ファイアーエムブレム~エシャルの系譜~ (ユキユキさん)
しおりを挟む

ープロローグー

モチベーションが上がっていまして、書き直そうかと。

設定が変わっている部分が出てきますが、そこはご了承のことを。


ー???ー

 

目が覚めると、そこは白い空間だった。何やら浮遊感、ふわふわしているなぁと思ったら浮いていた。わけが分からない、それに身体が動かない。…どうなるのかなぁと考えていると、

 

『…君が犠牲者か。』

 

厳かな声が聞こえた為、そっちに視線を向けると髭のナイスミドルが後光を背負って立っていた。…いや、浮いてる?

 

これは夢なのだろうか?

 

『夢ではない。そして…、現実でもない。』

 

…何を言っているのか分からない。夢でもなくて、…現実でもない? じゃあ、…何さ?

 

『君は死んで、魂だけの存在となっている…。』

 

…俺は死んだのか? 何で…? 普通に寝ていたんだけど。

 

『君の死因は、私の部下の喧嘩に巻き込まれてね。寝ている君に雷が落ちたのだ。正確に言うならば君の部屋、いや…家になるか。その雷によって家が全焼…、所謂…焼死ってヤツだ。』

 

なるほど、巻き込まれて死んだわけね。…にしても凄いな貴方の部下は、人間じゃないわな…人外なんだろうね。

 

『私は君の世界でいう神…という者だ。勿論、部下も神である。』

 

ふむ…テンプレってヤツですか、神様の手による事故死。俺がそれに巻き込まれるとはツイてない、……どうしようか?

 

『…君は怒らないのかね? 理不尽に巻き込まれ、死んだのだよ?』

 

何で怒るのさ? 神様に怒るなんてバカじゃないんだから。ツイてないってことで良いんじゃないですかね?

 

『…君は変わっているね? 大体の者は怒るのだが…。』

 

…いやいやいや、何なんですかソレ。俺みたいに死んだ人がいるんですか? …ダメじゃないですかね? …神様だから仕方がない?

 

『…今回の件も含めて、その部下は厳しい処罰を受けるだろう。…というか、与えることを約束しよう。』

 

なるほど、俺を殺した…と言っても良いのかな? まぁとりあえず、その部下が問題児ってわけですか。…俺みたいに死ぬ人が減って良いかと思います。

 

『…うん、そうだね。…その件で君にせめてもの罪滅しとして、新たな命を与えたいと思っている。…どうかな?』

 

新たな命って…、元いた世界? 場所? に戻れるんですかね?

 

『…申し訳ないが。』

 

…なるほど、テンプレですね? 別世界…と? ……ふむ。

 

『…テンプレって便利だな。…それでどうするかね? 好きな世界へ送ってあげることが出来るが。』

 

…そうですね、…決めました。

 

『……早いね。』

 

このまま消滅でもしてやってください。神様が罪滅しなんてするもんじゃないですよ?

 

『…………。』

 

そんなわけで、消滅でよろしくお願いします。短い人生だったけど、それなりに楽しい人生だったかな? わははははは!

 

 

 

────────────────────

 

 

 

ー神様ー

 

何とも不思議な青年よ、消滅を求める者なんて今までいなかったが…。大体の者は好きな世界、望む能力を求めて嬉々として行くのだが…。欲がない、…近頃珍しい青年よな? …このような青年を消滅させるのは惜しい、…ふむ。

 

私は神だからな、強引にでも命を与えさせて貰おうか。

 

 

 

────────────────────

 

 

 

ー???ー

 

何やら神様が目を瞑り、…考えてるっぽいぞ?

 

『君の消滅は無しでいかせて貰うよ。』

 

…はい? …何故に突然?

 

『消滅を求める者なんて、今までいなかったからね。…君の生きる物語を見たくなったのだよ、…強引にでも命を与えるからね。…私は神なのだから、これくらいはまかり通る。』

 

なるほど、…神様だからですか。…そういうことなら仕方がない、…神様にお任せしますよ。

 

 

 

 

 

 

『十五歳で君の自我を復活させれば良いんだね?』

 

そうです、それぐらいでお願いします。赤ちゃんプレイなんて、…イヤですからね。

 

『…分かった、そうしよう。それ以外は私に任せる…で、良いんだね?』

 

迷いますからね、…だったら神様に任せれば間違いないかと思いまして。

 

『…なら、期待に応えて私に任せて貰うとしようか。』

 

ええ、お願いします。では…そろそろ良いですかね?

 

『…そうだね、そろそろ送ろうか。…君の新たなる命に幸あれ。』

 

まぁぼちぼち生きさせて貰いますよ。それでは神様、縁がありましたらまた…。

 

 

 

────────────────────

 

 

 

ー神様ー

 

…行ったようだな。何とも言えない青年、君の紡ぐ物語はどんな物語なのだろうか? …その物語を見守る為に、相応の能力を与えねばなるまい。力を得た君はどんな人生を歩むか、今から楽しみだ。

 

十五歳で自我が復活するまでの間は、私の方で君らしい行動をさせよう。生まれ変わっても、君は君だからね。…それに自我復活の際、適合に負担があまり掛からないように容量を大きくして………。相応の能力、力…か。さて、どうしようか…。

 

 

 

 

 

 

………ふむ、同タイトルの別作品のデータを使うとしようか。メインの物語はこれで、別作品のデータもこの程度が良いかな?

 

…………これならばそう簡単に死ぬことはないだろう。よし…!

 

 

 

 

 

 

準備は整った。ファイアーエムブレム~聖戦の系譜~の世界にて、君の紡ぐ物語…人生を見せて貰うよ?




何となく悩みまくった末のリメイク。

なるべく間を空けないで書きたい。


正直、どう進めるかで色々とね。故に書き直し。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

第1話 ~俺の名はエシャル

変更点があります。


ーエシャルー

 

………おお? 何だ突然、頭の中に色々な情報が…。………んん? …そうか、そうだったな。俺は転生したんだっけ? 別世界で死んだんだったな。そんで神様の手によって新たな命を…、そう…新たな命を貰ったんだ。

 

…で、俺が転生した世界は何だっけ? え~と…ファイアーエムブレムの世界で、…聖戦の系譜だったかな? …俺の前の名は何だ? …そこは靄が掛かって分からない。分からないからこそのステータスチェックだな、…思い浮かべればチェック出来る筈っと。

 

────────────────────

 

名前:エシャル

クラス:炎の公子(ファイアーロード)

 

LV:15

HP:45

MP:68

力:15

魔力:20

技:16

速:18

運:28

防御:15

魔防:22

移動力:6

 

スキル:追撃・連続・見切り・必殺・怒り・エリート・炎の血

 

武器LV:剣☆・杖A・炎☆・風B・雷B・光B

 

所持アイテム:キルソード・特効薬

 

魔法:ライブ・リライブ・リブロー・ワープ・レスキュー・ファイアー・エルファイアー・メティオ・ギガファイアー・ボルガノン・シムベリン・レクスフレイム・ウインド・サンダー・ライト

 

所持金:15,000G

 

────────────────────

 

「……おお? 何じゃこりゃあああああっ!?」

 

俺のステータスが凄まじいんですが? 何だこのステータスは!? MPって何さ? 炎の公子(ファイアーロード)って何さ? 魔法って何さ? …魔道書いらないの? ギガファイアー・シムベリン・レクスフレイムって暁の魔法じゃね? 炎の血ってスキルはif? ……剣と炎が☆って何?

 

……………考えた所で意味はないか、そんな仕様ってことにしよう。まぁ実際、魔道書に使用回数があっても困るし? MP消費がリアルってこと?

 

…それで俺の名はエシャル、十五歳だ。ファラとヘズルの血を濃く受け継いでおり、継承者となることが出来る身。…どんなバグキャラだよ俺は、…色んな意味で危ない奴じゃないか! なるべく血のことはバレないようにしないと、…まぁいずれはバレるんだろうけど。

 

それでえ~と…ヴェルトマー家当主のヴィクトルが父で、その愛人との間に生まれた微妙な立場の子供が俺。愛人と言ってもノディオン王家の血筋、そして俺の母であり既に亡くなっている。産後に色々あって亡くなったと記憶しているが、…よく覚えていないのが悔やまれる。

 

んで…俺の兄はアルヴィスで弟にアゼルがいる。フリージ家とも縁があり、ティルテュとエスニャを妹? のように可愛がっていたような違うような? …俺の住む場所は領地の端の方で、所謂…僻地って所だったような気がする。………そこら辺の記憶がヤバイ、何故か思い出してはいけないような?

 

……逃げた? その地から俺は、…二年前に逃げ出して今に至っていると思う。…記憶が曖昧で靄が掛かっている、…理由は分からないが逃亡者。…そう俺は逃亡者、…全然ダメじゃんね? …これから先、…どーすればいいのさ。

 

 

 

 

 

 

……色々考えつつ思い出してみたけれど、…まぁどうでもいいわな。なるようになるだろうし、とりあえず楽しく生きましょうかね。ここは聖戦の世界であるっぽいけど、俺がいるし色々ツッコミ所があるから別世界と見ていいだろう。原作知識はある程度あるけれど、それを当てに出来ないと確信出来る。故に慎重に生きるが吉、…分かったな! 俺よ。…つーか、ここは何処なんでしょうか? …え~と。

 

…ここが何処か判明しました! 今はグラン暦751年、俺のいる場所はヴェルダン王国のマーファ城城下にある宿の一室。んで、先程一人で大騒ぎしたことで宿の主に怒られる…と。わははははは! 元貴族の癖にざまぁ、しかも逃亡者の身でありながらですよ? 笑っちゃうよね。

 

…はぁ~っ、笑ったら疲れちまったよ。くだらないことで笑っちゃったな、…アホですか俺は。…つーか、これから先どうすればいいんだ? 聖戦は好きだけど、別世界故に何時何処で何が起こるか分からんし。……悩んだ所で何も思い付かないよなぁ~、まぁ…なるようになるのかなぁ~?

 

とりあえず、ここは緑溢れるヴェルダン王国だろ? 森へ行って獣相手に実力を確かめる、…ってーのが一番か? 獣を狩れば金になると思うし、現状それしか思い付かんわ。…うん、そうしよう! そうと決まれば今日は眠るのみ。明日に備えることも重要だろう、体力はあるにこしたことはない。じゃあそういうことで、…おやすみ~。




クラスの変更。

スキル・所持アイテム・魔法の追加。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

第2話 ~森での出来事

仕事の合間に投稿故に、感想はまだ見てませぬ。

見ても返信しない可能性があります。

ご了承下さい。


ーエシャルー

 

次の日、マーファ城城下にて情報収集をしてみる。殆んどの情報は知っていることや関係のないものであったが一つだけ、精霊の森付近には化物熊がいるという話を聞いた。何でもその化物熊はたまに人里へと下りてきては人を襲う、家畜がいれば全てを食い散らかす等好き放題するらしいんだわ。この城の城主も何度か討伐隊を組み挑んでいるらしいけど、返り討ちにされているとのこと。

 

 

────────────────────

 

『赤腕』と呼ばれている化物熊を討伐、実力を試しつつ懸賞金を手に入れようと思い森の中へ。一石二鳥じゃないか! とテンション高めで勇んでみたところ、…森の奥にて冷静となり気付く。

 

「…炎魔法を使ったら、大火災まっしぐらやん。…俺の進むべき道が閉ざされた!」

 

一番確かめたかった炎魔法が、一番駄目なヤツであることに気付いてしまったのだ。こいつぁ~痛い、痛すぎるぜ! 自由に生きると決めた俺だが、流石に大火災は駄目だろ! 絶対!

 

…でそうなるとだ、炎魔法とは違う手段が必要となる。ならば仕方なしということで、代わりに剣を使いましょう。我が身に流れる黒騎士ヘズルの血よ、その力を見せて貰うぞ!

 

「ちゃらららん! キルソード♪」

 

腰に差してある鞘から黒き刃の剣を抜き掲げる俺、黒騎士ヘズルの再来と言えるぐらいカッコいい。…とは言ったものの、ノディオンのエルトシャンがいるからねぇ。獅子王の勇名には敵いませんわ、…そういえば俺って獅子王と面識があるんかね?

 

…うーん、記憶の中を探ってもよく分からんな。まぁモヤモヤしている記憶の何処かに、もしかしたら出会った記憶があったりするかもね。…それよりもだ、俺の剣の方が重要だろう。ヘズルの血がピッカピカだから、なまくらな筈はないと思う。へいへいへーい! 噂の『赤腕』とやら、何処からでも掛かって来んかい!!

 

 

 

 

 

 

そんな感じで調子に乗っていたら、馬鹿デカイ熊に襲われたよ! 流石の俺もビックリしましたわ、熊ってあんなにデカくなるものなんですね! 4m以上はあったぞ絶対、ここって聖戦の世界ですよね!?

 

めっちゃビビったけれど、キルソードと必殺のスキル効果で攻撃が全て必殺の一撃に! 追撃と連続で熊は為す術もなく瞬殺、俺ってば強いじゃないの! 攻撃こそが最大の防御、それ故に無傷で倒しました! 流石はヘズルの申し子、俺様カッコいい! 血濡れたキルソードを天へ掲げ、倒した熊の上にて片手で顔を覆い瞑想。

 

……………自己陶酔中。

 

…熊殺しのエシャル、今日からそう名乗っ…ダサいからやめよう。

 

 

 

 

 

 

自己陶酔中のエシャルを木の影から見詰める者がいた、その人物にエシャルは気付かず。…ご機嫌なエシャルを見詰める者、それはとても美しい一人の少女だった。

 

 

 

────────────────────

 

 

 

ーディアドラー

 

人の気配を感じて、私はその場所へ向かった。ここは深い深い森の奥、人々から精霊の森と呼ばれている場所。このような奥深い森の中に、普通の人ならば入ってくることはない筈。

 

予想するに、…たぶん迷い人だと思う。もしそうであるとしたら、私の魔法で惑わせなくてはならない。私達の住む場所へ近付けてはならない、お婆様にきつく言われているから…。私はその掟に従い、何人もの人を惑わせてきた。中にはそのせいで亡くなってしまった者もいるだろう、嫌だけど…掟に従わなければ私とてどうなるか。…だから私は向かう、森に迷い込んだ哀れな人の下に…。

 

そして私は見てしまった、夢にまで見た憧れの騎士様のようなお方を…。そのお方は赤みがかった金色の長髪に切れ長の目と高い鼻、そして口元には薄く笑みを浮かべている。真紅のマントに、見事な装飾が施されている漆黒の騎士服を身に纏っている。

 

「……素敵。」

 

無意識に言葉を口に出してしまった私は、慌てて口元を押さえて周囲を窺う。騎士様へ視線を向けてみれば、キョロキョロと周囲を見回して首を傾げている。…危なかった、…ホッと一息吐いた所に、

 

『グルオァァァァァッ!!』

 

大きな雄叫びが森の中に響き渡った。

 

 

 

 

 

 

…………!?

 

あれは『赤腕』と呼ばれている人食い熊! そんな化物がどうして…! 今の時期はもっと森の奥、そこで大人しくしている筈なのに…!

 

ヴェルダン王国第一王子様の討伐隊を何度も破った化物…。ああ…騎士様が殺されてしまう! 掟を破ることになるけれど、騎士様を助けるには私が…。そう決意をして、私は騎士様を逃す為に助太刀を…と。そう思った矢先、

 

「巨大熊が相手か…、不足はない。さぁ…俺の糧となるがいい!」

 

剣を構えて化物に…、『赤腕』に立ち向かってしまった! …目にも止まらぬ速さで騎士様へと向かい、『赤腕』が腕を振り下ろして…、

 

「……ああ!?」

 

私は手で顔を覆い目を背けた、悲惨な光景を見たくはなかったから。

 

…しかし、

 

『ガァァァァァァァァァッ!!』

 

騎士様の悲鳴ではなく、獣…『赤腕』の悲鳴? が響く。何が起きたの!? そう思った瞬間、

 

ズゥゥゥゥゥンッ!!

 

大きな地響きが森に広がる。私は戸惑いながらも、恐る恐る視線を騎士様の方へ向けてみた。そこには『赤腕』と呼ばれている人食い熊が地に伏しており、騎士様は剣を天に掲げて黙祷を捧げていた…。

 

 

 

────────────────────

 

 

 

ーエシャルー

 

…ふひぃ~、自分自身に酔うとは俺もまだまだだな。もう少しクールにならなければ…と思いながら、剣を軽く振って血を払い…鞘に納める。そして悩む俺、…この熊をどうするか。このまま捨て置くには勿体ない、…う~む。

 

…あ! ワープがあるじゃないか。ワープだったらこの巨大熊を運べる筈、原作では無理だけどこの世界では可能。何せ杖ではなく全てが魔法に分類されている、杖と魔道書は飾りなのさ! …そうと決まれば直ぐ実行、高まれ俺の魔力よ! ぬぬぬ…ワープ!!

 

 

 

 

 

 

エシャルの姿は巨大熊と共に魔法陣の中へと消えた。しかしエシャルはドジを踏む、母の形見であるペンダント。彼自身もその存在を忘れていたが故に気付かない、そのペンダントを落としたことに。

 

そしてそのペンダントを拾う少女、彼女はそれを胸に抱き締めて…、

 

「………騎士様。」

 

初めて抱いた感情に戸惑いながら、少女は何を想うのか…。

 

この一つの出来事が運命の歯車を動かす。



目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。