エグゼイド短編集 (月輝)
しおりを挟む

小ネタ集 Sniperの誕生日

pixivで投稿したものと全く同じです。
花家大我バースデーを自分なりに祝いました。


とある病院に一人の青年がいた。

彼は慣れた手つきでパソコンを操作する。

仮面ライダークロニクルが集結し、青年…花家大我はゲーム病専門医として活動をする事が出来る様になった。

彼の患者であった少女…西馬ニコもバイトとして病院に勤務している。

「大我、そろそろ時間だよ」

「ああ、分かっている」

以前は株を推移を見るのに使っていたパソコンも今ではカルテ作りなどに使うようになった。

そんな彼だからこそ、ニコが幻夢コーポレーションに株を投資したのも知っている。

「大我!明日はCRに顔出しといてよ!」

何故CRなのか、大我には身に覚えがない。

「....何故だ?」

大我の質問に対してニコは、

「明日行ったら分かるから!」

と返されてしまった。

(明日何かあったか...?)

さっきの会話を少し気にしながらも大我はパソコンを触る。

パソコンの日付は【2017/11/26】と表示していた。














翌日、大我はニコに言われた通りCRに行くことにした。ニコは「一足先に行っている」とだけ言われていた。

実は数日前からニコは病院に戻ってくる時間が少し遅かったり、何処かへ行くと言っていた事を思い出す。
恐らく今日の事ではないかと考えていたのだが...。

そうしている間にCRがある聖都大学附属病院に着いた。

大我は何も知らずにCRに行くと...。





「パァン!」

突然クラッカーの音が聞こえてきた。

「大我さん、誕生日おめでとうございます!」

CRのドクターであり、小児科研修医の宝生永夢が真っ先に祝った。

「エグゼイド、これはどういう事なんだ...」

誕生日についてはいつもは祝ってくれる人がいない為あまり気にしなかったのだが、今回は違ったので内心焦ってしまった。

「ニコちゃんがみんなで大我さんの誕生日を祝いたいって言うからCRのみんなでサプライズパーティーをしようって事になったんです」

成る程、最近ニコが何処かへ行っていたのにも訳があったのか。お節介な奴め。

このパーティーに参加しているのは永夢とニコの他、鏡飛彩、ポッピーピポパポ、九条貴利矢、檀黎斗(神)、パラド、そして院長...ってほぼ全員だ。

「何でみんなまで...」

「折角の気遣いを無駄にする気か?」

声を挙げたのはブレイブ...いや飛彩。多分机にあるケーキを買ったのは彼だろう。

「いや、そういう訳じゃ...」

やはりみんなで祝ってもらう事はどうも慣れない。5年間一人でいる事が多かった所為だろう。

「いやー、センセイのいつもは見れないモノ見れちゃうかなー」

やめろレーザー。ダシにしようとするな。

「君も三十路に入ったんだ。私と話でもs」

「却下」

ゲンムについては絶対話すのは勘弁だ。嫌な予感しかしない。

「それにあいつらがあまり触れないように気を遣ってた事をしれっと言うんじゃねぇ」

大我が30になる事はみんなは伏せていた。よりによって30代の黎斗が口に出したいのは恐らく同じ世界の人が現れたからだろう。




「折角なのでみんなでゲームしませんか?」

永夢が提案する。

「俺は...」
「大我が主役だもんシューティングゲームでもしよう!」

大我はゲームが得意ではないが、シューティングはある程度出来る。
「しょうがねぇ、誰か一緒にやりたい奴はいるか?」

と言うと、永夢、ニコ、パラドが乗った。

「バンバンシューティングとジェットコンバットやりましょう!」

永夢が言うには最近、バンバンシューティングの開発が再開し、製品化されたそうだ。

「バンバンシミュレーションズもね」

ニコが一言加える。

(全て俺が持っているガシャットのゲームじゃねえか)

大我は彼等の気持ちを汲み取っていた。



4人はゲームをしばらく楽しんでいたが、その時大我が見せた心の底からの笑顔を見た者は居なかった...彼、貴利矢を除いては。
その後、

「見て、センセイのすんごい笑顔!写真撮っt」
「やめろおおおぉぉぉぉ!」

パーティーの最後に大我の絶叫が響いたらしい...。

目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

エグゼイドDE人狼ゲーム Prologue

pixivで書いた奴をコピペしただけの簡単な作業。
※完結しています。


それはいつものCR。
「始まりはいつも突然に」と言うが、まさにそれであった。

発端はとある人物の言葉である...。

「永夢!人狼ゲームやってみたい!」

CRのドクターの一人、宝生永夢に感染しているバグスター、パラドの一言。
その言葉にあの男が食いつかない訳がない。

「ふっ、折角だ。幻夢VRを使ったゲームの雰囲気をリアルに再現した人狼ゲームをやってみないか?」

この後は予想通り。

何故かCRに集まった鏡飛彩、九条貴利矢、ポッピーピポパポに呼び出された花家大我、西馬ニコ、そして、このゲームを製作した檀黎斗...

「檀黎斗神だ!」

檀黎斗神も参加する事となり、結局全員が人狼ゲームをする事となった。

「で?どーすればいいわけ?」

幻夢VRを付け、早速貴利矢が口を開いた。

「はーい!よびましたか?」

唐突に明るい女性の声が聞こえる。

「誰?」

全員が頭にクエスチョンマークが付いている。
その声は、

「私はナビでーす。ナビちゃんって呼んでn」

「呼びません」

永夢が即答した。

「冗談なのに...」

ナビは少し声のトーンを落としたが、直ぐに元のトーンへ戻った。

「ルールを説明する前に、プレイヤーを2人呼びますねー」

途端、現れた2人は、

「これは...どういうことだ?」

「何故ボクが呼ばれたかは分からないが...女の子の頼みは断れないよ、ナビちゃん」

グラファイトとラブリカであった。

黎斗...神によると、AIのテストプレイをしたいが為に呼んだらしい。

「それではルールを説明しまーす」

人狼ゲーム。

プレイヤーは村人側と人狼側に分かれ、互いの正体を探り合い、人数を減らしていく。

村人側は人狼を全員吊れば、人狼側は村人側と人狼が同人数になれば勝利する。

プレイヤーは村人や人狼の他にも様々な役割が与えられる。

今回は村人と人狼の他に、予言者、用心棒、霊媒師、狂人の役割が与えられる。

村人は特別な能力を持たず、基本一番多い役職である。今回は4人。

人狼は毎晩一人選び、襲撃する。投票の際は嘘をつき、村人を錯乱させる。今回は2人。

予言者は占い師とも呼ばれる。毎晩誰か一人、人狼かそうでないかが分かる。今回は1人。

用心棒は騎士や狩人とも呼ばれる。毎晩誰か一人、人狼の襲撃から守る事が出来るが、自分を守る事は出来ない。今回は1人。

霊媒師は毎晩、直前に処刑された人物が人狼かそうでないかが分かる。今回は1人。

狂人は裏切り者とも呼ばれ、特別な能力は持たないが、人狼が勝利した場合、狂人も勝利出来る。今回は1人。

ここで、ナビの説明は終わった。

「えーっと、各メンバーの役職は画面に表示されていますので、忘れる事は無いと思います」

「それでは、人狼ゲームを楽しんで下さい」。ナビの一声で人狼ゲームは始まった。

see you next game



次回、早速混戦!?


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

1日目

キャラ名「台詞」形式と語りはナビの台詞形式になっているので、少し読みづらいかも?


貴利矢「でさ、これカミングアウトしていいの?」

永夢「はい、カミングアウトはどのタイミングでもいいです」

ポッピー「じゃあ、私予言者!」

大我「...予言者は俺だ」

ポッピー「えー!?」

おや、対抗カミングアウトが来ましたね。

飛彩「対抗カミングアウト?」

どちらかが偽物である可能性が高いですねー。
どっちも偽物という可能性もありますが。

貴利矢「霊媒師とかはない?」

黎斗「霊媒師は、私だぁ!」

永夢「あ...」

パラド「永夢...?」

永夢「僕が霊媒師を引きました」

黎斗「どういうことだ!永夢ゥ!」

また対抗カミングアウトですか。

グラファイト「どちらかが偽物でどちらかが本物という可能性が高いな」

ニコ「偽物が全員人狼って事はあんの?」

飛彩「狂人がいるかもな」

貴利矢「ところで、用心棒は?」

パラド「人狼に狙われるから出てこないと思うけどな」

ラブリカ「まぁ僕が用心棒なら女の子をm」

ニコ「ちょっと、それは駄目だって」

永夢「なら、用心棒は保留ですね...」

大我「整理するぞ。自称予言者が俺とポッピーピポパポ、自称霊媒師がエグゼイドとゲンム」

貴利矢「とりあえずその4人は候補から外れるね」

黎斗「候補は鏡先生、九条貴利矢、パラド、西馬ニコ、グラファイト、ラブリカだ」

あの...

ポッピー「?」

そろそら投票の時間になりますが?

永夢「だったら一斉に投票しましょう。指差しで」

え...あ、もう投票終わっているんですか?
ちょっと待って下さいね。

飛彩さんに3票 貴利矢さん、ポッピー、パラドから。

黎斗さんに1票 永夢さんから。

ポッピーに1票 大我さんから。

パラドに3票 飛彩さん、ニコちゃん、グラファイトから。

グラファイトに2票 黎斗さん、ラブリカから。

永夢「飛彩さんとパラドに3票...割れた」

貴利矢「票が割れたら?」

票が割れたら、決戦投票でもう一度投票します。

あ、もう投票し...前と同じですね。
処刑者はゼロです。

大我「これはこっちにとっては大きな痛手だな」

永夢「人狼の襲撃を用心棒が守ればこちらが有利にやりますが...」

これにて投票が終わり恐ろしい夜が...

貴利矢「ちょっと待って」

はい?

貴利矢「決選投票なら大先生とパラドの2人で投票すればよかったんじゃ...」

あ...、それを言う前に皆さんが投票したので...。

全員「あっ」

と、いうわけで、恐ろしい夜がやってきます。皆さん、おやすみなさい...。

First day Fin

残り10人。さぁ、どうなる?



人狼を言うほどプレイしていないガバプレイ。

ま、気にするな!


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

2日目

占いは戦況をどう動かすのか...!?


みなさーん。おはようございます。

それでは、人狼に襲撃された者を発表します。
昨夜、人狼に襲撃されたのは...。

全員「....」

ラブリカでした!

ラブリカ「ボクの出番はこれで終わり!?」

しゃーないですよ。君だけ寄せ集めなんだし。

ラブリカ「ひど...」

と、いうわけで、ラブリカは退場して下さいねー。

残り9人になりました。

話し合いをして下さいね。

貴利矢「そうだ、折角だし、自称予言者が誰占ったのか知りたいね」

永夢「まずはポッピーから」

ポッピー「私は貴利矢を占ったよ」

貴利矢「結果は?」

ポッピー「白、貴利矢は人狼じゃないよ」

黎斗「次は花家先生だ」

大我「俺はパラドクスを占った」

パラド「結果はどうなんだ?」

大我「パラドクスは白だ」

ニコ「予言者の方は区別がつかないってことか...」

飛彩「霊媒師は...」

黎斗「昨日は吊られた人はいない」

永夢「襲撃された人は占えないので、能力は使えませんね」

グラファイト「となると、候補はブレイブ、西馬ニコ、俺か」

永夢「現時点では勘頼みになってしまいますね...、何か情報があれば...」

ニコ「今思ったんだけどさ、候補になってるあたしらさ、あまり目立ってないよね」

大我「何も情報がないからな」

グラファイト「霊媒師の方だが...」

永夢「?」

グラファイト「エグゼイドかゲンムなら、俺はゲンムの方が怪しいと思う」

黎斗「何故そう思うんだい?」

永夢「黎斗さんが、よく人を騙すからじゃないですか?」

大我「俺には偽物を庇っているように見えるがな」

永夢「僕が人狼ってことですか?」

大我「そこまで言ってないだろ...」

黎斗「グラファイトォ!君はそうやって私を偽物に仕立て上げる気だなぁ!」

飛彩「流れがグラファイトの方に向かっているな...」

貴利矢「あれ?大先生安心してる?」

飛彩「当たり前だ。吊られたくはないしな」

貴利矢「自分は大先生も怪しいと思うけどなー」

大我「...」

ポッピー「で?どうするの?今はグラファイトを吊る流れに向かっているように見えるけど...」

貴利矢「自分は大先生だけどね」

皆さん。

永夢「はい?」

もう投票に入ってもよろしいですか?

飛彩「ああ」

それでは、投票ターイム!

皆さん指差すの早いなぁ...。
ちょっと待ってくださいね、今集計しているので。

あ、はい成る程。結果はこの様になりました!

飛彩さんに1票 貴利矢さんから。

黎斗さんに1票 グラファイトから。

グラファイトに7票 永夢さん、飛彩さん、大我さん、黎斗さん、ポッピー、パラド、ニコちゃんから。

と、いうわけで、今回吊られたのはグラファイトになりました!

グラファイト「俺の出番もこれまでか...」

格好良く言う必要ないですよ。
グラファイトは退場してくださいねー。
...AI枠全滅しましたが?

黎斗「構わない。私が吊られるのに比べればマシだぁ!」

...この人ちょっとヤバいです。

貴利矢「ニコちゃん、安心してる?」

ニコ「そりゃあ、誰にも投票されなかったし」

貴利矢「そうなんだ」

投票も終わりましたので、恐ろしい夜がやってきます。
それでは、おやすみなさい...。

See you next game...

残り:8人



次回、ある意味ターニングポイント。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

3日目

しっかり推理出来れば、勝者が分かる...かもしれない。


皆さん、おはようございます。

ポッピー「おはよう!!」

元気ですね。それでは昨夜襲撃された方を発表します。

襲撃されたのは...

全員「...」

ポッピーでした!

ポッピー「ピヨる...」

一気にテンションが下がりましたね。

ポッピー「だって...」

ポッピーは幻夢VRを外して下さい。

残り7人になりました。
話し合い、スタート!!

黎斗「ポッピーが襲撃されたのなら、花家先生、君はかなり怪しいんじゃないか?」

大我「俺は本物だ」

パラド「スナイプの言う通りだ。それに、ポッピーが狂人って事もあるだろ、人狼は狂人が誰か分からない。間違えて襲撃したって事もあるだろ」

永夢「ところで、大我さん、占いは?」

大我「俺はブレイブを占った」

飛彩「で?結果は?」

大我「白だ」

貴利矢「え、マジ?自分、大先生怪しいと思ってたのに...」

大我「こっちは言ったぞ。エグゼイドとゲンム。霊媒の方はどうなんだ?」

永夢「グラファイトは白でした」

黎斗「こっちも白だ」

パラド「人狼はまだ一人も減っていないか」

貴利矢「グラファイトが神の事を怪しいって思ったのは勘繰り過ぎって事かな?」

ニコ「ところでさ、今7人でしょ?ここでミスって用心棒がいなかったり、守れなかったら残り5人。用心棒がいて、守れたら残り6人」

永夢「ここは絶対人狼を吊らなきゃ村人は勝てない。なら、賭けてみますか」

大我「何だ?」

永夢「どちらが本物の霊媒師か白黒決めましょう」

黎斗「ふん、私が本物に決まっている」

飛彩「だが、俺たちにはどちらが本物かが分からないぞ」

貴利矢「...そういうことかー」

ニコ「どういう事?」

永夢「僕と黎斗さん、怪しい方を今日吊って、次の日大我さんに占ってもらうんです」

大我「自称霊媒師を吊って霊媒で黒と言えるのは人狼でも出来るからな」

黎斗「待て、今回の対象は私と永夢だという事か!?」

貴利矢「そーいうこと。どっちを信じるかってトコだな」

ニコ「これは...ゲンムに入れるかも」

黎斗「何故だぁ!!!」

永夢「今までの事を振り返って下さいよ。僕は騙されませんからね!」

黎斗「そういう君の方が怪しい筈だ!君の様な人が人狼だったら嫌だと思う筈!!!」

大我「こいつはもう、完全にな...」

貴利矢「ナビ」

はい?

貴利矢「もう投票してもいいかな?」

もう話し合わなくてもいいんですか?

永夢「もうみんな決まってますから」

分かりました、それでは投票して下さい。

ま、結果は見ての通りですね。

永夢さんに1票 黎斗さんから。

黎斗さんに6票 黎斗さん以外の全員から。

はい、今日吊られるのは黎斗さんです。

黎斗「後悔しても知らないぞぉ!」

はいはい、黎斗さんは幻夢VRを外して下さいね。

大我「用心棒、いたら護衛できるか?」

貴利矢「あれ、何で今そんな事言うの?霊媒師が襲撃されるかもしれないよ?」

大我「俺の方が大事だ。自称霊媒師はどっちかが必ず人狼だからな」

貴利矢「ふぅん...成る程ね。でも、裏の裏をかいて全く関係の無い人を狙うかもよ。それに、もういないかもね」

大我「ふん...」

飛彩「次の日は決着がつく可能性が高いな」

永夢「あとは、いたら用心棒任せた...かな?」

ニコ「もういなくても、決着はつくかも」

今日と明日の行動次第で結果が決まりますよ...。

それでは、おやすみなさい...。

See you next game
残り:6人



ゲームも終わりを迎える...。

次回、最終日。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

最終日

勝つのは、どっちだ。


みなさん、おはようございます。

貴利矢「おはようー」

昨夜襲撃された者を発表します。

襲撃されたのは...

全員「......」

いませんでした!

貴利矢「用心棒が護衛したということか...?」

ま、そうなりますね。
恐らく、これが最後になると思われますので、慎重にゲームを進めて下さいね。

それでは、話し合い、スタート!

永夢「昨日吊られた黎斗さんは、黒、人狼でした」

貴利矢「それは、人狼でも同じ答えが出るよね」

パラド「ここで、スナイプの出番だ」

大我「エグゼイドは人狼じゃなかった」

飛彩「と、いうことは...」

ニコ「あたし、もしくはポッピーに白出しされたけど、今のところどっちかわからないレーザーの2人が怪しくなってる...」

永夢「今思ったんですけど、貴利矢さん、用心棒に反応してませんでした?」

貴利矢「え、何で?」

大我「俺が用心棒に守ってくれるかどうか喋った時にお前が真っ先に反応しただろ」

貴利矢「自分は思った事を言っただけなんだけど...」

飛彩「監察医が裏の裏をかいて関係の無い人を襲撃するかもしれないと言った。人狼はその通りに襲撃した。でも、用心棒もその言葉を思い出して護衛した。も考えられるぞ」

永夢「自分で言った事を自分でやるなんて事、あるじゃないですか」

ニコ「え、でも待って、レーザーが用心棒だった時もそれが当てはまるじゃん」

パラド「確かにそうだな...」

貴利矢「自分が用心棒だってわかってくれたらいいけどな」

大我「カミングアウトするのか、もし、ここでミスったら人狼に狙われるのはお前だがな」

貴利矢「今吊られるよりマシかもね。だからカミングアウトした」

飛彩「...何が言いたい」

貴利矢「自分、本当に用心棒なんだ。カミングアウトした理由は吊られる流れから逃れるだけじゃない。だって、今人狼を吊れたら村人が勝つ。もう用心棒が潜伏する意味ないからね」

大我「だとしたら、候補は一人に絞られる」

ニコ「でもさ、ポッピーが本物で、大我が狂人か人狼の可能性だってあるじゃん。レーザー、白だったし」

パラド「俺は村人だぜ?」

貴利矢「信用を得る為に村人を白出しする事もあるよな。狂人だったら誰が人狼かわからない」

パラド「でも、俺はスナイプを信じる」

ニコ「...あたしは村人だよ。嘘はつかない」

永夢「悪いけど、占われていないのはニコちゃんだけ」

飛彩「村人であるという証拠はどこにもない」

もう投票してもいいって空気になっていますね...。

貴利矢「もう投票しちゃう?」

投票結果はこうなりました!

大我さんに2票 貴利矢さん、ニコちゃんに。

ニコちゃんに4票 永夢さん、飛彩さん、大我さん、パラドに。

投票の結果、吊られたのは、ニコちゃんです!

ニコ「あたし、人狼じゃないのに...」

ニコちゃんは幻夢VRを外して下さい。

貴利矢「ねえ、ナビ」

なんでしょう。

貴利矢「どっちが勝ったかってどのタイミングで発表するの?」

どちらが勝っても、一旦夜は迎えます。次の朝、勝利陣営を発表する形式にしています。

貴利矢「成る程ねぇ」

それでは、おやすみなさい...。








みなさん、おはようございます。

平和な朝は....




訪れませんでした。

勝者は人狼側となります。

因みに、昨夜貴利矢さんが襲撃されました。

貴利矢「え!?」

人狼側が3人残っていたので、人狼側の完全勝利となります!

パラド「永夢、ブレイブ、スナイプが人狼側だったのか...」

そういう事になります。みなさん、お疲れ様でした!

Winner
宝生永夢、鏡飛彩、花家大我

See you next epilogue



エピローグは答え合わせも兼ねてます。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

Epilogue

ゲームの後と答え合わせ



「私が吊られなかったら、村人側が勝ってたかもしれないぞ!」

黎斗が喚く。

「ポッピーを襲撃した時点で僕たち人狼の勝ちに流れが向いていたんです」

ここから先、言っている事が分からなくなる人もいると思うので、全員の役職を紹介しておく。

永夢→人狼
飛彩→人狼
大我→狂人
貴利矢→用心棒
黎斗→霊媒師
ポッピー→予言者
パラド→村人
ニコ→村人
グラファイト→村人
ラブリカ→村人

となった。

1日目はメンバーのミスで、吊られたのはいなかった。
襲撃されたのはラブリカ。

2日目は黎斗への反感を持っていたグラファイトが吊られた。もちろん、勘繰り過ぎただけだった。
襲撃されたのはポッピー。恐らくこれは賭けだろうが、結果的に人狼に有利になった。
また、この日に、飛彩が人狼である事が大我に見破られた。

3日目は黎斗が吊られた。偽の霊媒師を吊るという偽の霊媒師である永夢の提案に乗ったからだ。更に、大我は飛彩に白出しをし、パラドが大我を信用した事で、偽の占いを村人が頼る結果になった。今回は用心棒が仕事をしたが、もう、この時点で人狼の勝ちは決定的になっていた。投票か襲撃か。これだけの違いである。

最終日はニコが吊られた。動機としては、貴利矢の用心棒カミングアウト。これは上記の通り事実である。人狼は襲撃を貴利矢に決定した事で、襲撃を回避出来ずに人狼が勝利した。

「俺は嘘が下手だと無免許医に言われたからずっと潜伏していた。まさか、無免許医に気づかれるとはな...」

飛彩は自分で潜伏していた方がいいと思ったのだろうが、大我に気づかれたのだ。もし、大我が本物だったらどうなっていただろう。

「自分はパラドを守った。自分の言った裏の裏をかくんじゃないかってね。護衛が成功したけど、あの段階でもう詰み状態だったとはね...」

3日目投票で人狼の勝利はほぼ確実だったが、それを気づかせない為に、大我はずっと予言者を騙っていたのだろう。

「エグゼイドとゲンム、どちらを吊っても残った方を白出しするつもりだった。俺視点からすれば、どちらかは必ず人狼だからな」

最終日の占いは流れとしてそうなったのだろうか、もしくは永夢を本物だという可能性を捨てきれていなかったからのどちらかと思われる。
結果的に人狼が勝った。

...忘れているかもしれない人がいるだろうが、これは新作の人狼ゲームのテストプレイである。

「おい、ゲンム」

パラドが声をかける。

「今回のプレイヤーは近くにいたメンバーが殆どで、AIは少なかった...。だったら、オンラインも対応した方が売れるだろ?」

ある意味爆弾発言。

「だったら、もう一回だぁ!リベンジを含めてなぁっ!」

「断る」

一部メンバーは無理矢理連れて来られた。断るのも無理はない。

「それに、プレイヤーのAIを増やしてもいいじゃねぇか、パラドクスはオンライン仕様でプレイするつもりみたいだがな」

黎斗やパラドはAIを増やしてもう一回テストプレイしたら...。

「負けたぁ...」

どうやら黎斗はまた負けたようだ。



エグゼイドDE人狼ゲーム、これにて完結。


目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
一言
0文字 ~500文字
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。