タイトルダンジョンでもとりあえず首を出せ小説ID134937
原作ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか作者首を出せ
あらすじ迷宮都市オラリオ。それは世界で唯一、強力なモンスターが闊歩する「ダンジョン」と呼ばれる場所がある都市である。
そこでは、地上に降りて来た神々から恩恵を授かった存在、冒険者たちが日夜自分達の目的のために、モンスターと激闘を繰り広げていた。
ある者は強さを、ある者は地位を、ある者は名誉を、ある者は金を、そしてある者は―――出会いを。
千差万別の欲望が入り乱れる混沌とした都市。それがオラリオである。だが、この数年間、オラリオで奇妙な噂が浸透していた。


曰く、それは幽鬼のような足取りで命を刈り取りに来る死神である。
曰く、それはオラリオ最強の男すらも凌駕する存在である。
曰く、それは厳格なる鐘の音と共にやってくる。


どれもこれも信じられないようなものばかり。事実、信じている人は噂の存在を知っている人数と比較してもごく一部だ。
だが、どれだけ否定しようとも事実は変わらない。今日もその噂の存在は、この何処かで己の剣を振るっている。

「―――首を出せ(泣)」

尚、本人はとてつもなく不本意な模様。


この話は勝手に転生させられ、あまつさえ初代様の力を無理矢理付属させられた主人公が不本意に晩鐘を鳴らしたり、頑張って日常を謳歌しようとする話……かもしれません。

※前書きと一話を見て肌に合わないと感じた方は直ちにブラウザバックをして履歴を消すことをお勧めします。 
タグ主人公最強 Fate 晩鐘 独自解釈 独自設定 初代様、申し訳ありません キャラ崩壊 原作キャラ死亡
必須タグオリ主 神様転生 残酷な描写 アンチ・ヘイト 転生 クロスオーバー
掲載開始2017年09月24日(日) 00:50話数短編 8話UA264,697
最新投稿2017年10月16日(月) 00:41しおり1,492件お気に入り7,114件
開示設定通常投稿合計文字数43,641文字感想291件
感想受付設定ログインユーザーのみ平均文字数5,455文字総合評価8,693pt
評価
(黒→赤)
調整平均☆7.84:7.84  投票者数:139人 (平均評価☆7.40)
評価
☆10:5
 
 
☆9:58
 
 
☆8:30
 
 
☆7:14
 
 
☆6:7
 
 
☆5:9
 
 
☆4:2
 
 
☆3:1
 
 
☆2:7
 
 
☆1:6
 
 
☆0: