あの夏に、私は帰りたい。 (大石蔵良の嫁)
しおりを挟む

はじまり

私は小さな頃から、よくいじめられていた。どうやらいじめられやすい体質のようで、どこに行っても何をしても、同じ結果を生んだ。

 

「花...ごめんね、ごめんね...」

 

母はいつもこう繰り返しては、傷まみれになった私を抱きしめてくれたことを、鮮明に覚えている。

 

確か、小学校低学年の初夏だった。見かねた父方の祖父が、しばらくこっちで過ごしてはどうか、と提案してくれたのだ。藁にもすがる思いだった両親は、何か少しでも変わることを願って、私を祖父母が住む田舎へと送り出した。

 

「花ちゃん、よぉく来てくれたねぇ」

「辛かったろう、夏休みの間はここでゆっくりして行け」

 

あまり会うことの出来ない孫が、しばらく滞在するのが嬉しかったのだろう。私の頭を撫で繰り回しては、名前をたくさん呼んでくれた。

祖父母の家は大きな木造の平屋で、今思えば、地主かなにかだったのだろうなと思う。両親と暮らしている家は、都心にあり、いつも喧騒と共にあった。

けれど、ここは虫の声や野生の動物、1日数本のバスの音しか無い。とても、静かなところだった。ここでの生活はとても穏やかで、ずっとここで暮らしていたいとさえ思った...だがそれも、束の間だった。

田舎といえど、やはり子供はいるものだ。

田んぼの脇道を散策していると、背後からいきなり蹴り飛ばされて、田んぼに落ちた。

 

「やーい!田んぼに落ちやがったー!」

「汚ったな〜!」

「だっさー!」

 

ああ、またか...と、私は思った。 潤いを取り戻した心が、またゆっくりと死んでゆくのを感じる。安息などなかったのだと。ゆっくりと起き上がると、同い年ぐらいの子供が数人、私を嘲笑っていた。

 

「ドロドロだー!」

「くっせぇ!近寄んな泥女〜!」

「これでも食ってろ!!」

 

子供のうちの1人が、私に向かってそこらから抜いた雑草を投げつけてくる。他の子供もそれを真似ては、小石や雑草を浴びせてきた。反撃してはダメだ、面白がられて酷くなる。 祖父母に迷惑がかかる、我慢するんだ...。

そう自分に言い聞かせては、俯いて棒立ちしているしかなかった。

 

「お前達、何をしているんだい?」

 

確かにそう、聞こえたのだ。男の人か女の人か分からない、とても綺麗で不気味な声。他の子供たちにも聞こえているらしく、投げるのをやめて、青ざめた顔をして止まっていた。

 

「ヤバい...!むつめ様だ...!」

「むつめ様が来ちゃう...い、嫌だ、嫌だ...!」

「きゃああああっ!」

 

思い思いに喚き散らし、皆がどこかへと逃げていった。

むつめ様とは何かわからない私は、田んぼから上がって、ゆっくりと祖父母の待つ家へと帰った。

その後、あの子供たちが行方不明になるとも知らずに。



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

どうして

私は、祖父母の家へと帰宅した。

泥や雑草で、在らぬ姿となった孫を見た祖父母は、驚きを隠せずに棒立ちしていた。あの表情は、今でも覚えている。

ひとしきり立ち尽くした2人は、私を風呂に入れて、丁寧に洗い流してくれた。

 

「花ぁ、可哀想に...可哀想に...」

 

祖母は、涙を流しながら、湯気の上がる私の体を拭う。

居間でテレビを見ていた祖父は、手がまるで梅干しのように赤くなるまで、力を入れて握っていた。怒ってくれているのだろうか、優しいな...なんて、当時は思ったものだ。

そうこうしていると、玄関の戸が強く叩かれた。

 

「おい!いるんだろう!ここを開けてくれ!」

 

何度も何度も、戸が壊れてしまいそうなくらい、叩いていた主は、祖母が出るのを待てずに戸を引いた。

 

「あらぁ、井山さんじゃあないですかぁ...」

 

祖母は驚きながら言った。祖父が奥から、その人を睨みつけている。

 

「ここによそ者のガキが居るだろう!!そいつを出せ!!」

 

井山さんという人は、ひどく怒り狂ったようすで怒鳴った。

こんな大人を見たことがある。時々、家の近くのコンビニで、店員さんにクレームを言っている人だ...なんて、呑気に考えていた。

 

「この子は、よそ者じゃありません、うちの孫ですよ」

 

祖母がいつになく強く答えるものだから、着替えていた私は少し体をビクつかせる。その様子を見た祖父が、こっちへ来いと手招きし、居間で待つように言いつけた。

 

そこからは、井山さんの大きな怒鳴り声と、祖父の低い威圧のある声が何度も交わされるのを、ただ聞いていたと思う。

だがその中で、1つ気になることを耳にした。

 

「うちの子が帰っていない」

 

あの、田んぼで出会った子供の1人だろう。確か、顔のよく似た子供がいたはず。

私は、祖父の言いつけを守らないで、玄関へ出た。

 

「あの」

「あっテメェ!うちの子供をどこへやったあああっ!!」

 

話をしようとした矢先、大きな平手を食らった。 頬が、ヒリヒリして熱を持っているのが分かる。痛い。痛みや恐怖で、視界が滲んでゆく。怒られる。声を出せば怒られる、だから抑えなきゃ。

そう必死で、声を抑え続けた。

滲む視界の中で、祖父が井山さんを殴ったのが見えた。

とても怖かった。

震える私を見て、祖母が立たせて奥の部屋へ連れていってくれた。体の震えが酷くなるなか、窓を見ると、日が落ちていた。7時半だった。確かに、これで子供が帰らないのは可笑しい。

その後、祖父は井山さんを無理やり落ち着かせて、事情を聞いたらしい。話によると、あの時出会った子供たち皆が、まだ帰っていないという。

その時、私の脳裏に過ぎったのは

 

「むつめ...様...?」

 

その言葉を呟いた時、その場にいた3人が一斉に、こちらを振り向いた。

何かに、怯えたような顔をして。



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

おきにいり

怯えた顔をした3人が、私を見つめる。

私はとんでもない事を言ってしまったのだろうか、謝らなきゃ、謝らなきゃ...そう焦るも、恐怖で声が出ない。嫌われる、いじめられる。大好きな人達にまでも。

怖かった、ただただ怖かった。

口をパクパクしている私を見つめたまま、伊山さんは崩れ落ちた。

 

「あ、あああ...ああああああああああっ!!!」

 

地面が揺れてしまうんじゃないかと思うほど、大きな声を上げて、井山さんが泣き喚いた。我に帰った祖父が井山さんの肩を抱き、慰める。

状況を飲み込めず、まだ口をパクパクさせる私を、祖母が泣きながら抱きしめた。

 

「なんでぇ...なんでぇ花なのよぅ...」

 

私は今更、とんでもない事に巻き込まれたのだと、自覚した。

 

井山さんを祖父が帰した後、いつにも増して静かな食事を終え、2人が私に向き直った。

 

「花、お前が聞いた声はな...この土地の神様の声だ」

「その神様は、むつめ様って言ってねぇ...私たちを守って下さってるのぉ...」

 

いい神様じゃないかと思ったが、そうでは無かった。

 

「でもねぇ、むつめ様はある日突然、山の祠からでて来られるのよぉ」

 

涙を堪えて、祖母の顔が歪む。

 

「出てきたむつめ様は、村にいる子供からお気に入りを見つける。お気に入りにしてもらった子供は、むつめ様から加護を授かる...だが、相手は神様だ。当然、代償がいる。」

 

だんだんと、祖父の話が頭に入ってこなくなってくる。神様のお気に入り、それが私だと。そう言いたげだった。

 

「その代償は、むつめ様の元でお仕えしなければならないということだ。むつめ様は沼のほとりにある祠の神様。むつめ様の元へゆくには、沼に入らなければならない...」

 

沼に入る...それは、死を意味しているのだと思った。絶望に呑み込まれて、足先から体が冷えていくのを感じる。痛い思いをしただけで、人生の幕を閉じる。

初めて、悔しいと思った。

いじめられている時はいつも、ただただ辛かった。でも悔しいと、逃げ出したい、抗いたいと思ったことは無かった。

それから祖父は、泣き崩れる祖母に手を添えながら、他のことも話してくれた。

居なくなった子供たちは、私をいじめたから攫われたのだと。むつめ様は、決してよい神様ではない。願えばそれ以上の代償を持っていかれると。

だけど、私の耳には届かなかった。生きたい、もっと生きて世界を見たい。いつか、いつかいじめられない、強い私になりたい。

私は、生きることしか頭になかった。

強く、強くなりたい...強く、生きたい!



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

かみさま

祖父母は、俯いたまま動かない私を、強く抱き締めてくれた。背中をさすり、頭を撫で、たくさん泣いてくれた。

私は、家族に大切にしてもらえている。それだけが、これまでもこれからも、私にとっての支えだ。支えてくれる家族のためにも、私は生きたい。

 

「おじいちゃん…私、生きたい。だから、方法を教えて」

 

顔を上げ、祖父の目を見つめた。まるで、瞳から人のナカまで覗き込むかのように。祖父は、私の目をみて、恐怖したようだった。私自身は、ただ見つめていただけだったのだが、そうではないように見えたらしい。

唾をゆっくりと飲み込むと、祖父は一呼吸おいて、また話をしてくれた。

 

まずとにかく、私はむつ目様の元へ行かなければいけないらしい。だが、“すぐに”命を奪われることは無いのだという。お気に入りだからだ。

だからといって、ずっとむつめ様と共にいる訳ではないらしく、また帰ってこられる。ただ条件として、この村から出てはならない。

そもそも、私をこのまま、両親の元へ帰すことも出来るのだという。けれど、それをしてしまったが最後...村の人々は1人ずつ、残忍な殺され方をするのだ。

そして村人がいなくなれば、範囲を広げ、隣町や村。そして街へと侵食していく。

そうなってしまっては、私が戻ってこようとも、もう止められないのだと、祖父は教えてくれた。

 

すると、落ち着きを取り戻した祖母が、ぽつりぽつりと、語り始めた。

 

祖父母は、生まれも育ちもこの村だったそうだ。

幼少の頃。祖母ととても仲の良かったヨネという少女がいた。とても明るく、可愛らしい子だったと、祖母は振り返った。

それがある日突然、他の子供が行方不明になった。大人達はみな、「むつめ様が来られた」と騒ぎ立て、残った子供を呼び集めた。

すると、その中からヨネが引っ張り出され、むつめ様の沼へ連れていかれたのだと。

それ以来、村でヨネを見かけることはあったが、どんどんやつれてゆき、次第に見なくなったらしい。

 

神様に自分を捧げ、最期は誰にも知られずに消えてしまう。まるで、お供え物じゃないかと、当時は憤怒したものだ。

だが、希望はあった。 すぐに死んではいない。確実に、生きてはいたんだ。

大切な祖父母や、両親が死んでしまうくらいなら、私が何とかしよう。そして、絶対に生きて帰ろう。そう決意し、私は拳を強く握り、息を大きく吸い込んだ。

負けない。

私は、人の人生を振り回す神様なんかに、負けやしない!

固く握った拳を開き、祖父母へ差し出す。

 

「私を、沼へ連れてって」

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

おつかえ

そう、私が祖父母にそう言い放つと、私は何処からともなくやってきた村人達に巫女服を着せられ、化粧や装飾品で着飾られた。

人々は皆、生気のない青白い顔をして、黙々と事を進めてゆく。

とても気味が悪いと感じた事が、強く印象に残っている。

 

「さあ、着付けがすみました。これを持ちなさい」

 

村人の1人が、小さな蛙のガラス細工を差し出した。

とてもキラキラと、万華鏡のように輝いていて綺麗だったそれを、私はそっと手のひらで受け取った。

泣き崩れる祖父母に見送られ、私は1人で言われた通りに山を登ってゆく。そこはまぎれもない獣道だったが、何故か服が汚れず、まるで枝葉が私を“避けている”ようにも見えて、寒気がした。

 

「はあ、はあ…ここが、むつめ様の沼…」

 

すっかり息の上がった私は、開けた場所に出た。この辺り一帯には、木が鬱蒼と生い茂っているというのに、池の周辺だけ一本も生えていない。

まるで、誰かが手入れをしているような、綺麗な芝生だ。

景色に気を取られていた私は、アレに気付くことができなかった。

 

「はな、ハナ…こっちへ、おいで、ハな」

 

田んぼで子供達に囲まれていた、あの時と同じ声が響く。

まるで、ホールにいるかのように声は伸び、気味悪さから鳥肌が立った。

 

「はな…ハナ、こっちへ…ハナ…?」

 

呼び声は、段々と訝しげそうになってゆく。

疑われている、そう思ったとき、ハッと顔をあげた。

 

「花」

「ッッ…キャアアアアアア!!」

 

見上げた先には、この世界に居てはならないものだと、直感で感じられるような化け物が、私を覗き込んでいた。

その一瞬で、私の体は恐怖に飲み込まれてしまった。生きる、生きたいと願い決意を胸にしたはずだった。

だが、どんなに強い決意も覚悟も、むつめ様のまえでは意味はない。足はすくみ、腕は自らを抱きしめ硬直し、体は震え続ける。

ああ、私死ぬんだ…そう、頭によぎった。

 

「花、私好き?好き? 私、花好き!」

「は…?」

 

声に似合わぬ言葉を、嬉々として発するむつめ様に、私は拍子抜けした。まるで、自分よりももっと小さな子のようだったから。

 

「あ、花、私嫌い?私の“これ”、嫌い?」

 

口をパクパクさせる私を見て、むつめ様が自らを指して、そう言った。恐れながらも小さく頷くと、まるで下手な芸人のように驚いてみせた。

 

「ごめんね、ごめんね…これならどう?」

 

むつめ様は謝りながら、くるりと一回転してみせた。すると、長髪の美しい男性へと変貌を遂げた。

 

「えっ…むつめ、様…?」

「そうだよ、これなら嫌いじゃない?お話しできる?」

 

相変わらず、話し方は少々幼いが、先程よりも成長したように私には見えた。

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

しあわせ

「花たちの姿を真似てみた、どうかな?」

 

むつめ様が、ひらりと舞う。

さらさらと風になびく髪の間から、中性的な顔を覗かせる。先ほどとは打って変わり、とても綺麗だった。

 

「本当に…むつめ様、なんです…か?」

「そうだよ?どうして?、なんでそう思ったの?」

 

むつめ様が、私に迫った。よく分からない恐怖で、身体中の毛が逆立っていく。

髪の間から見える表情は明るいけれど、目は全く笑っていないから。この神様に、私はどう映っているのか…恐ろしかった。

 

「あ、そうそう…これを花に見せたくて!」

 

まるで子供のようにはしゃぎながら、沼から三つの何かを引きずり出した。その瞬間、ひどい臭いが鼻を突き抜けたのを覚えている。

その引きずり出されたものを見て、私は愕然とした。

 

「ほら!花が“幸せ”になるために、“これ”しておいたよ?」

 

田んぼで出会った、この辺りの子供達の姿だった。

皆、死んでいる。子供ながらに分かるほど、無残な姿に成り下がっていた。

それぞれ体の一部が引き千切られ、肉や骨、飛び出た血管。長時間、水に晒され滲んだ血。酷い腐臭。

1人は頭を捥がれ、手足が関節ではないところで曲がり…

1人は胸を骨ごと握りつぶされ、中から崩れた内臓や脂肪が溢れ…

1人は手足を全て捥がれ、股から首にかけて裂かれていた。

見るに耐えられず、私は地面に手をつき、

 

「うっうおっ…っぶ?!」

 

もう吐く、そう思った。だが、その瞬間に口に手を捻じ込まれ、無理やり胃に押し戻される。

 

「うごっぷっ…んんゔ…っ」

「花、沼が汚れちゃうから、駄目だよ、戻して」

 

 

段々、息が吸えなくなって、意識が朦朧としていく。

次に見たのは、青く澄んだ空だった。

 

「あ…」

 

私は、手を空に掲げ、何があったかを思い出そうとする。

 

「花が起きた!人間って脆いんだね〜、気をつけないとすぐ、ぐちゃぐちゃにしちゃいそう!何でそんなに脆いのかなあ…?私たちとはやっぱり違うんだろうけど…ーーー

 

むつめ様は、花を見つめたまま一人で呟き続ける。

私は、心底怯えた。あの時、私がされた仕打ち…それは、明らかに人間の“それ”とは違った。

後に気づく事だが、精神の構造そのものが全く異なっているのだ。何もかも、私達とは違っている。

 

「…」

 

恐る恐る、沼のほとりを見ると、死体は無くなっていた。…が、血痕は消えずに芝生に染み付いていた。

私が、あの子達に出会わなければ、死ぬこともなかったのだろうか。顔のある子は皆、苦痛で表情を歪ませていた。

どうにもすることが出来ないのに、あの時はそんなことを考えていた。

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。