機械仕掛けの白き死神は|宇宙《そら》の夢を見るか? (AJITAMA5)
しおりを挟む

プロローグ

 ボクの名前は織斑六花、りっか…と言うと女の子の名前に見えるけど僕は男だ。

 

 そして今僕は何者かの手によって誘拐されている。

 

 …殴られ、蹴り飛ばされと暴力を受けて、骨折をしてしまったようだ。

 

 多分、右の鎖骨と左の大腿骨、そして左腕の尺骨と撓骨を骨折、肋骨はいくらかのヒビ…かな。

 

「こちら───だ。織斑六花を捕獲した。そちらは?───そうか、織斑一夏もしたか」

 

 今の口振りからきっと一夏兄さんも捕まったのだろう。

 

「ん?おい、どうした。何!?織斑千冬が─っておい、応答しろ!!応答しろ!!」

 

 よかった。兄さんの方には姉さんが行ったようだ。

 

「まずい、こちらに織斑千冬が向かってくる。総員、今すぐ逃げるぞ。」

 

「へいっ───しかし、このガキはどうします?」

 

「───口封じに殺せ。」

 

 まずい、この状態はまずい。このままだと殺される。

 

 頼りになる姉さんは兄さんの救出に、おそらくドイツ軍も動いているけどこの状態。死ぬまで秒読み段階。助けももう絶望的か。そう思っていると、

 

 ───突然白いISが目の前に表れた。

 

《織斑六花を確認。これより要人保護プログラムを開始します》

 

 無機質なマシンボイスが響く。

 

「なんだコイツ!撃て!シールドさえ破ればこっちのモンだ!」

 

 その掛け声で謎のISにアサルトライフルの斉射が襲う。

 

《SEの減少を確認。敵性生物の排除プログラムを並行します。》

 

 しかしそのISは無傷だった。

 

「ヒィッ!な、なななんなんだよ!全く効いてねえぞ!」

 

 そんな相手の怯える声など関係無しにそのISは肩の武装に手を掛けた。

 

《G2-Buster FX150SA Killer-Human を起動。殲滅します。》

 

 この機体はきっと目の前のテロリストを殺そうとしているのだろう。

 

 だが、それだけは駄目だ。見るに耐えない。

 

「ダメだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

 

 僕はいつも以上の力、所謂火事場の馬鹿力というヤツを出した。

 

 手首を縛っていた縄は願いが通じたのか、ブチッと音をたてて千切れた。

 

「このぉぉぉぉぉ!届けぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!」

 

 そして、吸い込まれるようにISの背に手を当てた。

 

 するとISはあろうことか突然光り出し、気付けば消えていた。

 

「あれ…消えた?」

 

《要人の搭乗を確認。NAME·XD0630 Mastema 搭乗者·織斑六花、これよりオートパイロッモードに切り替えます》

 

 頭の中に突然声が聞こえて、下を向く。

 

 そこに見えた機械の塊に身を包まれている自分に驚愕し、僕は気を失った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「束、六花の救出は!?」

 

「ちーちゃん、りっくんの救出は成功だよ」

 

「そうか…良かった…。それで…怪我はしていなかったか?」

 

「顔や腹、全身に重度の打撲といくつかの骨折、他は大丈夫だった。一ヶ月もすれば完治するよ。ただ…」

 

「ただ…?何か有ったのか?」

 

「うん。りっくんがね、私の送った無人機に接触して、搭乗しちゃったんだ。」

 

「何!?それは本当か!?」

 

「うん…。だからね、高校生になるまで、IS学園に入るまでこっちで保護するしかないんだ」

 

「そうか…。じゃあ、宜しく頼む。どうか六花を守ってやってくれ」

 

「とーぜん!親友の頼みだもん、承けるしかないっしょ!」

 

 

 

 

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

お久しぶりです束さん

 目が覚めると目の前が真っ暗だった。

 

 体も動かないし…。

 

 …僕は死んだのかな?

 

「…りっくん、目が覚めた?」

 

 …聞き覚えのある声、誰のだろう?

 

「りっくん分かる?天災束さんだよ?」

 

 誰のだろう(現実逃避)

 

「小さい頃に束さんと結k「ゴバアァァアァアアァァァアアァアァアァアァ!?」…聞こえてんじゃん」

 

 それだけは駄目ですよ!?恥ずかしくて死にますから!

 

「まあ、小さい頃の話だしもう結婚の約束なんて時効だろうから本題に入るねー」

 

「ババッボバブボバベバァ!(さらっと暴露されたァ!)」

 

 …あれ?声が出ない…

 

「あ、自然治癒増幅用ナノマシン溶液内だから無理しないでね。全身打撲に五か所の骨折、肋骨は二本にヒビだよ?あと丸一日は動けないから勘弁してね?やー、束さんも焦ったよ。りっくんが来たかと思ったら全身に大怪我負ってるんだもん。この前にコレが完成していなかったら死なせちゃってたかも」

 

 …ナノマシンって?

 

『…ナノマシンって?』

 

 !?思ったことが…

 

「おっ、早速使えた?」

 

『束さん、これは一体…』

 

「イメージインターフェースを応用したテレパシーだよ!まいったか!」

 

『いや何がまいったかですか、イメージインターフェース…、IS技術の応用かな?』

 

「あったりー!まあ要約すると体内に侵入したナノマシンが脳味噌とブッピガーンしてナノマシンが脳波をピキィィィィィィンしてイメージインターフェースを通して音声出力してるってわけだよ」

 

『その例えはガン○ムファンの方々にしか分からないと思います』

 

「いいじゃんべっつにー、りっくんには伝わるんだから」

 

『そーですね(白目)』

 

 そんな他愛ない会話(?)をしつつ、僕は部屋の中を見渡す。

 

 束さん謹製のお掃除ロボットに工具セット、資材等がごちゃごちゃに置かれている。

 

 机の上には3年前に兄さんと姉さん、束さんに箒さんと5人揃って撮った写真が写真立てに入れて置かれている。そしてその側には僕が着ていた服が…

 

『束さん』

 

「ん、なーに?」

 

『もしかして僕って今裸…』

 

「下着はそのままだよ?流石にちーちゃんじゃないんだからそれは無いよ~」

 

『アッハイ』

 

姉さんは時々暴走するからなー…

 

………あ。

 

『そう言えば束さん』

 

「んー?なんだい?」

 

『僕がここに来たときISを纏っていましたか?』

 

「纏ってたねぇ」

 

『ISは女性にしか扱えないんじゃ…』

 

「扱えないねぇ」

 

『日本に戻ったら確実に…』

 

「モルモットだねぇ」

 

『やっぱり…夢じゃなかったのか…』

 

 一生表を歩けないじゃないか…

 

 そんな事を思い、俯いていると束さんが下から覗き込んできた。

 

「そんなりっくんに一つ朗報があるよー。一つお願いを聞いてくれれば教えてあげよう!」

 

『是非に、束御姉様☆』

 

「ヘァッ!?」(ブシャァァァァァ

 

『で、教えてくれますか?御姉様』

 

「うん…聞くまでもなくお願いを実行するなんてしかも要求を的確に当てつつそれでいて斜め上を行く発想天災束さんも大満足だよぶいぶい流石束さんのりっくん!いやお嫁さん!いやハニー?女神?女王様?…ああもうどうでもいいとりあえずお嫁さん!このまま式を挙げようそれで帰ったら『ご飯にします?お風呂にします?それともわ・た・し?』『もちろんりっくんだよグヘヘヘヘ』ってやりたい!それで子供は4人!男の子一人に男の娘一人、あと女の子二人!そのあとは子供たちと一緒に世界中を旅して笑いながら過ごすんだ!…でもそれだと時間に限りがあるね!それなら不死身になれば良いじゃない!よぅし!今からエリクシールの研究じゃあ!アハハハハハハハハハハハハハハハハ!コノターンエースゴイヨォ!(錯乱)」

 

『あ、束さん』

 

「なんだい?」

 

『性転換とか言ったら潰しますよ?(変わり身早…)』

 

「大丈夫だよ!小さい頃お父さんが仕えていた家に預けるだけだから!」

 

『へぇ、何と言うところですか?』

 

「更識家だよ!あそこの当主さんにはお世話になってるからね、(………主にお金とか)

 

『大丈夫なんですか?』

 

「束さんに任せなさい!来月には向こうに行くからね!」

 

『わー、全然駄目な気がしないやすげー(棒)』

 

 

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

Let's★座学death★

(*´・ω・)


 あれから三日後。

 

 僕の体は完全回復とはいかないが、何とか骨は全てくっつき、激しい運動をする以外は大丈夫になった。

 

 自然治癒増幅用ナノマシン溶液って凄いね。骨折が三日でなおってるもん。なんで束さんはこんな世界に役立つ技術を他に回さないんだろう?

 

 特許とれば大金持ちなのに…。

 

「りっくーん!」

 

 ! 束さんが来た、なんの用だろう?

 

「なんですか?束さん」

 

「りっくんってさ、高校行きたい?」

 

「それは勿論行きたいですよ。ただ、無理ですよ。IS動かしちゃったし…」

 

「そんなりっくんに朗報です。なんととある伝でIS学園に(半ば強制的に)通える事になりました!」

 

「ほんと…ですか!?」

 

「ほんとだよ!」

 

「やったぁ!」

 

 高校かぁ…、嬉しいな!

 

「ぐふふ…パタパタと手足を動かして喜ぶりっくん…イイ…」

 

 ? 束さんがなんか言ってるけどいいや。

 

「ありがとう!()()()()()()!」

 

「ゲファ!?」

 

 あ、つい昔のクセでお姉ちゃん呼びしちゃったか。って束さんがぶっ倒れてる!?

 

「大丈夫ですか!?」

 

「でぃあbふぃxmwhxめydmしfへkぃ%;[{?.,`¾? ̄=×-≦△←◇(出来ればこれからも束お姉ちゃんって呼んでね)…」

 

 突然何語ですか!?最初の一文字以外聞き取れなかったよ!?

 

 

 

 三十分後、突然束さんが起き上がった。

 

「タッバ は しょうきに もどった !」

 

「いや、いきなりどうしたんですか」

 

「電波」

 

「わけがわからないよ」

 

 電波ってなんだろうね。これだから人間は、わけがわからないよ(電波)

 

「で、さっき倒れた時なんて言ったんです?」

 

「うーん、なんだっけ?」

 

「僕に聞かれても…」

 

「あ、そうそう。IS学園に行くのに必要な知識と技術叩き込むから、今日から一ヶ月覚悟してね?」

 

「拒否権は?」

 

「NAI☆」

 

 ですよねー…。

 

「もちろんりっくんがギリギリ理解できるように解説するから安心してね」

 

 良かった、それならなんとか…

 

「一週間で。その後は実技だからね」

 

 なるわけ無いですよね(*´・ω・)

 

 てかいつの間に眼鏡に出席簿まで装備してって、ちょっと待って束s「お姉ちゃん」心読まないでよ。それになにその手、ワキワキ動かして気持ち悪いというかその手の動き焼きたてジャ⚫んで見かけた希ガス…あっ、待ってこっち来ないで………アーッ!

 

 

 

 一日目

 

「んでPICってのは慣性消去機構って言って」

 

「ふむふむ」

 

 二日目

 

「国家代表候補生ってのはかくかくしかじか」

 

「メブキ⚫カ」

 

 三日目

 

「けぷこんけぷこんっ!コア人格と言うのはつまりだな」

 

「ほむんっ!」

 

 四日目

 

「ちくわ(。∀゜)」

 

「しらす(゜∀。)」

 

 そして五日目にして…

 

「やることがないよぉ!(泣)」

 

「えっ」

 

 束s…ゴオッ(威圧)…お姉ちゃんがそう言った。

 

「何もないんd(ゴオッ…ないの?あと事ある度威圧するのやめて」

 

「無いね。もうコアの作成方法とかヤバイのしか無い」

 

 なんでだろう、凄く頭が痛くなってきた。

 

「痛いのはこっちだよ!?私が苦労して作り上げた論文を、一週間もたたずに読破するってどんだけなの!?」

 

「解っちゃったものは仕方がない(諦念)」

 

「うがぁー!どうしようこの行き場の無い怒りはァ!」

 

 そんなこんなで束お姉ちゃんと喧嘩していると、

 

 

   唐突にインターホンの音が鳴り響いた。

 

 

 

 ………インターホンなんてあったんだ…。




遅れて申し訳ない

風邪の後から何を書いてたのか全く分からなくなってたんじゃ…(*´・ω・)


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

13才か

サブタイェ…


 束お姉ちゃんが呼び出しに応答してからすぐにその人は来た。

 

 その人の名はナギ・ケンタロウ。

 少々深く切り込んだ短髪の黒髪に黒目、太めで形の良い眉、口から顎に掛けた切りつけたような傷痕。顔つきだけを見ればTHE・日本人と言ったオヤジをやっていそうなおじさんだった。

 

「お久しぶりです、ナギさん」

 

「久しぶりだな、束。任務が終わったら来る約束だったが…少し早く来すぎたか?」

 

「大丈夫ですよ、むしろ丁度良かったです。なにもすることが無かったので」

 

「ふむ、それなら良かった。追ってエルマ達も到着する。しばらくの間よろしく頼む」

 

 そう言って置かれた椅子に座る。瞬間、着ていたTシャツに書かれた「大吟醸」の文字が揺れ、皺を作る。

 

 …うん。

 

 ………うん?

 

 何故に大吟醸よ?

 

 お酒が好きなの?それとも外国人的なノリ的なサムシングなの?

 

「む、このTシャツが気になるのかね」

 

 あ、見られてるのバレてたね。

 

「はい、なんというか…」

 

「酒は良いぞ…嫌なことなど全部忘れて楽になれるからな。」

 

「そうなんですか」

 

「ああ、人を扱う仕事に就けば分かるようになるさ」

 

「あはは、あまり分かりたくは無いものです」

 

「ふむ、ところで君はどなたかね?」

 

 突然横からズシャァ!と音がたった。見ると束お姉ちゃんがヘッドスライディングかましていた。ガバッと音をたてて束お姉ちゃんが起き上がる。

 

「お互い知り合いなのかと思ったジョノイコ」

 

「違うんだよなぁ…」

 

 まあ、そんなことを言われたら自己紹介をするよね。

 

「こほん。…改めまして僕は織斑六花、13才です。この度はISを稼働させてしまったことにより、束お姉ちゃんの元で修行をすることになりました」

 

「ご丁寧にどうも。私はナギ・ケンタロウ。亡国企業実働部隊BLADE長官をしている。…それにしても13才か。それでISの勉強を…偉いな、そして健気だ」

 

「あ、ありがとうございます?」

 

 なんかナギさんが凄い涙ぐんでるんですけど?あれ、僕が悪いの?等と考えているとナギさんは立ち上がり

 

「よし、決めた。これより我々BLADEは織斑六花に実践訓練の手解きをすることを約束する。…それでいいな、束?」

 

「勿論ですよ、むしろ此方から頼むために呼んだんですから」

 

「そうだったか。なら話は早い、報酬の話に移ろうか」

 

 そう言って、束お姉ちゃんと奥の部屋(確かブリーフィングルームだったか)に入っていった。

 

 その直後、インターホンが再度鳴らされた。

 

「………出ますか」

 

 取り合えず玄関に行くことにした。




一発芸『分裂』

( ^ω^)
( ^ωω^)ニョーン
( ^ω^ω^)ニョニョーン
( ^ω^^ω^)ウニョーン
( ^ω^ ^ω^)ニョー…
グググ( ^ω^三 ^ω^)グググ
( ^ω^)☆PON☆( ^ω^)

………なんだこれ


目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
一言
0文字 ~500文字
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。