大本営第二特務課の日常
作者:zero-45

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

リア10爆発46  2017年05月11日(木) 20:59 (Good:0Bad:0) 報告

はやーい!お疲れ様です。
ところで技本と伎本と表記揺れがありますが…。

艦娘と人を無理やりくっ付けたような未完成な兵士を戦力として数えているという上層部、何を考えているのやら。戦力は安定していないと戦力とは言えないでしょうに。

そして舞鶴&練習巡洋艦組、これは大坂色に染まっちゃう?

-追記-

いや、リコレクションの設定だというのは知っているのですが、実はまだ40話までしか読んでないのです…。
よし、今週までに追い付こう。

返信:zero-45 2017年05月11日(木) 21:32

リア10爆発46様

 いつもご感想有難う御座います、お知らせ頂きました箇所、修正致しております、大変助かりました。

 今回にある色々なネタは坂下郁様という作者様の

逃げ水の鎮守府-艦隊りこれくしょん-
https://novel.syosetu.org/98338/

 から設定をお借りしている状態ですので、自分が考えるよりも更に練られた物になっていると思います、以前コラボさせて頂いた関係で作中世界の極一部が共有されているという事になっておりますので、その関係で色々パク……リスペクトさせて頂いております。

 て言うか練習巡洋艦姉妹、大坂鎮守府所属となると間違いなくそっち系に堕ちるのは間違いないと思います、エロいし、それはもぉ色々と、そして輪島さんはキャラが濃いのでどちらと言えば口が寂しくなったら齧る系ですので、恐らくにぎやかしポジになるかなぁと予想はしています、あ、ちゃんとカオスもあると思います(壊)

 そんな何がちゃんとしたカオスなんだと自問自答してしまう拙作で御座いますが、またお付き合い頂けましたら幸いで御座います。


-追記-

 おふぅ、大変失礼致しました、あちらのお話はある意味ネチネチとインドアで軍を語るこっちとは違い゛、アクティブかつヒーロー的な爽快感が御座いますので、中々テンポ良く読み進めると思います。

 自分は戦闘描写ホント苦手ですので……


坂下郁  2017年05月11日(木) 18:00 (Good:0Bad:0) 報告

更新お疲れ様です&お久しぶりです。

> 「なぁ提督よ、本当にそれで行くのか?」

この出だしで『提督と利根さん』かいな、と思って読み進めていましたが…何か読んでてドキドキしてしまったのは内緒です。うちのあんなザル設定を巧みに利用していただいて、なんかかえって申し訳ないです。役に立つようでしたらご遠慮なくやっちゃってください。そうですか、輪島さん南洲と戦いたいですか(意味深。

にしても、京都ー大阪ラインを押さえる二大拠点で派閥形成とは、大本営的には穏やかじゃありませんね。この大坂の膨張ぶりが今後にどんな影響を与えるのか、という感じですね。

ただ最大の注目点は鹿島の着任ですね。どんなコスになるのか、早くもそれが気になってるという。それではまた次の更新を楽しみにお待ちしております。

返信:zero-45 2017年05月11日(木) 21:29

坂下郁様

 いつもご感想有難う御座います。

 日焼けしましたか?、フォー以外にもおいしいベトナム料理食べましたか? あっちはニューハーフさんがとても綺麗と聞きますが綺麗でしたか?

 て言うか話の出だし、確かに何か似てそうな感じが、そして輪島さん、冒頭にある彼の戦歴とか見てると超ビックリネタが仕込んであるという。

 多分見ても判らない様なネタですのでその辺りは置いといて(邪笑)

 そちらの諸々ネタ使わせて頂きました有難う御座います、そして南洲さんをボスキャラ風味にしてみました、イメージ的に不死身のクリーチャー的な(震) 一度大坂鎮守府へ来てるという実績もあるのでその辺りからカオスネタへ発展するかもですが、その辺りはまた何れ的な。

 そして近畿縦断派閥、何せあの辺りって割りと重要ボインツがあったり霊的スポットがわんさかしてたり、興行商況農業全部あの辺りで賄えますから、ある意味最適かなとか色々模索していますが、実はまだそれ程先の事は考えて無いという。

 そんな色々ネタまみれの拙作で御座いますが、またお付き合い頂けましたら幸いで御座います。


黒25  2017年05月11日(木) 16:24 (Good:0Bad:0) 報告

輪島さんかぁ、自分の中では元ボクサーの方ですね。力士な輪島さんも居たんですか。

練巡姉妹、本当にその場に居ただけですね。セリフが有るだけマシか。教官系なら無難な人材でしょうか。後は着任が流れてしまった神通さんとか。

春イベ、掘り無しで進むよていでしたが海防艦の娘が余りにも可愛すぎた為少しだけ掘って見ると事にしました。e3の丙で殺ってますが、10に満たない回数で占守が着てくれました。ラッキーだと思ってます。名前の読み方がアレな娘はドウシヨウカ迷ってますが最初に決めてた数を殺っても出て来なかったら進もうと思います。


-追記-

ガングートはソビエト連邦時代のモノでは無く、その前のロシア帝国時代のフネですからね。しかし、意外に早く長老が変わったと思います
。艦これ終了まで金剛お婆ちゃんだと思ってましたので。

返信:zero-45 2017年05月11日(木) 21:20

黒25様

 いつもご感想有難う御座います。

 今回の話は色々な流れの都合上ストーリーの方向性を固める話に終始してしまい艦娘さんをイジっている余裕がありませんでした、主に文字数的に。

 練習巡洋艦姉妹さんですが、教習所のネタがありますし後から色々とスペットが当たると思います、ですので今暫くお待ち頂けたらなと思います、が、何と言うか自分萌え的表現が壊滅的にメーなのでご期待に添えるイメージで書けるかどうかはその、はい、えぇ。

 そして輪島さん、バラエティの印象が強いのかやはりボクシングのあの人のイメージが浮ぶ方が多いと思いますが、力士さんの方もそれなりにメジャーですから、て言うか歳バレろってオイ的な(´・ω・`)

 そしてイベントお疲れ様です、海防艦姉妹さんはドロップ艦としては引く確率が今までより高く、複数ドロップも見込める事から戦力としてよりマスコット的に愛でる系なのかも知れません、割と簡単に邂逅可能なんじゃないかなぁと思ってます。

 実際今回の最終報酬艦は就役していた時代が時代の艦ですので(金剛さんより年上で艦これ最年長)いっそ神威辺りを最終ターゲットにする方が良いのかも知れませんね。

 そんな色々とまたネタを抱え込んでしまった拙作で御座いますが、またお付き合い頂けましたら幸いで御座います。


-追記-

 帝政ロシアの艦とか海防艦とかもうその辺りに手を出し始めたって事は、もうこの先の実装艦は何が来てもおかしくないというのが実は問題だったり。

 マジどうするんだろ、この先……


Nakaji  2017年05月11日(木) 12:32 (Good:0Bad:0) 報告

更新お疲れ様です
蓋を開けてみると含みもなんもなく連れて来られただけの練巡姉妹が中々に不憫……(苦笑)

倒しても復活するので滅ぶ事が無いから人類の勝利か無い……
なんかゴッドイーターを思い出す感じです
あちらのアラガミは群体故に倒しても霧散して、またいずれ集合体となるので滅ばないって設定ですが……

しかし輪島さん、根っからの武人みたいですね。
負けないために派閥抜きで吉野さんと手を組みたいってだけの様な感じですし
今、新派閥を形成するのが吉と出るか凶と出るかはこれから次第かな……

返信:zero-45 2017年05月11日(木) 15:03

Nakaji様

 いつもご感想有難う御座います。

 ゴッド○ーター、アニメは一応見ましたが例のヒロインのエロインにばかり目がいってしまい、内容や設定がとんと頭に残っていない状態であります。

 てかあの敵ってそんなゴイスーな存在だったんですね……絶望という面に関してはウチの話に於ける深海棲艦に通じる物がありますが、また陸は比較的安全と言う事と、少数ではありますが対話が可能という面を考えればまだこっちのかせ救いがあると言うか、ご都合度が高い感じになっているイメージですね。

 そして輪島さん、正直細かい部分は面倒だから切り捨てる系のイケイケ将官です、アホ枠ですね、なのでその真価はネタに絡ませた時に発揮するかも知れません(小並感)

 そんな色々とややこしくなってきた拙作で御座いますが、またお付き合い頂けたら幸いで御座います。


拓摩  2017年05月11日(木) 11:40 (Good:0Bad:0) 報告

投稿お疲れ様です!
鹿島と香取とは何だったのか…(驚愕)
まあ可愛いのでいいんですけど。

大阪と舞鶴で新たな派閥、これで自由になるのかまた厄介事が増えるのか、さてさてどうなることやら。
それにしても刀を瞬時に抜いて突きつけるってどうやってやったのか気になりますね。実量を試すということもあったとは思いますが。

世界観がいよいよ大きくなってきていることに楽しみを覚える今日この頃。鹿島に膝枕を所望したいと願う。

続き待ってます!

返信:zero-45 2017年05月11日(木) 14:57

拓摩様

 いつもご感想有難う御座います。

 香取に鹿島? ぶっちゃけると自分は好きな食べ物は最後に残すタイプなのでまぁ、えぇそんな感じで、後は言わずともご理解頂けるかと、しかしいつも最後に残してしまった為に食い切れなかったり、無理矢理口にするという事態もしばしばなのでその辺りの調整が難しいですね。

 そして新たに派閥を組むという無謀な遣り取り、まだ結果はどうとかそれが成功するのかという色々な紆余曲折が残っていますが、取り敢えずは今までとは大きく違う行動を要求される事は確かだと思います、まぁネタ系は相変わらずというのは既定路線なのですが。

 そんな感じでネタが積もり過ぎでしばらくはそれの消化に終始するかも知れない拙作では御座いますが、またお付き合い頂けましたら幸いで御座います。


犬魚  2017年05月11日(木) 11:27 (Good:0Bad:0) 報告

輪島、と聞くとまず相撲を考える私は疲れているのでしょう

まず、突いてくるオラついた挨拶の狂犬の人と何気なく出てくる技本とか南洲とか言う単語、海軍の闇は深い…

返信:zero-45 2017年05月11日(木) 14:52

犬魚様

 いつもご感想有難う御座います。

 輪島、書いててその単語を打ち込む度に浮ぶイメージはボクシングのあの人でした、そういえばスモウレスラーな輪島さんもいらっしゃいましたね? どちらにしても濃い印象を受ける方達ですが、作中の輪島さんも色んな意味で濃いと言うか、口調だけなら某鎮守府で違和感の無い活躍は出来そうです、多分半日と持たないと思いますが……バカ度ならタメは張れるかも知れないです。

 そして坂下ワールドリスペクト、バクった訳では無いのです、リスペクトなのです、なので問題は無いと思います、無いと思いたい、無かったらいいなと思います、はい。

 そんな色々とまた濃い人間がINしてしまった拙作で御座いますが、またお付き合い頂けたら幸いで御座います。


京勇樹  2017年05月11日(木) 07:32 (Good:0Bad:0) 報告

狂犬、三郎をはかり損ねたか
そこに居るのは、無理・無茶・無謀を地で行く髭眼帯だよ

誤字で技本
の技が、最初一回以後、別の字です

返信:zero-45 2017年05月11日(木) 14:47

京勇樹様

 いつもご感想有難う御座います、お知らせ頂きました箇所修正致しております、大変助かりました。

 狂犬……適当に思い浮かんだフレーズをそのまま書いた訳ですが、某ぽいぽいと被るという致命的な点に今更ながら気付いてしまいました、どうしましょう(´・ω・`)

 そしてポジ的には安定のアホ枠……大層な肩書きで経歴も割りとそれなりなのにアホ枠、もう既に出オチ感が漂ってますが、彼の今後の活躍にご期待下さいませ(主にネタ的に)

 そんな感じで相変わらずな拙作で御座いますが、またお付き合い頂けましたら幸いで御座います。


たんぺい  2017年05月11日(木) 07:03 (Good:0Bad:0) 報告

気が付いたら二話更新している…だと…?
と言う速筆に、相変わらず驚きながらでは有りますが
先ずは155話の感想から

西武警察かダイナマンじゃないと許されない筴藥の数々、相変わらずのメロン子
ギャグ回になると、相変わらず平盛無(たいらの・もりなし)こと龍驤さんが苦労しますね
物理的な耐久力以外にも突っ込まざるを得ないんだよォ!

そして、続く156話では相変わらずの時雨さんも見所ながらも、とにかく坂下郁様より逃げ水の鎮守府とかなり密接に絡んだお話
向こうの本編からかけはなれた場所でも、やはり技本の暴走は手に負えないようでした
その辺りの落とし前と設定の無理ない整理回、お見事です
坂下様もきっと、遠いベトナムの地で貴殿のお話を喜んでいるのでは無いでしょうか

ではでは、そんなシリアスな話の裏でのんきにマイクラやってる提督も居る不思議な世界観だな~とは思いながらでは有りますが
またの更新も、楽しみに待っております

返信:zero-45 2017年05月11日(木) 14:34

たんぺい様

 いつもご感想有難う御座います。

 RJさんネタ、本来なら爆発アフロオチという物を考えていましたが、流石に絶壁スク水アフロと言うのはジャンル的に欲張り過ぎかと言う事で軽いネタに留まりました、むしろそのオチを採用するのにはドンパチの描写をしなくてはいけないのでそれが面倒だったから止めたなんて事はありません、はい、ないのです(´・ω・`)

 そして安定の室内から移動無し一万パティーン、会話のみで終始する話多いなとか色々と反省点が多い気がします、そして坂下様の話がある程度進み、こっちでもどの辺りまであちらのネタに侵食しても良いかというラインを模索しつつ設定をパク……もとい、リスペクトさせて頂いた結果がアレだった訳ですが、お陰でストーリーの方向性がまた固まった結果となってます。

 て言うか例の提督さんのあそこはまぁ、地域的に次元の壁があるとか、特異点な物が関与しているとか適当な理由を脳内補完して見て頂けたらなぁとか、えぇあっちはネタしか無いお話ですので、はい。

 そんな訳で割りと駆け足で今回の話を済ませたので後から色々な補完も必要になった拙作で御座いますが、またお付き合い頂けましたら幸いで御座います。


全話感想

夢見がち  2019年10月17日(木) 19:33 (Good:0Bad:0) 報告

やっと追いついた…!
話もよく練られていて艦娘の一人一人が生き生きしていて読んでいてとても面白かったです!
次の更新を楽しみにしてます!


坂下郁  2019年08月23日(金) 11:19 (Good:1Bad:0) 報告

更新お疲れ様です。

欧州連合技術研所 (研究所ではないんですね)、夕張の開発品に興味津々ですけど、彼ら自身の開発したブツは闇系かロマン系か、果たしてどんなものでしょう。

ロマンといえばムラムラ雲さんのネココス、いまだ大坂…じゃなかった西蘭に染まりきってない彼女が、恥じらいながらも着ちゃってる姿、いいですね、ロマンです。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。