勘違い系エリート秀一!!
作者:カンさん

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

エミヤ  2019年09月11日(水) 12:07 (Good:0Bad:0) 報告

C級三バカが1番主人公を理解してるという…


きょうこ◆6XEnTML/2Q ID:1VmXGCII  2016年08月04日(木) 19:58 (Good:3Bad:0) 報告

どう足掻いても、こんなキャラ付けのモガミンはあり得ないだろう!? と読者視点では明らかなだけに、
迅さんが不憫でなりませんな……。

ところで、鬼いちゃんが初めからこの世界に存在しなかったようにガン無視されてましたけど、
迅さん的にその辺はどうなん?

返信:カンさん 2016年08月13日(土) 03:05

今回の話は本編の主人公を知っているからこそ価値のあるものだと思ってます
自分の中で絶対ありえない主人公を書きました
コミュ障、ぼっち、楽観的、のめり込みやすい
この辺りを反転したのが夢の中の主人公ですね


物語的に言うと、この後鬼ぃちゃんが出ますけど、その前に迅が目覚めた感じで、夢の中では主人公と三輪はそこまで仲良くありません

作者視点で言うと、あえて出さないことで「夢の中」であると言うことを強調したつもりです。
夢を見ている人にとって都合の良い夢。
だからこそあり得ない
そんな感じです


きょうこ◆6XEnTML/2Q ID:1VmXGCII  2016年07月31日(日) 10:54 (Good:0Bad:0) 報告

いかにも「噂話要員の一般的なC級」って感じがよかったです。
取り敢えず、AとBの顔はカゲさんに首ちょんぱされた2人で脳内補完してみたり。

>以降本編に登場しないことが決定した。
3バカが消された……!?

>昔のあだ名を偶然言われてへこむ主人公
王子隊長も抹殺されてしまうん……?


炬燵猫鍋氏  2016年07月31日(日) 07:24 (Good:2Bad:0) 報告

良くも悪くも普通の少年視点、面白かったです。
…そもそも原作からして、年齢詐称気味な『大人びた』若者が多い作品ですし。

才能、というか適性が有って、夢を見て、努力して、でも迷って、躓いて、サボって、それでも歩き続ける。
そんな彼らからしたら、確かにモガミンは『異常』ですよね。

勘違い物語に重要な、一般的目線の立ち位置、堪能いたしましたー。


全話感想

デスイーター  2020年03月04日(水) 01:38 (Good:0Bad:0) 報告

二発同時生駒旋空とな。こりゃあ一体どういうこったぁ?


Goriffindor  2020年01月05日(日) 22:45 (Good:1Bad:0) 報告

唯我頑張れって思わず言ってしまう…
唯我は主人公かよw
そんでもってモガミンは友人ポジ達から狙われるヒロイン


デスイーター  2020年01月02日(木) 23:33 (Good:0Bad:0) 報告


 唯我も頑張ってたけど、届かずか。

 確かに最上隊は単騎で点獲れる強力極まりない駒が二人もいるから、そら他の隊から狙われるよなあ。「強いけどそれが短所になってる」。まさにその通りかも


まさに ID:KgtLyFxM  2019年12月22日(日) 22:15 (Good:0Bad:0) 報告

ボコボコ破壊されてボーダー幹部の皆さんは胸中複雑そうな気がする。
いや、最上隊に向けられるのでしょうか?

唯我役に立っているかどうかの証明も必要で、作戦がどうなるのか注目ですね!


果汁先輩  2019年12月21日(土) 23:14 (Good:4Bad:0) 報告

今の友達のヒュース君は秀一が記憶を取り戻したら、敵対していたことも思い出すから記憶を取り戻してほしくなくて、前の友達の遊真は記憶を取り戻して、また、友達になりたいんだねぇ……。
完全に秀一はヒロインですね。わかります。(なお、二人とも、近界民の模様)


プルータス  2019年12月21日(土) 23:12 (Good:0Bad:0) 報告

合流が難しいので不人気マップなのがよくわかりますね。オペレーターの負担が凄まじそう。
それぞれが単独でも敵に襲いかかれるのでチャンスが多いことと多角的に攻撃され辛いので新フォーメーションを使いやすいのが最上隊の利点かな



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。