タイトルゴリー・ラントワネット「魔法がダメなら、筋肉で殴ればいいじゃない」小説ID125012
原作オリジナル作品作者トマトルテ
あらすじ時が進めば生物は進化する。だが、それは人間だけではない。
魔法によって、苦汁を呑まされ続けてきた魔物(まもの)達が、遂に魔法に対する耐性を身につけ始めた。
このままでは対抗する術を失った人類は滅びる。
王族・貴族達はすぐさま緊急会議を開き議論を交わし合った。
しかし、解決方法は見つからず時間ばかりが過ぎる。
だが、そんな時にある令嬢が放った鶴の一言が王国の運命を変えた。

「―――魔法がダメなら、筋肉で殴ればいいじゃない」

『それだッ!!』

これは、そんなゴージャスでリッチな彼女の人生(ライフ)を描いた物語。
つまりは―――ゴリラな物語である。



またまたギャグです。
一応連載できるようにはしていますがネタ的に考えて1話で終わるかもしれません。
連載とか短編とか気にせずにスナック感覚でどうぞ。
タグギャグ チート 筋肉 ゴリラ
必須タグ
掲載開始2017年06月16日(金) 07:00話数短編 1話UA4,863
最新投稿2017年06月16日(金) 07:00しおり8件お気に入り63件
開示設定通常投稿合計文字数5,462文字感想10件
感想受付設定非ログイン状態でも可平均文字数5,462文字総合評価263pt
評価
(黒→赤)
調整平均☆8.14:8.14  投票者数:16人 (平均評価☆7.81)
評価
☆10:1
 
 
☆9:7
 
 
☆8:4
 
 
☆7:2
 
 
☆6:
 
 
☆5:1
 
 
☆4:
 
 
☆3:
 
 
☆2:
 
 
☆1:1
 
 
☆0: