魔法科高校の幻想紡義 -旧-
作者:空之風

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

ひろぐ ID:35BDFHm.  2014年07月29日(火) 18:20 (Good:1Bad:1) 報告

タグの通り森崎がいい奴で面白いです。

返信:空之風 2014年08月15日(金) 17:11

感想ありがとうございます。
人は苦労して成長するもの。
森崎の成長もまた、苦労無くして語れないという(涙)
きっとこれからも森崎は苦労しながら頑張ってくれるでしょう、難易度ルナティックですし(嗤)
これからもよろしくお願いします。


みそじ  2014年07月04日(金) 23:54 (Good:2Bad:2) 報告

ふと思ったんですけど、雅樹にも縁談の話とかあったんですか?結構来てそうだと思ったんですけど。

返信:空之風 2014年07月23日(水) 23:27

返信が遅れて大変申し訳ないです。感想ありがとうございます。
現時点では雅季に縁談は来ていません。
ですが結代神社の跡取りという立場上、いつか縁談が舞い込んでくるかもしれませんね。
でもそれが政略結婚の類だった場合は取り付く島もないでしょうが(笑)

更新が遅れていますが、これからもよろしくお願いします。


右斜メ後ロ  2014年06月27日(金) 23:20 (Good:0Bad:2) 報告

お前か幹比古………早苗とお見合いしたの………
幹比古の『事故』、もしやミシャグジ様の祟りだったりする?

森崎に雫フラグ?

「もっと先へ、加速したくはないか、少年(森崎)?」(元ネタはアクセ〇・ワールド)
………すいません言いたかっただけです。
まだ森崎には先がある筈。十氏族を蹴散らせるくらいに成長しそうな気がします。

ps:今やったら確実にシリアスがシリアルになること
「転校生の東風谷早苗です」(一高)
流石にやらない(出来ない?)でしょうが。

魔弾『タスラム』って書くだけでスペルカードっぽくなると思う
-追記-
雅季はもうすでにコミュニティに入ってますよ……『幻想郷』という名のコミュニティに!
人類なんて片手間であしらえる人(+人外)の所属するコミュニティ以上に安全な団体など存在するものか!
………と十氏族に言いたくなった。
構成メンバー:結代家、巫女3名、魔法使い(魔法師?)3名、蓬莱人+月ウサギ4名、妖怪(けーね、こーりん含む)&神64名 (依然増加中)
深雪以外で勝てる人物は居ないと思う…(四葉一族総出なら勝てるか?)

ps:水無瀬を幻想入りさせれば一件落着のような気が。
-追記-
↑仙人を妖怪の中に入れてた………
-追記-
よく考えたら魔法使い4名だった………
(マリサ、パチェ、アリス、白蓮)

ps:八卦炉ってCADじゃね?

返信:空之風 2014年06月16日(月) 23:58

感想ありがとうございます。
「幹比古の事故はきっとミジャグジ様の祟りだったんだよ!」
「な、なんだってーー!」
何となく思い浮かびましたので(笑)
とりあえず、幹比古の事故は守矢神社とは無関係……のはず。
現時点では事故の詳細がわかっていないので、まだ何の設定も付加しておりませんので。

森崎はまだ成長してくれるはずです。
「主人公森崎」タグの御利益がある限り(笑)

早苗さんが一高にやって来ましたか。
ロボ研に入るのは確定的に明らかですね!
そして奇跡で造った核融合炉を搭載したロボットで達也を絶句させるという(笑)
書きたいけど、時間的に難しいので誰か書いてくれないかな、と(チラ

そういえば、魔弾タスラムって名前はスペルカードで術式は弾幕でしたね。
そのまま幻想郷で使えそうです。

幻想郷コミュニティ、どうやって勝てと?(汗)
コミュニティに協調性が無いことが唯一の救いか(笑)

そして呉智は幻想入り出来るかどうかは、また本編にて。

これからもよろしくお願いします。


hiro4  2014年06月15日(日) 18:38 (Good:0Bad:4) 報告

単刀直入に質問です(前に出てたらごめんなさい)
達也たちが幻想郷の存在を知る時が来ますか?

返信:空之風 2014年06月16日(月) 23:47

ご質問についてですが、ネタばれになってしまうのでここでの回答は控えさせて頂きます。
ネタばれにならない程度の質問なら受け付けていますので、お気軽にどうぞ。
これからもよろしくお願いします。


セブンソード  2014年06月11日(水) 14:36 (Good:0Bad:0) 報告

悲喜交々なストーリーには引き込まれました。スーパードラゴンネズミこと吉田幹比古の人生最大の危機には笑ってしまいました。

スキマ妖怪の詐欺まがいの掛け金の徴収など、前後のシリアスが台無しになる展開も現実と幻想というへだたりになってとてもいいです。
-追記-
達也の可能性の一つの体現者である呉智との戦いも楽しみです。

返信:空之風 2014年06月15日(日) 23:59

感想ありがとうございます。
張本人は知らないけど、あれは間違いなく幹比古の人生最大の危機だったでしょう、割と(笑)
現実はコメディからシリアスまで起伏の大きい描写を、幻想郷ではゆったりとしたほのぼの感を描くようにしています。
なので、作中ではこういったギャップが生まれています。
仮に現実と幻想が近くなれば、別の面が見えてくるかもしれませんが。

呉智の今後も、本編にて。

これからもよろしくお願いします。


Tanuki  2014年06月11日(水) 01:48 (Good:5Bad:0) 報告

アニメが最近やってるので、見てみました。やっぱ設定ガチガチですね。

原作よりもこっちのほんわか感が好きです。
魔法は理屈じゃないんだよ!

返信:空之風 2014年06月15日(日) 23:33

感想ありがとうございます。
原作を見てみるとよくわかるのですが、魔法科の魔法は現代物理学的な理詰めもされており、作りこまれた設定が売りの一つですからね。
あれはあれで好きなのですが、でも時折細かすぎかなと思ったりも(汗)

これからもよろしくお願いします。


野放図  2014年06月11日(水) 00:58 (Good:0Bad:0) 報告

森崎良くやった。お前の憤りは間違ってはいないw

幻想郷では安定の宴会か。幻想入りした古酒とか飲みたいなぁ…

返信:空之風 2014年06月15日(日) 23:26

感想ありがとうございます。
森崎もそろそろ常識と非常識の境界がファジーになってきていますね。
つまり周りから見れば「非常識」と(笑)

幻想入りするレベルの古酒となると、幻の「元禄の大古酒」とかですかね。
それは作者も是非飲みたいです(日本酒好き)

これからもよろしくお願いします。


NB七星  2014年06月11日(水) 00:57 (Good:0Bad:0) 報告

更新お疲れ様です

森崎・・・頑張って生きろ(笑)

毎度早苗のインパクトが強すぎて名前が出る度に吹いてしまうのですが、どうすればいいのでしょうか

返信:空之風 2014年06月15日(日) 23:17

感想ありがとうございます。
早苗さんについては、諦めの境地に達すれば問題ないかと思われます。
なにせ外の世界で暮らしていたのに、あの幻想郷に馴染んでいる方ですから(笑)

これからもよろしくお願いします。


osyou ID:OTOKu98.  2014年06月10日(火) 23:06 (Good:0Bad:0) 報告

思ったよりも早く来て嬉しい限りです

毎回出だしの宣言どうりの内容で、楽しませてもらっています。

まさに有言実行!

ところで今さらだけど結代家の縁の能力ってものとか場所には有効なの?縁と言えば人と人の関係というより思いと思いの繋がりが気がするし。

返信:空之風 2014年06月15日(日) 22:54

感想ありがとうございます。
実のところ、前書きは本編を書き終えた後に書いているので違えることはあんまり無かったり(笑)

質問については、あくまで現時点での設定という位置づけで回答させて頂きます。
(本編では修正が入るかもしれません)

雅季の「縁を結ぶ程度の能力」は、思いと思いを繋げる能力。
人と人、人と妖、人と神、妖と神など、意思のある者同士なら結べます。
ですが、人と場所を結ぶことまでは出来ません。
正確には能力の力不足で出来ない、と言ったところです。
確かに「場所」にも思いは積もりますが、それだけでは思いが弱すぎて縁を感じることは出来ません。
感じ取れたとしても、その場に立ってようやく気付ける、といったところです。
雅季が感じ取れるレベルは、場所の思いが具現化し、意識を持つこと。
つまり妖精や神様として具現化して始めて遠方からでも縁を感じ取れます。

また縁を司る天之社玉姫なら些細な縁でも感じ取れるので、人と場所を結ぶことは可能です。


夢の国のアリス  2014年06月10日(火) 22:48 (Good:0Bad:0) 報告

九校戦編、お疲れ様でした!
今話もとても楽しかったです!!
しかし、まさかの紅華が呉智の妹だったとは想像もしてませんでした。

いつか再び、彼の兄妹が逢える事を。
そして願わくば、復讐に囚われし兄に救いが在らん事を。

次話更新も楽しみにしてます!
乱文長文失礼しました~

返信:空之風 2014年06月15日(日) 22:38

感想ありがとうございます。
水無瀬兄妹は、現実と幻想に分かたれた絆、縁です。
二人の縁を再び結ぶには、現実だけではダメ、幻想だけでもダメ。
両方あってこそ、ようやく縁が結ばれる為の切っ掛けが整います。
幸いにも「今代の結代」によって、舞台は整っています。
あとは、全て縁次第です――。

そこは本編にて。

これからもよろしくお願いします。