大本営第二特務課の日常
作者:zero-45

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

rigu  2018年05月24日(木) 15:08 (Good:0Bad:0) 281話 報告

いっつもプルプルしてても持った覚悟の強さは桁違いですもんね、そりゃ弟くんが叶うはずもない。本当の意味での強さってのを思い知るいい経験じゃないでしょうか(ニッコリ)

人は時と共に流れ、変わりゆくもの。そんな基本的なことを、感情と呼ばれるものを頭に入れていなかった弟くん。まあ長としての性質の違いといえばそれまでなんすけどね。

返信:zero-45 2018年05月25日(金) 18:13

rigu様

 ご感想ありがとうございます。

 基本はプルプルする髭眼帯で御座いますが、艦娘スキーですのでそこは譲れないって感じでキレノンになりました。

 権力や力は持つ規模が大きい程責任も影響も大きく、返ってくる物もそれに比例するので、実は行使しない方が良いという事は殆どだと思います、なので今回は全力で包囲しつつも「何もしない」という事で相手と対したという事で、これも一つの武力行使という、ヨシノン的な捻くれたやり方となっています、はい。

 対して商売至上主義の彼も、ある意味間違いでは無いのですが、相手の事情を考慮しなかった時点で痛い目に遭ったという……

 そんな捻くりまわしている拙作では御座いますが、またお付き合い頂けましたら幸いで御座います。


リア10爆発46  2018年05月24日(木) 07:27 (Good:1Bad:0) 281話 報告

キ レ ノ ン
…あっ(察し)
お疲れ様です
無差別テロ…あぁ、女王でしたね、ハイ。被害者はどれ程になったのか…未然に防げたと信じたい

残念、手回しも情報をすっぱ抜きする実力も良かったけど、地雷を踏み抜いちゃ勝てんわさ!
そりゃあ誰だって敵は殺しても悩まないけど、味方を害されりゃ怒ります。例えそれが因果応報だとしても、感情として怒らない人間は珍しいものです
武力は持ってるだけで「抑止力」として働く。それはつまり「振るわれるかもしれない」ということで縛るのです。その脅威による行動の誘導を見誤ったのが敗因の一つでしょうか

返信:zero-45 2018年05月25日(金) 18:00

リア10爆発46様

 いつもご感想ありがとうございます。

 例のお茶会テロリズム、泊地にお引越し直後でありそれを知らない若干名が居ますので、その辺りの方達が被害に遭ったと思われると言うか、後日談的な詳細はまた書こうかどうしようか迷っています、はい、毒飲料ネタですので、えぇ(邪笑)

 そして始まったのに一話でご退場になってしまった彼、最後は武力どころか一切関わりを絶つという形にした事で、命を絶った訳では無いという、その後は……そんなお話が続くかも知れません。

 色々ひねくり回した割にはすっきりしない結末ですが、その辺りはまた追々と、そんな感じで。

 そんな色々含む物があったりする拙作で御座いますが、またお付き合い頂けましたら幸いで御座います。


京勇樹  2018年05月24日(木) 07:15 (Good:1Bad:0) 281話 報告

身内を売られて、平然としていられると思うなよっと

陽炎はあれかな、飲み物テロやったな

返信:zero-45 2018年05月25日(金) 17:34

京勇樹様

 いつもご感想ありがとうございます。

 久々にキレちまったゼ、屋上に来な! そんな感じの今回となりました、はい。

 陽炎さんしアレです、お茶会テロリズムと同時に例の磯風さんがやったバイオテロの首謀者と言うことで処されています、一応仮では御座いますが、陽炎型虚無僧です、はい。

 そんなシリアスなのにネタが結局INしちゃう拙作で御座いますが、またお付き合い頂けましたら幸いで御座います。


K2  2018年05月24日(木) 01:00 (Good:1Bad:0) 281話 報告

最新話、拝読させていただきました。

キレノン、それは希ガスの一つ原子番号54の元素であり……ってソレはキセノン(原子記号Xe)。
今回は陽炎がバケツ虚無僧で登場……さっそく処されたか。
話題は泊地の組織形態について。
(51行省略されています)

返信:zero-45 2018年05月25日(金) 17:30

K2様

 いつもご感想ありがとうございます、ご指摘頂きました箇所修正しております、大変助かりました。

 拙作では物語の舞台は大体リアルとリンクした月日で進めていますが、深海棲艦が出現して三十数年となっておりまして、今からその辺り前と言うとメタンハイドレートは確認されててもまだ一般的な物ではなく、また海洋資源は食料を含めて絶望的という時間が流れてましたので、それ自体がなかった物という扱いになっていました。

 ただ作中にもあります通りヨシノンは活動の経済的柱となる物を常に模索しており、色々な方面から情報を吸い上げつつ企みを繰り広げています、その中にあったのがメタンハイドレートと言う事で、当然妖精さんという不思議技術も込みの企みです。

 身内との争いは一応決着を見ましたが、宣言通りヨシノン側から直接的なアクションは起こしてませんので、陽四郎君がこの先どうなるかは実は流動的になっています。

 意趣返しとしては辛辣でしたが、一般人には暴力には訴えないというスタンスを見せた今回、これがどうなっていくかというのもまたお話が進めば色々な広がりになると思います。

 そんな色々諸々している拙作で御座いますが、またお付き合い頂けましたら幸いで御座います。

 


全話感想

京勇樹  2020年09月01日(火) 18:32 (Good:0Bad:0) 323話 報告

上層部の無茶振りに困るのは、何時も現場の人間
現場を知らないのだから、黙ってろ。と言いたい


坂下郁  2020年08月06日(木) 10:46 (Good:0Bad:0) 322話 報告

無知鞭無恥無地むちムチィーーーッ……てな感じのことが最初に頭に浮かんだ坂下は、疲れてるんです、はい。

多分きっと西蘭と日本の新たな関係性とかを紐解く回だったはずですが。

お体とお気持ちのバランスを取りながら、ゆるゆると、ね。


黒25  2020年08月05日(水) 19:32 (Good:0Bad:0) 322話 報告

抜糸して然程時間経っていませんが、無理されてませんか?

蜂さんもくるのかな?とりあえず、ダコタの浄化前は居たみたいだけど.


京勇樹  2020年08月05日(水) 17:33 (Good:1Bad:0) 322話 報告

本当に、無理を為さらずに、自分のペースで投稿してください

提督の知らないところで、変なカースト制度が爆誕してたよ


京勇樹  2020年06月29日(月) 17:30 (Good:0Bad:0) 321話 報告

誤解が誤解を呼び、予想外が予想外を呼ぶ
つまり、カオスさ


坂下郁  2020年06月21日(日) 22:52 (Good:0Bad:0) 320話 報告

更新が早い、だと…。読み返してますが、まだ『そこにある信念と生き様』までしか来てないのに。

というわけで更新お疲れ様です。

執筆から遠ざかるとグヌヌヌヌ…とても分かるのです。とか言いながらこの密度、流石です。いろんな糸をここで繋げてきたかぁ。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。