大本営第二特務課の日常
作者:zero-45

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

全話感想

坂下郁  2020年06月21日(日) 22:52 (Good:0Bad:0) 320話 報告

更新が早い、だと…。読み返してますが、まだ『そこにある信念と生き様』までしか来てないのに。

というわけで更新お疲れ様です。

執筆から遠ざかるとグヌヌヌヌ…とても分かるのです。とか言いながらこの密度、流石です。いろんな糸をここで繋げてきたかぁ。


柱島低督  2020年06月21日(日) 17:56 (Good:0Bad:0) 320話 報告

更新お疲れ様です。


あれ、矢矧さん沈んだまま……?
というのは置いといて、ほっぽちゃんだぁ!(ロリコン発言)

おや、誰か来たようだ


京勇樹  2020年06月21日(日) 17:12 (Good:0Bad:0) 320話 報告

早霜以外が判明したか
しかし、ヨシノン達が、死屍累々かあ


柱島低督  2020年06月13日(土) 18:34 (Good:0Bad:0) 319話 報告

更新お疲れ様です。

短くてもいいのです。無理なさらずに……

あぁ、クズロリ……(察し)


坂下郁  2020年06月10日(水) 17:40 (Good:0Bad:0) 319話 報告

おお……お久しぶりなのです お久しぶりついでに、最初から読み直してみようかしら。


黒25  2020年06月09日(火) 22:21 (Good:0Bad:0) 319話 報告

髭眼帯だったり、輪島サンだけでも十分オッケーです。

ところで懲罰部隊の特殊工兵さんってダクトテープ利根さんの提督の人ですか?


京勇樹  2020年06月09日(火) 20:33 (Good:0Bad:0) 319話 報告

おお、久しぶりです!
ご無事そうでなによりです
短くとも、更新待ってますよ


黒25  2020年02月02日(日) 00:50 (Good:0Bad:0) 318話 報告

更新、御疲れ様でした。

研究者という生き物はぶっ飛んでるというイメージがありますが、海外からのVIPに海パン一丁というのはどうなんでしょう?オヤジに負けず劣らずの感性をしたイケメンっぽいですが。


坂下郁  2020年02月01日(土) 21:16 (Good:1Bad:0) 318話 報告

更新お疲れ様です。何やら色々大変だった御様子。ご快癒をお祈り申し上げます。

艦娘と深海の核心に迫る鍵を開けるのは……やっぱり変態。白衣というのは、どうしても中身をネイキッドに近い状態にしたくなる魔力があるのでしょうか。ああいう出で立ちをスタイリッシュに着こなすには技術いりますしね、流石技術者。


狐目の狸 ID:422k32Pc  2020年02月01日(土) 19:30 (Good:1Bad:0) 318話 報告

いつも楽しみに読んでおります。
この物語を読むと「世界ってそんなに優しくないよ?」って教えられる反面、「でもハッピーエンド目指して、人間は足掻いているよ?」って気分にもなります。
お身体に気をつけて頑張ってくだちい



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。


感想検索
キーワード
ユーザー名 話数 並び替え
絞り込み