タイトルMercenary Imperial Japan小説ID248902
原作歴史 / 戦記作者丸亀導師
あらすじ西暦1500年後期、日本はその多大なる戦力を余りに余らせており、その捌け口に難儀をしていた。
1600年代に第3代徳川家将軍家光は、対外政策として出島を拠点とする貿易・防疫体勢を整え、出島を東西南北の各地域に分散配置を行い、対外貿易を行うよう令を発布した。

更に、過剰となった余剰戦力を蝦夷地並びに外貨を獲得するために、幕府は傭兵をオランダへと売り込み、以後世界にサムライ。
と言う単語が浸透していくこととなる。

その後、1700年代後半に入り自己による産業革命が勃興するが、それに伴い生産効率を考え始めるようになっていく。
産業革命により金属が足りなくなる事が懸念され、1812年出島の廃止と共に国際港を起点とする、一大貿易拠点が築かれる。

1854年 アメリカの艦隊が既に日本へと吸収された、沖縄へと接近する。
幕府の艦隊はそれを辞めよ、と警告し本州へと誘導する。
その年日米和親条約が締結され、日本とアメリカの初めての国交が樹立する。

1860年 時の将軍慶喜は、日本国の現状を把握し幕藩体制の限界を各地方との連携により確認する。

1863年 徳川幕府、大政奉還。並びに藩主は向こう十年県知事として、安定化に努めその後代役を選出するようになる。

1864年 国号日本帝国へと改められ、天皇を中心とする立憲君主制国家となる。また、法の制定が行われ、日本帝国憲法と定められ各種法律を発布、後に改正を数度行われる。

1885年 内閣制度の始動。及び太政官制廃止。

1894年7月 日清戦争勃発。同年12月清国降伏
帝国陸海軍、軍備の増強を早急に進めるよう内閣に通告。

1904年2月 日露戦争勃発
1905年9月 日露戦争終結 ポーツマス条約締結


幕府時代
https://syosetu.org/?mode=write_novel_submit_view&nid=288514
タグ架空戦記 戦艦 戦車 内政 大日本帝国
必須タグ
掲載開始2021年01月28日(木) 23:38話数連載(完結) 69話UA48,596
最新投稿2022年05月22日(日) 23:56しおり151件お気に入り334件
開示設定通常投稿合計文字数211,868文字感想49件
感想受付設定非ログイン状態でも可平均文字数3,071文字総合評価626pt
評価
(黒→赤)
調整平均☆7.36:7.36  投票者数:31人 (平均評価☆6.97 加重平均☆5.92)
評価
☆10:1
 
 
☆9:11
 
 
☆8:6
 
 
☆7:4
 
 
☆6:2
 
 
☆5:2
 
 
☆4:
 
☆3:1
 
 
☆2:2
 
 
☆1:2
 
 
☆0: