ブラックブレット ーガストレアとなった少年ー (ブロマイン)
しおりを挟む

神を目指した者たち 御影 理玖

いきなり少ないですが申し訳ありません



『ここは何処?』



 半年前にそう問いかけられたならば、誰もが口を揃えて『東京』と答えだろう しかし今現在この惨状を見て、ここが東京だと断言できる人はまずいないに違いない。
ーー難民キャンプで身を寄せ合い、配給によって飢えをしのぐ人々。政府の用意した掌から零れ落ち、なんとしてでも生き延びようと草木をかじる人々。
 ガリガリに瘦せ細り、最後まで抵抗を続けるも虚しく事切れた屍。むしろこの惨状は、戦地や敗戦国のそれである。
 ここに立ち尽くす少年の名は御影 理玖。
 彼は両親とともにかろうじて配給札手に入れた、この世界ではまだ幸運だと呼ばれる人種である。しかし彼は、このままでは自分もいつかは死ぬのだろうと思っていた。このキャンプの中にいる人々も希望を信じる一方で、幼い彼以上に死の恐怖に怯えているのかもしれない。


 ブオン、ブオン、ドドドドド
 ふと、廃ビル郡の向こうから何か大きなものが空気を扇ぐ音、そして聞き慣れた日本軍の軍事ヘリの音が聞こえる。すぐにビルの影からそれらの音源が姿を現した。
 二対四枚の羽根に巨大な嘴、そして怪しげに赤く光る眼、誰かが「ガストレアが出たぞ」そう叫んだ、それからは早かった。
 ある男はその襲来を伝える鐘を鳴らす、その鐘が人々の視線を上空へ向け、その姿を捉えた人々は死にものぐるいで逃げようとする。
 そうして出来上がったのは人の波だ。波は止まることなく進む、たとえ進行方向に人が倒れていようとも、恐怖に足が絡まり転んだ子供がいたとしても、波はそれらを踏みつけ飲み込み、前へ前へと進んでいく。
 そんな喚き蠢く物体にやつが気付かぬわけもなかった。
 すぐに進行方向をこちらへと変えて、大きく鳴いた。その咆哮に思わず足を止めてしまう人々、近づいて来る巨体、しかしやつは突然バランスを崩し、墜落し始めた。
 見るとその体にはミサイルが打ち込まれている。おそらく後を飛ぶヘリがはなったのだろう。羽根をやられたてうまく飛べないのか、ぐんぐんと高度を落としていく。
 ほっとしたのもつかの間、今度はその巨体が人の波に向かって落ちてきたのだ。
 一方向へ逃げていた先ほどとは対照的に、今度は落下地点から遠ざかろうと散り散りに走り去る。
 しかし完全に逃げ切ることは不可能だ。
 横の加速度を持ったまま墜落してきたその巨体は、逃げ遅れた人々を飲み込み、大地をえぐり少しずつ速度を落としていく。
 その間およそ50メートル、一体どれだけの人が巻き込まれたのだろうか、数十人はくだらないだろう。数十人には、数百人の知人がいて。それだけの人がまた一つ、ガストレアに対して負の記憶を植え付ける。

 その後しばらくしないうちに、日本各地にモノリスを建造。
 人口の8割を失い、国土の7割が侵略される大敗をきしたものの、戦争は終わった。
 生き延びた人々は、いっときの平和と仮初めの世界を手に入れたのだ。



次回は十年飛びます


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

2話

まだ途中なので後から加筆します


昼間照りつけていた日も程よく傾きはじめ、それぞれの家庭からも炊事の匂いが漂いだす夕暮れ時。一組の兄妹がまさに家へと帰ろうと住宅街を歩いていた。
ふと妹の方が兄へ向かって囁きかける。
「いい匂いだね〜カレーにハンバーグ、こっちは唐揚げかな?」
それを聞いた兄、名を理玖と言うーーは少し考えるそぶりをした。そう……そぶりだけをした。そして少しして、言い聞かせるように言う。
「なあ紫月、なにをどうしたところで今日の晩飯までこの空腹が満たされることはないぞ」
そう答える兄の両手には某ショッピングモールのロゴが刻まれた紙袋が大量に握られていた。
「そもそもこうなったのは、こんな時間まで色々と買いこんでたお前のせいだぞ」
紫月と呼ばれた少女が不貞腐れたように兄を見上げる。
「確かにさ、ちょっとだけ長居しちゃったかなとは思うよ。けどまだ七時前だよ、それなのに夕ご飯じゃなくて晩御飯になっちゃうっていうのは家が遠すぎると思うんだよね」
ここで理玖が「そうだな」と笑いながら返して、そのまま家へと帰れば、この兄弟の一日は、そしてこれからの人生は、平穏に終わったのかもしれない。
「ーー蓮・太・郎・の・薄・情・者・めぇぇぇッ」
しかし二人の意識はたった今聞こえた、これでもかと言わんばかりに恨みが込められた幼い叫び声に惹きつけられてしまった。そしてこれが聞こえたのは2人が歩いている道から一本脇にずれただけなのだ。2人は顔を見合わせるなり互いに頷いた。そして駆け足で、声の聞こえてきた道へと走り出した。

▽▼▽
2人が先ほど叫びをあげた少女を見つけるのにそう時間はかからなかった。なにせここは住宅街だ、大きな音を出す音源を探すのは難しくないだろう。現に1人の男性が少女に声をかけていた。理玖は、彼が『蓮太郎』なのかとその様子を見守る。

すぐに男性の不自然さに気づいた。彼は酒に酔っているようなフラフラとした頼りない歩き方をしているかと思えば、その顔は青ざめて脂汗をかいている。にもかかわらず意識しっかりしているようで、彼と対面している少女は彼へ向かって楽しそうに話しかけている。けれども残念なことに、彼の肩口には見逃すことのできない大きな傷が見て取れた。それは常人であれば立っているはおろか、意識を保っていられるのかも怪しいレベルのものだ。あの傷はもしや……?理玖がそう思い紫月を見ると、彼女が先程までの黒から一転、赤い瞳でこちらを見つめている。それは理玖の仮定ーー彼のガストレアウイルスに侵されているかもしれないことーーを肯定するものだった。


男はヒトの形を崩し、異形の者へと姿を変える。ガストレアウイルスに体内を侵食された生物は、その侵食が半数、50%を超えるとガストレアへと姿を変える。ガストレア狩りの最中に散った戦士が侵食され、新たな敵へと成り替わる。これが10年前の会戦から突如として現れたガストレア、そしてその存在が今尚絶滅しない理由である。

初めてガストレア化を見た、否初めて出なくてもそれを見た一般人はショックや恐怖で動けない。そしてガストレアは彼らに対して容赦無く襲いかかる。目の前のそれも例に漏れず目の前の少女へ襲いかからんとしている。
「紫月……急げっ」
そう怒鳴るように声掛けをして理玖も飛び出すが、正直追いつくのは厳しいだろう。ふと、少女の体が跳んだ、と言ってもガストレアに弾き飛ばされたわけではない。少女は一瞬屈んだのちに、風に吹かれた花弁のように舞い上がったのだ。そして再び地に足をつけた時、彼女の瞳は紫月と同じく、真っ赤に染まっていた。


目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
一言
0文字 ~500文字
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。