タイトル知らなかったのか? 美少女に催眠はあんま効かない。小説ID205826
原作現代 / 恋愛作者夜桜さくら
あらすじ「ぼくのことを好きになって!」

 催眠で、恋人を作った。
 クラスの中の美少女とぐへへな日々がはじまるぜ! と期待に胸を膨らませていたのだが……?

「清潔感がない。新しい服買ったら? てか目線がエロい。胸みないで。きもい。人に会うならもうちょっと気を遣ってよ……有り得ない」

 なんでこんなに辛辣なんだ!?!?!?!?!

「……わかんないなら、私がとりあえずコーデしてあげるから」

 いや好意は抱かれてるっぽいけどなんでこうなる????
 思ってたのと、なんか違う!!!!
タグ催眠アプリ リンドウ杯
必須タグ
掲載開始2019年10月28日(月) 10:00話数短編 1話UA13,408
最新投稿2019年10月28日(月) 10:00しおり106件お気に入り419件
開示設定通常投稿合計文字数10,935文字感想10件
感想受付設定ログインユーザーのみ平均文字数10,935文字総合評価1,682pt
評価
(黒→赤)
調整平均☆8.55:8.55  投票者数:89人 (平均評価☆8.40)
評価
☆10:4
 
 
☆9:52
 
 
☆8:17
 
 
☆7:10
 
 
☆6:4
 
 
☆5:2
 
 
☆4:
 
☆3:
 
☆2:
 
☆1:
 
☆0: