 (Good:0Bad:0) 報告

https://syosetu.org/?mode=kappo_view&kid=124778&uid=109507

連投すみません
クズ…もとい、ヒロインの加古のイラストを更に頂いた御礼です
前のよりはトップ絵には使えるかも…ネタイラストなのは本当にごめんなさい!

返信:zero-45 2016年09月04日(日) 14:35

 魅惑の夏休み、昨日は何か訳が判らないが喜びにかまけてはっちゃけた気がする。

 そして友人がコンビニ行くというのでねぼけつつ札一枚渡しておにぎり買えるだけ買ってきて言うたら間違えて万札渡してたみたいで、コンビニ袋2つ程の握り飯が…… 夜中だからといって買占めてくるのはどうなのだと、そして万札だよとか確認せず満面の笑顔でやり遂げたゼとか言うのはどうなんだと。

 そしてたんぺい様、サスケスキーだからとサスケ顔のしぐれタソとか
誰  が  う  ま  い  事  言  え  と  い  っ  た  ?

 ……表紙に貼り付けそのネタは永遠に伝説として語り継がれる事になりました、有難う御座います!

https://img.syosetu.org/img/user/138447/22099.jpg
 我がデスクトップ更新の巻

ふへへっ(笑顔)


たんぺい  2016年09月03日(土) 10:49 (Good:0Bad:0) 報告

https://syosetu.org/?mode=kappo_view&kid=124705&uid=109507

いつも楽しく拝読させてもらっている御礼に、下手ですが活動報告でファンアートを描かせていただきました
サスケ大好きなしぐーです、この娘大好きです

…このシーンかよ、と言うツッコミは無しの方向でお願いしますw

-追記-

デスクトップに恐縮せざるをえない!!

いやぁ、火曜か水曜日ぐらいにこのお話を久しぶりに通して読み返してたら、時雨の武術指南の回に吹き出してしまいまして
これは描かざるを得ない!!と、妙なテンションでイラストにした次第ですw
喜んで頂いたみたいで何よりです

―アナログで申し訳ないと言わざるを得ない!

返信:zero-45 2016年09月03日(土) 09:46

たんぺい様

 色々ありまして自分、今日から夏休みです。

 今朝まで仕事で、惰眠を貪るつもりで就寝前にマイページチェックだけして寝ようとしてました。

 な  ん  か  き  て  る  ぅ

 何事!? 睡魔でちょっとおかしくなってるの自分?

 そして色々眠い頭をフル回転し、どうしようかとやってみた結果。

・話のお品書き(表紙)にUP
・そして現在の我がPCデスクトップ
https://img.syosetu.org/img/user/138447/22022.jpg

 むしろたんぺい様、なにしとんの(笑)、どびっくりしてしまいました、有難う御座います、むしろ何故覇王翔吼拳をチョイスせざるを得なかったのか、その辺りの説明を く  わ  し  く  !


 いや素直に有難う御座います…… まさか絵を頂ける日が来ようとは…… これは、お返しに自分画伯も何か描かないといけないのではと既に眠気で正気が薄れてる現在使命感がムクムクと……

 ありがたやー…… ありがたやー…… プリンターオフィスなんだよなぁ、マウス画でいいのかなぁ……


MWKURAYUKI  2016年09月01日(木) 05:13 (Good:0Bad:0) 報告

派閥・権力という人が集まる組織というものの中にいる以上避けられぬものを前に、それでも己を通す吉野さんは格好いい。

そんな吉野さんだからモフノフされて窒息しても仕方ないね!

それはそうと鳳翔さんの出したお茶が毒飲料ではないかと思った自分はもうだめなんでしょうか……?(最後のフリから目を逸らしつつ)

返信:zero-45 2016年09月01日(木) 09:42

MWKURAYUKI様

 ご感想有難う御座います。

 派閥という括りで言うと今吉野さんは大隅大将さんの部下みたいな感じですが、かなり放任主義と言うか、必要とされてない時は放ったらかしがデフォの処なので微妙なのかなという感じでしょうか。

 むしろ彼が出世すると部下の艦娘さんのお給料査定に影響が、そして色々特典が、その喜びの表現がモフモフという甘美な地獄に……

 そして毒飲料ですが、ネタは色々ありますが流石に第二特務課以外の方がという事になると歯止めが効かなくなるので……はい、てかいい具合に毒されてますね…… そんなネタ振ってる自分が言う事ではありませんが。

 暫くはそっち系は出せない雰囲気になるかもですが、書いてて煮詰まったら小ネタ程度にサラっと出すか、気分切り替え様の不定期話をUPするかもですので、またお暇ならお付き合い頂けたら幸いです。

 てか何言ってんだ自分、ちょっと仕事で二徹明けしまして訳ワカメです、おやすみなさいませ(´・ω・`)


坂下郁  2016年08月31日(水) 09:39 (Good:0Bad:0) 報告

更新お疲れ様ですー

ハーメルンは単話ごとのお気に入り機能はありませんが、もしこの物語の中で好きなエピソードを選べ、と言われましたら、迷わず個人的トップ5入りです

緊迫感ある元帥との対話、白でも黒でもない絶妙な落とし所としての中厚の封筒、全てを見越して二人を"あやす"鳳翔さんの存在、魅惑のフェスティバル、魅惑のフェスティバル(大事なことは二度繰り返すの法則)、そして超気になるフリでの次回以降

全てのバランスが取れた見事なお話と思います こういう硬質な話を坂下も書きたいなぁ…

次回以降も超絶期待してお待ちしております

返信:zero-45 2016年08月31日(水) 10:49

坂下郁様

 いつもご感想有難う御座います。

 モフモフフェスティボー、気に入って頂きとても嬉しいです、オッパイは真理であり正義だと思っています、R15タグは付ける予定では無いのでギリそれに挑戦するとこれが限界ラインなのかそれとももう一歩踏み込むべきなのかという悩ましい事で悩んでいます、むしろ色々ぶち壊してる気がしますがそこはソ・レ!

 坂下様作の鳳凰さんの様なセンター張れる存在には書けませんが、テンプレのまま年月を重ねればこんな感じなのかなというイメージで御登場頂きました、変化球と言うか元鳳翔さんという空さんが居ますので余計に(´・ω・`)

 今回はプロローグ的な話であった訳ですが、気に入って頂けたら何よりでした、余りこの手の硬い話は抑揚が無く読み手様に退屈を感じさせてしまうのではという怖さが自分にはありましたので…… お笑い依存症と言いますか。

 そして最後の引きはアレです、俗に言う予防線というヤツです、次々回辺りと申しますか、そんな展開になり、その後2-3話は暗い話になってしまいうと思いますので、先にその辺りのクッション置きたいなとか。


 そんな拙作、最後はまぁOKかという程度の挽回を目指してガチ暗い話に突入いたしますが、もしお暇ならまたお付き合い頂ければ幸いで御座います。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。