大本営第二特務課の日常
作者:zero-45

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

Nakaji  2017年06月21日(水) 19:14 (Good:0Bad:0) 報告

更新お疲れ様です
個人の怨みつらみを理解していても、非戦闘を命じなければならない司令長官、そしてそれを理解してるが故に従わなければならない艦隊総旗艦。
どちらも割りきってしまうしか無いのに受け止めてしまうのが、良くも悪くも大坂鎮守府の有り様なんですよね……

飛鷹、隼鷹が怒るのもわかるのですが、長門の想いは長門個人のモノであって、提督や沈んだ妹であっても口出せないと思います

個人感情で動くと周りが瓦解しかねないのが軍務というモノですから、ままならないものです……

返信:zero-45 2017年06月22日(木) 11:08

Nakaji様

 いつもご感想有難う御座います。

 本音と建前の割合がどんどん後者に寄っていくという現状、其々はある程度割り切らないとやっていけない、しかしそれを仕方ないと片付ける事が出来ない甘さがあるからドツボにはまっていくという悪循環。

 まだ救いは誰も彼も自分では無く誰かの為に行動しているという事で、関係性が崩れる事には繋がっていないという辺りでしょうか。

 誰も悪くは無いんですが、状況的に甘さを許さなくなりつつありますから、こんな形での衝突は増えていくと思います、しかしその衝突すら起こらない関係、若しくは強制がされたらそれは互いの関係が崩壊していると言う事で、そんな事にならない様話を進めていきたいと思います。

 そんな色々とある拙作で御座いますが、またお付き合い頂けましたら幸いで御座います。


タマネギデスヨー  2017年06月21日(水) 14:36 (Good:0Bad:0) 報告

いつもお疲れ様です!
長門と武蔵のガチ試合の描写も欲しかったですが入渠で処されたのでよかったです(?)
やったぜ!黒潮ちゃんがお茶会の片付けしてるぜ!さすがは親潮のお姉ちゃん!妹の代わりに執務室の片付けだぜ!

返信:zero-45 2017年06月22日(木) 11:02

タマネギデスヨー様

 初めましていらさいませ、ご感想有難う御座います。

 頂きましたご感想の内黒潮とありました部分、完全な誤字であり正しくは親潮で御座いました、その箇所は修正致しております、大変申し訳御座いませんでした。

 戦闘描写に付いてですが、今回は文字数の関係で最初から書くつもりが無かったのと、それ以外にその辺りの描写が壊滅的に苦手&ヘタな自分が避けているというメタい話が御座いましてあんな感じになっております。

 また機会があればその辺りはどうにか……うん、出来るのだろうか、頑張りたいと思いますので、またお暇が御座いましたらお付き合い頂けますと幸いで御座います。


坂下郁  2017年06月21日(水) 13:25 (Good:0Bad:0) 報告

更新お疲れ様です。

下された命令の遂行に全力を上げる者と、それが何であれ命を背負って命令を下す者。在り方のベクトルが違いますね。長門の気持ちを慮ったはずの飛鷹隼鷹ですが、総旗艦の覚悟までは分け合えなかった模様。唯一よしのんだけが同じ目線で語れると言う辛さ。

長門か…Lv50で育成を放棄したようになってる自分艦隊、ちょっと反省。だって梅雨の扶桑姉様が素敵すぎて全て持っていかれたから…。

脱線しかかりましたが、北の海で何がよしのん達を待つのか、引き続き楽しみにしております。

返信:zero-45 2017年06月22日(木) 10:55

坂下郁様

 いつもご感想有難う御座います。

 今までヨシノンが佐官だった頃と将官の現在とは立場的な部分を元にした行動が変らなければいけなくなったという事と同じ様に、下に就く艦娘さん達も今までとは違った責任と公私の使い分けが要求される様になったと言う事で。

 対外的な立場が厳格になり理不尽を要求する公を、本音の私の部分でどう彼女達との関係性を保つかという事がヨシノンにはこれから求められていく行動だと思います。

 ナガモンはアレですよ、改二になったら今までより使い所が増えると思います、必須枠とはいきませんが、育てておきたい艦娘さんの一人だと自分は思うのです。

 そんな色々と捻くり回している拙作で御座いますが、またお付き合い頂けましたら幸いで御座います。


たんぺい  2017年06月21日(水) 08:43 (Good:0Bad:0) 報告

おはようございます、たんぺいです
神通回の次は飛鷹型&長門回と言う、完全にこちらを殺しに来る布陣に戦慄しています

漸くやって来た飛鷹さん回は、重いです
そうですね、軍の『上』が下す決定と言うものは、それらを回す歯車と言い換えても良い一般兵の想いを踏みにじることも日常茶飯事と言って良いでしょう

言ってしまえば、今回の件について、吉野提督が下した決断に飛鷹達の想いを除外していることはそもそも有り得ないのでしょう
少なくとも吉野さんも長門が関わる事例である以上、私人としては艦娘の中でも時雨や榛名・妙高辺りの次ぐらいに考慮してやりたい事柄なのかも知れません、仮に戦略的に意味の無い『敵討ち』だとしても

しかし、それらを果たしても意味も未来も無いのならば、公人としての吉野提督が下す判断は、或いはそれらを踏みにじる決定だったのかも知れないです  
そして、よりによって吉野提督が個人的には仲が良く、そして独自の裁量権のある最も辛く立場にある長門にこそ向かい真っ先に伝え命じないといけない重さとやるせなさをわかっているからこそ、長門さんも文字通りの血の涙を流してでも彼の決定に従ったのでしょう
この作品は死ぬときはシビアに死にますからね…それだけに、余計に悲しくて重い回だった気がします

そんな北方の悪鬼との邂逅の前にある悲喜こもごもと言う今回のお話でしたが
兎に角も、感情的でストレートな飛鷹型姉妹の魅力が良く出てた回だった気がします
そんな今回の更新、お疲れ様でした~

返信:zero-45 2017年06月22日(木) 10:43

たんぺい様

 いつもご感想有難う御座います。

 今までとは違い何かをしようとすれば、関係各所が身内だけでは無いという状況では、どうしても今まで緩かった部分をどうにかしないと出来ない訳で。

 軍という物にリアリティを追求すると長門さんが言った事も、飛鷹姉妹が直談判するという行為も全て有り得ない行動だと思いますが、その緩さが無ければ実際話という物は回らない訳で。

 正直な話誰もが判り切った話なのですが、立場や関係で其々対応が変り、衝突するという状況、これを丸く収めるのは既に規模的な事で言えば吉野さんだけではどうにもならない処まで膨らんでいると思います。

 緩い部分とそうで無い部分、その辺りをきっちり分けるという形でこれからは処理していかないとという苦いお話になっています。

 そんなシリ軽空母さん達も話に深く関る程身内意識が深まってきてるという拙作で御座いますが、またお付き合い頂けましたら幸いで御座います。


京勇樹  2017年06月21日(水) 07:34 (Good:0Bad:0) 報告

夜勤明け
眠気を堪えて
読む俺氏
京勇樹、心の一句

そうなんよね
階級があがる

-追記-

階級が上がると、理不尽が増えるよね
つらい

返信:zero-45 2017年06月22日(木) 10:32

京勇樹様

 いつもご感想有難う御座います。

 夜勤お疲れ様で御座います。

 理不尽が増えて、対外的な部分で気を付けると言うか、建前も大事になってくる、その部分が今までOKとしてきた緩い部分を否定する事になるという。

 昔と今は違うなんて理不尽な言い方は正直どうかと思うしあってはならない物だと思うのですが、それを欠いて行動するのは不可能な状態まで来てしまってる状態ですね、でも互いに本音の部分ではまだ判り合っているという事で、今回のお話になっています。

 今はシリアスは建前の部分を強く強調し、カオスはそれを補う、まだ許されているプライベート部分をというイメージで書いています、はい。

 そんな色々な部分でちょっとづつ変化しつつも、緩い部分も盛大に残したいというアレなイメージで書いている拙作で御座いますが、またお付き合い頂ければ幸いで御座います。


リア10爆発46  2017年06月21日(水) 06:33 (Good:0Bad:0) 報告

お疲れ様です。
上に立つ者はそれ相応の責任がある。例えどれ程理不尽であろうと、例えどれ程侮辱にあたると分かっていても判断を下さねばならない。その両肩にかかる重みは如何ばかりか。
そして長門の心、陸奥を失った哀しみは長門の、長門だけのクオリアであり、それは他者には絶対に理解出来ない。出来るのは推し量ることまで、それを押し付けられるのがどれ程苦しいのか。

返信:zero-45 2017年06月22日(木) 10:14

リア10爆発46様

 いつもご感想有難う御座います。

 元々は上下関係に緩く、それが特色の第二特務課でしたが、やる事が大袈裟になり、対外的に絡む事が大きくなったのと、それに関係して立ち位置が絡んでしまった結果、何かと何かを比べるという部分の片方に軍務という部分が乗るという状態が増えて来た感じでしょうか。

 佐官の頃は割りとやれる事が制限され、責任が上の人達にある程度依存していた頃は艦娘さん達との距離……主に対外的な面でですが、近い関係にあったものの、将官となり行動にある程度自分の考えが反映出来る状況になったら今度は必然的に責任と、影響力が大きくなってしまったから、今までOKだった部分がダメになってきたという不自由が発生してきた、まさに痛し痒し状態です。

 長門さんは元々中央の重要ポジに居た事もありその辺り理解している部分もありますが、飛鷹姉妹は逆に軍部に良いイメージ持ってませんから、そこで行動の差が出たお話と言う事で。

 ただどっちも本心じゃないという部分はあるからまだ我慢出来るという形でしょうか。

 そんな色々と表と裏が色濃くなりつつある拙作で御座いますが、またお付き合い頂けましたら幸いで御座います。


全話感想

夢見がち  2019年10月17日(木) 19:33 (Good:0Bad:0) 報告

やっと追いついた…!
話もよく練られていて艦娘の一人一人が生き生きしていて読んでいてとても面白かったです!
次の更新を楽しみにしてます!


坂下郁  2019年08月23日(金) 11:19 (Good:1Bad:0) 報告

更新お疲れ様です。

欧州連合技術研所 (研究所ではないんですね)、夕張の開発品に興味津々ですけど、彼ら自身の開発したブツは闇系かロマン系か、果たしてどんなものでしょう。

ロマンといえばムラムラ雲さんのネココス、いまだ大坂…じゃなかった西蘭に染まりきってない彼女が、恥じらいながらも着ちゃってる姿、いいですね、ロマンです。


京勇樹  2019年08月22日(木) 19:08 (Good:1Bad:0) 報告

何事も、ケジメは必要ということか

あぁ……マッドサイエンティストカーニバル……
球磨、ムラクモ(携帯だと漢字が出ない)……ドンマイ


toshi-tomiyama  2019年08月17日(土) 21:45 (Good:0Bad:0) 報告

この感想欄では、“はじめまして”……になりましょうか?(汗)
いつぞやはtwitterでお世話になりましたm(__)m
twitterアカウントが使いモノにならなくなってしまいましたもので……(汗)
zero様の更新を眺めるだけになってました……(泣)
……で(^o^)v
八月に入っての更新……
今までのブランクを取り返すかのような勢い(^^)d
流石はzero様(^o^)/
これだけの更新でも、『zero様ワールド』のクォリティは変わらず(^o^)v
それに、感想欄もいつもと変わらずで(ヲイ
私は、『本編』+『感想欄』で『zero様の作品』と考えておりますので……(真顔
暫く「感想返信」が途絶えていた……のが寂しかったです……
リアルは大変でしょうけど……
ご自愛の上での更新、(0゚・∀・)wktkしながらお待ちしてますm(__)m
ではでは、失礼しますm(__)m

返信:zero-45 2019年08月22日(木) 18:41

toshi-tomiyama様

 ご感想有難う御座います。

 ツイッター垢がメーになったんですか、それは何とも不便と申しますかなんと申しますか(´・ω・`)

 お陰様で粛々と更新はしていますが、中身が中々進んでないというか相変わらずの状態でありまして。

 頂いたご感想に返すのもセットと聞き、漠然とああそうなんだと思いましたが、確かに書くだけでは色々と一方通行なんだなという事を再認識しました。

 話の奥付にもご感想ご質問があればどうぞと謳っておきながら放置というのは、自分でもナイワーと思いました。

 私生活も大体安定してきたので、以前程ではなくとも更新の目処は立ちましたので、ぼちぼちとやっていこうかと思ってます。

 そんな色々とアレな拙作では御座いますが、またお付き合い頂けましたら幸いで御座います。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。