タイトルきっとそれは運命的な何か小説ID177052
原作現代 / 恋愛作者ppが足りない
あらすじ冴えない男子高校生の佐渡 遥。小中と女みたいな名前だと弄られていたが、高校に入ってからはそんなことも無く平穏に過ごしていた。しかし剣道部顧問兼クラス担任の大文字 照彦の命によりクラス一の美少女、姫乃木 有紗にプリントを届けることに。どうやら彼女は演劇部にいるようで、彼がドアをノックして入った部屋は演劇部の衣装室だった。そこで彼が見た一つの服により、彼の平凡な人生は終わりを告げることになる。

これは一男子高校生の特に何も無い日常だけど、本人にとってはドッキドキな女装物語。
タグ女装 男の娘 美少女 高校生 日常 アニメ
必須タグR-15
掲載開始2018年12月12日(水) 01:26話数連載(連載中) 3話UA480
最新投稿2018年12月15日(土) 06:00しおり2件お気に入り17件
開示設定通常投稿合計文字数10,318文字感想0件
感想受付設定非ログイン状態でも可平均文字数3,439文字総合評価17pt
評価
(黒→赤)
調整平均☆-.--:-.--  投票者数:1人 (平均評価☆-.--)
評価
☆10:
 
☆9:
 
☆8:
 
☆7:
 
☆6:
 
☆5:1
 
 
☆4:
 
☆3:
 
☆2:
 
☆1:
 
☆0: