タイトル未来の幸が為に今の不幸を背負うのなら、僕らはいつ幸せなのだろうか ~ミラボク~小説ID180254
原作現代 / 恋愛作者健一
あらすじ「みんなでずっと一緒に笑顔でいたいな」

幼馴染で仲良しの四人は、中学生となって危機を迎えていた。
極度に運動の苦手な幼馴染に、イジメ偽装で長縄跳びをさせないようにするか、それとも無理でも皆とさせるか。
『より幸せになる為に、小さな不幸を受け入れるのか』
四人の幼馴染は衝突し疎遠になる。結果、イジメの被害者である一人は転校。イジメの加害者・反抗者・傍観者である残された三人には、消えないトラウマが植え付けられる。

時は流れ、高校生となった三人は表面上で和解していた。そんな三人の下に、イジメの被害者だった幼馴染が転校してくる。かつて仲良しだった四人は、葛藤や障害を乗り越え、よりを戻していく。

しかし、『より幸せになる為に、永遠の別れすら受け入れるか』
そして、その背景にある四角関係が四人を……。

これは少年少女が織り成す、アイの物語――


※幾つかの他サイトでも投稿しています。
タグ青春、群像劇、シリアス、感動、現代、愛、絆、哲学
必須タグ残酷な描写
掲載開始2019年01月16日(水) 19:31話数連載(完結) 46話UA939
最新投稿2019年10月14日(月) 23:11しおり1件お気に入り8件
開示設定通常投稿合計文字数103,822文字感想0件
感想受付設定非ログイン状態でも可平均文字数2,257文字総合評価8pt
評価
(黒→赤)
調整平均☆-.--:-.--  投票者数:1人 (平均評価☆-.--)
評価
☆10:
 
☆9:
 
☆8:
 
☆7:
 
☆6:
 
☆5:
 
☆4:
 
☆3:
 
☆2:
 
☆1:1
 
 
☆0: