竜の覚醒 (カゲプロ&ワンピース&MH) (シュウスケ)
しおりを挟む

プロローグ

シンタローサイド


シ「おい、アザミ、これはドーユーコトダ」

 

カ「なんで別の世界に飛んでんのさ!」

 

ア「······すまん」

 

セ「元の世界には戻れるっすか」

 

ア「······すまん、今は無理だ。私しか戻れない」

 

シ,セ,カ「「「は、はあああああああああ!!!」」」

 

         ~30分前~

 

シ,セ,カ「「「暇だ/すね/だよ」」」

 

セ「どうするっすか?する事無さすぎっす」

 

シ「とにかく暇だな、他のやつらも出かけたし」

 

カ「僕らも起こして皆で行けば良いのに

  なんかないかな~」

 

そう、とにかく暇だったのだ。

する事やること為すこと何もなく

アジトのリビングでぼーっとしてた。

で、ぼーっとしてたらいきなり出てきた。

 

ア「おい、小僧」

 

シ「うわぁぁぁぁぁぁ!!ど、どっから出てきた!」

 

ア「玄関から」

 

シ「あいつら戸締まりしろよ!!!」

 

セ「で、アザミさんはどうして来たっすか」

 

ア「凝らしてみたら暇そうだったもんでな、来てみた」

 

シ「どんだけ隙だ」

 

カ「アザミ、カゲロウデイズで遊ばせてよ」

 

セ「いいっすね!」 シ「ナイスだカノ!」

 

俺とセトは同時に親指を立てる。

が、アザミは少し迷っている。

 

シ「どうしたんだよ?」

 

ア「最近カゲロウデイズの中が不安定なんだ

 今は大丈夫だが、まぁ保障してやる」

 

カ「よし、じゃあいこうかww」

 

シ,セ「イェーーーイ!!」

 

で、行ったら別世界でした(←イマココ!)

 

 

 

カ「なんで無理なのさ」

 

ア「一度開いたせいでバランスが崩れたのだ」

 

セ「どれくらい難しいっすか?」

 

ア「宇宙服を着ずに宇宙に行くくらいだな」

 

カ「なんなのさその例え!!

 戻れるようになるにはどのくらいかかるの?」

 

ア「数年···いや、十数年·····」

 

シ「長えんだよ!ここはなんの世界だよ」

 

ア「海賊と海軍がいる、冒険する世界だな

 悪魔の実っと言うのがあるらしい

 食べたらカナヅチになるらしいがな」

 

セ「海賊してみたいっす!」

 

シ「じゃあ、元の世界に戻れるようになるまで

 俺ら海賊でもしてるか」

 

セ,カ「OK ~(っす)」

 

ア「ならば、お主らにプレゼントだな」

 

アザミは、赤、黒、灰色のバナナみたいなのを出した。

 

カ「何この果実」ア「悪魔の実だが」

 

シ,セ,カ「「「はぁ!?」」」

 

ア「凝らすと盗むでな、ドラドラの実と言う

 動物(ゾオン)系のものだ」

 

セ「ドラドラってドラゴンっすか!」

 

カ「カッコいいだろうな~」

 

ア「あと、この世界での名前を考えておけ」

 

シ「サンキュー!!」

 

ア「醒めるで身体もコノハ並にしておいたし

 歳も3歳若く為っているぞ」

 

カ「身体の強化の意味は解るけど

 若くしたのはなんで?」

 

ア「気まぐれだ」 全「「「最悪······」」」

 

ア「モデルがなんなのかは食べたら

 分かるだろう、後は頑張れ」

 

カ「最後適当!!!」

 

ア「私は戻って、事情を説明したりするからな」

 

セ「わかったっす!」

 

ア「じゃあまた」

 

アザミは蛇に入って行った。

 

シ「とりあえず今日から頑張ろうぜ!!」

 

カ,セ「おーーーー!!!」




駄文ですいません 

もっと面白いものになるようにします!


目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。