転生したのはいい...けどなんでゼットン?しかもノイズ (蝙蝠男)
しおりを挟む

何が起きた...

メンタルがボドボドになったので息抜きで書きました。


何が起きた?気がついたら知らない道路のど真ん中に立ってた。もう一度言うぞ?何が起きた?取り敢えずここは何処なのか聞くしかない。あの、すいませーん。そこの奥さん。ちょっといいですか?近くの主婦らしき人に話しかけると...

 

「いや、いや、私死にたくない。誰か助けて...」

 

何か泣き出しちゃったよ...

 

話しかけただけで何でこんなに怯えられるの?俺の顔はイケメンではないが、悪くもないそこそこの筈だ。話しかけただけでこんなに怯えられるとかお兄さん泣いちゃうよ?それとも顔に何かついてるのか?

 

何故かは知らないがそこに都合よくカガーミン!ではなく鏡があった。

 

は?なんだこれは...たまげたなぁ。すっげーカラフルになってる。

 

カガーミンじゃなくて鏡に映っていたのはカラフルな俺!は映っていなかった。そこに映っていたのは...

 

ピポポポポポポポ。ゼットン。

 

Oh!Shit!なんてこった!ゼットンになっちまってるよ!しかもハイパーな奴。ウッソだろお前!にしても何でカラフル?ま、いっか。ってなわけねぇだろ!ゼットンだぞ!ゼットン!歴代のウルトラマンを苦しめてきた怪獣だぞ!俺みたいな一般ピーポーがゼットンになるとか畏れ多くて無理だろ。巫山戯んな!(声だけ迫真!)

 

とまあこんな茶番は置いといて、これからどうしよう?ここが分かんないし...というかみんな随分とアニメチックな顔してんな〜。

 

な~んて心の中で一人で騒いでたら武装した人に囲まれてたよ。なんか凄い顔が恐い。

 

「動き出したぞ!なんとかして避難するまでの時間を稼ぐんだ!」

 

はいぃ?避難ってどゆこと?取り敢えず俺も避難しますか。

 

「こいつ!避難シェルターの方向に向かう気だ!なんとかして止めろー!」

 

うぉぉぉい!いきなり銃弾とかマジかよ!何考えてんの!いや、見た目がゼットンだからって撃つこたぁないでしょぉぉぉ!お兄さんの事怒らせちゃったね。見せてやるぜ!

 

 

    ゼットンバリヤー

 

これなら銃弾など効かぬわぁ!だけど動けないどうしよう...

 

なんやかんやで武装した人たちは交代しながら撃ち続けて五分くらい経過してから、無線で何かを聞いたのか、あっという間に撤退していった。

 

あれだけオレを撃っといてそれだけ?せめてなんか言ってくれよ。

 

さっきの人たちに文句でも言おうかとバリヤーを解除したらまた撃たれた。

 

痛っっっっったぁぁぁぁぁい!何だこれ!さっきの銃弾よりも痛いぞ!なんだよ今度は。

 

撃ってきた方を向くと、六人の女の子が立ってた。

 

あれ?ちょっと待って。あの娘たちってシンフォギアの娘たちじゃん。もしかして俺のこと狙ったの?俺が何かした?

 

先程の事を振り返ると、あった。見た目はゼットンだけどカラフル。

 

もしかしてカラフルな奴ってもしかして...ノイズ?じゃあ俺って...ヤバい奴?

 

よし、全力で抵抗して逃げよう(キリッ)

 

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

勿論俺は抵抗するで

たった一日でハラガヘッタのお気に入り登録者数越してて驚いてる蝙蝠男です。

念の為言っておくと、主人公はハイパーゼットンです。まだ羽根?のない状態です。




シンフォギア装者とエンカウントしちゃいました。

 

たたかう←

 

ぼうぎょ

 

わざ

 

アイテム

 

にげる

 

全力で抵抗して逃げる。これしか生き延びる選択しかない。そうと決まれば早速やるz

 

「食らいやがれデスッ!」

 

いきなり鎌の刃が飛んできた。

 

危なっ!人がまだ喋ってる途中でしょうが!(心の中で)もう許さねぇからなぁ!

 

「待て暁!相手をよく見てから攻撃しろ!」

 

翼さんナイスゥ!お陰で心の準備は完了だ!

 

「それにしてもあのノイズ...今まで見てきたのとは姿が違う。ましてや鳴き声なんて...」

 

「何はともあれノイズならば放ってはおけん。いくぞ!」

 

翼さんとマリアさんが武器を構えながら走ってくる。

 

あ、すいません。やっぱ無理だ、怖いです。選択肢は逃げるに変更だ!

 

とりあえず走れー!地球狭しと駆け巡れー!ギ○ガマーン

 

心の中で何処ぞの星獣戦隊のOPを歌いながら逃げようとする。

 

「残念だけどココから先は通行止めだ!」

 

しかしクリスちゃんに回り込まれてしまった。こちらに銃口を向けるクリスちゃんに対して俺はひたすら走った。

 

撃てるもんなら撃ってみろー!

 

「食らえ!」

 

やっぱ撃つよねー!痛い痛い痛い!やっぱりガトリング相手に突っ込むとか駄目みたいっすね。こうなったら俺は抵抗するで。(逃げるのか戦うのかどっちかにしろ)

 

とりあえずクリスちゃんのガトリングガンを両手を突っ込んで壊した。

 

「ノイズがこんな事するとか嘘だろ!」

 

残念だけど中身は一般ピーポーのゼットンノイズなもんでしてね。知能は人間と同じだ!食らえお返しだ。

 

       35度の火球

 

なんで一兆度じゃないかって?そんなん撃ったら死んじゃうじゃん?しかも一兆度の火球って本当に撃ったら地球が蒸発するらしい。

 

其れはともかくクリスちゃんに火球は直撃した。

 

「クリスちゃん!」

 

響ちゃんの叫び声が聞こえる。仲間に火球が当たったんだからね、普通は心配するよね。

 

「熱っ...くない?」

 

そりゃそうでしょ。だって35度だよ?そこまで熱くはないでしょ?

 

「コイツ...アタシらを舐めてんのか?」

 

え?なんで怒ってるの?いや、本当のゼットンだったら殺す気で撃つだろうけど、俺中身は人間だからね?とりあえず落ち着こう?

 

「私たちの攻撃などこの火球の様にぬるいとでも言いたいのか?」

 

翼さぁぁぁぁぁぁぁぁん!なんて事言ってんだよ!そんな事言ったら...

 

「全員でいきましょう!」

 

お得意の拳法の構えをとる響ちゃん。

 

「そこまで私たちをコケにしたいのかしら?」

 

青筋立てて怒るマリアさん。

 

「ノイズだと思って侮ってたデス!本気でやるデス!」

 

殺る気満々の切歌ちゃん。

 

「一気にキメる」

 

鋸を回転させる調ちゃん。

 

あかんこれじゃ俺が死ぬぅ。うぉぉぉお!なんとかして生き延びるぞ俺ー!

 

「はあっ!」

 

響ちゃんのパンチを腕でそらしてさっきと同じ火球を撃って吹っ飛ばす。

 

そしてゼットンバリヤー!フハハハハハハハ!これで攻撃は全て聞かぬ!後はみなさんが諦めてくれるまで粘るだけ。そう!これは耐久レースだ。

 

「くっ、これでは攻撃が通用しない。どうすれば...」

 

どうだ!これなら何も出来ないだろう?

 

「いや、先輩。中々にイカすアイディアを思いついた。アタシに任せてくれ」

 

ほう?イカすアイディアとは一体何かな〜?

 

な~んて調子に乗ってたら、バリヤーの上から音が聞こえた。その音は何かにぶつかる様な音をたてながら、近づいてきた。

 

何だ?

 

落ちてきたのはクリスちゃんのミサイルだった。どうやらバリヤーの上の穴からミサイルを落としてきた様だ。

 

は?嘘やろ?ヤッベーイ!バリアかいじょぉぉぉぉ!

 

だけどタイミングは遅く、まともに爆発を受けてしまった。

 

アーチャチャチャチャチャチャチャチャチャー!

 

何処ぞの若本マグマの変身音を叫びながらのた打ち回った。

 

だが、バリアを解除したお陰でシンフォギア装者巻き込めたので一石二鳥!今の内に逃げるぞ!

 

「くっ、逃げられたか...」

 

「とりあえず本部に戻りましょう!幸い反応は消えたみたいだから」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

逃げた直後のゼットンは東京湾に逃げ込んでいた。

 

あっ!この海、深い!ボボボボボボボ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

大爆発だー!だだっだ!

お気に入り登録の増える量が凄いよ。
因みにだけどスーパーカップのバニラ味にココアの粉かけると美味しいよね。(本人談)


前回の最後で溺れた俺は何とかして陸に上がった。シンフォギア装着者は追ってきてはいないみたいだ。

 

 

 

助かった〜あのままだと確実に殺られてたゾ。にしてもこれからどうしよう?このままだと狙われて速攻でkillされて終わりだ。なんとかしないと。家は...無理だな。不動産屋なんて行けば確実に騒がれるし触ったら灰になっちゃうし、俺が二度と立ち上がれなくなる。だけど不思議な事にお腹が減らないお蔭で食事の心配はない。だけどご飯が食べられないのが残念だ。食べたいものは沢山あったが、食べたいという欲求は湧いてこない。

 

 

 

取り敢えずここから離れるとするかな。ここにいたら一般の方々にご迷惑だ。

 

 

 

もう既に一般人に迷惑かけてるくせに何言ってんだこの宇宙恐竜(笑)は。

 

 

 

家は自分で作るしかない。小屋みたいなのでも住めればいいかな?出来ればシンフォギア装者には出会いたくないしな。せめて人間の姿になれればなぁ...

 

 

 

人外転生系の作品ならば人間の姿になれるのだろうが、出来なかった。

 

 

 

マジか...人間の姿になれないとは困ったなぁ。

 

 

 

とりあえず何か家の材料になりそうなものを探す。説明してなかったがいまいるのは森だ。木なら沢山あるから家は簡単に作れるだろ。そう言って辺りを探してみると手頃な大きさ木があったので腕を使って鋸の様に動かし、切断する。今だけはこのハイパーゼットンの腕に感謝だ。よいしょ、よいしょとかけ声を口にしながら木を切る。腕を鋸の代わりとして使ってるので結構疲れるし、痛い。そんな作業を続ける事1時間ようやく木を切り終えた。その後も木を切り続け3時間が経過し、ようやく家が完成した。家といっても掘っ立て小屋みたいな家と呼べる代物ではないのだが。

 

 

 

やっと完成だ〜。後は家具を作るだけだな。

 

 

 

先程みたいにまた木を切り始める。それからまた1時間程作業し、テーブルとイスとベッドを作る。腹は減らないが、何故か眠たくはなるのだ。さっきの戦闘と作業のせいか疲れて眠い。その後は何事もなく、ひたすら家具を作るだけの時間が過ぎていった。タイトルの意味はもうすぐ分かるから安心してほしい。

 

 

 

家具も完成したし、そろそろ寝るか。おやすみ〜。

 

 

 

今日はいきなりの事がたくさんで疲れ切っていたのか、あっという間に眠りについた。そして日が昇り、朝になった。ベッドから起きたゼットンは体を伸ばし、軽い運動をする。

 

 

 

今日はどうやって過ごそうかな?

 

 

 

な〜んて考えていると鼻(どこだよ?)がムズムズした。

 

 

 

ハァ、ハァ、ハァ、ぶぅぁっくしょい!

 

 

 

力んでしまったせいで大きなクシャミと共に火球が撃ち出された。

 

 

 

あっ...

 

 

 

撃ち出された火球は街の方へと飛んでいき、大きな爆発を起こし、さらに爆発が引き起こされた。

 

 

 

大爆発だー!ダダッダ!

 

 

頭の中で科学戦隊ダイ○マンのOPが流れ始めた。

 

 

   爆発オチなんてサイテー!




皆さんスーパーカップは何味派ですか?私はバニラ。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

覚醒!完全変態!

この小説息抜きのつもりで書いてたら他の書いてる小説よりも伸びが凄いからこっちを本格的にやろうかな?と思ってる蝙蝠男です。

因みに時系列は、シンフォギア装者がバルベルデに行く直前の話です。それと、この話が完結したら無印時代に転生した場合の話書こうかなと思ってます。


ウソダドンドコドーン!クシャミで火球出るとかおかしいだろ!にしてもやべぇよやべぇよ...このままだとまたあの娘たちと戦う事になるじゃん...前回はゼットンの能力に助けられたけど今度からは俺自身の力でも戦わなきゃいけないし...あぁぁぁぁぁぁぁぁぁもうやだぁぁぁぁぁ!

 

ここでゴネても仕方がないと思い、腰を上げる。

 

取り敢えず家をどうにかしないとな。確かバット星人を取り込むというか一体化するみたいな事が出来るからテーブルとベッドだけでもどうにかするか。

 

テーブルとベッドを顔に近づける。すると吸い込まれる様に身体の中に入った。この能力は結構便利だなーなんて思っていたが、この先どうしようかと考える。

 

絶対条件として人目につかない場所じゃなきゃ直ぐに見つかってTHE ENDだ。しかもこの世界にはアメリカ合衆国という最悪のお邪魔がいるからなぁ...アイツら俺の事絶対に戦力とかにしたがるだろうし、もし襲われたら少しばかり怖がらせるか。よし、とりあえずここから離れn

 

上からヘリコプターの飛んでる時の音が聞こえてきた。

 

マジかよ...嫌なタイミングで来たな。取り敢えずもちろん俺は抵抗するで。

 

ヘリコプターから降りてきたのは3人。翼さん、マリアさん、クリスちゃんだった。という事は残りの3人は怪我人の避難か救出かな?だけど本当に申し訳ないな。くしゃみであんな事が起こるなんて...

 

マリアさんが口を開いた。

 

「まさかすぐに街を攻撃出来るように近くのこの森に潜伏していたなんて...やはりこのノイズには知性があると見てもいいようね?」

 

おっ、待てぃ(江戸っ子風)俺は別に街を攻撃するつもりなんてないゾ?

 

「これ以上の被害を出さぬためにもここで倒すしかあるまい。いくぞ雪音!マリア!」

 

「ええ、いくわよ翼!」

 

「んなこたぁ分かってるよ。まずはこいつを食らいな!」

 

クリスちゃんがアームドギアのガトリングを放ってくる。

 

危ない危ない!自然はもう少し大事にしましょうよ!木がなくなったら光合成とかどうすんのよ!

 

前回の影響でゼットンバリヤーを使うのは出来るがそうした場合、確実に前回みたいにミサイル落とされてしまうのでバリヤーを中々使えずにいた。

 

それにしても厄介だな。やっぱり連携が凄いから攻めづらい。このままじゃジリ貧だ。

 

翼さんのアームドギアを腕で受け止め、鍔迫り合いが起きる。

 

「くっ、中々のパワーだな。それにシンフォギアの一撃を受けても炭化しないとは」

 

痛い痛い痛い!刀と腕で鍔迫り合いとかアホだろ!だけど死にたくないから我慢だ!うおりゃぁぁ!

 

アームドギアを上に弾き、隙がうまれる。そこに一撃加えようとすると...

 

「翼!」

 

横からマリアさんのパンチが顔の右側に直撃する。俺は木々をなぎ倒しながら吹っ飛ばされる。

 

やっぱ凄いな。シンフォギアの力って。

 

「翼、大丈夫?」  

 

「大丈夫だ。問題ない」

 

「怪我の心配も大事だけどよ、アイツまだピンピンしてやがるぜ。どうすんだよ先輩」

 

いや、全然ピンピンしてないからね?見た目は傷なんてないけどさ。シンフォギアから受けた攻撃で、オデノカラダハボドボドダ!

 

「どうする翼?このままだとこちらが先に倒れる事になる。そうすれば奴は恐らく街へ向かう筈。そうなれば...」

 

「分かってる。然しバルベルデに行く前にあまり消耗は控えたいな」

 

その言葉がゼットンに衝撃を与えた。

 

何?今バルベルデって言ったのか?それってつまりパヴァリア光明結社との戦いが繰り広げられという事。つまり!生でカリオストロさんを見れるというのか!ハハハハハハ!ならば尚更死ぬことは出来ない!生カリオストロさんを見れるまでは死ねるかぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

 

周囲に黒と紫色のオーラが発生する。

 

「何だよこのオーラ!いったい何がどうなってやがる!」

 

「奴から発せられる邪気だ。なんと...禍々しい...」

 

「これは尚更放っておけないわね。って翼!まだ何かあるみたいよ!」

 

ゼットンの背中から黄色い翼の様な鋭いナニカが生え、尻尾も生えた。

 

「まさか...今までは不完全な姿だったのか?ならば尚更ここで倒さなくては」

 

倒さなくていいから!バルベルデに行ってくれよ!こうなったらやるしかない。

 

ゼットンはそう判断し、攻撃を開始する。

 

先ずはクリスに狙いを定めた。

 

「狙いはアタシか、ならコイツを食らえ!」

 

クリスばアームドギアをミサイルに変えて発射するが、ゼットンの姿が消える。

 

「き、消えた!?」

 

「雪音!後ろだ!」

 

ゼットンは瞬間移動を使い、背後に移動していた。クリスが振り向いたと同時にクリスの首に手加減したラリアットを食らわせる。 

 

「がはっ!」

 

クリスの体は簡単に吹っ飛ばされる。次にマリアに狙いを定め、先程の様に瞬間移動で背後に移動しラリアットをきめる。喉にラリアットをヒットさせた影響で彼女ら一時的に歌えなくなった。

 

残った翼と対峙する。

 

「2人をあれ程まで容易く倒すとは...私一人では荷が重いか...」

 

翼は歌えなくなった2人に目を向ける。しかし、その行為がゼットンに攻めのタイミングを与えた。その隙にゼットンは

 

「しまった!何処へ...」

 

目の前におるじゃん。(瞬間移動)

 

翼にもラリアットを食らわせる。歌えなくなり、フォニックゲインが低下してシンフォギアの性能がダウンした。

 

翼はそれでも立ち上がろうとするが、体へのダメージは大きく立ち上がれなかった。

 

ゼットンは追撃はせずにその場を去る。このままバルベルデ共和国へ行ってくれと願い。

 

カリオストロさんに会いてぇ〜。あわよくば近づいてあの2つの巨大なお○ぱいをこの目に焼き付けたい...

 

今回の戦闘により、ゼットンは最大級の警戒が決定された。因みにだが、くしゃみによる死者はゼロで重軽傷者多数ですんだ。別に良い結果ではなかったが...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




カリオストロさんが一番好き。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

来ちゃったよ...

感想欄であったキャラが登場します。口調があってるか不安...

4話でお気に入り登録者143人って何が起きてるんだ...


うぃいいいいいいいいいいい↑っす!どうも、ゼットンで〜す!今宇宙にいま〜す。バルベルデ共和国に行く前に宇宙から地球を眺めてみようと思ってここに来ました〜。さーてとバルb「ゼェェエアァ!」あ痛ぁ!誰だよ!こんな事するの!

 

振り返ると、何処ぞのセブンの息子がいた。

 

「今度は何をするつもりだ!ゼットン!」

 

ウソ~ん...何でゼロさん来るんだよ...

 

ゼロの後ろからは空間が割れた様な穴が出来ていた。するともう二人のウルトラマンが穴から現れた。

 

「大丈夫かゼロ!」

 

「いきなりどうしたんだ?」 

 

「二人共気をつけろ!アイツがいるぞ!」

 

おいおい何でダイナとコスモスがいるんだよ...

 

「ア、アイツは俺たちが倒した筈だ。何でここにいる」

 

それは俺だって知りたいですよ...気がついたら転生?してハイパーゼットンノイズになってた俺の気持ちを考えてくれよ...

 

俺の(心の中)呟きがゼロに伝わるわけもなく飛び掛かってきた。正直言って逃げたいけど何処に逃げればいいってんだよチクショウ!カリオストロさんに出会うまで俺は絶対に死ねぬぅぅぅぅぅ!

 

ハイパーゼットンノイズ(笑)VSウルトラマンズのバトルが始まった。

 

「はあっ!」

 

コスモスはコロナモードへとモードチェンジして、攻撃を仕掛けてくる。パンチの威力が高く、痛い。もの凄く痛い。こちらも負けじと抵抗する。瞬間移動を繰り返し、攻撃を加えるが予測されてしまいカウンターの攻撃食らってしまう。

 

「ゼェアッ!」

 

後ろからはゼロがレオ直伝の格闘技を浴びせてくる。キックをまともに受けてしまい、怯んだところに連続パンチを受けて、吹っ飛ぶ。今度はダイナがミラクルモードで攻撃する。

 

防御させてくれよぉ!何も出来ないじゃん!出来るわけないけど少しはウルトラマンに攻撃食らわせられないのかよ!

 

一度ハイパーゼットンと戦っているので戦い方を知られているから攻撃も防御もさせてくれないという正にリンチ状態となっている。

 

さらにダイナ化がミラクルタイプになり、ウルトラマジックで3人に分身し、ハンドシューターを撃ってくる。

 

やめてくれよ...(絶望)

 

とどめをさすためにゼロたちはサーガに変身した。

 

作者ぁ!今回の描写下手すぎるゾ!どうにかしろ!何?前々から考えてた話じゃないから我慢しろ?ふざけんな(声だけ迫真!)

 

そんな言い争いをしているとサーガのアッパーがもろに顎に当たり、カチ上げられる。

 

いぎゃぁぁぁぁぁい!ちょっとウルトラマンさん!俺だってアンタたちが守らなきゃいけない地球人でしょ!

 

しかし、無情にもサーガのトドメのパンチが顔面に炸裂した。

 

あっ...駄目だ...意識が遠のいていく...せめて生のカリオストロさん...見たかったなぁ...

 

そしてハイパーゼットンの意識は途絶えた。

 

「今回のアイツなんか弱かったなぁ?」

 

「それで良いんじゃねぇか?前みたいに強かったら被害が尋常じゃなかったからな」

 

「それじゃあ、僕もそろそろ戻るよ。また何処かで」

 

「ああ、じゃあな」

 

こうしてウルトラマンは地球に迫る危機を救ったのだ。ありがとう!ウルトラマン!彼は地球を守るために、これからも戦い続ける。

                 THE END

 

 

 

 

 

 

ってなるかー!ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、夢か...

 

 

 

  

 

 

     夢オチなんてサイテー!




この後本編書きますね...


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

逝クゾォォォォ!!ダ○ナモ感覚!ダ○ナモ感覚

ギャグ作品の伸びって凄いね。

ヒロインはカリオストロでいいよね?


嫌な夢を見てしまった...ゼロとダイナとコスモスにたこ殴りにされて最終的にはサーガの必殺技を食らって爆死する夢だった。何でこんな夢見なきゃいけないんだよ...せめてカリオストロさんと添い寝する夢がよかったなぁ。夢の中でいいからあのお○ぱいに挟まれたい。

 

朝からとんでもない事言うなこのゼットンは。感想欄で言われてますが、このゼットンはサーガに出てきた滅亡の邪神ことハイパーゼットンイマーゴのゼットンです。これで勝てるの?とか言われますが、全員でエクスドライブか黄金錬成した響ちゃんなら勝てます...多分。因みに主人公の声はゼットンとしか聞こえていない。

 

メタい話は置いといて、本編に移ろう。

 

もしかしてさっきの夢って正夢になるとか?宇宙行こうかと思ってたけど止めるか。

 

その頃宇宙では...

 

「ここっていったい何処の宇宙なんだ?」

 

「何かあったのかゼロ?」

 

「いや、何もないけどどこの宇宙か分からなくてな」

 

「二人共とりあえず落ち着いて、光の国に戻ってこの世界の事を報告しにいこう。怪獣の気配もないからこの宇宙は大丈夫みたいだ」

 

「ああ、分かった」

 

三人の光の戦士が来ていたが、光の国へと直ぐに帰った。もし宇宙に行ってたら恐らくTHE ENDだっただろう。

 

飛んでくか。嫌な夢を見たし宇宙に行ったらしい何か起こるのかもしれないからな。もしかして予知夢ってやつか。

 

ゼットンは家から出ると、家を解体し部品へと戻した。それを吸収して体内に収納した。どんな物でも収納できる便利なゼットンだ。

 

さてと、行くか!だけどバルベルデ共和国ってどっちの方向に行けばいいんだっけ?まっ、海の方に行けばいいか!シュワッ!

 

怪獣なのにウルトラマンの声で飛んでいった。

 

アハハハハハ!やべー速い〜。風が気持ちいい〜。サイコー!

 

はしゃいではいるがこのゼットン。只今自衛隊のレーダーにガッツリ引っかかっており、偵察機が向かっていた。しかし、余りの速さに追いつけずやむなく帰還した。更にはこのゼットンは方向を間違えており、バルベルデ共和国ではなくアメリカへと向かっていた。

 

それにしてもまだかな〜。早くカリオストロさんに会いたいな〜。ん?おっ!陸地が見えてきたぞ!遂にとうちゃ〜〜く!

 

いよいよバルベルデ共和国に辿り着いたと思ったらそこは...

 

はい?ここどこ?

 

アメリカだった...

 

やべっ、間違えた!お騒がせしましたー!

 

飛んでいったのはいいのだが全力の速さで飛んでいってしまったため凄まじい風圧が発生し、ガラスを破壊し露店を吹き飛ばし、街中のビラやポスターが舞い上がった。けが人も大量に出たためこの後ゼットンはアメリカでも騒がれ、S.O.N.Gからの情報により国連から最大レベルでの警戒がされる事になった。

 

バルベルデ共和国ってマジでどっちだ?適当に行ってみるか。

 

この後適当に向かったところ運良くバルベルデを見つけられた。因みにS.O.N.Gが到着する前。

 

今度こそ、とうちゃ〜く!トウッ!

 

着地すると周囲に衝撃波が発生し、バルベルデの兵士が吹っ飛んだ。

 

さあ、カリオストロさーん!貴女に会いにこのゼットンがバルベルデにやって来ましたー!逝クゾォォォォ!ダ○ナモ感覚!ダ○ナモ感覚!

 

変態の邪神がバルベルデに舞い降りた。バルベルデの兵士よ...ご武運を...

 

 




S.O.N.Gにまた誤解されるな...


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

S.O.N.Gから見たゼットン

S.O.N.G視点を書いてないな〜と思って。


マリア・カデンツァヴナ・イヴからパヴァリア光明結社の存在とパルベルデ共和国でアルカ・ノイズが軍事転用されている事を聞かされ、バルベルデ共和国へと向かう準備をしていた。そんな中、警報のアラームが突然鳴り響いた。

 

S.O.N.Gのオペレーターたちはすぐさま仕事モードへと変わり、計測を始める。

 

「この反応は...」

 

オペレーターの藤尭 朔也が最初に気づいた。

 

「藤尭!この反応はいったい何だ!」

 

「ノ、ノイズです!ノイズの反応が検知されました!」

 

「ノイズ...だとぉ...!」

 

S.O.N.Gの面々は驚きを隠せなかった。ノイズはフロンティア事変にてネフェリムごと焼却され、ノイズは出現しなくなった筈だからだ。

 

「現地の映像が出ます!」

 

現地の映像が映し出された。その映像はさらにS.O.N.Gの面々に衝撃を与えた。

 

「あれってまさか...」

 

「ネフェリム...!」

 

マリア・カデンツァヴナ・イヴは顔を憎ましげに歪める。ネフェリムのせいで妹を失っており、一種の仇の様に思っていたからである。

 

「いえ、あのノイズからはアウフヴァッヘン反応は検知できません」

 

「何?ならばあのノイズはいったい...」

 

その疑問にS.O.N.Gに所属しているホムンクルスであるエルフナインが答える。

 

「僕が見てきた見てきた資料から予想でしかないのですが...」

 

「それでもいい。それがきっかけで何か分かるかも知れんからな」

 

「はい。僕の予想は2つあります。一つはネフェリムの爆発から偶然生き延びたノイズがネフェリムと何らかの形で融合。2つ目はパヴァリア光明結社が送り込んだ刺客かと思われます」

 

「うーむ。こればかりはどちらかは分からんな。先ずはこのノイズをどうにかせねばならん。全員出撃!」

 

「「「「「「了解!」」」」」」

 

戦闘後

 

「くっ、申し訳ありません司令。取り逃がしてしまいました」

 

「いや、あのノイズの強さを見誤っていた俺たちの落ち度だ。だがあのノイズの強さは通常よりも遥かに手強かったな」

 

「しかしオッサン。どうすんだよこれから?」

 

「あのノイズには最大級の警戒はする。しかしバルベルデには行かねばならん」

 

次の日

 

S.O.N.Gの本拠地である潜水艦にまたもや警報が鳴り響いた。

 

「何が起きたぁ!」

 

「街で爆発が起きてます!恐らく昨日のノイズが発射したものと同一のものだと思われます」

 

「まさかこのタイミングで街を攻撃するとは...」

 

「響くんと切歌くん、調くんは住民の救助を頼む!翼とマリアくん、クリスくんは例のノイズの迎撃だ!」  

 

「「「「「「了解!」」」」」」

 

戦闘中の潜水艦

 

「ノイズから高出力のエネルギーを検知!」

 

「なんだとぉ!」

 

「この出力...絶唱どころかXDを超えるエネルギー量です!」

 

その時対峙していた翼たちとゼットンにはわからなかっ

たが、ゼットンが(カリオストロに会いたくて)覚醒するまでの数秒間、世界が闇に包まれた。そして世界に存在する全ての生命が、自らの死を錯覚した。

 

 

「っ!何なんだ今のは!」

 

司令官である風鳴 弦十郎はそのイメージを見てもなお姿勢を崩さずに立っていた。しかし司令以外の人間はそのイメージを見てオペレーターや救助に向かっていた装者たちは膝をついた。

 

「な、何が起きたの...」

 

「今私たち...死んだん...デスか?」

 

「だ、大丈夫。だから生きるのを諦めちゃダメだよ!」

 

なんとか立ち直し、救助に向かう。

 

それは錬金術師たちも例外ではなかった。

 

「ねぇ、いまの何かしらサンジェルマン?」

 

「わからないわ。ただ、私たちに死のイメージを見せた何者かが何処かにいるわ」

 

「これからどうするワケだ?」

 

「関係ないわ。私たちは目的を達成する。ただそれだけよ」

 

 

勘違い系邪神

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

変態邪神降臨!

カリオストロLOVEな変態邪神ハイパーゼットンイマーゴがバルベルデに舞い降りた。何が起こるのやら...


カリオストロさーん!あなたに会いに来ましたぜー!

 

テンションMAXなハイパーゼットン。到着したのはいいがバルベルデの兵士に見つかった。

 

「な、何だあのノイズは!」

 

「こんなノイズがいるなんて聞かされてないぞ!」

 

「おい!こっちに来るぞ!撃て撃て撃てー!撃ちまくれー!でなきゃこっちが殺られちまう!」

 

うおぉぉぉ!退け退け退っけー退っけー退っけー!

 

「うわあぁぁぁぁぁ!来るな!来るなー!」

 

ちょ、痛い痛い!アンタらに用はないんだよ!だから退いてくれってば!

 

「こうなったら...」

 

一人の兵士が走り出した。

 

おっ?逃げてくれた?よしよし、これで楽にな...

 

「銃が効かないなら戦車で!」

 

うおぉぉぉぉい!戦車はダメだよ!戦車は!当たったらヤバいでしょ!

 

「当たれぇ!」

 

危なっ!ゼットンバリヤー!

 

流石ゼットンバリヤー。戦車の砲弾を受けても全く傷つかないスグレモノである。因みにだがスグレモノという言葉は死語らしい。

 

「嘘だ!砲弾を受けて無傷なんて...」

 

「逃げろ逃げろー!」

 

その場にはアルカ・ノイズだけが残された。他の場所でも仲間の連絡を受けて、他の兵士も同様に逃げ出した。

 

ノイズしかいない...あ〜、君たちって喋れる?って俺は何を言ってんだよ。ノイズ化喋るわけn

 

(何の用だ?我が同胞よ)

 

wow!ノイズが喋った!

 

(失礼な!人間たちには聞こえていないだけだ!)

 

はえ〜、スッゴイ(棒)

 

(それで?いったい何の用だ?)

 

君たちの主人に会いたいんだけど...特に青髪のボンキュッボンなお姉ちゃん。

 

(自分たちを作った者の顔なんて知らんからな。申し訳ないが答えられん)

 

じゃあさ、見かけたら教えてくれない?

 

(ああ、分かった)

 

よし、じゃあ俺はこの辺で...

 

とアルカ・ノイズたちとサヨナラしようとしたらミサイルが飛んできた。

 

ぬおっ!緊急回避ー!

 

(何が起きてギャァァァァァ!)

 

あー!ノイズさーん!

 

(嫌だ!死にたくなーい!死にたくなーい!)

 

飛んできたミサイルによってあっという間にノイズたちは赤い塵へと変わった。

 

まさか?

 

後ろを振り向くと...

 

「どうします?翼さん!」

 

「出会ってしまったものは仕方がない。迎撃するぞ!」

 

「あの時のお返しを食らわしてやる!」

 

なんでこうなった...

 

「はあっ!」

 

響ちゃんと正面から殴り合う。響ちゃんは中国拳法で対応するけど俺は、ゼットンのパワーでただ殴るだけの攻撃しか出来てない。この攻撃聞いてるのか?

 

(ぐっ、このノイズの攻撃、凄く重い。一撃の鋭さが違い過ぎる!)

 

「はあぁぁぁぁ!」

 

さらにスパートを上げてくる響ちゃん。どんだけスタミナあるんだよこの娘。俺も負けじとスピードを上げる。

 

殴り合ってる最中、後ろから翼さんがアームドギアを振り下ろしてくる。

 

「はっ!」

 

アームドギアを伸縮自在の尻尾と翼で相手取る。結構神経使うから疲れる。

 

(背中を向けているのに戦えるだと!やはりこのノイズは危険過ぎる!こうなったらイグナイトを使うしかないか...)

 

「立花!雪音!イグナイトモジュールだ!」

 

「分かりました!」

 

 

お?まさかイグナイトを使う気?

 

「「「イグナイトモジュール!抜剣!」」」

 

おぉ!やっぱり格好いいなぁ〜イグナイト。

 

だが...

 

「うぁぁぁぁっ!」

 

突然響たちが苦しみ、倒れた。

 

え?何?何が起きたの!

 

ゼットンは気付いていなかった。ハイパーゼットンイマーゴはその成長のために怪獣や人間の絶望や恐怖心などを喰らって成長した事を。そのため、怪獣の怨念や人間の負の感情がゼットンの体には蓄積されている。それがイグナイトモジュールに影響を与えた。

 

しゃーない。別の場所行くか。

 

イグナイトモジュールが見れず残念だったがまた次の機会にするかと考え、カリオストロ探しを続行するために飛び上がった。

 

「く、また情けをかけられたか...」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

飛び去った後、ゼットンは巨大な戦艦と対峙していた。

 

あ、これ一話で響ちゃんがぶっ壊したやつだ。変わりに壊しとくか。

 

ゼットンは瞬間移動を使い、操舵室へと移動する。移動すると、男がいた。男は取り乱し、脱出ハッチから逃げ出した。

 

おっし、逃げだしてくれたなら後はコレを一気にやるか。

 

ゼットンは瞬間移動で空中に移動し、火球を放つ。

 

 

 

     5000度の火球

 

その火球は戦艦を蒸発させた。この行為がまた更にゼットンの危険度を上げたというのに、本人は呑気にカリオストロを探し回っていた。




ゼットンの体に蓄積されてる怨念とかってありそうだよね?


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

いたぞぉぉぉぉぉ!いたぞぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!

改めてAXZ見ると思うんですよ。やっぱり僕は米国政府の事が嫌いだなって。最初はゼットンに米国政府滅ぼさせようと思ったけどカリオストロさんとの絡みがなくなるからやめた。

ふとバラルの呪詛ってどうやったら解除されるのかな?と考えたら未来ちゃんが神獣鏡の装者になって絶唱して解除されるのでは?と思い付きました。理由は2つあり、1つは神獣鏡は魔を払う効果があり、響ちゃんの呪詛も一解除されたから。2つ目は絶唱の歌詞にはバラルとフィーネ、さらにはzizzlも入ってるので多分そうかと思われます。ミクちゃんの聖唱にもzizzlが入っているので多分こんな展開になるんじゃね?と思いました。もし宜しければ、皆さまの意見をお聞かせください。

前書きが長くなっちゃいましたね。それでは本編をどうぞお楽しみください。




シンフォギア装者がパヴァリア三人組に出会う前にカリオストロと会うために、さっきから探してるけど全く見つからなかった。

 

夜まで待つか...

 

ゼットンは顔から解体した家とベットを取り出した。それから家を建て直した。日本に建てた家に比べれば小さいがベットは入るので問題はない。

 

おやすみなさ〜い。グ〜、グ〜。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

起きてたら夜になってた。

 

よし!夜になったぞ!カリオストロさーん!今行くぜー!

 

深夜テンションでさらにヤベ〜イ状態になったゼットン。今夜のカリオストロとの出会いに胸を膨らませ、飛び立った。

 

あれ?どっち行けばいいんだ?

 

しかしこのゼットン。方向音痴なのかは知らぬが行くべき方角が分からず、動きが止まった。

 

アニメで場所は知ってるけどここからどっちなのか知らねぇぞ?どうしよ?この前みたいに適当に行くか。

 

アメリカみたいな事が起こるだろうと思った画面の前のユーザーたちよ、安心してほしい。今回は大丈夫。

 

方向間違えてたまま飛んでたらシャレになんないから今回はゆっくり行くしかないな。あ〜早く会いたい。

 

それから5分程飛んでいると、森の中を走る1台の車を見つけた。

 

あれって確か...ステファン君を運ぶための車だったよな。じゃあカリオストロさんは...あっちか。

 

車とは逆の方向へと向かう。

 

逝クゾォォォォォ!ダ○ナモ感覚!ダ○ナモ感覚!

 

飛んでいると、巨大な竜の様な怪物がいた。その後ろには3人の女性がいた。その中にはゼットンが探していた。青い髪をした巨乳の女性、カリオストロもいた。

 

 

 

いたぞぉぉぉぉぉ!いたぞぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!

 

ゼットンはカリオストロを見た瞬間、さらにテンションが上がりサイコー!な状態になった。ゼットンはカリオストロに近付こうとスピードをあげた。

 

カリオストロさーーーブヘェ!

 

しかし近づいた瞬間、ヨナルデパストーリに吹っ飛ばされた。マリアはその瞬間を目撃し、驚いた。

 

「あれはゼットン!あれはあなた達の作ったノイズではないというの⁉」

 

「あんなノイズを作った覚えなどないワケダ」

 

「だがあのノイズ、あなたの方に向かおうとしていたわよ。カリオストロ」

 

「あーしが狙い?局長が送り込んだのかしら?」

 

「いや、それはないワケダ。お前が死ねば計画も失敗するワケダ」

 

「その隙が命取りデス!」

 

切歌が飛ばした刃がカリオストロの顔を掠める。

 

「あッ!?痛〜〜〜いッ!顔に傷ッ!?やだもう〜〜〜ッ!」

 

「今のうちよ!撤退するわよ!」

 

調が友里を、切歌が藤尭を抱えて撤退する。

 

「逃げられたがどうするワケダ?」

 

「神の力は確認できたわ。今はそれで十分よ」

 

「それは分かったけど顔につけられた傷のお返しはいつかしなくちゃね」

 

「そういえばさっきのノイズはいったい何だったのかしら?私たちが作り出したアルカ・ノイズとも違っていたわ」

 

「カリオストロに向かっていたのならお前に気があるかもしれないワケダ」

 

「それはそれで気になるわね〜。また会えたら聞いてみようかしら?」

 

その頃飛ばされたゼットンは...

 

 

うおぉぉぉ!抜けろー!抜けてくれー!

 

頭の角が木に突き刺さっていて抜けずに困っていた。

 

こうなったらやるしかないか。

 

ゼットンは足元に向けて火球を放った。爆発が起き、ゼットンはまた吹っ飛んだ。

 

カリオストロさんとお話出来なかったよチクショウ!!仕方がない。次は空港でアタックするしかない。にしても暑いな。なんかあったの...か

 

後ろを振り向くと周りの木が燃えていた。先程の火球のせいだった。

 

ちょちょちょ!ヤバイヤバイどうしよう!誰かー!誰か消防車をプリーズ!

 

その後に、火は消し止められたが森の4割が焼失した。しかしゼットンの仕業だとは気づかれていない。どっちにしてもまたやらかしちゃったよコイツ。

 

 

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

仲間入り

ゼットンがパヴァリア光明結社に本格的に仲間入りします。


空港に行くか。そこで今度こそサンジェルマンさんたちに仲間入りしてカリオストロさんとお話しせねば...そして、

 

   アダムをつぶす

 

 

 

俺は三木○一郎のボイスは好きだが、アダムは好きになれなかった。アニメ本編でプレラーティかカリオストロのどちらかを生贄に捧げるというセリフを聞いた時は殺意が湧いた。だけど前世は一般人でしかなかった俺では無理だ。しかしだ。今の俺は違う。ゼットンだ。ただのゼットンではなく、ハイパーゼットンだ。これならアイツを叩きのめせる。こんなんじゃゼットンの力に酔って調子に乗ってると言われるだろう。だがそれでもいい。なんと言われようとも俺にはどうでもいい。推しの命を守れずしてファンを名乗るなどと烏滸がましい。何度でも言ってやる!俺はカリオストロさんが大好きだ。あの人の死ぬ瞬間、俺は泣いた。そして怒りを抱いた。アダムに、米国政府に、だから俺のやる事はただのエゴだ。ガキの癇癪だ。それでもだ。守りたい人を守る。だから俺は!世界の敵になってやる!正義も!許しも!何も要らない!俺は!自分のエゴを穿く!そのためだったら俺は!

 

 

本当の怪獣にだって、死を齎す神にだって、滅亡の邪神にだってなってやる!

 

なんか長く喋っちゃいましたね。この主人公は遂に人類の敵になります。ギャグはあるけどシリアスもあるよ。因みにカリオストロの死亡シーン両方で作者は泣いた。その直後のアダムにマジで殺意が湧きました。

 

取り敢えず、空港に向かうか。

 

ゼットンは飛び立った。僅かだが、体に邪悪なオーラを纏いながら。

 

空港では既に戦闘が繰り広げられていた。俺はマリアさんとカリオストロさんの間に転移する。マリアさんもカリオストロさんも驚いていた。

 

 

「あら?あなたってさっきのノイズじゃない。あーしに何か御用でもあるのかしら?」

 

「く!まさかココまでついて来るなんて...」

 

少し心苦しいがマリアさんに攻撃を仕掛ける。

 

ここは任せてください。あなたは下がって。

 

カリオストロさんの顔を見る。カリオストロさんは察してくれた様だ。

 

「そう。ならあなたに任せるわ。お話は後でにしましょ」

 

「パヴァリア光明結社の仲間になるつもりなの!?こうなったら意地でもあなたを倒さなければならなくなったわね!はあぁぁ!」

 

マリアさんは短剣状態のアームドギアで斬り掛かってくるが、瞬間移動で後ろに回り込む。

 

「しまっ...うあぁぁ!」

 

背中に拳を叩き込む。攻撃を受けたのにダメージなど気にせず後ろを斬りつけるが腕で短剣を反らし、カウンターパンチを当てる。

 

「はあ、はあ。このままだとジリ貧だわ。どうすれば...」

 

体力がなくなってきたマリアさんはそれでも斬り掛かってくる。それに対し俺は、翅、尻尾で弾く。疲れで動きが鈍くなった瞬間、胸から火球を拡散で撃ち出した。

 

「うあぁァァ!」

 

吹っ飛ばしたマリアさんは地面にぶつかる直前で切歌ちゃんと調ちゃんがキャッチしたみたいだ。まあこれぐらいで十分か。カリオストロさんたちの元へ行こうとすると俺を吹っ飛ばしたヨナルデパストーリが姿を表した。

 

マリアさんたちに攻撃を仕掛けようとすると響ちゃんが飛んできて、ヨナルデパストーリを穿いた。

 

神殺しというのは恐ろしいな。アレを喰らえばゼットンでも死ぬんじゃないかと思ってしまう程だ。

 

カリオストロさんを探すと、近くの鉄塔の上に立っていた。

 

「まさか本当にやってくれるなんてね」

 

「ノイズに明確な意志があるとは驚いたワケダ。どうする?カリオストロ?」

 

「なんかあーしたちの仲間になりたいみたいだし、サンジェルマンに紹介するわ。とりあえず、これから宜しくねゼットンちゃん」

 

「ゼットン?それはコイツの名前というワケか?」

 

「勿論♪このノイズの鳴き声を聞くとそうやって聞こえるもの」

 

「そうか。それではサンジェルマンの元へコイツを連れて行くワケダ」

 

「それじゃあ、レッツゴー♪」

 

カリオストロさんが転移結晶を砕くと、足元に紋章が浮かび上がり景色が変わる。

 

 




今回はこんな感じです。戦闘描写って難しいな。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

ウザい人形

タイトルはアレですが健全です。この作品はギャグなのでバトル中でもギャグやります。アダムにはとあるネタを使ってボコします。そのネタが分かった人は感想にでも書いてください。

誰か9話の前書きの考察について1言でもいいのでください。何も触れられなくて少しショック...


カリオストロさんたちと転移して拠点のホテルに案内された。

 

「今サンジェルマンを呼んでくる。少し待ってるワケダ」

 

さて、適当に座って待つか。ヨイショと。

 

置かれていたアンティークの椅子に座る。座り心地は結構良かった。少し待つとティキの話し声が聞こえてきた。どうやらアダムと電話で話しているみたいだ。するとサンジェルマンさんがアダムに俺の事を喋っているのが聞こえた。

 

「局長。先日バルベルデで新たな同士を加えました」

 

「同士?錬金術師なのかい?それは」

 

「いえ、人間ではありません。ノイズです」

 

「面白そうだね。それは。是非とも会ってみたいものだね」

 

アダムはどうやら俺に興味を持ったみたいだ。アイツが俺に命令でもしてカリオストロさんたちの負担を減らせればいいのだが...

 

「ねぇねぇ!あなたがカリオストロが連れてきたノイズなの?」

 

これからの事を考えているとオートスコアラーのティキが俺に気がつき、話しかけてきた。アダムがかしましいだの何だの言ってたけど本当にコイツはうるさい。適当に返事しとくか。

 

ああそうだよ。君たちの新しい仲間だよ。

 

「やっぱり何言ってるのか分からない。ゼットンしか言えないなんて不便なノイズね!」

 

コイツ...俺を道具かナニカと勘違いしてんじゃないのか?俺はノイズだ!道具じゃない!って言おうとしたけどノイズって昔の人が殺し合うために作った道具だしハイパーゼットンもバット星人が作った兵器だってのを思い出して凹んだ。

 

にしてもなぁ。やっぱり喋れないなんて不便だよなぁ。どうやってお話するかなぁ。あ、そうだ。

 

俺は席を立ち上がり、近くにあったインクと紙を持つ。するとサンジェルマンさんが近づいてきた。

 

「あなたがゼットンね。プレラーティが言っていた明確な意志を持ったノイズ」

 

中身はカリオストロさんLOVEな一般ピーポーなんですけどね〜。

 

「しかし喋れないのは不便ね。これからどうするつもり?このままでは作戦に支障をきたすわ」

 

俺は持っていたインクに翅を伸ばしてつける。インクがついた翅で文字を書く。

 

大丈夫!これなら話せるよ!これから宜しく!

 

 

「そう、なら問題ないわね。これから宜しく頼む事になりそうね」

 

俺たちが話してるうちにカリオストロさんとプレラーティは翼さんとマリアさんの乗っている飛行機を襲撃に行ったようだ。俺もついていくか。

 

「あれ?どこに行くの?もしかしてカリオストロたちのお手伝い?」

 

無視。コイツといちいち会話するのダルいし無視!

 

瞬間移動でほいっと。ハロハローカリオストロさん。

 

「手伝いに来たというワケか。それじゃあ出迎えの派手な花火を打ち上げてほしいワケだ」

 

つーことはマリアさんと翼さんの乗ってる飛行機を撃てって事か。そんじゃあ、ファイア!

 

胸から火球を放つ。飛行機が爆発しない程度に威力は抑える。見事に命中した。飛行機からマリアさんが飛び降りる。

 

その後に翼さんも続いて飛び降りる。アルカ・ノイズを捌きつつ、マリアさんをキャッチして着水した。シンフォギア使ってるとはいえよくあの高さからの衝撃に耐えられるな。流石OTONAの血筋でSAKIMORIだな。それにしてもココアが飲みたい。

 

「流石にしぶといワケダ」

 

「それじゃ帰りましょ。ゼットンちゃんとお話してみたいしね」

 

俺たちは拠点に転移した。

 

その夜

 

俺は今料理をしていた。カリオストロさんが新しい仲間への歓迎だと言っていた。だけどだ...

 

俺の尻尾はマシュマロ焼き機じゃないんだよ(泣)

 

尻尾の棘にマシュマロを突き刺して、錬金術で炎を出して何故かマシュマロを焼かされていた。だけどみんな楽しそうだから全てオッケー!

 

そしてだ。俺にはちょっとした作戦がある。これが成功すれば俺はカリオストロさんたちに触れる事も可能になり、動きやすくなる。そのためにもアダムの黄金錬成は成功させなきゃいけない。賭けになるだろうがやる価値はある。

 

さて、カリオストロさんをお助けしましょうか。

 

 

推しのために世界の敵になるファンの鑑。

 

 

 

 

 

 




主人公はカリオストロさんを助けるために人の命を奪う事はあります。ゼットンの肉体なので少しばかり怪獣としての精神と心を持ってるので。だけど大半は人間だけらね。



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

怪獣らしくぶち壊そう。

テスト週間なので中々投稿できなかった。

何故主人公がS.O.N.Gからゼットンと呼ばれるのは特殊なノイズなので何か呼び名をつけたほうがいいのではと考えた結果、鳴き声がゼットンなのでゼットンになりました。

主人公はテンションが高いと無意識にオーラが放出され、イグナイトに影響をあたえます。ですので通常時はイグナイトに影響はありません。


歓迎会を終えた俺たちは街に向かおうとしていた。確か街で亜空間に響ちゃんたちを閉じ込めてイグナイトの合体技で脱出するってやつだったな。さてと、俺も行きますか。

 

「あなたにはやってもらいたい事があるわ。頼めるかしら?」

 

やってもらいたい事?それっていったい何ですか?

 

「それは向こうに到着してから説明するわ」

 

やってもらいたい事か...

 

いったい何なのかと考えているとあっという間に街についた。

 

「あなたにはシンフォギア装者を誘き出す役割をやってもらうわ。やり方はあなたの自由で構わないわ」

 

「こちらとしても消耗品とはいえアルカ・ノイズを大量に消費するのは得策ではないワケダからな。頼んだというワケダ」

 

「そういう事だから、仲間になって早々だけど任せたわよゼットンちゃん」

 

カリオストロさんに頼まれたとなれば手を抜くわけにはいかねぇなあ!やったるぜ!だけどどうやって誘き出そうかな?う〜ん、あっ、そうだ!やっぱ怪獣といえば...街を派手にぶち壊す!やっぱ怪獣といえばこれだな〜。よ〜し、早速ひと暴れしますか。

 

ゼットンは巨大化し、街を攻撃し始めた。

 

ピポポポポポ。ゼットォン。

 

腕でビルを薙ぎ倒し、伸縮自在の翅と尻尾でビルを切断し、火球で住宅街を爆破する。今度は上空に飛び上がり、拡散型の火球を放つ。

 

ははははは!人間共よ!恐怖しろ!絶望しろ!それこそが我の望むものだ!

 

完全に悪役ロールにハマってしまったゼットン。だけど中身はカリオストロLOVEな一般ピーポーである。

 

S.O.N.G視点

 

「ゼットンが街に出現しました!通常時より巨大です!」

 

「我々を誘い出そうというのか...」

 

シンフォギア装者を出動させるのは簡単だ。しかしだ、ゼットンの戦闘能力は高く、今までの戦闘は戦闘とは言えず寧ろ、軽くあしらわれたと思っている。

 

「たとえ罠であろうとも、防人たる私は奴の元へ向かいます」

 

「私も行きます!あそこに誰かがいたら助けなくちゃいけません!」

 

「分かった...では翼、響くん、クリスくん。何としてでもゼットンを止めてくれ!」

 

「「「了解!」」」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんくらい暴れりゃそろそろ来るかな〜?ん?

 

ヘリコプターが飛んで来た。

 

お〜やっと来たか。

 

俺は体をいつものサイズに戻し、離れる。

 

「おい!待ちやがれ!」

 

クリスちゃんはアームドギアを展開しガトリングを撃ってくる。だがここで問題が発生した。ゼットンバリヤーを出してガードしようと思ったが、何故か体が動かなくなった。

 

Why!?いったい何が起きてんの!?というかガトリングが痛い痛い!

 

よく見ると、足元に短剣が刺さっていた。

 

あっ...(察し)影縫いじゃん。

 

「動けなくなった今が好機!一気に畳み掛けるぞ!」

 

な~んてな!瞬間移動でエスケープ!あとは任せるぜ、サンジェルマンさん。

 

その後はカリオストロさんに短剣を抜いてもらった。原作と対して変わった事もなく、ティキがはしゃいでウザかった。

 

ただ、3人から褒められたのは嬉しかった。

 

「良くやってくれたわ。次もこの調子で頼むわよ」

 

「中々の暴れっぷりだったワケダ」

 

「よく頑張ったわね。良い子良い子♪」

 

カリオストロさんに褒められたときは危うく昇天しかけたよ。次は確かアダムの下半身抜剣か。見たくねぇ...

 

そういえば読者のみんなからアダムの股間は焼く?それとも蹴り飛ばす?どっちがいいかな?

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

全裸抜剣

ゼットンが強化されます。

テスト期間だけど土日の勉強の合間に書きます。連続で投稿します。


今日は少し憂鬱だ。あのアダムがとうとう日本に来る。しかも黄金錬成でサンジェルマンさんたちごと焼き払おうとするんだよな。さっさとあいつの股間を焼いて蹴り飛ばすか。取り敢えず黄金錬成はどうにか出来る。もし利用できれば俺はさらに強くなることができるかもしれない。もし、もしそうなればカストディアン戻る殺せるかもしれない。そのためにだ。利用させてもらうぞ?アダム。まずは何時もみたいにカリオストロについてくか。

 

え〜っとカリオストロさんは何処かな〜?

 

「カリオストロを探しているワケカ?」

 

そうなんですけど、カリオストロさんの居場所知りません?

 

「お前はカリオストロにベッタリなワケダな」

 

そりゃあカリオストロさんLOVE!ですからね。で、カリオストロさんは何処です?

 

「アイツなら出かけたワケダ。直接触れて組み敷きたいなどと言っていたワケダ」

 

マジか...それなら適当に暇つぶしでもして待つか。

 

「そういえばアダムが近々こっちに来ると連絡が入った。アダムはお前に興味を持っているからこれから大変になるワケダな」

 

俺に興味ねぇ...にしてもなんとかして手は出さないようにしないとな。ま、黄金錬成のお返しに一発蹴りでもいれるか。

 

「それで、どうするワケダ?サンジェルマンは今ファウストローブの最終調整をしているから手が離せないワケダ」

 

じゃあ暇つぶしにチェスでもしませんか?

 

「いいだろう。相手してやるワケダ」

 

それから夜になり、俺たちは風鳴機関を襲撃した。因みにチェスのは一度も勝てずにボロ負けした。やっぱり年の差には勝てないなと書いたら思い切り足を踏まれた。痛い。

 

サンジェルマンさんたちが響ちゃん相手している間に俺が風鳴機関を攻撃する。

 

翅と尻尾を伸ばして壁を破壊し、火球を破壊した箇所に撃ち込み、中から爆破させる。瞬間移動を連続使用し、ランダムで火球を放ち、被害を増やす。恐らく何人かは死ぬだろう。それでも躊躇わない。非情だと罵られようが構わない。俺はカリオストロさんたちを助けられるなら何人でも殺してやるさ。

 

 

施設をある程度破壊し、外に出ると響ちゃんたちは倒れていた。ファウストローブの効果でイグナイトが強制解除されたようだ。ということは、そろそろ来るか。 

 

と思いだした直後に強い光が見えた。上空にアダムが浮かんでおり、手からは黄金錬成の光が見えた。

 

すげーキレ〜だなあの光。

 

その光を見たカリオストロさんたちは既に転移して避難は完了していた。アダムは全裸になり、黄金錬成を放った。

 

後は賭けに勝てるか負けるかの一発勝負!撃ってこぉぉぉぉぉい!

 

俺の叫び声は聞こえていないだろうが、アダムは黄金錬成を放つ。俺は黄金錬成のエネルギーをゼロ、ダイナ、コスモスの光線と同じように吸収する。

 

キタキタキタキタキタキター!南無さんパワー!

 

正確に言うと黄金錬成の錬成するエネルギーを吸収し、俺は

 

 

     生身の肉体を錬成する

 

これが俺の目的。かなりの負担が体にかかるが、成功するならお釣りがくるレベルだ。

  

 

 

 

さあ!見るがいい!これが!真の!ハイパーゼットンだぁぁぁぁぁ!

 

 

 

 

 

 

あはははははははは!これで!これで!カリオストロさんとも触れ合えるぜぇぇぇ!

 

 

 

 

 

 

 

 

  変態の邪神、降臨する



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

ちょっとしたお話

アダムと主人公の初対面です。というかアダムの説明回です。


ハイパーゼットンの肉体を錬成した俺は、サンジェルマンさんたちのいる拠点に瞬間移動で帰った。

 

「おかえりなさ〜いってどうしたのゼットンちゃん?体がノイズじゃなくなっちゃってるけど」

 

アダムの黄金錬成を吸収して肉体を錬成しました。

 

「そうだったのね。だけど心配してたのよ?局長の黄金錬成に巻き込まれたと思ってたわ」

 

それに関してはすいません。今度からはちゃんと相談しますね。

 

「あ、そうそう。アダムがゼットンちゃんに話しがあるって言ってたわ。気をつけてね」

 

嫌だなぁ。面倒くさい。

 

「あーしも局長は嫌いだわ。な〜んかいけ好かないのよね」

 

カリオストロさんも大変ですね。

 

「ゼットンちゃんもこれから大変な目にあうんだから、覚悟しといてね」

 

あはは...ま、覚悟はできてるんでね。それじゃアダムとお話しでもしてきますよ。

 

「頑張ってね。応援してるわ」

 

ち、近い。しかもめっちゃいい匂いする。だけどアダムが俺になんの用だ?新しい駒への挨拶ってやつだろうけどな。よし、いくか。

 

アダムのいる部屋へと向かう。アダムは椅子に座って、俺を待っていた。

 

「やあ、初めてだね。会うのは」

 

三木○一郎ボイスってやっぱり素晴らしいってはっきり分かんだね。アダムはあまり好きじゃないけど。

 

「尋ねたいことがあるんだ。君にね」

 

尋ねたいこと?答えられる範囲でなら。

 

「そうか。じゃあ知っているかい?ラギュ・オ・ラギュラという兵器を」

 

俺を元にして作られたやつでしょ?俺の答えにアダムはフッと笑った。

 

「やはり君だったのか。世界に死を錯覚させたのは」

 

何のことだ?俺の疑問など知らずに、アダムは話を続ける。

 

「ネフィリムの原点となった兵器なのだよ。ラギュ・オ・ラギュラというのは」

 

知ってる。

 

「しかしだ、存在していたんだよ。原点が。ラギュ・オ・ラギュラにもね」

 

それが俺ということか。

 

「そうさ。存在する世界、生きとし生けるもの全てに死を齎す邪神。終わりの名を冠する者。神でさえ恐れる神。それが君だよ」

 

 

      ゼットン

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここからは作者によるオリジナル設定の説明です。

 

この世界にはいくつかの神が存在しており、その中の一人が作った兵器がラギュ・オ・ラギュラとなっている。そのラギュ・オ・ラギュラを元にしてネフィリムが生み出された。

 

 

元々ラギュ・オ・ラギュラというのはとある邪神を元にして作られており、その邪神がハイパーゼットン。ゼットンは過去にいくつもの世界を滅ぼしている。この主人公はそのゼットンに転生してしまった。ノイズになった理由は特にない。ゼットンは死を齎す神という事もあり、ヨナルデパストーリもディバィンウェポンと化したティキにもダメージを与えられる。

 

ラギュ・オ・ラギュラというのはハイパーゼットンを恐れた神がゼットンを倒すために作り出したもの。ゼットンのスペックに限りなく近いが瞬間移動がないため、ゼットンに破壊された。そして自分を殺そうとする神に怒ったゼットンは神々と戦ったが封印された。

 

アヌンナキはその戦争で生き残った数少ない神で、その後に人類にバラルの呪詛を施した。

 

アヌンナキが5期で登場し、ゼットンを見れば

 

やべぇよやべぇよ。物凄い、朝飯食ってきたから(空耳)と慌てるだろう。

 

何故終わりを冠する者なのか?

 

英語はZで終わりなので終わりを冠する者と呼ばせました。だってゼット(Z)ンですから。




この設定ついさっき思いつきました。ラギュ・オ・ラギュラは出ないのかという感想をふと思い出し、書きました。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

孤独な邪神 神々の過ち。

主人公が転生したハイパーゼットンの過去話です。何話か書きます。


ゼットン。それは全ての命に死を齎し、たった一人で世界を滅ぼせると言い伝えられており、神々から恐れられている神の名である。どんな神もゼットンには関わらない、関わらせないという方針をとり、ゼットンとは距離をとっていた。

 

終末の世界

 

それがゼットンの住んでいる世界だ。そこには豊かな自然はおろか、ゼットン以外の生命体は存在しなかった。そこは何処まで行っても広がる荒野しかない哀しく、寂しい世界。ゼットンはそこに生まれた。生まれた瞬間から常に孤独の世界で生きてきたゼットンは他の世界を見て、とあるものを望んだ。それは友人だった。友だちと走り回って遊ぶ子供。友と酒を飲み交わす大人。それを見てゼットンは羨ましかった。自分の住む世界には何もない無限に広がる荒野。あるのは岩と地面だけ。孤独を味わうには十分過ぎる世界だ。

 

やっぱり誰もいないのかなぁ?明日はもっと遠くに行ってみるかな。

 

ゼットンは自分以外にこの世界に誰かいないのかと毎日この世界を探索していた。他の世界に行こうとしても他の神に止められ、何処にも行くことが出来なかった。

 

誰かいてくれると良いなぁ。もしかしたら友だちになれるかもしれない!明日も頑張らなくちゃ!

 

ゼットンは自分が住んでいる岩場で眠りについた。明日こそ誰かに会えるといいなという願いを持って。

 

神格世界。

 

ここは全ての神々が集う世界。ここではゼットンについての話し合いが行われていた。

 

「しかしだ。ゼットンをあのまま放っておく訳にはいかぬぞ。彼奴の力は強大すぎる。おとなしくしている今のうちになんとかせねば手遅れになるぞ!」

 

「少し落ち着け。万が一失敗して彼奴を怒らせれば我々は滅びるのだぞ?そう急ぐな」 

 

「確かに失敗すれば我々は滅びますね。ですがこのままでもいずれ我々は滅ぼされます。ならば今のうちに彼奴を倒すのが良いと私は思いますがね」

 

「お主もそう言うか...」

 

「そこの3人は少し落ち着かんか。お主らだけで話しを進めるでない」

 

そう言われて3人は冷静になる。

 

「すまん。少し冷静ではなかった」

 

「いや、彼奴の事で冷静にはなれぬじゃろう。先ずは奴へのこれからの対応じゃ」

 

「今まで通りのように関わらず、関わらせずではイケませんからね。そろそろ何か手をうたねばなりませんね」

 

その言葉を聞き一人の神は待ってましたとばかりに笑い始めた。

 

「ハハハハハ、皆さまやっとその気になってくれましたか。随分と待ちわびましたぞ。ここでようやく私に活躍の場が来たというわけですな」  

 

「ほう?活躍の場となぁ、貴殿には何か策があるのじゃろうな?」

 

そう言われた神は懐から小さい箱を取り出した。

 

「コレが奴を倒す鍵となるものです」

 

それを見た他の神々は先程の神と同じ様に同じように笑いだした。

 

「ハハハハハ!何を言うかと思えばそんな小さな箱が、奴を倒す鍵になると言うか。ハハハハハ!笑いが止まらんな!ハハハハハ!」

 

笑われた事を気にもせず、その神は話しを続ける。そしてその小さな箱を投げた。

 

「まあ、見てみろ。奴を殺すために作った最強の兵器。その名も...」

 

 

 

    ラギュ・オ・ラギュラ

 

小さな箱の中から出てきたのはハイパーゼットンに酷似した兵器だった。それを見た神々は驚きのあまり、目が飛び出るのではないかと思う程、目を見開いた。

 

「こ、この姿はまるで...ゼットンではないか!貴殿はいったい何をした!」

 

「簡単なことですよ。私は独自に奴のデータをとっていてな。奴を倒すためには奴の力を使うのはどうだと考えてな」

 

その返答に他の神は怒る。

 

「自分が何をしたのかわかっておるのか!ゼットンのデータを元にした兵器を作りおって...ゼットンの恐ろしさを知っている筈であろう!」

 

「ご安心を。ゼットンを殺した後でラギュ・オ・ラギュラは廃棄しますとも。私だってこれ程の兵器をそのままにはしませんよ」

 

「ならばその兵器で必ずゼットンを殺すのだ。恐ろしくて夜も眠れん」

 

「分かっておりますとも。今度はゼットンとの戦闘をお見せすると思うのでその時は連絡しますのでお楽しみに」

 

「うむ。では楽しみに待たせてもらうとしようかの。ではみな、今回はこれでお開きにするとしようかの」

 

そう言って神々は自分の世界へと帰っていった。だが神々に知る余地はない。自分たちが犯した過ちに、ゼットンと手を取り合えば、滅びずに済んだというのに...

 

破滅は、すぐ側に迫っている。

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

滅びの扉

神々は知らなかった。自分たちは、踏んではいけない虎の尾を踏んだことを。


神々はゼットンに対してとんでもない事をやらかします。はっきり言うと胸糞悪くなるかもしれません。


朝になり、ゼットンは何時もの寝床である岩場から起きて、背伸びをした。

 

よーし、今日も友だち探し頑張るぞー!

 

この世界にいるかもしれない誰かを探して、ゼットンは飛び立った。

 

友だちが出来たら何して遊ぼうかな〜。一緒に走ったりしたいし、石で何か作って遊んだりしたいな。今日こそは見つけるぞー!

 

その光景を神々は巨大な鏡で見ていた。

 

「滑稽だな。自分しかいない世界で友だちを見つけようなどと」

 

「そう言ってやるな。この後にコイツには友だちが出来るではないか。自分を殺すために生み出された友だちがな。ハハハハハ」

 

「しかしこの余興が終わったら久々に飲まんか?奴の死は最高の酒の肴にもってこいだとは思わぬかのう?」

 

その言葉に神々一同から笑い声があがる。そんな中、一人の神がラギュ・オ・ラギュラを作った神へ疑問を口にした。

 

「しかしだ。何故直ぐに殺さないのだ?」

 

「簡単な話ですよ。ゼットンにはラギュ・オ・ラギュラと友だちになってもらうのですよ。そして仲良くなったところを一撃。ゼットンは自分の友だちに殺されるという最悪な死に方をする。というわけなのですよ」

 

「それはそれは。中々に素晴らしい作戦ですな。成功すれば世界は平和に。我々は最高の酒の肴を手に入れられる。是非とも成功してほしいものですな」

 

もし、神々がラギュ・オ・ラギュラをゼットンを殺すための兵器ではなく、ただの友だちとして作り出しておけば神々は滅びの運命は、避けられた筈なのに...

 

「さてと、それでは皆さん。いよいよゼットンの元にラギュオ・ラ・ギュラを送り込みます」

 

「ほっほっほ、それは楽しみじゃのう。部下に酒の準備をさせておかねばなぁ」

 

そして、ゼットンの元にラギュ・オ・ラギュラが送り込まれた。

 

ゼットンはあれからずっと飛んでいた。きっと何処かを飛んでいれば誰かに出会えると信じて。それでも見つからず今日は諦めようかと考え始めた瞬間、気配を感じ取った。

 

もしかして、誰かいるの?

 

ゼットンは気配を感じた方向に向かうと、自分にそっくりな生き物を見つけた。

 

やっぱり誰かいたんだ!話しかけてみよう!

 

ゼットンは自分とそっくりな生き物に声をかける。

 

ねえねえ、君って何処から来たの?

 

ゼットンの質問にその生物、ラギュ・オ・ラギュラは答えた。

 

「私は別の世界から来ました。ラギュ・オ・ラギュラという名前です」  

 

ラギュ・オ・ラギュラ?不思議な名前だね。

 

「私からすればあなたの名前も不思議だと思いますけどね」

 

え〜そうかなぁ?ま、いいか。それよりもさ、一緒に遊ぼう?

 

「遊ぶ?何故ですか?」

 

僕は何でか知らないけどさ、ず〜っとここにいてさ。寂しかったんだ。誰もいないと思ってたけど君がいてくれて嬉しかったんだ!それでね、遊んでお友だちになれないかなって思ってるんだ。駄目かな?

 

まるで子供の様にはしゃぐゼットン。

 

「それでしたらいいでしょう。何をして遊びます?」

 

え〜っとね、かけっこ!

 

「かけっこ?そんなのでいいんですか?」

 

うん!この世界って岩とかそんくらいしかないからさ。だけど友だちと一緒に走るのって取っ手も楽しそうだからやろうよ!

 

もし、ゼットンが人の姿をしていれば満面の笑みを浮かべていただろう。

 

それからゼットンとラギュ・オ・ラギュラは荒野を走り回った。その後は近くにあった大きな岩で何か作って遊んだりと楽しい日を過ごした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

神格世界では最初からずっと神々はゼットンとラギュ・オ・ラギュラの動向を見ていた。

 

「子供の様にはしゃぎおって。明日が自分の命日になるとも知らずに。全く呑気なもんじゃのう」

 

「それでは、最高のショーの開始といきましょう」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ゼットンは昨日ラギュ・オ・ラギュラと一緒に作った自分たちの石像を眺めていた。

 

今日は何をして遊ぼうかな〜。

 

石像を眺めながらどんな遊びをしようか考えていると後ろから足音が聞こえた。

 

あ!ラギュくん!今日はなn

 

ゼットンの目に入ったのは自分に向かってくる拳だった。その拳は直撃し、ゼットンを大きく吹き飛ばした。

 

い、痛いよラギュくん...いきなりなにをするの?もしかして何か怒らせちゃった?だったら謝るかr

 

近寄ってくるゼットンをさらに殴り飛ばすラギュ・オ・ラギュラ。

 

や、やめてよラギュくん。痛いよ...

 

その光景を見ていた神々は、

 

「ハハハハハ、滅亡の邪神が無様なもんじゃのう。あのゼットンをここまで痛めつけられるとはな。見ているコッチもスカッとするもんじゃ」

 

「確かに、酒の肴としては最高峰のものですな。アレならば最高の酒も用意しなければなりませんなぁ」

 

「その点は問題ない。我が国秘伝の酒を用意させてもらうのでな」

 

「では、そろそろとどめを刺すとしましょう。この宇宙のために。我々のラギュ・オ・ラギュラに感謝を」

 

とどめを刺すためにラギュ・オ・ラギュラを作った神は指示を出す。

 

「そうですな。ではラギュ・オ・ラギュラよ。ゼットンにトドメを刺せ」  

 

指令を受けたラギュ・オ・ラギュラはゼットンにとどめを刺すために拳を振り下ろそうとする。

 

やめてよラギュくん。僕たちは友だちでしょ?

 

その言葉を聞いたラギュ・オ・ラギュラば拳を止める。その光景を見た神々は驚いていた。

 

「なんじゃ!何が起きてる!」

 

「ラギャ・オ・ラギュラ!何をやっている!早くゼットンにとどめを刺せ!ダメだ完全にこちらからの指示を受け付けない!」

 

「ではどうするというのだ?」

 

「アレを作ったのは私です。責任とって私が行きます。ついでに両方とも破棄してしまいましょう」

 

「おおそうか。では任せたぞ」

 

神はラギュ・オ・ラギュラの元へと転移した。

 

ラ、ラギュくん?

 

ゼットンはラギュ・オ・ラギュラの動きが停止した事に気づき駆け寄る。

 

どうしたの?やっぱり僕が何か怒らせちゃった?

 

「いえ、違います。私は作られた存在です。あなたを殺せという命令に従ってあなたの世界に来ただけです」

 

で、でも何で僕を殺すのをやめたの?

 

「それは...」

 

ラギュ・オ・ラギュラが理由を口にしようとした瞬間、声が聞こえてきた。

 

「何をやっているのだ。ラギュ・オ・ラギュラよ。私はゼットンを殺せと命令した筈だが?」

 

あ、あの人は?

 

「私を作った方。つまり私にとっては父親という立場にあります」

 

「質問しているのはこっちだ。答えろラギュ・オ・ラギュラ」

 

「確かにゼットンは私の抹殺対象です」

 

「ならば...」

 

「ですが!私にとっては初めての友だちです!ですから、そんな友人を...殺したくはありません...」

 

ラギュくん...

 

「そうか...もうよい」 

 

「え?」

 

「貴様は廃棄処分だ」

 

「そ、それはいっt」

ラギュ・オ・ラギュラが言い切る前に神はスイッチの様な物を押した。するとラギュ・オ・ラギュラが爆発した。

 

ラギュくん!

 

それを見た神はつまらそうに言った。

 

「道具の分際で創造主に逆らうとわな。まあ廃棄処分は決定していたから手間が省けたというのはまあ良いか」

 

ラギュくん!大丈夫!

 

「ゼ、ゼットンさん。何でそんなに悲しそうなのですか?私は...あなたを殺すために騙して近づいたのですよ?」

 

そんなの関係ないよ!たとえ僕を殺すためで騙したとしても、昨日一緒に遊んで楽しかったのは嘘じゃない!

 

「そ、そうですか...ふふふ。あなたとはもっと沢山遊びたかったですね」

 

諦めちゃダメだよ!絶対に助ける!だから生きてよ!

 

「さ、最後にお願いがあります」

 

最後なんて嫌だよ!ねぇ!もっと一緒に遊びたいよ!

 

「私を殺してください...」

 

そんなの嫌だよ!友だちを殺すことなんて出来ないよ!

 

「お願い...します。せめて、あなたの手で私を...」

 

う、うわあぁぁぁぁぁぁ!

 

ゼットンは自分の手を振り下ろした。それはラギュ・オ・ラギュラのコアを貫いた。

 

「ありがとう...あなたは最初で、最後の最高の友だちです」

 

そう言ってラギュ・オ・ラギュラは停止した。

 

「ふん、失敗作が。ゼットンを殺すどころか私の命令に逆らうとは。だが感謝するぞ。ゼットンを追い詰めたことには変わりないのだからな。私がとどめを刺してやろう」

 

すると、禍々しいオーラを感じ取った。

 

「なんだ?このオーラは...」

 

ユルサナイ

 

その声を聞いた瞬間、神の体を恐怖が一気に駆け巡った。その声が聞こえた方を向くと...

 

ユルサナイ...ゼッタイニユルサナイ...

 

ゼットンの体から紫色の炎と、どす黒いオーラが湧き出ていた。

 

 

 

滅びの扉は開かれた。希望は...ない。



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

邪神誕生

予想はしてたけど神様たちはユーザーたちの怒りを買ってしまいました。ご愁傷さまです。




ゼットンの体から溢れ出たオーラ。それは心の中に存在する怒り、悲しみなどの負の感情が蓄積されてオーラとなったものである。ゼットンは孤独だった。自分以外の生命は存在せず、他の世界へ行こうとしても拒絶された。ゼットンは苦しかった。悲しかった。辛かった。誰もが自分を拒絶する。自分が何をした?誰かを傷つけたか?そんな思いがゼットンにはあった。しかしそれを表に出す事はしなかった。だが溜め込んだ負のエネルギーは消える事なくゼットンの体に蓄積されていた。それがラギュ・オ・ラギュラの死によって解き放たれた。

 

ドウシテ?ドウシテボクヲイジメルノ?ボクハイキテイタイダケナノニ。トモダチガホシカッタダケナノニ...

 

ゼットンのオーラは終末の世界全てを覆った。空は黒く染まり、辺りには雷鳴が轟いていた。

 

「化物め...」

 

神はそう吐き捨てた。最初は独り歩きした噂を聞いた他の神が怯えているだけだと思っていたが、全く違った。噂などではなかった。神々は今更になって自分たちが何をしたのか。しかしだ、後悔したところでもう遅い。開かれた滅びの扉は、もう閉じる事はないのだから。

 

「だが動かない今こそが最大の好機!」

 

神は右の手に力を込める。するとそこに目も眩む程の光が集まった。

 

「死ぬがいい!」

 

神は光の光線をゼットンに向けて放った。しかしその光はゼットンのオーラに呑み込まれ、消えた。

 

「そんな馬鹿な!」

 

神は自分の攻撃が通用しない事を知ると、即座に撤退しようとする。しかし...

 

イカセナイ

 

ゼットンは瞬間移動で神の真横に移動し、腕を振り下ろす。

 

「ぐあぁぁぁ!」

 

高速で振り下ろされたゼットンの腕は、神の右手を切断した。

 

「わ、私の右腕がぁぁぁ!はぁ、はぁ、おのれぇ!よくも私の腕を!絶対にy」

 

言い終わる前にゼットンは追撃の蹴りを顔に放つ。

 

「あぁぁぁぁ!痛い、痛い!うわあぁぁぁ!」

 

顔を抑えながらのたうち回る神。最早神としての威厳など感じられない。

 

ドウシタ?ハヤクタテ。

 

「ひいぃぃぃ!く、来るな!来るなぁぁぁぁ!」

 

神は逃げ出した。何度も転びながらも立ち上がり走り続ける。

 

ゼットンは神の目の前に瞬間移動し、腕を突き出す。神はギリギリで回避するが、転倒してしまう。

 

「こうなったら...」

 

神は懐に手を入れて、小さな箱を五つ取り出し、それを投げた。  

 

「いけ!失敗作ども!せめて私が逃げる時間だけでも稼げ!」

 

箱から現れたのは、動物と動物をかけ合わせた姿をしたキメラだった。もともとこの神は生物同士を無理矢理かけ合わせて作ったキメラを作るのが趣味で、強い個体は自分の兵隊として扱っている。逆に弱い個体は廃棄処分にしていたのだが、ラギュ・オ・ラギュラがゼットンを仕留めきれなかった時のために持ってきたのだ。因みにたが、このキメラたちにはもしゼットンを殺せたら廃棄処分はしないと嘘をついて連れてきた。

 

「おい!何をやってるんだ!巫山戯ているのか!」

 

五体のキメラたちは神の命令には従わず、動かなかった。

 

「この役立たずがぁ!道具の癖に創造主たるこの私に歯向かうのか!」

 

神は自分の命令に従わないキメラたちを蹴り飛ばそうとする。しかしキメラはその蹴りを躱わす。そして神の方を向く。

 

「いい加減にしろ!失敗作じゃあ足止めも出来ないのか!」

 

神がキメラに対して怒りをぶつけていると、一体のキメラが神の右足に噛み付いた。

 

「この糞キメラが!私に噛み付いてどうする!噛み付くのはあっt」

 

すると今度は他のキメラが右手の傷口、左手、左足、首に噛みつき始めた。

 

「ぎゃぁぁぁぁぁ!やめろ!離せ!失敗作の分際で私に噛み付くな!」

 

するとリーダーらしきキメラが喋りだした。

 

「巫山戯ているのはそっちの方だ!我々を無理矢理キメラに改造しておいて偉そうに!我らの怒りを思い知れ!」

 

キメラたちはそれぞれが別方向に神を引っ張る。

 

「ま、待て!何を考えている!やめろ!やめろ!」

 

神の体からブチブチと肉が千切れる音がし始めた。

 

「やめろぉ!痛い痛い痛い痛い!ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

 

そしてブチィと大きな音がし、神は引き千切られた。それでも神は生きていた。実は神というのは同じ神、今は存在していないが神殺しと呼ばれるものでなければ殺すことは出来なかった。しかし神でなくとも、痛みを与えることは出来る。

 

「畜生...私はこんなところで死んでいい筈がないんだ」

 

モウシャベルナ。

 

ゼットンは神に対して暗黒火球を放つ。火球が当たった神は跡形もなく消え去った。するとキメラがゼットンに声をかけた。  

 

「ありがとうございます。結果的にあなたは廃棄された我々の同胞の仇を討ってくれました。これで私たちは悔いなく死ぬことが出来ます」

 

その場を去ろうとするキメラを、ゼットンは呼び止めた。

 

少し待ってくれないかな?

 

「はい?」

 

 

お願いがあるんだ。聞いてくれるかい?

 

「お願いですか?私たちに出来ることなどないと思いますが...」

 

その返答にゼットンは首を横に振る。

 

違うよ。もしよければこの世界で暮らしてほしいんだ。

 

「この世界で?確かに改造された私たちに食事の必要はないので可能ですが...何故でしょうか?」

 

僕はラギュくんのお墓を建てた後は、アイツらに戦争を仕掛ける。だからここには帰って来れないかもしれない。だからさ、ラギュくんの話し相手になってあげてほしいんだよ。誰もいないと寂しいでしょ?ラギュくんに僕みたいな寂しい思いはさせたくないんだ。だから、頼める?

 

「それでしたら分かりました。何よりも同法の仇を討ってくれたあなた様の頼みです。引き受けましょう」

 

ありがとう。それじゃ僕はお墓を建てるよ。

 

一人で墓を建てようとするゼットンにキメラは声をかける。

 

「手伝いましょうか?」

 

有り難いけどやめておくよ。最後になるかもしれないからさ、自分の手でお墓を建てたいんだ。

 

それから一人で墓を建てたゼットン。墓には最高の友だちラギュ・オ・ラギュラと書かれていた。

 

それじゃあラギュくんを頼んだよ。

 

「お任せください。絶対に寂しい思いはさせません」

 

ゼットンが行ってくると言おうとしたとき、声が聞こえた。最高の友だちの声が。

 

「素敵なお墓をありがとう。あなたの帰りを待ってますね」

 

ゼットンはその場に立ち尽くした。それを不思議に思ったキメラたちがゼットンに声をかける。

 

「どうかしましたか?」

 

キメラたちに声をかけられたゼットンは我に返る。今のはきっと幻聴なんだと思い、キメラたちに話しかける。

 

ううん。何でもないよ。それじゃあ行ってくるね。

 

ゼットンは飛び立つ前に墓を見る。キメラたちの後ろにはラギュ・オ・ラギュラが自分に向かって手を振っていた。そして幻聴ではない、確かな声が聞こえてきた。

 

「いってらっしゃい。ずっと待ってますからね。お気をつけて」

 

ゼットンも手を振り返す。

 

またね。

 

と一言だけ言い残し、その場から飛び立つ。

 

 

 

 

 

 

 

 




次回は神々の視点で書きます。その後に蹂躙劇が開始します。少しだけお待ちください。

読者の皆さまいつも感想ありがとうございます。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

神々の恐怖 苦しみからの開放

前回のゼットンの怒りを見た神々のお話ともう一つ。
一応ちょっとだけギャグ入れます。

最近ガンダムSEEDを久しぶりに見始めたらハマっちゃって遅れました。個人的にはオルガ、シャニ、クロトの三馬鹿が一番好きです。

また新しい小説書きました。もしよろしければ読んでください。


巨大な鏡でゼットンたちを見ていた神々は恐怖に震えていた。鏡越しでも感じられる闇の力を目の当たりにし、ようやく自分たちが何を相手にしようとしていたのかを理解出来た。

 

「わ、我々はいったい何を相手にしようとしていたのですか...?」

 

その声は恐怖で震えていて、の顔は青白くなっており冷や汗を流していた。

 

「どうやら我らは踏んではいけない虎の尾を踏んでしまったようじゃの...」

 

「しかしこのままではあの神はゼットンに殺されてしまいます!どうにかして彼を助けねば!」

 

一人の神は救出にいくべきだと言うが他の神々の意見は違った。

 

「いや、奴を助けに行くのはやめておけ」

 

「何故です!」

 

「考えてみろ。助けに行ったとなれば我々が協力しているのがバレてしまうぞ。そうなれば我々の命もないぞ」

 

「そうだよ(便乗)」

 

そう言われて救出へいくべきだと言った神は黙ってしまった。確かに助けにいけば自分たちの命もない。だが、助けにいかなくともゼットンに対して神々を敵にまわすと言ってしまい、それを見た神々は全員が顔を青ざめることになった。

 

((((あの野郎言いやがったーー!))))

 

「不味いですよ!」

 

「ダメみたいッスね」

 

「あかんこれじゃワシ等が死ぬぅ」

 

「やべぇよやべぇよ。物凄い、朝飯食ってきたから(空耳)」

 

唐突に汚くなるのはNG。だが実際のところかなり不味い状態にある。自分たちの存在を教えた挙げ句に何も出来ずに死ぬというハッキリ言って迷惑だけかけて自分はいなくなるという神様の屑がこの野郎...

 

その後神々はヒデ死ねとコメント欄が溢れかえるほどの

 

あああああああもうヤダああああああ!と言いながら打倒ゼットンの協定を結んで帰っていった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここから少しシリアス。

 

ゼットンは戦争を仕掛ける前にキメラたちを作った神の世界へ向かっていた。実はキメラたちからとある頼み事をされていたからである。その頼み事は...

 

仲間を楽にしてやってほしい?

 

「はい。同胞は全てキメラに改造されてしまいました。厚かましいというのは分かっています。ですがこのままではアイツら一生苦しんで生きていかねはなりません。だから私たちの同胞を...」

 

分かった。何とかして助けてあげるよ。

 

そう言われキメラは涙を流した。

 

「ありがとう...ございます...」

 

そうして今ゼットンは、キメラたちのいた世界へと辿り着いた。

 

ここがキメラくんたちのいた世界か...

 

その世界は全ての生物がキメラへと改造されており、人間も例外ではなかった。ゼットンが辺りを眺めていると大量のキメラがゼットンへと向かってきた。

 

殺してくれ...殺しくれぇ...

 

キメラたちから声が聞こえてきた。無理矢理に体を改造され、兵器として扱われてきたキメラたちはもう限界だった。

 

もう誰も殺したくないんだ...

 

頼む...もう生きたくない...

 

そんなキメラたちの叫びを聞いたゼットンは頼み事を思い出した。

 

約束はちゃんと果さないとね。

 

ゼットンはそう呟くと、空に飛び上がった。そして自分が生み出せる最大の暗黒火球を発射した。その火球は全てを包み込んだ。

 

これでようやく...楽になれる。あり...が...とう...

 

今日、世界が一つ滅びた。だがその滅びは、その世界の生きる者にとってはたった一つの救いだった。




生かすことだけが救いではない。死もまた救いである。

感想、お気に入り登録、宜しくお願いします。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

迫神空手部 聖の裏技

語録を使うことはこれからもあると思うのでご了承ください。だけど語録だけではないのでご安心を。

作者はノンケです。

神様に死を与えてほしい?

じゃあ送ってやるよ地獄に!


神々は自分の世界に作った空手部の部室の様な部屋でぬわああああん疲れたもおおおおおおおおおん、チカレタなどと言いながらこれからの事について考えていた。一人で戦ったところで勝つことは出来ない。というかゼットンが強すぎる。これも全て作者ってやつの仕業なんだ。

 

「何だって?それは本当かい?」

 

何処からか聞こえてきた声にツッコむ神。

 

「私はいったい何をやってるんだ...」

 

「あの...〇〇様?大丈夫ですか?」

 

いつの間にか部下の鎧を装備した天使が部屋に来ていた。

 

「ファッ!何だこのおっさん!」

 

「呼んでも返事がなかったのですが...」

 

そう言われて素の状態に戻る。

 

「む?それは済まないな。それで?なんの用ですか?」

 

部下の天使は話をまとめると、我々の世界とは別の世界に存在する神に助けを乞うというのはどうかという提案だった。これを聞いた神は神格世界へと向かった。

 

「それで?別世界の神とは何という者だ?」

 

「名前はアヌンナキというらしい。それ以外にもカストディアンとも呼ばれていて、実力は折り紙付きだ」

 

「そのアヌンナキのいる世界はどういった世界なのですか?」

 

「どうやらその世界は神ば干渉するのではなく人間たちが独立しているらしいゾ」

 

「はえ〜すっごい...」

 

作者はノンケです。大事なことだから2回言う

 

「じゃあ、誰がアヌンナキノ元へ行くのですか?」

 

案が出ても誰が実行するのか決めていなかった。ここから会議は荒れた。

 

「ちょっと待って。誰が行くか決めてないやん!」

 

「あっ...そっかぁ...」

 

「えっ...一人で行くんですか?」

 

「当たり前だよなぁ?」

 

その後は自分は行かないぞと言い張り誰も動COATとしなかったが業を煮やした一人の神が

 

「お前ら誰も行こうとしねぇなあ〜俺が行ってやるか!しょうがねぇなぁ(孫悟空)」

 

そのまま言葉を聞いた神々はこう言った。

 

「「「ありがとナス!」」」

 

汚い。臭そう。絶対臭い。臭い。この世界の神は汚物だってはっきり分かんだね。

 

アヌンナキは被害者です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ある日、アヌンナキの元に来客が訪れた。

 

「なるほど。ゼットンという邪神を倒すために協力してほしいと?」

 

「そうです。ゼットンの力は強大です。このままでは我々の世界は滅びてしまいます。ですので力を貸してください。世界の平和のためにも」  

 

その後アヌンナキは神々と共同宣戦を組むことになり、本格的な戦争が始まろうとしていた。

 

 

 

 

 

早く本編にいって話を進めないと...

 

 




最近はSEEDを見てオルガ、シャニ、クロトにハマり、DESTINY見始めてルナマリアが大好きになる作者。カリオストロさん?もちろん大好きですけど?

また新しい小説のアイディア思いついたので書こうと思ってます。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

蹂躙開始

やっと胸糞悪い神々を殺せる。次回はアヌンナキとの戦闘です。その後は本編に戻ります。


神々はゼットンを迎え撃つために自分の世界の天使たちを掻き集めていた。

 

「急げ!ゼットンが来る前に陣形を整えるんだ!」

 

神々はそう天使たちに呼びかけるが今日が初めての共闘のため、連携などとれるわけがなかった。そんな事もあってか天使たちは自分たちの神に対して愚痴を言っていた。

 

「何の説明もしないで戦争に参加とか何の冗談だよ」

 

「だよなぁ。だけどあんだけ急いでるって事はゼットンてのはそんなにヤバい奴なのか?」

 

「まさか。どんだけ強くてもこれ程の数を相手に戦うヤツなんているわけがないだろ〜」

 

「だよな〜ハハハハハ!」

 

確かに数ではゼットンは圧倒的に不利だ。しかしゼットンにとって敵の数など関係がない。復讐者となったゼットンのすべき事は唯一、神を殺す。ただそれだけだ。そして10分ほどの時間が経過した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ絶望の幕開けだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突如として空が闇に染まり始めた。

 

「な、何だ!何が起きてんだ!?」

 

「これってヤバいんじゃねぇか?」

 

天使たちは突然のことに動揺して、隊列が崩れ始める。

そんな中で一人の神が天使たちを落ち着かせようとした瞬間、黒いナニカが天使たちの一列を貫いた。

 

「まさか...」

 

神々の予想は当たっていた。天使たちを貫いたのはゼットンの尻尾だった。尻尾が向かってきた方向を見ると。ゼットンが立っており、体からは邪悪なオーラ紫の炎が吹き出ていた。ゼットンが尻尾を引き抜くと、尻尾に貫かれた天使たちは光になって消滅した。

 

「うわあああああああああ!」

 

天使たちの隊列は完全に崩れてしまった。それと同時に同時にゼットンが天使たちの元へ走り出す。 

 

「クソったれ!仲間の仇だ!」

 

天使たちもゼットンに向かっていく。

 

 

邪魔

 

 

ゼットンは尻尾を伸ばして体を捻る。鞭の様に撓る尻尾は天使たちの体を切断し、天使たちの切断された上半身と下半身が空を舞い地面に落ちる。次にゼットンは飛び上がり、尻尾を突き出しながら体を回転させる。ゼットンはドリルの様に回転し、もはや逃げ回る事しか出来なくなった天使たちを貫いていく。

 

「来るな来るな来るなぁぁぁ!」

 

少しでも時間を稼ごうと光の光線を放つ天使たちだが、ゼットンアブソーバで吸収され撃ち返されて次々と死んでいく。生き残るにはゼットンを殺すしかないと考えた天使たちは近距離での戦闘に持ち込もうとするが拡散型の暗黒火球で近づく前に焼き尽くされ、なんとか近づけた者は瞬間移動で背後を取られ、尻尾や腕で体を貫かれ死んだ。

 

「何だ⁉あれだけの数がいながらあの無様な姿は!これでは兵士としての意味がないではないか!」

 

「ならばどうすれば良いというのですか!このままでは我々に勝機はありません!」

 

「ワシらが行くしかないか...」

 

「アヌンナキ殿。あなたはどうしますか?」

 

「私は少し待ちましょう。幾ら邪神とはいえ神が4人も相手となればなんとかなるでしょう」

 

「ですが...」

 

「ご安心を。私も戦いには加わりますから」

 

「そこまで言うn」

 

 

 

 

見つけた

 

 

 

 

「っ!来るぞ!一気に畳み掛けるんだ!」

 

だが言うは易し行うは難し。そう簡単に出来るわけがない。

 

最初に仕掛けた神は、武器ごと両手を切り落とされた。

 

「ぐあああああああ!」

 

両手から血が吹き出る。だがそれでも戦おうとするが一瞬で間合いをつめられ、翅で体を真っ二つに割られた。

 

ゼットンが次の標的の神に攻撃を仕掛けようとすると、一人の神が逃げ出そうとしているのが見え、そちらに標的を変えた。

 

「このままでは全員が殺される。何とかするためにもここは一旦逃げなければ...」

 

 

 

何処に行くの?

 

「え?」

 

逃げ出した神の四肢がいつの間にか切り落とされていた。神の体が地面に落ちる前にゼットンの尻尾が神の首に巻き付いた。

 

「い、いったい何を...」

 

神がそう呟くと、ゼットンは飛び上がり地面に急降下した。

 

「ま、まさか...やめろ!このままだと...」

 

神の静止など聞かずゼットンは尻尾に巻き付けた神を地面に叩きつける。そしてそのまま引きずり回しながら辺りを飛びまわる。

 

「...」

 

引き摺られていた神は喋る事すら出来なくなっていた。体はボロボロになり、肉片と化していた。ゼットンは肉片になった神を放り投げた。残り二人の神の内もう1人は死ぬまで火球を撃たれ続た。最後に残った神は...

 

「がはッ!」

 

ゼットンに尻尾で地面に叩きつけられた。そして起き上がろうとしたところをさらに尻尾で叩きつけられるというループ状態に陥っていた。

 

「頼む...助けてくれ...たn」

 

言い終わる前にゼットンは足で顔を踏み砕いた。全ての神を殺したゼットンは最後の標的に目をやる。先程から動かずに黙って自分を見ていたアヌンナキと目が合う。その瞬間、二人から強大なオーラが吹き出た。

 

全身から光のオーラを放出させるアヌンナキ。

全身から死のオーラを放出させるゼットン。

 

「あなたは私の手で倒さねばならないようですね」

 

 

 

 

次は...お前だ...

 

 

 

 

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

決着

やっぱりハイパーゼットンって強い。






向き合うアヌンナキとゼットン。互いの体からは光のオーラと闇のオーラが溢れ出していた。

 

(なんと恐ろしいオーラ...確かに彼は危険だ。ここで何とかして倒さねば...)

 

アヌンナキはゼットンを最大の敵と認識し、警戒を強めるが、それはゼットンも同じだった。

  

コイツ...今までの奴と違う。相当強いな。

 

アヌンナキから放たれる光のオーラとゼットンから放たれる闇のオーラがぶつかり白と黒の雷が周囲に降り注ぐ。それから睨み合うこと5分。アヌンナキが先に動いた。

 

「はっ!」

 

アヌンナキは武器ではなく、様子見として拳でゼットンの攻撃した。狙うは顔面。どんな生物でも顔に攻撃を受ければ怯んで隙が生じるからだ。それに対しゼットンは、

 

「何?」

 

動かなかった。手加減したとはいえアヌンナキの拳はゼットンの顔面に直撃する。これには流石のアヌンナキも驚いた。ノーガードになるとは思っても見なかった。

 

 

この程度か?

 

 

しかしゼットンにはダメージもなく、拳が顔に当たったまま、アヌンナキの即頭部を殴る。

 

「ぐあぁ!」

 

衝撃で横に吹っ飛ばされるが、なんとか体制を立て直す。

 

(彼が強いのは分かっていたのに...少し甘かったか)

 

「しゃっ!」

 

アヌンナキは右縦拳でゼットンの胸をなぐろうとするがゼットンはその腕を払い除け、アヌンナキの胸に腕を突き出す。今度はアヌンナキは腕を掴み、引き寄せ投げ飛ばす。ゼットンを地面に叩きつけ、アヌンナキは後ろに下がる。地面に叩きつけられたゼットンは倒れた状態から飛行能力を使いアヌンナキの足に体当たりを仕掛ける。

 

「何っ!?」

 

アヌンナキはギリギリで飛び上がり回避するが無防備状態になってしまう。

 

 

燃えろ

 

 

ゼットンは暗黒火球を放つ。放たれた暗黒火球はアヌンナキに直撃する。

 

「っ!不味い!」

 

アヌンナキは防御壁で暗黒火球を防御する。

 

「何という威力だ...これ以上は出し惜しみしてはいられないな」

 

流石にこれ以上は危険と判断し、アヌンナキは武器を取り出した。(アヌンナキの武器は読者が好きな武器で)

 

 

再びアヌンナキとゼットンは向き合い、同時に走りだす。

 

「むぅん!」

 

アヌンナキの武器とゼットンの腕が激突する。すると、ぶつかったゼットンの腕に光の輪が出現した。

 

 

何だ?アイツの武器の能力か?

 

 

ゼットンは光の輪はいったいどんな能力なのか考えるが、後回しにして戦闘を続ける。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「ハァ、ハァ、ハァ...」

 

 

コイツ...強い...

 

 

お互いの体は傷だらけの状態だった。このままでは共倒れになると考えた両者は立ち上がり、走り出す。このまま互角の勝負が続くのかと思いきや、アヌンナキの武器が光の輪に触れた瞬間、勝負が動いた。

 

 

グアアアアアア!

 

 

光の輪が爆発し、ゼットンに大きなダメージを与える。さらにアヌンナキは追い打ちで光の輪を斬りつける。さらなる爆発により、ゼットンは吹き飛ばされる。吹き飛ばされたゼットンにアヌンナキは再び光の輪をつける。それに対しゼットンはアヌンナキを蹴り飛ばし、距離をとる。

 

 

 

あの光の爆発...なんて威力だ。このままだとこっちか負ける!一気にケリをつけるしかない。

 

 

両者はここでケリをつけなければと考え飛び上がり、全力の技を放つ。

 

 

       終炎

 

 

 

 

       聖光

 

 

互いの技がぶつかり、大爆発が起きる。爆発が終わると、アヌンナキとゼットンは倒れ伏していた。両者は立ち上がろうと力を込める。

 

「あなたはここで私が倒す!」

 

 

まだ...だ。まだ倒れちゃダメだ!ラギュくんとの約束を...守るんだぁぁぁ!

 

 

両者は何とか立ち上がる。先に仕掛けたのはゼットンだった。だがアヌンナキが体に力を込めると光の輪が鎖となってゼットンを拘束した。

 

 

何だこの鎖。動けない...

 

その鎖はゼットンの動きを完全に封じた。

 

「今の私では勝てないのでね...あなたを封印することにしました。あなたの存在はあまりにも危険すぎます」

 

そう言ってアヌンナキはゼットンに触れる。するとゼットンの体が石化していった。

 

 

違う...僕は...僕はただ、友だちが...友だちが欲しかっただけなのに...

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

戦争が集結してからアヌンナキは悪夢を見るようになった。それは、ゼットンに殺される夢だった。その夢を見てからアヌンナキは変わった。完全な存在たるゼットンを恐れ、完全そのものを恐れるようになってしまった。

 

その矢先に人間が自分に近付こうとしていたのを知った。それはアヌンナキに動揺を与えた。

 

「人間が私と同じ領域に立つというのか?」

 

それは人間が完全な存在へと至ることを意味する。完全な存在を恐れるアヌンナキにとってそれは受け入れがたいことだった。故にアヌンナキは人間から共通言語を奪い、呪詛を施した。人間が自分と同じ領域へと上がれないように。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

石化したゼットンは様々な世界を彷徨っていた。そんな時だった。浮遊しているナニカを見つけた。それはネフェリムの爆発により、バビロニアの宝物庫から吹き飛ばされたノイズだった。

 

 

君は...僕も同じだね。みんなに否定されて...誰にも必要とされない...悲しい存在だ。

 

 

ノイズはゼットンを見ていた。

 

 

おいで。君は僕と一緒だ。だから一緒にいよう。

 

 

するとノイズはゼットンに近づき、触れた。するとノイズとゼットンが融合し始めた。

 

 

良かった...これでもう一人じゃない。

 

 

また更に彷徨い始める。すると今度は体から抜き出た人間の魂を見つけた。その魂からは映像が流れていた。自らの命を燃やして歌を歌い、人を救った錬金術師だった。そしてその魂はそれを見て泣いていた。

 

 

そうか...君は大切な人を守れなかったのか...じゃあ君に僕の力を託すよ。勝手かもしれないけど今度はその人を守ってあげてくれ。

 

 

そうしてゼットンは今作の主人公と融合した。そして物語は1話に続く。

 

 




次回から本編に戻ります。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

取り敢えず蹴るか。

読者の方たちが待ち望んだものの一つが見れます。

前半は真面目な話。

主人公の体から魂が抜け出したのは死んでいたと思っていたカリオストロさんが復活し、ヤベーイ!テンションになった直後にカリオストロさんが死亡したショックのせいです。


アダムとの会話を終えて自分のベッドに寝ていると夢を見た。

※夢の中での会話は「」がつきます。

 

俺が目を覚ましたのは辺り一面が闇に包まれた世界だった。

 

「ここは...?」

 

せめて明かりはないのかと辺りを見渡すと声が聞こえてきた。

 

「気がついたかい?」

 

声の聞こえてきた方向を向くと、誰かが立っていた。その人物?は余りにも意外すぎるひとだった。

 

「ゼットンさん?」

 

俺に話しかけたのはなんとハイパーゼットンだった。だけど何でハイパーゼットンが?

 

「何でって聞かれてもなぁ」

 

ん?ちょっと待てよ?何でこの人は俺の考えた事が分かったんだ?

 

「もしかして俺の心を読みました?」

 

俺の問いかけにハイパーゼットンさんは笑う。

 

「ハハハハハ!心を読むも何もここは僕と君の精神の世界だからね。読まなくても勝手に分かっちゃうんだよ」

 

「君と僕?それってどういう...」

 

「そうだね...先ずはそれについて説明しようか」

 

それから俺はゼットンさんから説明を受けた。ゼットンさんの過去の話、そして俺と融合した事など。

 

「そんな事があったんですか...」

 

「もう随分と昔の出来事だけどね」

 

ゼットンさんから不思議と怒りや憎しみといった負の感情は感じられない。

 

「それにしても融合かぁ。だから君と僕って事なんですね」

 

「そういう事さ、だけど悪かったね。勝手に融合なんてしてしまって」

 

「そんな事ないですよ!むしろ感謝の言葉しかないです!」

 

自惚れではあるがゼットンさんとの融合でゼットンさんの力を使えるようになったお蔭で俺はカリオストロさんたちの死を回避出来るのかもしれないのだから感謝する以外に言葉がない。

 

「何だか気を遣わせてしまったようで悪いね。最後に質問してもいいかい?」

 

「質問ですか?別に構わないですけど?」

 

「君の魂が映し出したあの映像、あれはいったいなんだい?」

 

その質問に対して俺はどう答えたらいいのか少し悩んだ。アレは俺の前世で見たアニメですなんて言っても信じてもらえるか分からないから。

 

「前世?アニメ?いったいなんの事だい?」

 

あ、心は読めるから意味ないんだった。

 

「俺の前世ではこの世界は創作物の一つでした。それで俺が味方している人たちは死ぬ筈だったんです」

 

「なる程ね。だけどなんで君は彼女たちに味方するんだい?融合した後で君の記憶の映像を見たけど彼女たちは君の言葉で言えば悪役だ。何故だい?」

 

「何故ってそりゃあ...カリオストロさんが大好きだからですよ!初めて見た時にこう思いました」

 

 

超...どストライクだ...

 

 

「だから俺はカリオストロさんたちを守ります。たとえ誰かを傷つける事になったとしても。俺はあの人たちを守りたいんです。だって俺は...」

 

カリオストロさんが大好きですからね。

 

「そうか...じゃあ改めてお願いするよ。絶対に彼女たちを死なせないでくれ」

 

ハイパーゼットンさんが真剣な声色で俺に言う。

 

 

「もし、もし彼女たちが死ねば君の負の感情も僕の負の感情が溢れ出す。そうなればこの世界は滅びてしまう。君の大切な人のためにも、彼女たちを絶対に助けてやってくれ。そのためにも君に僕の力を託す」

 

「はい!絶対にカリオストロさんたちを助けてみせます!」

 

「後は大丈夫みたいだね。また今度君の話を聞かせておくれよ楽しみに待ってるね」

 

そう言ってゼットンさんは消えていった。

 

なんだか凄い夢を見ちゃったな...よし!ゼットンさんに任された事だし、更に頑張らなくちゃな!あっ、そうだ確かアダムがサンジェルマンさんたちと話してるンだけどどこだっけ?

 

 

それから歩いていると、サンジェルマンさんたちがいた。ベッドの上ではティキがアダムに膝枕されていた。

 

おはようございますと手持ちサイズのホワイトボードに書く。

 

「おや?起きたみたいだね。どうやら」

 

「アダムと話し終えてからグッスリねていたワケダ」

 

「おはようゼットンちゃん。それにしても随分お寝坊さんね♪」

 

カリオストロさんの声が聞けて幸せじゃあ〜。

 

「それじゃあ僕は行くとしよう」

 

「統制局長。どちらへ?」

 

「教えてくれたのさ、星の巡りを読んだティキが.....ね」

 

部屋を出ていこうとするアダムさんの肩を叩く。

 

そうそうアダムさん?

 

「なんだい?」

 

黄金錬成の件でのサンジェルマンさんたちのお返しです。

 

心の中で呟きながらアダムの股間を蹴り上げる。

 

 

「korkljrlr8pmoi5hxroor6qxp!」

 

アダムは訳の分からない言葉を発し、股間を抑える。それから内股で部屋を出ていった。その後はサンジェルマンさんは溜め息をついて頭を抑え、カリオストロさんとプレラーティから褒められた。やったぜ。

 

 

 




前半とか言っといてこっちの真面目な話が本編になっちゃてるんですが...

ところで皆さん。宇宙恐魔神ゼットって知ってます?
(この質問に込められた意味とは...)


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

ヤバい...酔った...

友だちの家に行って遊んでたらエロゲを見つけてしまい、なんか見ちゃいけない物を見てしまったという罪悪感と羨ましいという感情が湧きました。

久しぶりに主人公がやらかします。


アダムの股間を蹴り飛ばしてから俺たちは空中要塞に乗って東京を襲撃しようとしていたのだが...

 

ヤバい...酔った...

 

空中要塞の揺れで乗り物酔いしてしまった。だけど三人には気づいてない。どうしよう...ハッキリ言って休みたい。

 

 

「オペラハウスの地下にはティキ以外にも面白いものがゴロゴロ眠っていたのよね」

 

「勿体ぶってなんていられないワケダ」

 

「我らパヴァリア光明結社は、神の力をもってして世の理をあるべき形へと修正するッ!」

 

この時、俺の頭の中ではカ○ーユ・ビ○ンの修正してやるッ!が再生された。にしても気持ち悪い...

 

その後の会話は聞こえなかった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

気がついたら話は終わっていた。といっても1分もなかったけど。

 

「ゼットン、貴方には悪いけど一人で街を攻撃してもらうわ」

 

お仕事もらっちゃったよ...

 

「出来るだけ多くの生贄がほしいわ。頼んだわよ」

 

はいよ〜。それじゃあ行ってきま〜す。うっ、吐きそう。

 

 

俺は酔いが覚めないまま空中要塞から飛び立った。

 

 

あ〜気持ち悪い...

 

 

飛んでいるのだが揺れるせいでこのままだと吐きそうだ。というかゲロではないが、過去にクシャミでやらかしてるから吐きたくない。なんだか嫌な予感がする。

 

 

ちょっと休憩するか...

 

 

近くのビルで休もうとしたら、作者のせいで風が吹いた。

 

 

おのれ作者め!うわあぁぁぁぁぁぁぁぁ!巫山戯るな!巫山戯るな!バカヤロー!

 

 

風に揺られた影響で、ゼットンはもう限界だった。

 

 

オロロロロロロロロロ!

 

 

ゼットンの胸から大量の火球が放たれた。放たれた火球は街に直撃し、連鎖する爆発を引き起こす。海に当たった火球は巨大な水柱をあげる。

 

 

ハァ、ハァ、ハァ。ヤバい...またオロロロロロロロロロ!

 

またゼットンから火球が放たれた。今度はコンビナートに直撃し、先程よりも大きな爆発と火災が発生した。

 

 

これも全て作者ってやつ仕業なんだ(草加スマイル)だけど結果的に仕事は完遂できたから結果オーライだしサンジェルマンさんのところに戻るか(現実逃避)

 

 

頭飛んで飛んで飛んで飛んで飛んでと歌いながらサンジェルマンさんたちのいる空中要塞に戻る。

 

 

お〜いサンジェルマンさ〜ん

 

 

俺はサンジェルマンさんの名前を呼ぶ

(ゼットンが喋ってもゼットンの鳴き声しか聞こえていません。)

 

 

「遠くから見てはいたけど中々の成果だわ。これだけの生贄が集まれば私たちの計画もきっと上手くいくわ」

 

 

死んだ人に対して失礼だがこれもカリオストロさんたちを助けるためだ。許してくれとは言わん。

 

 

やっぱり怪獣と融合した影響なのか、人を殺したというのにソレに対する恐怖などはなかった。当然の事をしたという感情しかなかった。だけどカリオストロさんたちが死んだらきっと違う状態だっただろう。

 

 

「それはそうとあの骨董品はシンフォギアにやられてしまったワケダ。これからどうする?サンジェルマン」

 

「そうね...これ「デェェェェス!」っ!」

 

あっ、この声ってまさか...

 

振り向くと大量の刃が目の前に迫っていた。突然の事に反応が遅れ、体に刃が当たる。

 

 

いってぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!体はゼットンでも中身はカリオストロさんLOVEな一般人なんですけどぉ?

 

 

今度は切歌ちゃんと調ちゃんがユニゾンで攻撃を仕掛ける。迎え撃とうとするが、後ろにサンジェルマンさんがいるのに気づき退けようとしたが、また作者が小さい風を吹かせる。風によりカリオストロさんの服が僅かにずれて、アレが見えそうで見えない

 

 

Oh...Beautiful...

 

見とれてしまって回避が間に合わず、ユニゾンとサンジェルマンさんのシールドに挟まれた。

 

「ゼットンちゃん!?」

 

カリオストロさんの心配する声が聞こえる。心配してくれてありがとうございま痛い痛い痛い!

 

 

久々のギャグなのにこの仕打ちとかウッソだろお前!だけどカリオストロさんのアレが見えそうで見えないという素晴らしいものを見れたから許す!




作者の三半規管はクソザコなので修学旅行などの学校行事や、家族での遠出は地獄です。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

ゼットンの驚異

S.O.N.Gのゼットンへの反応を書いた話です。

仮面ライダーの平成FOREVER見ました?私は見に行きました。


突如として姿を表したパヴァリア光明結社の統制局長アダム・ヴァイスハウプトの黄金錬成によって風鳴機関本部を破壊され、シンフォギア装者である立花 響、風鳴 翼、雪音 クリスは仮本部のトラックへと戻っていた。全員が悔しさに顔を歪ませている中、司令でもありOTONAでもある風鳴 弦十郎が口を開いた。

 

「敗北だ。徹底的にして、完膚なきまでに」

 

「遂に現れたパヴァリア光明結社統制局長。アダム・ヴァイスハウプト」

 

緒川がアダムの名を口にすると、モニターにアダムの黄金錬成もとい、全裸抜剣の姿が映し出された。この格好にツッコミを入れる者はいなかった。というよりかは悔しさで相手の格好など気にしてすらいなかった。

 

「そして...」

 

次に映し出されたのはサンジェルマン、カリオストロ、プレラーティのファウストローブだった。それを見たクリスは悔しそうに言う。

 

「錬金術師共のファウストローブ...」

 

「打ち合った瞬間にイグナイトの力を無理やり引き剥がされたような、あの衝撃は...」

 

その疑問にエルフナインが答える。

 

「ラピス・フィロソフィカス、賢者の石の力だと思われます」

 

「賢者の石...確かに言っていた...」

 

「完全を追い求める、錬金思想の到達点にして、その結晶体。病をはじめとする不浄を正し、焼き尽くす作用をもって浄化する特性に、イグナイトモジュールのコアとなるダインスレイフの魔力は、なす術もありませんでした」

 

それを聞いた翼は、自分の胸に手を当てる。

 

「とどの詰まりはイグナイトの天敵。この身を引き裂かんばかりの衝撃は、強制解除によるもの」

 

それに対しクリスは悔しそうに声を荒げる。

 

「決戦仕様である筈が、コッチの泣き所になっちまうのか!」

 

だが、悔しい事はこれだけではなかった。

 

「これ以外にもう一つ、厄介な事があります」

 

緒川が話を切り出す。

 

「黄金錬成の映像を記録したところ、とある映像が確認されました。それがございますコチラです」

 

モニターに映し出されたのは風鳴機関本部の屋根に立つゼットンの姿だった。その映像をを見たクリスは訝しげに言う。

 

「何やってんだアイツ?」

 

そしてアダムの黄金錬成により大爆発が生じる直前、ゼットンの両腕の前にブラックホールの様な円が出現した。そして爆発が終わり、煙が晴れるとノイズとは違うカラーになっていた。顔と胸の部分が発光し、全体的に黒と灰色のカラーへと変わっていた。

(因みにだが、煙が晴れてからの動きはウルトラマンサーガで完全体になった時のハイパーゼットンの動きだと思ってください)

 

「どういう事だ?まさか色違いになっただけじゃないねえだろ?」

 

クリスの疑問に緒川か答える。

 

「はい、クリスさんの言う通りです。ゼットンの体色が変化したと同時に、ゼットンから発せられるエネルギー量が変化しました。詰まりゼットンが強くなったという事です」

 

緒川の説明にエルフナインが補足する。

 

「正確には色が変わったというよりも、生身の肉体を手に入れたというのが正しいです」

 

エルフナインの補足が、響はよく分からなかった。

 

「え〜っと、それってつまりどういう事なの?」

 

「恐らくはあの円で黄金錬成のエネルギーを吸収。そしてそのエネルギーにより生身の肉体を錬成したという事です」

 

「我々は切り札を封じられ他に風鳴機関本部を失い、更には最も厄介な存在が更に強くなったという事か...」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

話は飛んで、マリアがエルフナインと共にLinker作成への手掛かりを掴んだ矢先に東京湾からアルカ・ノイズの反応が検知された。

 

「空間を切り取るタイプに続き、またしても新たな形状...しかもかなり巨大なタイプのようです」

 

「罷り通らせるわけには...行きます!」

 

それから響と翼、クリスが合流し現れたノイズと戦闘を開始する。それから時間が経過したとき、事件は起きた。分裂した時に、街で大きな爆発が起きた。

 

「何が起きたぁ!?」

 

「ゼットンです!ゼットンから発射した火球によるものだと思われます!」

 

「狙いは街への攻撃か!」

 

弦十郎は自分のデスクに拳を叩きつけた。だが直ぐに冷静さを取り戻し、指示を出す。

 

「戦闘中の装者は戦闘を続行!残りの装者は街で避難を援護しろ!一人でも多くの民間人を救うんだ!」

 

今回の火球でシェルターごと焼かれ、合計で2749人もの民間人が死亡した。

 

 




皆さんはクリスマスをどう過ごしますか?私は非リア充なのでフォートナイトとDead By Delightで八つ当たりします。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

オッパイは素晴らしい。

守る(護る)為に振るった拳、殺す為に振るった拳。その2つに違いはない。




ハンバーガーの気分だ。俺というパティをユニゾンとシールドのバンズが挟む。それはいったいどんな味がするのだろうか...。というかどうやって抜け出せばいいんだこれ?

 

「どっちが先にやめるかのチキンレースの始まりデス!」

 

ちょっと待って。それどっちも相手が諦めるの待つパターンじゃん。このままじゃ俺が死ぬ。つーか背中からなんか変な音が聞こえる。痛いですね...これは痛い...

 

 

「「ハアアアアアアアアッ!」」

 

 

切歌ちゃんと調ちゃんはさらに力を込めてサンジェルマンさんのシールドを破ろうとする。抜け出そうとしても抜け出せない。するとシールドが割れて、俺ごと空中要塞を切り裂いていく。

 

 

ギイィェェェェェェェェェ!機械が体にぶつかって痛い!

 

 

そして空中要塞は爆発した。切歌ちゃんと調ちゃんは地面に着地するが俺は出来ずに地面に落ちる。と思いきや、カリオストロさんがキャッチしてくれた。お姫様抱っこで。

 

「はいキャッーチ♪ゼットンちゃん大丈夫?」

 

 

なんてこった...オ○パイが当たってる...なんと素晴らしい感触だ。惚れちゃうぜってかもう惚れてます。

 

非常に残念だがカリオストロさんから降りる。俺が降りた後に切歌ちゃんへとサンジェルマンさんが銃弾を撃ったが響ちゃんに受け止められていた。

 

「...間違ってる...命を礎だなんて、間違ってるよッ!」

 

「気が大きくなるのはいいけど」

 

「3対4でこっちが有利なワケダ」

 

プレラーティがそう言った瞬間に俺たちの足元に赤いエネルギー弾が撃ち込まれた。

 

「いいや。これで6対4だ」

 

「くっ...」

 

悔しがるサンジェルマンさんへ翼さんが問いかける。

 

「いい加減に聞かせてもらおうか。パヴァリア光明結社。その目的をッ!」

 

翼さんに続いて響ちゃんも問いかける。

 

「人を支配から開放する。って言った貴方たちはいったい何と戦っているのッ!?貴方たちが何を望んでいるのか教えてッ!?本当に誰かの戦っているのなら、私たちは手を取り合えるッ!」

 

響ちゃんの言葉に、サンジェルマンさんは拳を握りしめながら言う。

 

「手を取るだと?傲慢な!我らは神の力を持ってして、バラルの呪詛を解き放つ」

 

その言葉にシンフォギア装者は騒然とする。

 

「月の遺跡を掌握する!」

 

俺はサンジェルマンさん(特にカリオストロさん)たちを助けたい!

 

お前の目的は聞いてないぞ変態邪神がこの野郎...

 

 

「月にある、遺跡を...?」

 

そうだよ(肯定)

 

誰が喋っていいって言ったぁ!...おっと失礼。

 

「人が人を力で蹂躙する不完全な世界秩序は、魂に刻まれたバラルの呪詛が起因する不和がもたらす結果だ」

 

これも全てカストディアンって奴の仕業なんだ...(草加スマイル)

 

サンジェルマンさんに続いてカリオストロさんが言う。

 

「不完全を改め、完全と正す事こそ、サンジェルマンの理想であり、パヴァリア光明結社の掲げる思想なのよ♪」

 

今度はプレラーティが続ける。

 

「月遺跡の管理権限を上書いて、人の手で制御するには、神と呼ばれた旧支配者に並ぶ力が必要なワケダ。そのためにバルベルデをはじめ、各地で儀式を行ってきたワケダ」

 

その言葉に響は反論する。

 

「だとしても!誰かを犠牲にしていい理由にはならない!」

 

「犠牲でない。流れた血も、失われた命も、革命の礎だ!」

 

サンジェルマンはそう言い放ち、銃弾を発射する。そして戦闘が始まる。

 

それぞれの戦闘を見ていて、一つの疑問が浮かんだ。

 

 

あれ?誰も俺に向かってこないぞ?それとカリオストロさんのオッパイの揺れがエロい。

 

 

ゼットンは確かにこの場にいるが、全員が戦闘に夢中になっているのと、装者三人組との会話にゼットンは参加していないため空気の様な扱いになっていた。しかしずっと棒立ちでいるのは此処にいる意味がないと思い、ゼットンは戦闘へ参加する。

 

俺も仲間に入れてくれよ〜

 

ゼットンは翼の後ろへ瞬間移動する。翼は気配を感じて後ろを振り向くが、遅かった。

 

「しまっ...」

 

 

先ずは一撃!

 

 

ゼットンの右ストレートが炸裂する。翼はアームドギアでガードするが対処が遅れ、押し負ける。

 

「はあっ!」

 

足のブースターを使い、体制を立て直す翼。そしてそのままカポエラの様に体を回転させゼットンへと攻撃する。ゼットンはその攻撃をバリヤーを張ることで防御する。そして攻撃が止み、今度はゼットンが仕掛ける。翼を吹っ飛ばそうと蹴りを放つが躱され、カウンターの斬撃を受ける。

 

 

うおっ!

 

 

斬撃はゼットンの胴体に直撃し、ゼットンは怯む。怯んだ隙に翼はさらに斬撃を浴びせる。ゼットンは何とかそれを後退りしながら躱す。ゼットンが後ろに下がっていると、大きな石に足をとられ、よろめく。

 

 

「そこだっ!」

 

 

翼が大振りの斬撃を繰り出す。ゼットンは動きが止まった瞬間に尻尾を翼の足に絡ませ転ばせようとするが、翼はブースターで僅かに飛び上がりアームドギアを振り下ろす。

 

 

危ねえ!

 

 

ゼットンは真剣白刃取りの様にアームドギアを防御しようとするがゼットンの腕は 剣の様な突起形状なので掴めず斬撃は直撃する。

 

 

ところがぎっちょん!いけよファング!

 

 

ゼットンはがら空きの翼の胴体へと火球を発射する。翼は火球を受けて吹っ飛ぶ。

 

 

「ぐあああっ!」

 

 

吹っ飛ばされた翼はアームドギアを地面に突き立て、地面に膝をつく。

 

(まともに受けてしまったか...)

 

翼はそれでもゼットンへと向かう。

 

「何故お前はパヴァリア光明結社へ与する!奴らが何をしてきたのか分かっているのか!?」

 

翼はゼットンが人語を喋れなくとも、理解出来ているのではないかと思い、問いかける。

 

 

何故だと?簡単な事だ!俺はカリオストロさんが大好きだからだ!あのエロい服装!爆乳!そして喋り方!それら全てがどストライクだった!初めて登場した時に俺は!あの魅力に惹かれ、そしてその最期に涙した!だから俺は守りたい!あの人の全てを!そのためだったら俺はどんな事でもやってのける!そして!カリオストロさんのおっぱいに触れた今の俺は!阿修羅すら凌駕する存在だぁぁぁぁ!

 

 

ゼットンからオーラが溢れ出し、腕に集中する。そしてゼットンは瞬間移動で翼の懐に潜り込み拳を突き出す。

 

 

「うあぁぁっ!」

 

翼は吹き飛ばされ、倒れる。

 

さてと、次のお相手は...

 

するとカリオストロの放った攻撃がマリアによって弾かれ、ゼットンの方へと向かってくる。

 

 

しゅわっと!(空耳)

 

 

ゼットンは避けきれず当たる。ゼットンが吹っ飛ばされてる間にサンジェルマンたちは拠点へと戻り、復帰したゼットンも拠点へと戻っていった。

 

 

帰ったらカリオストロさんに謝られた。

 

「ごめんねゼットンちゃん。あーしのせいで痛い思いさせちゃって」  

 

オッパイに触れたので全くもって大丈夫です!

 

だけどそんな事書くわけにはいかないのでホワイトボードに大丈夫ですと書いておいた。それにしても柔らかかったなぁ...

 

 

 




カリオストロさんのファウストローブはエロい。断言できる。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

頼むから隠せ。俺はカリオストロさん一筋なんだ。

ラッキースケベを味わったゼットンに八つ当たりでもするか...

主人公をハイパーゼットンにした理由なんですが、最初はウルトラマン、スーパー戦隊、仮面ライダーの強キャラの誰かにする予定で色々と候補が上がり、最終的にウルトラマンはハイパーゼットン、グリーザ、ダークザギ。戦隊ヒーローはバングレイ、皇帝アクドス・ギル、無限龍ロン。仮面ライダーはン・ダグバ・ゼバ、デスイマジンが残りました。その後は友だちと相談した結果ハイパーゼットンになりました。

前書きが長くて申し訳ない。


拠点に帰って暫くしてから俺は風呂に入っていた。するとアダムがやって来て、一緒に入浴する事になった。

 

何故だ!何故アダムと風呂に入らなにゃならんのだ!俺はアダムじゃなくてカリオストロさんとお風呂に入りたいよ!俺はノンケだ。だけどいい体してんなぁ...造られたとはいえあの体は男としては羨ましい。いやいや駄目だ駄目だ!これじゃまるでホモみたいじゃないか!自分に言い聞かせろ。俺はノンケだ俺はノンケだ俺はノンケ俺はノンケだ。

 

ゼットンが心の中で大騒ぎしている間、アダムはサンジェルマンたちの報告を聞いていた。

 

「失敗したのかい?シンフォギアの破壊は?」

 

「はい」

 

「確かに言った筈だよ。僕は。シンフォギアの破壊をね」

 

「申し訳ございません」

 

サンジェルマンの謝罪の後にカリオストロとプレラーティがアダムへ毒を吐く。

 

「はん。前は良いところで邪魔ししたくせに」

 

「いけ好かないワケダ」

 

ティキはそんな2人に対して怒り始めた。

 

「聞こえてるわよ!3級錬金術師共。アダムへの悪口なんて許さないんだから!」

 

 

こっちだってカリオストロさんへの悪口は許さねぇからなぁ。あ○びあ○ばせじゃあ彼氏が出来なくてあーだこーだ言ってたくせにこの恋愛脳は...てかこの位置ならカリオストロさんのパンツは見えるのでは?...見えなかったか...

 

 

俺が心の中で言ったことなど露知らずアダムが話し始める。

 

 

「アスペクトは遂に示された。ティキが描いたホロスコープにね」

 

そう言ってアダムは立ち上がる。そしてサンジェルマンさんが続ける。

 

「ならば祭壇設置の儀式を」

 

アダムはティキを持ち上げながら言う。

 

「この手で掴もうか。神の力を」

 

一応は俺も神様ですよ〜。邪神ですけどね...つーかアダムさん?あなたのアレが見えてるんですけど?おい止めろ。見えてるから!見えてるから止めろ!揺れてるから止めろ!俺はそんなもの見たくない!見たいのはカリオストロさんのオッ○イなんだ!

 

その後アダムは浴槽から出るのだが...

 

タオルで隠せよ...見えてるんだよお前のアレがよぉ!折角の風呂だってのになんでこんな目にあわなくちゃいかんのよ!

 

 

「嫌味な奴。あんなのが結社を統べる局長ってんだから、やりきれないわね」

 

「そうだね。だけど私たちがついていくのはアイツでも結社でもないワケダ」

 

そう言って2人穏やかな顔はサンジェルマンさんを見る。サンジェルマンさんも穏やかな顔で2人を見る。

 

 

「2人とも...」

 

 

ああ...なんて素晴らしい光景だ...3人が輝いて見える。やっぱりこの人たちは3人でいなきゃ駄目だ。もし、この人たちを傷つける奴がいるなら俺は、ソイツを躊躇いなく殺そう。この3人(特にカリオストロさん)は生きなくちゃ駄目なんだ。ふぅ、やっぱり精神が変化してるな...前世だったらこんな物騒な事なんて考えなかったのになぁ...

 

 

「だったら、シンフォギアの破壊はこちらに任せてほしいワケダ。ゼットン、お前にも手伝ってほしいワケダ」

 

プレラーティさんが俺にそう言ってきた。

 

 

確か船?の上でのバトルだったな。よーし頑張るぞー!

(尚、ギャグ補正は消えない模様)

 

 

俺はホワイトボードに分かりました。と書いて風呂から出る。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

風呂から出たアダムは部屋で考え事をしていた。

 

「ねえねぇ、アダムは何やってるの?さっきから椅子に座ったままだよ?」

 

「すまないね。かけておこうと思ったんだ、保険をね」

 

「保険ってどういう事?」

 

その質問にアダムは微笑む。

 

「一つじゃないんだよ。神の力は」

 

「?」

 

(予想外だったよ、君が結社に加わってくれる事はね。だけど感謝しなくてはな、お蔭で神の力を破壊されても何とかなりそうだ。)

 

 

 




伏線の回収しないと...

誤字があったら報告お願いします。自分で見つけて直しても見つかるので。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

俺の腰と造り物の闇

今年最後の投稿になります。皆さん来年も宜しくお願いします!


ガキ使見ながら書いてます。ちょっと眠いせいか変な文になってるかもしれません。


何でプレラーティって夏なのにあんな暑そうな格好が出来るんだ?

 

「それじゃあシンフォギアの破壊に向かうワケダ」

 

そんな疑問がふと浮かんだが頭の隅に追いやる。シンフォギアの破壊は流れが狂うので出来ないから損傷を与えるくらいはやるか。逝くぞぉぉぉぉぉ!ダ○ナモ感覚!ダ○ナモ感覚!

 

それから船に辿り着き、戦闘が開始された。

 

「デェェェス!」

 

切歌ちゃんが俺をイガリマで斬りつけようとする。それを瞬間移動を繰り返し、躱す。

 

「いい加減に当たりやがれデス!」

 

 

いやいや当たったら危ないだろ!というか刃物系の攻撃には当たりたくないです。殴られたりとか撃たれるのはまだいいんだよ。切り傷って一番痛いだろ(個人の意見)

 

鎌をブンブンしながら近づいてくる切歌にゼットンは突起状の腕で鍔迫り合いを仕掛ける。

 

 

「絶対に負けないデス!」

 

 

一度だけ翼さんと鍔迫り合いをした事があるから分かるけどさ、腕から火花が散るんだよコレ。帰ってからずっと腕のチェックしてるけどまだ削れてはいないよ?だけどね摩擦で腕が熱くて辛いんだよ!何でこんな目にあわなくちゃいけないんだよ!

 

 

切歌ちゃんと鍔迫り合っていると、足首にヨーヨーが巻き付いた。

 

 

あっ...

 

足首に巻き付いたヨーヨーのせいで思いっきりズッコケる。さらに船の床に顔面を強打する。

 

 

マジで顔面はやめてくれ...いやホントに冗談抜きでさ...

 

 

顔の痛みを堪えながら立ち上がると切歌ちゃんかブースターを使い、タックルを仕掛けてくる。

 

吹っ飛ばされて、壁に叩きつけられる。ここで問題が発生した。壁に角が刺さってしまい身動きがとれなくなってしまった。

 

ゼットンが壁から抜けようと藻掻いている間、切歌と調がユニゾンを決め、プレラーティに攻撃を仕掛ける。

 

「「はあぁぁぁぁぁぁ!」」

 

「サンジェルマンのためにー!」

 

結果、プレラーティが押し負け海に落とされる。それと同時に武器のけん玉が手から離れ、ゼットンへと向かっていく。

 

 

やっと抜けた...

 

 

「ゼットンちゃん避けて!」

 

 

ん?

 

 

カリオストロが呼びかけるが遅く、ゼットンの腰に命中する。

 

 

 

ああああああああああああああああ!腰が!腰がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

 

 

ゼットンは腰を砕かれ、プレラーティは重傷。この状態で戦っても勝ち目はないと判断したカリオストロはプレラーティとゼットンを回収し、拠点へと戻っていった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プレラーティたちがS.O.N.Gを襲撃をしている間、アダムは今までゼットンが出現した地域を訪れていた。

 

 

「最後だね。これで」

 

アダムの手に、闇が握られていた。その闇はゼットンが放った闇の残滓だった。

 

「これで超えられる。完全を」

 

 

絆を横倒し。

 

 

 

 




タイトルに込められた意味とはいったい...


来年も宜しくお願いします。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

絆を横倒しすれば分かる

前半は腰をやってしまったゼットンの話で後半はアダムの話です。

アダムは原作よりも強くなります。それとアダムの手に入れた闇がとあるウルトラマンの敵に繋がります。


拠点に帰ったカリオストロ、プレラーティ、ゼットン。そのうちの2人はベッドに寝かされていた。

 

 

痛ぇ...何とか動けるようにはなったけど痛い。これじゃ足手まといだなぁ俺。

 

 

隣を見るとプレラーティが寝ており、体には包帯が巻かれていた。

 

 

まさかけん玉が腰にぶつかるとはね。これも作者のせいか...

 

 

その通り。カリオストロさんにラッキースケベを発動させたせいで作者が嫉妬し、ゼットンの腰を砕いたのだ。人間の屑がこのヤロウ...こうなったら俺が直々に、空手を教える。

 

 

アダムとサンジェルマンさんの会話でも聞きに行くか。これからの事もあるしな。

 

 

ゼットンはアダムとサンジェルマンの元へと向かう。向かった先にはカリオストロがおり、壁に隠れていた。ゼットンは、偶々通りかかったのを装いながら近づいた。

 

 

ゼットンに気づいたカリオストロは、ゼットンの手を掴み引き寄せる。

 

「ゼットンちゃん、少し静かにしてて」

 

そう言われたゼットンは頷き、物音をたてないように静かに動く。

 

「じゃあ生贄を使えばいいんじゃないかな?あの2人のどちらかを」

 

「十分に足りる筈だ。祭壇設置の不足分だってね。完全な肉体より錬成されるエネブルギーなら」

 

その言葉にサンジェルマンは怒りに顔を歪ませる。

 

「局長...!あなたは何処まで人でなしなのか!」

 

その言葉を聞いたゼットンとカリオストロは直ぐに部屋まで戻る。部屋に戻ったカリオストロは、プレラーティに語りかける。

 

「大祭壇の設置に足りない生体エネルギーはあーしたちから錬成する...」

 

「仲間に犠牲を強いるアダムのやり方は受け入れられない...」

「きっとアイツは他にもな何か隠している...まあ、女の勘だけどネ...」

 

 

その後ゼットンはカリオストロに、腰のマッサージをしてもらうというあまりにも羨ましい展開が起きた。尚、作者は血の涙を流していた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

サンジェルマンとの会話を終えたアダムはゼットンの残した闇の残滓を眺めていた。

 

「完璧なんだがね。ゼットンから直接取れれば」

 

「そういえばアダム。そのヤミが保険って言ってたけどどうやって使うの?」

 

「そのままの意味だよ。神殺しによって神の力化殺された場合の保険としてね」

 

「それ以外に何かないの?」

 

そう言われてアダムは考える。

 

「ふむ...倒すためかな、絆を」

 

「絆を倒す?」

 

「そうさ。自らが生み出した闇に仲間が傷つけられる。そうなれば倒れる筈さ。絆が」

 

更にアダムは続ける。

 

「ここで質問だ。知っているかい?絆の綴りは」

 

そう聞かれたティキはアダムに怒る。

 

「失礼ね!私だってそのくらい知ってるわよ!絆ーNexusーでしょ?」

 

「正解だ。じゃあどうなると思う?絆が倒れると」

 

「絆が倒れると?う〜ん...分かった!Zになる!だけどそれがどうかしたの?」

 

「考えたんだよ。この新しい力の名前を」

 

新しい名前が何なのか気になったティキはアダムに聞く。

 

「その新しい力の名前を教えてよアダム!」

 

そう言われてアダムはほくそ笑む。

 

「こう名付けたんだ。絆ーNexusーを壊す存在」

 

       

 

 

        

 

 

 

 

 

         

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         ザギ




主人公になるキャラ候補のザギ様はアダムの力になりました。色々と思うところがあるかと思いますがすいません許してください何でもしますから(何でも出来るとは言ってない)


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

分身って大変.....

ゼットンさん、自分のせいでアダムが強化されたのに気づいていない。

今回は主人公が序盤だけ不機嫌。

私はAndroidを使って投稿したいるのですが、カって入力しただけでカリオストロって予測に出てくるようになりました。これも愛.....か

それと、もう一つ新作を作ることが決定しました。タイトルは戦姫絶唱シンフォギアメイキングです。内容はドラマや映画によくあるメイキングのシンフォギアバージョンです。


腰が治った。良い事だ。更にはカリオストロさんからマッサージして貰えた。とてつもなく素晴らしい事だ。全くもって素晴らしい日だ。だけど明日はクソったれな日になる。カリオストロさんが死ぬ。正確に言えば死んだふりではあるが、大切な人が死ぬのは実に不愉快だ。止める事が出来ないのがもっと不愉快だ。止めてしまえば全てがパーになってしまい、カリオストロさんたちに迷惑がかかる。俺には解決策が思い浮かばない...

 

 

ゼットンが解決策を思いつけないのは作者もいい解決策を思いつけなかったからだ。結局のところ、作者が悪い。許してくれゼットン。

 

その後ゼットンは寄るまで部屋に待機して、夜を待った。夜になり、ゼットンはレイラインの一つが存在する神社へ来ていた。ティキが星座を映し出されており、ティキの目が青く光り輝いていた。

 

「七つの惑星と七つの音階.....。星空はまるで音楽を奏でる譜面のようね 」

 

「始めようか、開闢の儀式を」

 

そう言ってアダムはサンジェルマンの背中に鏡写しオリオン座の刻印をつける。

 

「ッ!.....」

 

サンジェルマンは苦しそうにうめき声を上げる。そんなサンジェルマンの姿にカリオストロは悲しそうな顔つきへと変わる。するとアダムがサンジェルマンに何か呟く。その呟きを聞いたサンジェルマンの顔つきが変わる。

 

「さて、シンフォギアだよ、気になるのは」

 

今まで黙っていたカリオストロが口を開いた。

 

「あーしとゼットンちゃんが出るわ。儀式で動けない人と負傷者には、任せられないじゃない」

 

「あるのかな?何か考えでも」

 

「相手はお肌に悪いくらいの強敵」

 

そう言ってカリオストロはラピスとは別のアイテムを取り出す。

 

「もう嘘はつきたくなかったけど.....搦め手でいかせてもらうわ」

 

 

あ〜クソったれだ。前世で精神がボドボドになったカリオストロさんが死ぬシーンを間近で見なきゃならんのよ!とはいえ都合よくいかないのが人生だ。というよりも怪獣生か?とはいえどーこー言っても変わらない。明日に備えてホテルに戻るか。

 

 

ホテルに戻ったゼットンは風呂に入り、明日に備えて眠りについた。

 

 

朝か.....取り敢えず顔洗わないとな。にしてもイライラするな

 

 

ゼットンは洗面所で顔を洗い、今日の襲撃への準備をする。

 

 

響ちゃんと切歌ちゃん。そして翼さんと調ちゃんで別々の空間に送られる。そこで俺が戦う流れなのはいいけどどうやって戦えばいいんだ?俺の体は一つしかないからなぁ..... 。いや、まてよ?確かサーガの方でほんの僅かだけど分身してるシーンがあったよな?もし出来るなら分身しながら戦わないとな.....

 

 

ゼットンが顔を洗っている最中、カリオストロは一人、仲間にも嘘をつく事を改めて決心していた。

 

(アダムに一泡吹かせるためとはいえ、仲間を騙すのは心が痛むわね。サンジェルマンに完全な肉体を与えられた時にもう嘘はつかないってあーしは決めたのに。それでもアダムを倒すために、あーしは最後の嘘をつく)

 

 

するとゼットンが洗面所から出てきた。何か考え事をしているのか、さっきから何度も壁にぶつかっていた。そんなゼットンを見てカリオストロはクスッと微笑んだ。

 

「ありがとねゼットンちゃん」

 

カリオストロはゼットンに近づきそう言った。ゼットンは気づいていないがゼットンの壁に何度も壁にぶつかるという行為が、カリオストロの緊張を僅かだが解きほぐしていた。それにゼットンは気づいていないが、カリオストロから例を言われたという事で少しテンションが上がったが、ゼットンの不機嫌は治っていなかった。

 

 

カリオストロさんから何か知らないけどありがとうって言われた。凄い嬉しかったしテンションも上がった。だけどカリオストロさんとは暫く会えない。憂鬱だ.....

 

 

そして両者は準備を終え、クリスたちがいる東京駅へと向かう。到着するとカリオストロがアルカ・ノイズを召喚し、駅へと攻撃を仕掛ける。ゼットンはカリオストロに、自分の戦闘には参加せず残りの装者を相手にしてほしいと言われており、装者が来るまでハ○公像の横に立っていた。襲撃を受けて翼とクリスが応戦するが押され始める。そして応援の装者たちが駆けつけた。

 

 

「ここから逆転劇の始まりデスッ!」

 

「そうね。逆転劇はここからよねッ!」

 

そう言ってカリオストロが石を投げつける。響と切歌、翼と調に分断される。

 

 

それじゃ、お仕事しますか

 

 

ゼットンは瞬間移動で響たちが送られた空間へと移動する。到着と同時に分身し、分身を翼たちが贈られた空間へと移動させる。

 

 

分身ってこんな風で良かったのか?何かが抜けた感じがしたけど大丈夫か?

 

 

ゼットンがそんな事を考えていると、響が前に出て来て構えをとる。

 

 

「切歌ちゃん。私はゼットンさんの相手をするからアルカ・ノイズの相手は頼める?」

 

「ドンと任せるデス!響さんがいなくても全部イガリマで切り裂いてやるデスよ!」

 

切歌は、アームドギアを構え、アルカ・ノイズの元へと向かう。ゼットンは、それを黙って見ていた。響ちゃんが

 

「それじゃあ、いきます!」

 

 

響は腰のバーニヤを使い、猛スピードでゼットンへと向かう。対するゼットンも飛行能力を使い、響へと向かう。両者は拳を付き出す。

 

 

「はあぁぁぁッ!」

 

おるぅあ!

 

互いの拳がぶつかり、衝撃波が生じる。周囲のアルカ・ノイズも巻き込まれ、何体か吹き飛ばされる。今度はゼットンが突起状の腕で抜き手を放つ。響はその腕を掴み取り、投げ飛ばす。ゼットンは飛行能力を使って体制を立て直す。ゼットンが前を向いた瞬間、ゼットンの目の前には響のこぶしが迫っていた。

 

 

回避は間に合わねぇか.....

 

 

響の拳はゼットンの顔面を捉えた。

 

 

ぐがぁぁ!

 

 

ゼットンは吹き飛ばされ、地面を転がる。ゼットンは転がりながらも尻尾を伸ばして響の足へ巻きつける。そして響もゼットンと一緒に転がる。

 

「痛たたたた.....」

 

響とゼットンは起き上がる。しかしゼットンは焦っていた。

 

何だ..... ?力が入らねぇぞ.....ハァ、ハァ、まさか、分身したせいか?

 

 

ゼットンは分身したのはいいのだが、その影響で攻撃、スピード、防御が半分になっていた。そして、ガングニールの神殺しがゼットンへと大きなダメージを与えていた。

 

 

不味いな.....。このままじゃ負けるかもな  

 

 

戦闘は再開する。今度はゼットンが先に仕掛ける。瞬間移動で後方へと移動し、火球を放つ。響は火球を殴り飛ばし、ゼットンの方へと殴り返す。火球はゼットンの足元へ着弾し、煙が舞い上がる。煙で視界が遮断された隙に響は腕のガントレットを伸ばし、足のアンカージャッキと腰のバーニヤを同時に起動し、ゼットンへと接近する。煙を突き破って響がゼットンへと拳を突き出す。ゼットンはバリヤーで防ぐのだが、バリヤーに皹が入り始めた。

 

 

バリヤーに皹が.....どういう事だ?

 

 

ゼットンは何故バリヤーに皹が入った事に驚き、何が起きてるのか分からなかった。だが直ぐに原因が思い浮かんだ。

 

 

しまった!ガングニールには神殺しの力が.....

 

 

ゼットンの気がそれた隙を、響は逃さなかった。響のガントレットが作動してパイルバンカーの様になり、ゼットンのバリヤーを突き破る。そして、そのままゼットンの体へ直撃する。

 

 

ぐあぁぁぁぁぁぁぁ!

 

 

ゼットンは吹き飛ばされ、地面に叩きつけられる。普段のゼットンであれば負ける事などなかった。だが、攻撃、防御、素早さが半減した状態で受けるダメージは大きく、元一般人のゼットンにはキツかった。更にはガングニールの神殺しがゼットンを蝕んだ。一撃が今のゼットンにとっては劇薬だ。だがこのままゼットンがやられる事などありえない。何故?画面の前のユーザー様なら分かるだろう。ゼットンが何の為に戦っているのか。

 

 

 

俺のカリオストロさんへの愛は!誰にも止められねーぞぉぉぉぉぉぉ!

 

 

蓄積されたダメージと神殺しによって立つことすら困難な筈のゼットンが起き上がった。響としてはこのまま倒れてほしかった。これ以上ゼットンに攻撃するのは心が痛む。響はどうするべきか悩んだ。だがその優しさが最大の隙だった。ゼットンは自分の分身を呼び出した。

 

 

あの技をやるぞ。お前の力が必要だ

 

 

ゼットン(本体)かそう言うと、分身は頷いた。そしてゼットンは心の中でとある言葉を呟く。

 

ドロップ ファイヤ ジェミニ。

 

バーニングディバイド。

 

そして叫ぶ!

 

 

 

       ザヨゴォォォォ

 

 

 

 

ゼットンは飛び上がり、体を回転させ足に炎を纏わせてドロップキックを放つ。その攻撃は橘、いや立花 響に命中する。響は吹っ飛ばされるがゼットンが分身していたお蔭で大ダメージは受けなかった。それともほぼ同時に、切歌がアルカ・ノイズを倒し、空間が元に戻る。そこにカリオストロはいなかった。

 

 

カリオストロさんの計画はまず成功だ。後はここから逃げるか.....

 

 

ゼットンは瞬間移動でサンジェルマンたちのいる場所へと帰った。帰るとティキがカリオストロの死を報告していた。

 

 

「や~られたったー消えたったー、カリオストロはお星様になられた模様。ちーん」

 

 

ゼットンはこのままティキをスクラップにしてやりたかったが体力の消費が激しいため、何とか抑えた。だが、その後のアダムの発言はゼットンを怒らせた。

 

「省けたね。選択のひと手間が」

 

 

お前今なんて言った?

 

 

ゼットンの体からドス黒いオーラが溢れ出した。残された理性でサンジェルマンの方へは流れないようにはしたが、それでも怒りは抑えきれずに周囲を囲む森へとオーラが流れていった。すると、木が次々と枯れ始めていった。抑えきれない怒りをアダムにぶつけようとするが、それをサンジェルマンが止めた。

 

「やめなさいゼットン」

 

ゼットンが振り向くと血が出るほど拳を握りしめたサンジェルマンが自分を見ていた。

 

「ありがとう。大切な仲間の為に怒ってくれて」

 

そんなサンジェルマンの姿を見て、ゼットンは落ち着きを取り戻し、オーラを消して拠点へと帰った。

 

アダムは一人でほくそ笑んでいた。

 

「遂に手に入れたよ、ゼットンの闇を」

 

アダムが手にしていたのは先程ゼットンが発した闇のオーラだった。そしてかき集めた闇の残滓と融合させた。

 

「これで完成だね、ザギの力が」

 

 




投稿が遅れた理由は、親戚の家に行ったりお正月のテレビ特番などの誘惑に負けていたからです。

この作品のアダムは本家よりも強いです。ザギの力のお蔭ですけどね。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

カオスなスーパー

ギャグに塗れてます。他作品キャラが沢山でます。




これはとある朝の一幕。

 

サンジェルマンとプレラーティ、カリオストロ、ゼットンが朝の食事の支度をしている最中に、サンジェルマンがとあるものを見つけた。

 

「ダディの辛味噌?プレラーティ、これはどういう物なの?」

 

「食料を買いにカリオストロとスーパーに行ったときに買ったワケダ」

 

「そうそう。あーしとプレラーティで買いに行ったんだけど凄いもの見ちゃったわよ」

 

 

凄いものって何ですか?

 

 

ゼットンがそう聞くとプレラーティは疲れた顔になり、カリオストロは楽しそうな顔になる。そして、カリオストロが喋り始める。

 

 

「ゼットンちゃんが仲間になって直ぐの事だったのよね」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

プレラーティとカリオストロは食料調達のため、スーパーを訪れていた。

 

「それにしても随分と変わった名前のスーパーだったワケダ」

 

「そうよねぇ、オンドゥルマーケットってどうやったらそんな名前が思いつくのかしら?」

 

店内の商品を見ていると、変わった名前の商品が目に入った。

 

「ねえプレラーティ、コレって面白そうな名前じゃない?」

 

カリオストロが持ってきた瓶詰めの商品名を見る。

 

「ダディの辛味噌だと?店の名前といい商品名まで変わってるワケダ」

 

カリオストロもプレラーティも辛味噌という物は知っていたが、こういった変わった名前の物には興味が唆られる。

 

「まぁいい。これも買ってみるワケダ」

 

プレラーティが買い物かごにダディの辛味噌を入れ、必要な物も入手したプレラーティたちはレジへ向かおうとする。その時だ、女性の叫び声が聞こえた。

 

 

  

マンビキヨー!オッペケペンムッキー!

 

 

あまりの滑舌に何を言っているか聞き取れなかったが、万引きが起きたという事は分かった2人が声が聞こえた方へ行くと、黒い帽子にサングラスとマスクをつけた男が走ったいくのが見えた。そして、2人の店員が追いかける。二人の店員が万引き犯に追いつき、掴みかかるが万引き犯は抵抗し店員を引き剥がそうとする。片方の店員がレジから動かない3人目の店員に尋常じゃない悪さの滑舌で声をかける。

 

 

「ダデイーナザン!ナズェミテルンディス!」

 

 

店員が声をかけた方を見ると、橘と書かれたネームプレートを下げ、トランプのダイヤが大量にプリントされているエプロンをつけた男がレジの影から様子を伺っていた。万引き犯がムッキーと先程の滑舌の悪い店員、ケンジャキこと剣崎を突き飛ばして逃げる。するとダディーこと橘が走り出す。  

 

 

「ニゴリエースハオデノボドダー!」     

 

 

こちらの滑舌もよくなかった。追いついたのはいいが橘も突き飛ばされてしまった。すると、肩に黄色のネズミの様な生物を乗せた少年と糸目で茶色の服を着た男が飛び出してきた。

 

「待てー!そこの万引き犯!」

 

2人の少年は走るが追いつかない。するとネズミを乗せた少年が連れの男に声をかける。

 

 

「タケシ、高速移動だ!」

 

「おう!」

 

そう言うと2人は、常人ではない出せないであろうスピードで万引き犯に追いつき、タックルをしようとする。万引き犯の男はギリギリでタックルを避ける。万引き犯の男が避けた先には、馬ノ怪物に首の骨を折られそうな顔をした男が立っており、万引き犯とぶつかった。

 

 

「万引きか。よくないなぁ、こういう事は.....」

 

 

男は恐ろしい笑みを浮かべ万引き犯に詰め寄る。万引き犯の男は恐怖を感じて、また走り出した。

 

 

今度は加賀美と書かれたネームプレートを下げ、クワガタのマークがプリントされたエプロンを身につけている店員が走ってきた。万引き犯がジャンプし、腕に力を込めて殴ると、

 

「ウワアアアアアアアアアアアアア!!」

 

と叫びながら壁に叩きつけられ気絶した。何がしたかったのだろうか?しかし、そんな万引き犯にも最後が訪れた。走っていると、声が聞こえてきた。

 

 

「何処へ行くんだぁ?」

 

 

声をかけたのは、緑色の逆だった髪と溢れんばかりの筋肉に覆われた店員だった。万引き犯が振り向くと、男が迫っていた。

 

 

「ふおおっ!」

 

 

万引き犯の男は岩盤.....ではなく、壁に顔を叩きつけられており、意識も朦朧としていた。

 

 

「もう、終わりかぁ?」

 

 

そう言って男が手を離すと万引き犯は崩れ落ち、気絶した。万引き犯を壁に叩きつけた店員は

 

 

「終わったな.....所詮、クズはクズなのだぁ.....」

 

 

と言い残し、持ち場へ戻っていった。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「な~んて事があったのよ♪」

 

「何が何だか分からなくなって疲れてしまったワケダ」

 

「そ、そうなのね.....」

 

サンジェルマンは苦笑いになっていた。

 

 




自分でも書いてて思った。カオスだ。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

紡がれる絆は世界を超えて

今回の話の主要人物は響ちゃんです。プレラーティと翼さんたちとの戦闘にゼットンは関わりません。サンジェルマンの護衛としてサンジェルマンさんと一緒にいます。


風鳴 翼と月読 調の両名がサンジェルマンの元へと向かおうとするプレラーティと戦闘中、残されたメンバーは被害にあった道路で怪我人の救助をしていた。やがて救助が終わり、プレラーティとの戦闘を終えた2人が戻ってくるの確認してから再び眠りについた。眠りについた直後、立花 響は夢を見ていた。

 

「あれ?ここっていったい.....」

 

先程まで神社で眠っていた筈の響は、荒野に立っていた。他のうに誰かいないのかと辺りを見回しても、人の気配すら感じない。見えるのは、先の見えない大地と静かに吹く風だけだった。此処で立ち止まっていても埒が明かないと思った響は、歩き出した。何処かに建物、ないしは人がいる事を願いながら。

 

 

「誰かー!誰かいませんかー?」

 

 

歩き出してから20分は経過したが、誰も見つからなかった。叫んでも叫んでも聞こえてくるのは自分の声と僅かに吹く風の音。それでも響は歩く事をやめようとしなかった。すると、巨大な遺跡が目の前に出現した。

 

 

「あれ?こんな遺跡さっきまで.....」

 

 

その遺跡に吸い寄せられる様に響は遺跡の中へと入っていった。中に入り、進んで行くと大きな壁画が幾つもあった。

 

「大きな絵だなぁ。何が描いてるんだろ?」

 

壁画に近づくと描かれている絵がよく見えた。描かれていたのは、空を飛ぶ異形の生物と戦う銀色の巨人の絵だった。次の絵は巨人から出た光が別の人間に受け継がれ、先程と同じ巨人の姿へと変わった。色は銀色から赤色へと変わっていた。そして、次の壁画も先程と同じ様に光が受け継がれていく。今度は青色の巨人だった。最後の壁画は今までの壁画よりも大きく立派な絵だった。

 

「凄い.....綺麗だなぁ」

 

その壁画に描かれていたのは一番最初に描かれていた巨人と同じ銀色だが、姿が違っていた。目には3本の縦筋の様なライン。筋肉の様な赤い部分も全て銀色へと変わっており、背中から翼の様なものが生えていた。その姿を見て響は美しいと思い、見惚れていた。そしてその絵に手を伸ばす。すると響の頭の中に映像が流れ込んできた。

 

 

「コレって.....この絵のお話なの?」

 

この壁画に描かれた巨人。ノア、又の名をネクサスと呼ばれた戦士の歴史だった。デュナミストの苦悩や悲しみが響に流れ込む。だが、それだけではなかった。苦悩や悲しみだけでなく、強い思いや希望、そして紡がれる絆という光が響の頭へと流れる。

 

「ーーーーーかーーーーーをーーーーーみーーーーーたーーーーーす」

 

 

「ッ!」

 

 

誰かの声が聞こえた瞬間、目が覚めた。

 

 

「どうかしたのか?」  

 

隣で寝ていたクリスが声をかける。

 

「ううん大丈夫。ちょっと夢を見てたんだ」

 

「お前の事だから食い物の夢でも見てたのか?」

 

そう言ってクリスは布団に潜り込む。時計を見ると、時間は3時。起きるにはまだ早い。響も布団に潜る。だが、その夢を見る事はなく、朝を迎えた。



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

やっぱりティキは嫌いです。

響ちゃんってデュナミストになれそう。それとパタポンやりたい。




どうも皆さんこんにちは。ゼットンです。突然ですが私は今、サンジェルマンさんの護衛をしております。

 

「73800、73801」

 

 

雰囲気が重いです。いや、大切な仲間が死んだ(生きてる)からしょうがないよ?だけどこの人から感じる苦労人&不幸人オーラがヤバい。

 

 

「母を亡くしたあの日から、置いて逝かれるのは慣れている」

 

 

悲しいかなぁ、人はそうやって辛いことを経験して強くなるんやなぁ。てかホントにライダー助けて!

 

 

「それでもすぐにまた会える。私の命も、そのためにあるのだから」

 

 

駄目だ。この空気に耐えられん

 

 

シンフォギア装者や立ちはだかる敵たちの様な重い過去を持たないゼットン。この空気に耐えられず、脳内でエイサイハラマスコイ踊りをし始める。踊り始めたその時、救世主が現れた。

 

「ありゃま、死ぬのが怖くないのかな?」

 

よっしゃティキさんナイスゥ!お前の事は嫌いだけど今だけはナイスゥ!

 

「理想に準じる覚悟など済ませてある。それに、誰かを犠牲にするよりずっと.....」

 

ティキはサンジェルマンの本心を聞いて、高らかに笑う。

 

「キャハハハッ!何?それが本心?」

 

あ、やっぱり今の無し。ムカついた。ヒドォチョグテルトヴッドバスゾ!

 

ダディは落ち着け。

 

 

「だから君は数えてきたのか、自分が背負うべき罪を。おためごかしだな.....」

 

おためごかしってどんな意味かわからない人に説明すると、おためごかしとは他人のために見せかけて、自分の利益を図ることという意味なんですって。まんまアダムさんのやってる事じゃないですか〜。

 

 

「人でなしには分かるまい.....」

 

 

まあ人形だからね。てか俺も見た目は人じゃないからちょっとなぁ.....

 

 

それからゼットンは神の力の顕現のため、神社へと向かう。その途中に、サンジェルマンから一つ頼み事をされた。

 

 

「シンフォギアと戦闘になった時は私に任せてほしい」

 

 

え?何でですか?

 

 

「お前が私の護衛を任されているのは分かっている。だがシンフォギアは私の手で直接倒しておきたい。」

 

サンジェルマンから強い想いを感じ取ったゼットンは、サンジェルマンの頼みを了承する。

 

 

後はメリケン野郎共が心配だな。まぁどっちにしても殺すのは決めてるんだけど

 

 

反応兵器を発射する前に殺すのと後々に厄介な事になるので出来ないが、反応兵器を発射させて理由を作る。その後で米国の政治家たちを殺すつもりであった。

 

 

前世の話ではあるが、ゼットンはシンフォギアの米国の政治家たちが嫌いだった。そのため殺す事に関しては何も感じてはいなかった。寧ろ、害虫がいなくなるという事で喜びに近い感情がゼットンの中にあった。

 

目的の神社へ到着すると、エスポワールではないが、黒服たちがいた。計画がバレているのは知っているので知っているので驚くことはない。サンジェルマンさんは冷静に対応する。サンジェルマンさんの手から青色の光弾が発射され、黒服を撃ち抜く。

 

 

「有象無象が芋洗いってことは、コッチの計画がもろバレって事じゃない?どうするのサンジェルマン!」

 

ティキは不満を隠す事なくサンジェルマンさんにそう言った。それにサンジェルマンさんは感情を感じさせない声色で喋る。

 

「どうもこうもない。今日までに収集して生命エネルギーで、中枢制御の大祭壇を設置する」

 

 

そう言ってサンジェルマンさんは大祭壇設置のための呪文を唱え始める。

 

 

サンジェルマンさんの体から黄金色の粒子が吹き出てくる。これがサンジェルマンさんの生命エネルギーなんだろう。サンジェルマンさんの苦痛から漏れ出る声を聞くのが辛い。何も出来ない自分に怒りを感じながら神社の屋根の上に胡座をかく。

 

 

すると、強大なエネルギーを感じ取った。

 

 

門が開いたか.....

 

 

その直後にティキが空中へと飛び上がり、神の力がティキの体へと入っていく。しかし、あと少しというところで遮断された。

 

 

要石が起動されちゃったか。という事は.....

 

 

ヘリコプターのプロペラの音が聞こえてきた。ヘリのドアが開き、響と切歌がパラシュートもつけずに降りてくる。普通なら落下死するだろうが、この少女たちは普通ではない。S.O.N.Gに所属するシンフォギア装者だ。

 

 

「Balwisyall Nescell gungnir tron」

 

「Zeios igalima raizen tron」

 

それぞれが自分の纏うギアの聖唱を口にし、ギアが装着される。

 

「そこまでデス!」

 

「シンフォギア.....何処までも」

 

サンジェルマンが忌々し気に呟く。そして、銃型のラピス・フィロソフィカスの撃鉄を引き、走り出す。響の拳とサンジェルマンのラピスがぶつかる。

 

「やっぱり戦うしかないんですか⁉」

 

「私とお前、互いが信じた正義を握りしめている以上、他に道などしないッ!」

 

サンジェルマンがそう言い放ち、ラピスを振り下ろす。響はそれを回避、一撃が当たりそうになるがガントレットで防ぐ。サンジェルマンは後ろに一歩下がり、肘に取り付けられた銃を発射する。響も一歩下がり、入れ替わる様に切歌がアームドギアを2、3度振り下ろす。サンジェルマンはそれを回避し、先程と同じ様に肘から銃弾を発射する。それを切歌はアームドギアの柄の部分で防ぐ。そして、切歌が僅かに右に避け、響が拳を突出きす。サンジェルマンは、後ろに大きく引き下がる。

 

「はッ!」

 

響が右手を振り下ろし、さらに回し蹴りを繰り出す。そして入れ替わりで切歌がアームドギアを振り下ろす。サンジェルマンはラピスで弾く。1対2という不利な状況にも関らず、戦況が動くことはない。それだけサンジェルマンの踏んできた場数が多いという事を物語っている。それでも響たちは連携攻撃の手を休めない。入れ替わる様に攻撃を仕掛け、サンジェルマンに攻撃の隙を与えない。響がサンジェルマンと打ち合っている間に切歌は2つ目のアームドギアを使い、鋏の様な形状にし、サンジェルマンに迫る。響も走り出し、サンジェルマンへと迫る。それに対しサンジェルマンは空中へ飛び上がり、足元に銃弾を撃ち込み、結晶を作り出す。響たちは動きを止めて、攻撃を回避する。止まった瞬間、サンジェルマンのラピスと両足から銃弾が撃ち出され、2人に迫る。2人はその銃弾などものともせずサンジェルマンに攻撃を仕掛ける。響が拳を振るい、切歌がアームドギアを振るう。サンジェルマンはラピスとシールドを使って防御する。サンジェルマンは耳当ての様な装飾から、先程とは違い、マシンガンの様な速度で連射攻撃をする。切歌がアームドギアを使って銃弾を弾き飛ばす。その僅かな時間に、サンジェルマンはラピスに錬金術のエネルギーが込められた銃弾を装填し、発射する。切歌は先程と同じ様に防ごうとするが、銃弾がアームドギアに触れると、銃弾からは水流が発生し響と切歌を地面に落とす。地面に落ちた2人へとサンジェルマンが走る。

 

「信念の重さ無き者に、神の力を持ってして!月遺跡の管理者権限を掌握する!」

 

そう叫びながらサンジェルマンが切歌へとラピスによる連撃を繰り出す。その気迫に押された切歌は防御に徹底するしかなかった。

 

「これによりッ!バラルの呪詛より人類を解放し、支配の歴史に終止符を打つ!」

 

サンジェルマンは銃弾を撃ち出す。その銃弾からは青い狼の様なオーラが発せられていた。切歌はガードするが、吹っ飛ばされてしまう。

 

「うわあぁぁッ!」

 

切歌を吹っ飛ばした銃弾はそのまま響へと向かう。響は腕のガントレットをドリルの様に回転させ、迎え撃つ。

 

「だとしても!誰かを犠牲にするやり方はッ!」

 

響の叫びに対し、サンジェルマンも叫ぶ。

 

「そうッ!3万2千831の生贄と!4万977の犠牲ッ!背負った罪とその重さ。心変わりなど最早、許されないわッ!」

(この時ゼットンと作者は、ガンダムWノトレーズ・クシュリナーダを思い出した。)

 

サンジェルマンはそう言い放ち、銃弾を連射する。響は防御の構えをとるが、銃弾は響の目の前で魔法陣に吸い込まれ、響の真横から出現する。防御が間に合わず銃弾は響に直撃し、大きく吹き飛ばす。サンジェルマンは大きく跳躍し、響へとラピスの刃を振り下ろす。響はその刃を腕と脇で挟み込み。そして、腰のバーニヤを起動し、サンジェルマンの腹部に拳を当てながら吹き飛ばす。響の後ろへ切歌が迫り、切歌の足と響の足のギアが合体。更にバーニヤを起動、サンジェルマンへ必愛デュオシャウトが炸裂する。響と切歌のイグナイトが解除され、通常形態のギアへと戻る。だが、サンジェルマンは諦めてはいなかった。寧ろ、サンジェルマンの心の中にある信念の炎は、より一層燃え上がった。

 

「この星の明日のために.....誰の胸にもう二度と.....」

 

その時、サンジェルマンは自らの過去を思い出す。助けを求めても誰も手を伸ばしてはくれず、そして母を失った過去を。

 

「あのような辱めを刻まないために.....私は支配を、革命するッ!」

 

 

サンジェルマンは歯を食いしばりながらも立ち上がろうとする。だがしかし、受けたダメージ化大きく、膝をつく。その執念をを響たちは黙って見ていることしか出来なかった。  そんなサンジェルマンに響は話しかける。

 

「私もずっと正義を信じて握りしめてきた。だけど、拳ばかりでは変えられない事がある事も知っている。だから.....」

 

サンジェルマンが顔を上げると、

 

「握った拳を開くのを恐れない」

 

そう言って笑顔で自分へと手を差し伸べる響の姿があった。

 

「神さまが仕掛けた呪いを解くのに、神さまみたいな力を使うのは間違ってます。人は人のまま変わっていかなきゃいけないんです」

 

エルロードみたいだな。(空気を読めこのバカ)

 

サンジェルマンの顔が穏やかな顔つきへと変わる。

 

「だとしても.....いつだって何かを変えていく力は、"だとしても"という不撓不屈の思いなのかもしれない」

 

そう言ってサンジェルマンは響へと手を伸ばす。そして手が触れ合う瞬間、何処からか声が聞こえてきた。

 

「そこまでにしてもらうよ、茶番は」

 

声が聞こえてきた方を向くと、全ての元凶であるパヴァリア巧妙結社統制局長。アダム・ヴァイスハウプト画空中に立っていた。

 

「フッ」

 

アダムが微笑んだ瞬間、鏡写しのオリオン座が映し出された。

 

「何が起きてるデスか!?」

 

アダムはこの星だけでなく天の星々から命を集めるため、オリオン座そのものを神いづる門に見立てていた。そして、集められたエネルギーはティキへと注がれる。

 

「アダム.....アダムが、来て.....くれた.....」

 

ティキが浮かび上がり、そのエネルギーは赤くなっていった。

 

「遮断できまい、彼方にあっては」

 

「止めてみせるッ!」

 

そう言って走り出す響へとアダムは帽子を投げつける。すると帽子が回転し、響へと直撃する。

 

「教えてください統制局長!この力で本当に、人類は支配の頸城より解き放たれるのですかッ!」

 

「出来る.....んじゃないかな?ただ、僕にはそうするつもりがないのさ。最初からね」

 

「ッ!謀ったのか⁉カリオストロを、プレラーティを、革命の礎となった全ての命を!」

 

「用済みだな、君も」

 

そう言ってアダムがフィンガースナップをするとティキが動き出した。すると、光線が撃ち出された。

 

「この威力.....」

 

アダムがその威力に驚いていると、歌が聞こえてきた。それは絶唱でティキの光線を打ち消そうとしている切歌の歌だった。

 

「確かにアタシはお気楽デス!だけど、誰か1人くらい何も背負っていないお気楽者がいないと!もしもの時に重荷を肩代わり出来ないじゃないデスか!」

 

なんとかティキの光線を打ち消せたが切歌へのダメージも相当のものだった。目から血を流し、崩れ落ちる。

 

その直後、ゼットンが3人の元へと瞬間移動する。

 

「ゼットン。この娘を頼む」

 

「ゼットンさん。切歌ちゃんをお願いできますか?」

 

2人にそう言われ、ゼットンは頷く。

 

 

安心しな。ちゃんと送り届けてやるから

 

 

ゼットンはS.O.N.Gの潜水艦へと転移する。転移すると、目の前に救護班の人たちと緒川がいた。

 

「何故ここに⁉」

 

緒川が構えるが、ゼットンの抱えている切歌を見て、構えを解く。

 

 

「まさか.....切歌さんを?」

 

 

担架の上に切歌を乗せ、ゼットンはサンジェルマンの元へも戻る。

 

 

「私たちは互いに正義を握り合い、終生わかり合えぬ敵同士」

 

「だけど今は同じ方向を見て、同じ相手を見ています」

 

「敵は強大、圧倒的ならばどうする。立花 響」

 

「いつだって、貫き抗う言葉は一つ!」

 

 

 

 

「「だとしても!」」




戦闘描写に気合入れました。



目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。