魔法科高校の劣等生グリス&ウィザード&第四神祖 (四葉一海)
しおりを挟む

プロローグ:戦士の死と新たな世界

とある世界での話。

 

「悪ぃな 戦兎。」

 

「約束破るわ…。」

 

覚悟を決めた俺はビルドドライバーを使い、禁断の強化形態グリスブリザードへと変身を遂げるのだった。

 

「グリスブリザード!」

 

『Are you ready?』

 

「できてるよ。」

 

擬態三羽ガラスが変身した3体のロストスマッシュを倒すため、俺は戦兎から禁じられていたブリザードナックルを使って変身を遂げた。俺は命の危険を冒しながらもグリスブリザードとなってロストスマッシュと闘う。

 

「心火を燃やして ぶっ潰す!」

 

キャッスル、スタッグ、オウルのロストスマッシュ3体と互角以上の闘いをするグリスブリザードだったが、なかなかトドメを刺すことが出来ない。戦闘中、二度のネビュラガスの注入に限界を超えるブリザードへの変身によって一線を超えてしまった俺の身体は光の粒子となって消滅し始めた。

 

「もうやめて…。死んじゃうよ!」

 

「ヘヘッ… 心配してくれるなんてうれしいねえ。」

 

「けどよ どの道助かりそうもねえんだ。」

 

「あとは頼んだぞ… 戦兎。」

 

死を覚悟していた一俺は、浄化されて再精製が必要になったキャッスルロストボトルを自分の身体に取り込んだ。地球を救うため何としても必要なそれを、必ず戦兎に繋ぐために。

 

「みーたんが最後の大舞台を見てくれるんだ。」

「全力で かっこつけねえとなあ!!」

「死闘!」

 

すれ違いざまにオウルロストスマッシュにボディブローを叩き込み

 

「渾身!」

 

スタッグロストスマッシュに斬り掛かられるも頭突きで反撃し

 

「全霊!」

 

「これが最期の…祭りだぁぁぁーーーっ!」

 

跳躍しキャッスルロストスマッシュに左パンチを叩き込んだ。

 

今まさに消滅する寸前なのか、身体から金色の粒子を立ち昇らせるグリスブリザードは右フックでオウルを撃破。続けて「グレイシャルアタック」でスタッグを捕まえ壁に叩き付けて撃破。

 

「そろそろ… 潮時みてえだな…。」

 

「みーたん…。戦兎…。龍我…。紗羽さん…。ヒゲ…。」

 

「お前らのせいで、この世にだいぶ未練が残っちまった…。」

 

「ありがとうな。」

 

「ラブ&ピースを胸に生きていける世界を向こうで3バカと祈ってるぞ。」

 

「心火を燃やして…。」

 

「グレイシャルフィニッシュ」でキャッスルロストスマッシュを撃破したグリスブリザード。変身が解け、消滅しかかる俺は手にしたロストボトルを「戦兎に」とみーたんに託す。

 

「グリス…。」

 

「ヘヘッ…。最期まで『グリス』かよ…。」

 

「当たり前でしょ! 名前呼んだらいなくなっちゃう気がして…。だから呼べなかった…。」

 

「これからも絶対 呼んであげないんだから。」

 

 

みーたんの手にボトルを握らせた俺は、そのまま彼女の前から立ち去ろうとする。

しかしみーたんはそんな俺の上着の裾を掴まえ嗚咽交じりに漏らす、「生きてよ。」と。

 

「だから生きてよ…。」

 

 

 

「お願いだから 生きてよ!」

 

 

「お願いだから… 生きてよ…!」

 

「ねえ… !」

 

みーたんの涙を背中で受け止めつつ

 

「推しに看取ってもらえるなんて… 幸せもんだな…。」

 

「あいつらに…。あいつらに自慢してやんねえとな…。」

 

泣き顔を彼女に見られないよう上を向きながら俺はドルヲタとして感謝を述べる。

 

「グリス…?」

 

「グリス! グリス! グリス!」

 

「ねえ… !」

 

「グリ… ス…。」

 

けれど、みーたんのお願いを叶えてやれずに、俺の身体は光となって消えた。

 

だけど

 

 

 

「やっちまったか」

 

 

 

俺は特殊な空間で目を覚ましした。

 

実を言うと、この空間に来るのは初めてじゃねぇ。

 

俺はこの空間に、2度来たことがある。今回で3度目だけどな。

 

「まったく、あなたは何度も何度も無茶をして死にますね」

 

「神か」

 

そこには、オレンジ色の服を着た神が現れた。

 

「一度目は仲間を守るため。転生した2度目は、自身の体に負担をかけ、最後に敵を倒し死亡、3度目は仲間と世界を救うために命をかけて、敵を倒して死亡。・・・まったく、あなたは他人や世界のために平気で命を捨てますね」

 

「すまねぇ」

 

「他の世界に転生しますか?」

 

「いいのか?」

 

「はい」

 

「なら頼むよ、転生」

 

 

 

「はい・・・次は、魔法がすべての世界ですが?」

 

「その世界で頼む」

 

「分かりました。特典はどうしますか?」

 

 

 

「特典……か…………」

 

 

 

転生する世界を決めた俺は、特典をどうするか考える。

 

 

 

「なぁ、神。スクラッシュドライバーとか持っていけねぇのか?」

 

 

 

「可能ですよ」

 

 

 

「じゃあ、スクラッシュドライバーとロボットスクラッシュゼリーを頼む」

 

 

 

「分かりました。ついでに、他のフルボトルやアイテム、ウィザードドライバーやそのアイテムと第四神祖の力なども特典として渡しますね」

 

 

 

「えっ!?いいのか?ウィザードドライバーと第四神祖の力までよ?」

 

「おそらく、グリスだけじゃきついかもしれないので」

 

「…………分かった。迷惑かけたな、神」

 

 

 

「今度こそ幸せになってくださいね」

 

「努力はする」

 

「お元気で」

 

神がそう言った瞬間、俺の前に扉が現れて俺はそのその扉に入っていき、新たな世界へと転生した。

 

 




次回は一海が原作ブレイク‼

ある人物を救います‼

次回も是非読んでください‼


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

原作前
黄金の戦士との出会い


目か覚めるとそこは何かしらの研究所の前だった。

 

一海「ここは一体何処だ?」

 

すると、目の前に男達が現れて銃弾を打ってくるので、

 

一海「テメェら、いきなり何しやがる!!」

 

と言うと男達は、

 

魔法師「ここの魔法師だ。貴様みたいな侵入者は殺さなければならない」

 

と言ってくるので俺は

 

一海「そうか、なら手加減はしなくて良いのか」

 

と言ってロボットスクラッシュゼリーを取り出して、腰に巻いていたスクラッシュドライバーにセットする。

 

『ロボットゼリー』

 

「心の火…………心火を燃やしてぶっ潰す‼変身‼」

《潰れる‼流れる‼溢れ出る‼》

 

《ロボットイングリス‼ブラァ‼》

 

俺はレンチを下げ、仮面ライダーグリスへと変身した。

すると、魔法師達は

 

魔法師「何なんだ貴様ー!?」

 

と言って魔法を繰り出すが俺はそれを避けて

 

一海「オイオイ、期待はずれかよ。これでもくらっとけ!!」

 

《スクラップフィニッシュ‼》

 

一海「ラァアアアアアア!!」

 

俺は足にエネルギーを溜め込み、両肩に装備してある、【マシンパックショルダー】を変型させ、黒煙のようにヴァリアブルゼリーを噴射して、飛び蹴りを叩き込むとそのまま、研究所に入って行くこと10分。

一つの扉があるのでその扉を蹴って破壊するとそこには一人の少女が両手両足が繋がれている周りには2人の魔法師がいたのを見て俺は

 

一海「お前ら一体何やってんだゴラ!!」

 

と叫ぶと一人の魔法師が

 

魔法師「人体実験ですよ?この子供を使ってね」

 

と言った瞬間、俺の中で何かが切れた。

 

一海「魔法師供、お前らは俺の逆鱗に触れた!!」

 

俺はノースブリザードフルボトルを取り出して振ってグリスブリザードナックルにセットしてスクラッシュドライバーをビルドドライバーと付け替えてそして

グリスブリザードナックルをビルドドライバーにセットする。

 

『グリスブリザード!』

 

すると、冷気が一面に漂い俺の足を膝上まで凍結させる。

 

『Are you ready ?』 

一海「できてるよ。」

 

ナックルに似た「アイスライドビルダー」が出現、大量の液体窒素のような液体をぶちまけ、俺を氷塊状態に、そして

 

『激凍心火!』

 

『グリスブリザード!』

 

『ガキガキガキガキ! ガキーン!』

 

後ろから氷塊をアイスライドビルダーが押し割り、変身が完了する。

そして、

 

一海「進化を燃やしてぶっ飛ばす!!」

 

と言って魔法師に殴りかかる。

 

魔法師「グハァ」

 

するともう一人の魔法師は

 

魔法師「ひぃぃぃぃぃぃぃ」

 

と言って逃げ出すので

 

一海「逃すかよ!!」

 

レバーを1回転させると、

 

『グレイシャルアタック』

 

 

巨大化した左腕のアームで捕まえた敵を壁に叩きつける。

 

魔法師「がはぁ」

 

そして、魔法師が倒れたのを見て俺は少女の繋がれてる鎖をツインブレイカーで切り裂き変身を解いて少女向かって

 

一海「嬢ちゃん、大丈夫か?」

 

と聞くと、少女は

 

???「助けてくれてありがとう。あなたは一体?」

 

と聞いて来るので、俺は

 

一海「一海だ、暁真 一海とある理由で此処に辿り着いた。通りすがりの仮面ライダーだ」

 

と言うと、少女は

 

真夜「私は、四葉 真夜。本当に助けてくれてありがとう。あのままだったら確実に私は死んでいたから」

 

と言って、頭を下げるので俺は

 

一海「どういたしまして」

 

と言って、真夜と共に研究所の外に出て、

 

一海「じゃあ、あの研究所をぶっ壊しますか!」

 

と言うと、真夜は

 

真夜「どうやって壊すの?」

 

と聞いて来るので、俺は

 

一海「まぁ、見てりゃ分かるよ……」

 

と言って、そして、高々と掲げられた一海の右腕から鮮血が噴き出した

 

「焔光の夜伯

カレイドブラッド

の血脈を継ぎし者、暁真 一海が、汝の枷を解き放つ!」

 

一海がそう言うと、溢れ出していた鮮血が濃密な雷光へと変わった

これまでとは比較にならない膨大な光と熱量、そして衝撃波

そう、第四真祖の眷獣である

その雷光が凝縮されて巨大な獣の姿へと変わったのだ

 

それが本来の眷獣の形

 

一海が初めて完全に掌握した、第四真祖の眷獣の真の姿である

 

「疾く在れ!こい、五番目の眷獣……獅子の黄金

レグルス・アウルム!」

 

そして今ここに、災厄の化身がその姿を現して研究所をぶち壊す。

それを見ていた、真夜は

 

真夜「凄い」

 

と呟いていた。

そして、俺は

 

一海「家まで送って行ってやるよ」

 

と言って、真夜と歩き出す。

 

 後に、大漢の研究所を跡形もなく消した魔法は戦略級魔法として認められこう名付けられた。

 

『雷光の怒り』




次回も原作ブレイクします!!

深夜との別れと沖縄編です。

次回も是非読んで下さい!!


目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。