タイトル星と風の物語小説ID178906
原作モンスターハンター作者シリウスB
あらすじ新大陸へ最初の調査団が派遣されてから、約40年。
四期団によるゾラ・マグダラオスの捕獲作戦失敗の報告を受けたギルドは、「五期団」の派遣を決定する。
大陸中からさまざまなハンターが期待と夢を持って五期団入りをするなか、募集枠でも推薦組でもない一人の青年が新大陸行きの船へ乗り込んだ。
彼はギルドの切り札として、ギルドマスター本人から直接雇われた者だった。
青年と調査団は古龍渡りの謎を解明すべく、新大陸に隠された謎に迫っていく。
数々の古龍達との邂逅の果てに、調査団の未来にあるのは調和の世界か、永遠に続く戦いの世界か……

――――――

この小説はMHWのテーマ「調和」をもとに作った二次創作になります。
そのため、ゲームのストーリーを最後までクリアしてから読むことをオススメします。
以下の注意点を読んだ上で、暇つぶし程度に楽しんで頂ければ幸いです。
pixivにも投稿していますが、内容は同じです。

1.設定集などで確認できる裏設定、「太古の超文明」と「竜大戦」を前提とし、「五匹の龍の物語」が深くストーリーに関わってきます。(公式名称は「五匹の竜の話」ですが、この小説では区別と原作への敬意を込め「五匹の龍の物語」と名前を改めています。

2.モンスターの生態やフィールドの成り立ちは、考察や辻褄合わせの上で大幅にアレンジしています。(例:ジャグラスは虫かご族と言語が通じるのでその仲間である調査団とは敵対せず、同時に調査団もジャグラスは現地の協力者という認識)

3.登場人物が使用する武器・防具はゲーム本編の物を指定せず、わざと曖昧に描写しています。どんなデザインなのかは個人の想像にお任せします。また、『スキル』は訓練や経験、才能に基づいたものを登場人物が個別に持っています。故に、人外レベルのスキル(熱ダメージ無効など)は登場しません。『装飾品』は願掛けやジンクスとして、文字通り『飾り』で持っているハンターがいます。

4.本小説では、5期団到着時には既にゾラ・マグダラオスは上陸済みです。1~4期団の活躍で各フィールドの調査も進んでおり、最初からいくつかのキャンプが解放されています。

5.ゲーム本編では明言されていない過去作の登場人物らしきNPCは同一人物として扱っています。(ソードマスター → 2ndG主人公。陽気な推薦組 → 筆頭ルーキー、など)
タグモンスターハンター モンハン MHW SF
必須タグR-15 オリ主 残酷な描写
掲載開始2019年01月02日(水) 00:06話数連載(連載中) 4話UA969
最新投稿2019年06月01日(土) 00:00しおり5件お気に入り13件
開示設定通常投稿合計文字数108,637文字感想2件
感想受付設定非ログイン状態でも可平均文字数27,159文字総合評価13pt
評価
(黒→赤)
調整平均☆-.--:-.--  投票者数:1人 (平均評価☆-.--)
評価
☆10:1
 
 
☆9:
 
☆8:
 
☆7:
 
☆6:
 
☆5:
 
☆4:
 
☆3:
 
☆2:
 
☆1:
 
☆0: