描く夢は異世界で卐 (ルフト)
しおりを挟む

第一話 プロローグ

俺の名は北川剣人。いたって普通のどこにでも居る高校生。
皆と違う所があるとすれば、ミリオタとゆうことについてだ。
と、言ってもまだ知識は浅くただ好きとゆう所だけで完全なオタクとは言えない。
その中でも俺はナチス・ドイツが好きだ。
別にナチスの考えが好きなのでは無く、ただ純粋にドイツの兵器が好きなだけだ。
部屋には80cm列車砲やTiger戦車、他にも様々なプラモデルが並んでいて、壁には鉤十字が書かれているポースターが貼ってある。
俺は毎日それらを見てニヤニヤしていた。
あ、コラそこ、キモいとか言うんじゃない!
これは俺の至福の時なんだ。
何れはヒトラーのように歴史に名を残すのが俺の夢だ。無理だけど。
まぁともかく長たらしい話はあとにして、そろそろ誰かこの現状を説明してくれ。
いったいこれはどういう事なんだ?
俺の目の前には道路に倒れ伏している血だらけの俺の姿があった。












「ん・・・ここは・・どこだ?」

辺りを見回すと俺は見覚えのない場所にいた。
地面は海で空は青々といている。そんな景色が永遠と続いていた。

「やぁやぁ目覚めたんだね」

いつの間にか俺の前には一人の青年がいた。

「ここは死後の世界で僕は神ってところかな」

死後の世界?という事は俺、死んだのか?でも死んだ時の記憶がない。というかこいつ俺の心を読んでいるのか?さっきから説明が的確すぎる。やっぱり神だからか?

「君の予想どうり僕は君の心を読んで話していて、君の記憶が無いのは現世に止まってしまっていた君の魂を無理矢理こっちに持って来た事による一時的な記憶喪失に陥っているだけだよ。」

じゃあ記憶は戻るのか?

「まぁそうなんだけどあまり思い出さない方が良いかもね。結構えぐい死に方してたからね。」

え、なにそれ怖い。

「で、君は死んじゃってる訳だけど転生する気は無いかい?」

転生?そんな事できるのか?

「可能だよ。といっても元の世界じゃなく異世界だけどね」

異世界?どんな所だろう。危険じゃないのか?

「勿論危険さ。だから君には特別な力上げようと思うんだ。きっと君なら喜ぶものだどと思うよ」

マジで!?どんな力なんだ。

「この力は兵器に関するものを創り出す事が出来るんだ」

つまりその力を使えば戦車とか戦艦を作れるということか。

「凄いでしょ、この力」

ああ、全く驚いたよ。でも何でお前は俺にここまでしてくれるんだ?

「別に君だけじゃないよ。何人もの転生者に制限付きの能力を与え、ある使命を託して異世界に送り出してきた。でも殆どの転生者はその使命を忘れ今では好き放題暴れまわっているのさ」

まぁそうだよな。今この時代には二次元というまるで楽園のような世界を夢見て、自ら命を絶つような人達がいるくらいだ。そんな時に能力をくれて転生させてくれるという美味しい話が舞い込んで来たら、約束なんて忘れて自由に暴れるに決まってる。俺だってそうするかもしれない。

「君の能力は制限を緩めてある。君には夢があるだろ?そんな君だから安心して任せることが出来る」

確かに俺の夢はヒトラーの様になること。つまり世界を制覇すること。使命を託すにはうってつけの人だってことか。
でも使命とは何なんだろうか?

「僕が転生者達に託している使命とは、最初の転生者を捕らえることなんだ」

最初の転生者?どんな奴だろうか。

「とんでもない奴だよ。僕が力を制限する切っ掛けになった人物でもある。そいつの力は君の力の上位種でもある。」

でも見つかるのか?俺、そいつがどんな奴なのか分からないし、何か特徴は無いのか?

「確かに世界は広い。特徴といえば奴はソ連の兵器を好んで使用するようだ」

成程。俺とは対照的な訳だ。

「さあ、そろそろ準備が完了する。準備はいいかい?」

そう言って神はタブレットを差し出してきた。

「そのタブレットに作れる兵器を全て入れておいた。強度も抜群だし充電する必要もない。この鞄に入れていくといい」

俺はタブレットを受け取り鞄にいれ肩に掛けた。
そして前を見るといつの間にかゲートのような物があった。

「そのゲートを潜れば異世界だ。」

元の世界に感じる少しの名残惜しさと、新たな世界への期待と共に俺は歩き出した。

「これから先きっと大変な事に合うかもしれないけど頑張ってね。」

神のその言葉を最後に俺は目をつぶってゲートを潜った。
数秒後目蓋に隙間から光が入るのを確認して目を開けた。
そこはもう異世界だった。










目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

第二話 モブを強く感じる時もある

見渡す限りの大自然、元の世界では見られなかった光景。
紛れも無くここは異世界だった。
俺が今いる所はどうやら丘の上らしい。
遠くの方に村が見える。とりあえずはあの村を目指そう。
おっと、その前にこのタブレットを調べないと。
俺は鞄の中からタブレットを取り出した。
電源ボタンを押して起動させた。
画面が明るくなり始め、画面には沢山の項目が並んでいた。
取り敢えず俺は銃の項目をタップして、作れそうな銃を探した。
しかしどれも経験値とゆうものを必要とするらしく今はまだ作れそうになかった。
俺はタブレットを鞄にしまって、遠くに見える村に向かって歩き始めた。








歩き始めて何分経っただろうか。今俺は森にいる。方向は合っている筈なのに、一向に辿り着けなかった。
どうやら迷ってしまったらしい。
どうしよう、こんなにも深い森だ。熊にでも襲われたら一溜りもない。
取り敢えず森を抜けよう。俺は辺りを見回した。
すると近くの茂みが、ガサッ!と、音を立てて揺れた。
何かが出て来ると思った俺は急いで茂みに隠れた。
茂みから出てきたのは緑色の体をしたゴブリンだった。
何でゴブリンが?もしかしてこの世界はそういうファンタジー系のものまでいるのか?
そうだとしたら厄介だな。俺の力は自分自身を強くするものじゃないし、今はまだ何も作れない。
取り敢えず逃げよう。
俺は静かに音を立てないように離れようとした。
しかし地面に落ちていた子枝を踏んでしまい、ペキッ!という音がなってしまった。
その音が聴こえたのか、コブリンはこっちに振り向いた。

「ギィィ!?ギィィ!!」

コブリンは驚いたような雄叫びを上げてこっちに向かってきた。
コブリンは剣のようなものを取り出して振り回している。
アレを何とか奪えないものか、俺は走り回りながら何か武器になる様なものを探した。
だがそんな都合のいい物など無く、俺は諦めて走るのに集中した。




暫く走って俺は背後を見た。まだコブリンは執念深く俺のことを追いかけていた。アレからもう数分は立っているだろうか。
クソッ!いつまで追いかけてくるんだこのコブリンは!
俺の体力は既に限界を迎えていた。それはコブリンも同じようで、明らかに走る速度が遅くなっている。
やがて岩場の様な場所に出た。
目の前には断崖絶壁が立ち塞がっていてとても登れそうにない。

「ギィィ・・・・・」

ゴブリンはまるで追い詰めたと言わんばかりに唸っていた。
だが此処なら武器になりそうな石がたくさん転がっている。
この石をうまく当てれば気絶させることができるかもしれない。
手頃な石を拾って俺は全力で投げた。が、俺のコントロールはお粗末なもので目標のゴブリンには当たらず、大きくそれてゴブリンの後ろの方へとんでいった。

「クソっ!全然当たらない!」

俺は愚痴を漏らしつつもゴブリンに向かって石を投げ続ける。
しかし石は一向に当たらず逸れるばかりだった。

「当たれっー!!」

コブリンが数メートルという距離に迫った時俺はゴブリンの頭に狙いを定め、最大限の力を込めて投げた。

「ギャッ!」

コブリンは小さなうめき声を上げて後ずさりをしながらよろめき、そのまま倒れた。

「気絶したのか?」

俺はゴブリンに近寄り剣を取り上げた。

「経験値を得るにはつまり、このゴブリンを殺さなきゃならないんだよな?」

俺は剣をゴブリンの胸に突き立ててそのまま剣を突き刺した。
妙に生々しい感触を感じて俺は顔を顰める。
これだから近接武器は嫌なんだ。本当に早く銃を作りたい。
俺は心からそう思うのだった。







目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

第三話 アラン・マート

少し前までゴブリンと死闘?を繰り広げていた俺は未だに森をさ迷っている。
この森は予想以上に深い様で全く抜け出せない。
丘の上から見た時はこんなに広く見えなかったが・・・
まぁ仕方ない。諦めて出口を探しますか。
でもまた何かと出会したら面倒だな。
ゴブリンを倒した事だし何か作れるかもしれない。
俺は鞄の中からタブレットを取り出して起動させた。
画面の右端に50と表示されている。
どうやらこれが経験値らしい。
俺は銃の項目をタップして作れる銃を探した。
暫く探していると、周りより少し明るくなっている項目があった。
銃の名前はKar98k。ナチス・ドイツで開発された銃だ。
現代銃と比べるとその性能は見劣りするが、この世界では問題無いだろう。
初めて作るには丁度いい。
必要とする経験値も周りの銃と比べると低いしな。
俺は項目をタップして銃を作った。
手元が光だし、暫くして光が消えると俺の手にはKar98kが握られていた。
俺はKar98kを構えてみる。元の世界では出来なかったこと。この世界に来て良かったと改めて思った。

その時再び背後の茂みが揺れた。
俺はその茂みに銃を構えた。

「誰だっ!」

俺は茂みに向かって声を上げた。

「それはこっちにセリフだ」

茂みから出て来たのは俺と同じ歳くらいの青年だった。
その姿は良くあるゲームの異世界人の格好だった。
オマケにイケメンである。

「ここは俺達が使っている狩場だ。俺達からしたらお前の方が怪しいぜ」
「何時もって、村の住人か?」
「ああ、そうだ」

俺は銃を降ろした。

「俺の名はアラン・マートだ。お前は?」
「俺は剣人。北川剣人だ。」
「剣人?珍しい名前だな。」
「それはお互い様だ」
「そうか?ここらじゃ普通の名前だけどな。」
「流石ファンタジー世界」
「え?ファ、何だって?」
「い、いや何でもない」

うっかり言ってしまったが問題無いか。アランは転生者に見えないし。もし転生者だったら面倒な事になってただろうし。

「そういえば何で剣人はこんな所にいたんだ?」
「ちょっと迷っちまってな」
「ああなるほど。確かにこの森は迷いやすい事で有名だ。始めてきた時は俺も迷ってたからな。取り敢えず村まで来るか?」

このままこの森にいても何も無いだろうし、ついて行った方がいいか。

「ああ、同行させてもらうよ」
「分かった。こっちだ!」

アランが歩き出し、俺もそのあとをついて行く。




暫くすると森を抜けるとそこには集落が広がっていた。

「ここがアランの住んでる村か?」
「ああ、狭い村だけどいいとこだぜ」

アランは狭い村だって言っていたけどそれなりに大きい村だった。
村の中心には教会のようなものや少し大きめな建物が目立っていた。

「あれが俺の家だ」

アランが指さす場所には一階建ての小さな家があった。
それでも一人で住むには丁度いい大きさだった。
そういえばアラン一人で住んでいるのだろうか。

「アランはあの家に一人で住んでいるのか?」
「いや、妹と二人で住んでる」
「親は?」
「…死んだよ」

え、

「俺らは元々隣の国ダリアン王国という国にいたんだ。でもギルガ帝国という強大な力を持った帝国と戦争を起こしちまってな、国中の人達が戦争に駆り出されたよ。俺らの親もな。でも結果は惨敗。今も戦争は続いているが滅亡寸前だ。だから俺らは完全に国が滅亡する前にここに来たって訳だ」

アランはアランで壮絶な人生を送ってきたようだな。

「なんか…すまん」
「別に良いさ、過去の事だし。取り敢えず入れよ」

そう言ってアランは家のドアを開け中に入っていった。
俺もアランに続き家に入った。
アランは自分が持っていた剣を壁に掛けていた。

「なあ、この近くにダンジョンみたいのは無いのか?」

俺は今後の経験値集めのためにダンジョンといった狩場はある程度把握したかった。

「あるにはあるが剣人じゃ無理だと思うぞ。見たところ武器は無いみたいだし」
「あるにはあるんだな?」
「まぁな」
「だったら問題ないな。俺にはこいつがあるしな」

そう言って俺は銃を少し持ち上げた。

「行くとしても今日はもう日暮れだから無理だぞ?」

俺は窓から外を見る。アランの言うとうり外はもう暗くなり始めていた。
そして俺はある事に気づいた。
そう言えば俺ってこちに来たばっかりだから寝るとこないじゃん。
もう一度窓のを見る。今の俺にはさっき以上に外が暗く見えた。
ど、どうしよう・・・さっきから冷や汗が止まらないんだけど。

「なあ、この村には宿屋みたいな物はないのか?」
「無い。この村には滅多に人が来ないからな。もしかして寝る場所が無いとか?」
「ああ…」
「なんなら泊まってけよ。部屋はまだ余ってるしな。」
「マジで?!」

取り敢えずこれで野宿の危機は去ったな。
俺が一安心していると、突然ドアが開いた。

「ただいま〜、兄さん帰ってる?」

どうやらアランの妹が帰ってきたらしい。

「もう帰ってるぞ。それと客人がいるんだ」
「兄さんが客人を連れてくるなんて珍しいね」
「まぁな」

アランの妹は予想道理美少女だった。
何だよ!この兄妹は!揃いも揃って美男美女ってか!

「始めまして、ソフィア・マートです。よろしく」
「あ、どうも。北川剣人です」

何か挨拶がぎこちなくなってしまった。





俺はその後アランに部屋を借り、床に就いた。

「明日はダンジョンか…まあ何とかなるか…」

俺はそんな事を考えながら瞼を閉じた。






目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。