大本営第二特務課の日常
作者:zero-45

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

ガンバスター  2016年08月28日(日) 02:13 (Good:0Bad:0) 28話 報告

コラボ先から来ましたー
一通り読みましたが、このドクぺ他イロモノ飲料への執着・執念は何処から来てるんですかwww
罰ゲームにしかならないような変な食べ物や飲み物ばかりやたら出てきますけど。

夕張、正座。
(25行省略されています)

返信:zero-45 2016年08月28日(日) 11:28

ガンバスター様

 ご感想有難う御座います。

 てか、全部読んだですか…… 何という苦行を……

 このお話は当初に予定していた方向性が二転三転して現在の形に収まったものなので、色々カオスな事になっちゃってます。

 榛名は色々と真っ直ぐ過ぎて戦闘以外の事はアウトオブ眼中な生き方してきましたので、メシマズと言うより料理がしたことが無い、そして興味が無かったカンジです、味覚は普通なのですが、周りに料理が上手な艦娘が居るので取り敢えず食べる側に落ち着いている感じでしょうか。

 一応第二特務課の艦娘さんは提督LOVE勢寄りですが、変にその辺りリアルな思考が絡んでしまって、ハーレム的な展開が出せないでいる自分です、が、表現ちゃんと出来て無いだけで朔夜さん空さん時雨さん榛名さん妙高さん、ぬいぬい……後は碧さん辺りは明確に提督LOVE勢です、後は長門さんメロンさんは主従な関係ですし、加賀さんは友人みたいな? え、龍鳳さん? 彼女はほら……被害者ですし、陽炎さんは突っ込みですから……

 神通さんは話の都合上ぬいぬいと絡ませるのがちょっと辛くなったのでボツに(ぬいぬい・陽炎と同じラバウル所属)、その代わり陽炎さんという話的に絡ませ易い存在になりました、大鳳さんは単にそれまでのメンバーを確認すると、人気の艦娘さんばかり集めたご都合主義艦隊になりそうだなという理由で…… 結局話の都合上空母は絶対必要な状況になっちゃいましたので加賀さんをと結果は変わらなかったのですが…… そんな彼女は某師匠みたいに瑞雲教の人という設定でしたが、それが形を変えて今は龍鳳さん(流星教)が設定を引き継ぐ形になってます、もし第二特務課に彼女が来ていたら目のハイライトを薄くしながら『タウイタウイに帰りたい……』が口癖になっていたと思います。

 深海棲艦さん達は、元艦娘だったからデフォルトの深海棲艦より変わり者が多いという形で邂逅させてますが、基本『元艦娘○○という別人』という事で、僅かにそれを結ぶ線は『何故○○という深海棲艦になったか』という切っ掛けだけという表現にしています、例えば空さんが空母棲鬼になった切っ掛けというはオカンの最後の執念からですが、それ以降はオカンとはまったく別の存在になったので料理も出来ませんし、母性もほぼ無い毒舌系白ギャルという姫さんになってます、ただこの先深海勢は増えていく予定ですから、もしかしたら艦娘だった頃の何かを色濃く残した人が出るかも知れませんね。

 空さんと同行していたレ級さんの前世は特に決めてませんでしたが、当初は冬華さんと二人でユニット的な感じはどうかなというのは考えてましたが、書き分けが辛そうだったので御退場頂きました、ああ無情……

 そんな訳で近々話は大きく動く予定で、それまでは暫くシリアス展開がメインになると思います。

 もしお暇ならまたお付き合い頂けましたら幸いで御座います。


KK ID:1OxMhirs  2016年07月02日(土) 12:57 (Good:0Bad:0) 28話 報告

御作、楽しく拝読させていただいております。
専務は、その言動からツンデレ系艦娘かと予想してたんですが、まさか鳳翔サンとは……
話も大きく動き出しそうな、そして日常パートもにぎやかになりそうなメンツが揃ってきました。
ストーリー展開ももちろんですが、日常の掛け合いも期待しております。

(17行省略されています)

返信:zero-45 2016年07月02日(土) 19:07

KK様

 ご感想ご指摘有難う御座います、大変助かりました。

 ご指摘頂きました誤字及び表現のおかしな箇所修正しておりますが、違和感無かったでしょうか?

 と申しますか、レ級、確かにあれだけ強いのに鬼とか姫とか付かないんですよね、一応エリート化もしますから、初期組のボスとしてはそこそこのクラスなのに、何か理由があるんですかね、まぁ案外その辺りはファジーな理由かも知れませんが、という訳で表現の部分、確かに読み返したらちょっと違和感ありましたので修正してみました、したんですよ? 一応、した…… 割には微妙かも。

 で空母棲鬼さん、やはりえっ……と思われる方がそこそこいらっしゃるようですね、まぁ普通ツンツン空母でイメージすると五航戦のツインテかまな板五航戦LOVEさんだと思いますが、彼女達は正規空母なので、貴重な戦力とみなされ結構大切に扱われてきた為、沈んだ数が少ないという理由と、やはり自分的なネタ的理由が大きいのです、むしろこの辺りネタから広げてますから、KKさんの反応は自分としてはニヤリと某デスな帳面のあの人みたいな状態になってます、はい。

 現在執筆中の次話でその辺りを掘り下げた話にて詳しく語られると思います、が、ご納得して頂ける内容になるかどうかはちょっと不安が残ります(苦笑


 そんな訳でお暇でありましたら次話でもまたお付き合い頂けますよう、どうか宜しくお願い致します。
 


ポンぽ  2016年06月29日(水) 16:15 (Good:0Bad:0) 28話 報告

主人公の立場的にかなり重い話かと思いきやかなりギャグであった…
とてもいい!とてもいいぞ!!(笑)

非常に楽しみな作品になりました。

返信:zero-45 2016年06月29日(水) 18:05

ポンぽ様

 ご感想有難う御座います。

 タグにある通りこの作品はギャグと唐突なシリアス成分が混在するカオスな話となっています。
 むしろ自分がシリアス一辺倒に耐えられない病を発症しており、尚且つギャグばかりだと暴走待った無しなので、この様なカオスな仕上がりになっております。

 そのお陰でギャグ&シリアスどちら共求める方には見て頂ける可能性はありますが、どちらからも見放されるという自爆要素が満載になっております、はい、ゾクゾクします。

 主人公の立場とか重いかも知れませんが、本人の行動がある意味限りなく軽いので相殺されているという解釈で……うん、なんだそれ。


全話感想

京勇樹  2020年09月01日(火) 18:32 (Good:0Bad:0) 323話 報告

上層部の無茶振りに困るのは、何時も現場の人間
現場を知らないのだから、黙ってろ。と言いたい


坂下郁  2020年08月06日(木) 10:46 (Good:0Bad:0) 322話 報告

無知鞭無恥無地むちムチィーーーッ……てな感じのことが最初に頭に浮かんだ坂下は、疲れてるんです、はい。

多分きっと西蘭と日本の新たな関係性とかを紐解く回だったはずですが。

お体とお気持ちのバランスを取りながら、ゆるゆると、ね。


黒25  2020年08月05日(水) 19:32 (Good:0Bad:0) 322話 報告

抜糸して然程時間経っていませんが、無理されてませんか?

蜂さんもくるのかな?とりあえず、ダコタの浄化前は居たみたいだけど.


京勇樹  2020年08月05日(水) 17:33 (Good:1Bad:0) 322話 報告

本当に、無理を為さらずに、自分のペースで投稿してください

提督の知らないところで、変なカースト制度が爆誕してたよ


京勇樹  2020年06月29日(月) 17:30 (Good:0Bad:0) 321話 報告

誤解が誤解を呼び、予想外が予想外を呼ぶ
つまり、カオスさ


坂下郁  2020年06月21日(日) 22:52 (Good:0Bad:0) 320話 報告

更新が早い、だと…。読み返してますが、まだ『そこにある信念と生き様』までしか来てないのに。

というわけで更新お疲れ様です。

執筆から遠ざかるとグヌヌヌヌ…とても分かるのです。とか言いながらこの密度、流石です。いろんな糸をここで繋げてきたかぁ。


柱島低督  2020年06月21日(日) 17:56 (Good:0Bad:0) 320話 報告

更新お疲れ様です。


あれ、矢矧さん沈んだまま……?
というのは置いといて、ほっぽちゃんだぁ!(ロリコン発言)

おや、誰か来たようだ



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。