タイトル流麗の錬金術師がヒーローになる話小説ID214365
原作僕のヒーローアカデミア作者きど
あらすじ元国家錬金術師がヒロアカ世界に転生し、他の転生者を探すためヒーローを目指すお話。

義足でオートメイル(機械鎧)。男性。
元の世界ではイシュヴァールの内戦で地雷を踏んで片脚を失った。
爆発で飛んで来た破片でできた顔の大きな傷も男前の格をひとつ上げていた。
見た目は金髪碧眼のザ…アメストリス人。

ロイ・マスタングやマース・ヒューズとは仲がよい。
マスタングが大総統になった暁には共に支えると誓いあった仲。

国家錬金術師としての二つ名は「流麗の錬金術師」。
全身や服などに仕込んだ錬成陣で踊るように空気中の水分を集め水を操る。
階級はマスタングと同じ大佐。

リョウ・ドラグニル → 水龍 涼
タグ鋼の錬金術師 僕のヒーローアカデミア
必須タグオリ主 残酷な描写 転生 クロスオーバー
掲載開始2020年02月13日(木) 16:15話数連載(連載中) 9話UA7,613
最新投稿2020年03月19日(木) 13:53しおり59件お気に入り188件
開示設定通常投稿合計文字数13,050文字感想2件
感想受付設定ログインユーザーのみ平均文字数1,450文字総合評価219pt
評価
(黒→赤)
調整平均☆6.14:6.14  投票者数:7人 (平均評価☆6.14)
評価
☆10:
 
☆9:4
 
 
☆8:
 
☆7:
 
☆6:
 
☆5:1
 
 
☆4:
 
☆3:
 
☆2:
 
☆1:2
 
 
☆0: