一般男性VS雪女 (深夜眠太郎)
しおりを挟む

一般男性VS雪女

 苔むした岩の勾配を、一歩ずつ踏み締める。

 額には玉の汗をかき、目に滲んだのを指で払う。こんな簡単な動作さえ、命懸けなのだから堪らない。

 

『冬の秘湯巡り!Google Earthで見つけた絶景温泉SP』

 

 ……と銘打った某テレビ局の番組のロケで、体力自慢の芸人や撮影クルーが怪我をしないよう、先んじて親綱を張るのが、俺の仕事だ。

 本当は、こんな岩を通る必要は無い。ただ、いい絵が欲しいという理由で、こんなことをしているのだ。……秘湯がメインだろ、圧倒的無駄。さながら、一塁へヘッドスライディングをする高校球児のように。と不貞腐れていると、なんだかんだでロープを張り終わった。

 

「ふっ!……よし、いいね」

 

 最終確認を終えて、後は帰るだけ。そこにきて俺は、年に数度ある気まぐれを発動した。

 

「秘湯、行くか」

 

 重い道具は岩に置き、軽くしたリュックとストックを握って山道を駆け抜けていく。……場所は頭に入っている。温泉と小川が交わる地点があり、いい具合に熱湯と水が混ざりあった場所を見つけるのに苦労しそうだ。

 

「湯気発見。いいね」

 

 小川へと近づき、指を入れてみる……冷たい。もう少し先か。それを何度も繰り返した後、ちょうどいい湯加減な場所を見つけることが出来た。俺は早速服を脱ぎ、湯に浸かった。

 

「あーーぁ……眠い」

 

 水面を境にした寒暖差が、俺の思考力を奪い、溶かし、立ち上がる決断を遠のかせる。温い方が易いのだから、仕方ない。コンタクトレンズを着けたままだが、死ぬことは無いからね。

 次第に瞼が重くなり、とうとう居眠りをしてしまう。

 

「──もし」

 

「すぅ……すぅ……」

 

「もし、そこの貴方」

 

「……ん」

 

 肩を叩かれ、目が覚める。浅い眠りの気だるさが、筋肉が軋む音を鳴らして抜けていく。そこへ、耳触りの良い涼やかな女の声が掛かる。

 

「もし、そこ──」

 

「にゃごにゃごうっさいわ!」

 

「きゃっ、いッー!?」

 

 無意識の内から、耳元を壊れたカセット音源みたく無限リピートするソレによって、蓄積し続けたイライラがついに表面化し、手で鋭く払いのけると女が悲鳴をあげる。

 どうやら鼻の辺りを裏手で殴ったらしい。というのも、殴った時の感触で冷静になり、恐る恐る振り返ると、鼻を両手でおさえて悶絶している綺麗な……コホン、常なら美人そうな女が恨めしそうに睨んでいたからだ。

 

「大丈夫ですか?その、すみません」

 

「ぎにゃい……大丈夫、れす」

 

「痛いですよね……。あ、鼻血」

 

「ひどい……こんなところを。全部見られてしまった」

 

 俺の心は、同情の気持ちでもう、張り裂けそうになった。乙女のプライドと鼻の血管を傷つけてしまったのを、どう挽回しようかと思考を巡らせ、とりあえず悶絶乙女の隣で服を着た。

 リュックから街で配られていた『献血しよう!』とデフォルメされた鳩が言っているポケットティッシュを取り出し、鳩のキャラを縦に引き裂いてティッシュを四、五枚取り出す。

 

「使ってください」

 

「どうもすみません……すんっ」

 

 目尻に光る涙のワケを、聞く勇気は俺には無い。気不味い無言と時間だけが流れ、鼻血が止まるのを待っている間に今の時刻を確認すると、ちょうど日が沈みだす半刻前だった。この季節はこれから一気に暗くなる。

 

「まずいな、早くしないと……」

 

「ッ!?そんな、私が悪いのですか!?」

 

(め、めんどくせぇ……)

 

「興奮しないでください。日没までの時間が近いので、『まずいな』と独り言をもらしてしまっただけのことです。変な女に変な場所で絡まれたな、なんて思っていませんよ。……それで、テレビ局の方ですか?私は地元の森林組合に所属している服部健吾です」

 

「……なるほど。服部さん、先程のは私の早とちりだったと、納得しました。それと、すみません。他は何をおっしゃられているのか、存じ上げません」

 

「え?えぇ……ここ、私有地の山ですよ?許可が無い人は入れない、って建前なんですけど」

 

 この人なんだか怪しいな。とは思ったが、自分の落ち度を清算したかった俺は、軽くたしなめる程度にとどめるつもりになっていた。

 このとき、もっと警戒していれば。この瞬間に、一目散に逃げていれば。後にあんな目に遇わずにすんだとも知らずに……。

 

「それなら問題ないはずです。人間ではない私には、関係の無い仕来りですからね。ってあれ?どうして貴方、服を着てるんですかッ!?……いつの間に?」

 

「悶絶してる間にです。……人間じゃないってェ!?」

 

「と り あ え ず、 ね?暗くなりますから。近くに私の住んでいる部屋があります。貴方も一緒に行きましょう」

 

「うん、いいね」

 

 

 ◆◇◆

 

 

「天井低いですね」

 

「平屋じゃないと落ち着かなくて。ワンルームなんですよ」

 

「ちょっと暗いですね」

 

「採光は、考えたんですけど。昼間は入り口の辺りが眩しいので、こう、『Ω』の形に廊下を作って、光を遮る工夫がしてあります。よく眠れますよ」

 

「なんだか、寒い気がしますね」

 

「気のせいじゃないです。一番のこだわりですから。じつは奥に氷がたくさん飾ってあるんですよ。この前も、ちょうどあなたぐらいの大きさでしたわねぇ……」

 

 ・・・・・。

 

「これ洞窟じゃん、てか天然の冷蔵庫じゃん!お前雪女じゃね?」

 

「ふふ、いいリアクション。さて、どうかしら……奥に、もっと奥に行ったら全部話すわ。奥に……もっと」

 

「いやいやいや、帰ります」

 

「私が困ります」

 

「僕は帰りたいです」

 

「そうですか……どうかお元気で。あの、最後に、握手をしてもらえませんか?理由は聞かないで、お願いします」

 

 鼻血を出していたときとは違って、今の彼女はしおらしくはにかむ美人。手を差し出したときから黒かった髪の毛が一瞬で白に染まって生物のように蠢き、目の色も人間離れした緋に染まっていたとしても、童貞を拗らせた俺に童貞を殺しにきた上目遣いの彼女の願いを断ることは出来なかった。

 

「それぐらいなら、喜んで」

 

凍氷氷(いひひ)っ♡ありがと。そのまま私の目だけをみつめて──目をみろッ!!!」

 

 彼女の緋い瞳孔が、獣のように縦に割れた。その景色を最後に、俺の視界が真っ白になる。それはまるで、写真のように焼きついた緋が、その刹那的な時間を切り抜いてしまったかのようだった。

 時間の感覚だけが平常で、体はまるで回路が断線したアクチュエータのように動かない。

 

「ムカつく男。今日から貴方は私の枕ね、いい気味。本当は湯上がりを氷らせる筈だったのに……まだ痛むわ」

 

 俺は枕にされるのか。氷になった俺には、音が聞こえるだけ。このままが永遠に続くとは思えないし、いずれ死んでしまうのだろう。ああ悲しや。

 

「前の枕は抱き心地が悪かったのよね……変なポーズで固まるから、運んでる途中で腕折れたし。これはどうかしら?……まだ柔らかい」

 

 むにっ。

 確かに柔らかい。……えっ、俺触覚残ってるの?

 ……気を取り直して、氷になった俺には、音と触覚があるだけ。このままが永遠に続くとは思えないし、いずれ死んでしまうのだろう。ああ、女の子の匂いがしてドキドキする。

 嗅覚もあるだけ、を後で加えておこう。

 

 ピシリ。

 凍っていたコンタクトレンズが自重で罅割れ、崩れ落ちる。真っ白だった視界は、たちまち色を取り戻した。

 後になって気づいたことだが、コンタクトレンズの層によって彼女の魔眼を直視しなかったおかげで、効果が半減していたのだろう。

 

 体は動かないことに変わり無いが、光明がさした気がする。

 

「いつもより、水分が少なかったからかしら?……固さを調整出来るものなのね。初めて知ったわ」

 

 この状態で、固さを調整されたらどうしよう。奇跡のようなバランスでフリーズしている現状だが、次を逃れることは物理的に不可能だ。不安の声が暴風雨のように心の中を吹き荒ぶ。

 現在思考しているということは、血液が巡っている筈。イメージでコントロールして、解凍するんだ。

 ……腕が重たい。……足が重たい。……足が温かい。……隅々まで温かい。……血液が巡る。

 

 ギンッ!

 イメージの結果、俺は勃起してしまった。

 静まれ……閉じろ俺の毛細血管……おっぱいの感触を忘れるんだ。

 シュン……

 

「とりあえず運ぶとして。よいしょ、と」

 

 ぐあはっ!目を閉じることが出来ないし、いい匂いするし、柔らかいし……あ、駄目だわ。

 ギンッ!

 

「……?なにか当たる。邪魔だから後で折ろうかな」

 

 ひぇっ……。

 シュン……

 

 〔 第1ラウンド 雪女 WIN 〕──続く




雪女との純愛を、書こうとしていたんです。()


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

2話

 あの華奢な体のどこにこんな力があるのだろう。

 70はないし60kg後半ぐらいはある俺を楽々と背負って運ぶ彼女はやはり、人間ではないのだな。と再確認したところで。

 

「この辺りでいいかな」

 

 長い廊下を抜けたそこは洞窟の中だというのに、光があった。そして、凄惨な光景が、網膜を殴りつけてくる。目を背けたいが、今は自由が無い。嫌悪感に反して、冷静に観察を続けている自分がいる。

 最初は、壁のように見えた。が、まるで違った。

 ずらりと並んでいるのは、『人のような何か』……。摩耗して角が取れ、シルエットだけがみてとれる白い氷像が、見下ろすように立っている。

 これらは全て、彼女の『コレクション』なのだろう。プレデターみたいな趣味しやがって。

 俺は『先代枕』と場所を入れ替わって、葦を編んだ敷物の上に寝かされた。

 

「疲れた……寝よう」

 

 俺の体の側面と差し出した握手の手を支点に、三角形のスペースが生まれる。そこに彼女がすっぽりと収まってみたが、モゾモゾとして、腕の位置を何度も確認し、しっくりこなかったらしい。

 俺は雑に転がされ、横受け身をしたような衝撃が走る。そして、腕の上に彼女の頭が乗った。今度はしっくりきたらしく、今はすやすやと無防備な寝顔をさらけだしているようだ。

 

「すぅ……すぅ……」

 

 寝息だけが聞こえる、洞窟の中。

 昔もこんなことがあったような気がしたが、それよりも。

 辺りを見渡すが、何も見えない。彼女が俺の死角で何かをして、唯一の明かりを消していたのは覚えている。

 

 体の大部分が、動くようになっていた。

 三十六計逃げるに如かず。

 ただ、逃げるのにも戦略がある。脳内でシミュレーションをするしないでは、後の結果に雲泥の差があるだろう。

 まず、立ち上がる時。間違いなく、彼女に気取られるだろう。こっそりやればなんとかなるかもしれないが、腕の上に頭が乗ってる状態では起きられるかもしれない。そうなったら、あの膂力で組伏せられてほぼ詰みなので、彼女が起きる前提で動いた方がいいだろう。

 洞窟の中は日没を過ぎ、完全に暗闇だ。走り出すことは出来ないし、壁に手を当てて進む必要がある。……俺を凍らせた時、彼女の目は縦に割れていた。それは、夜行性の生物にみられる特徴であり、目に入り込む光の量を調整するのに長けている証左だ。俺にとっては暗闇でも、彼女からは逃げる俺を視認出来るかもしれない。

 洞窟をなんとか脱出出来たとする。その後も、彼女は追ってくるだろう。それをどう巻く?熱に弱いとかは無い、温泉の湯気を平気で耳元に顔を出していたのだから。

 あの時は、『枕が欲しい』という目的があったから遠回りな手段を選んでいただけで、目を合わせただけで人を凍らせられる彼女が本気をだしたら……。

 俺は、焦りすぎて視野が狭まっている気がする。そもそもの前提からして覆るような、何か他の方法がないだろうか。

 

「ううん……」

 

 苦しそうな顔をしている。普段から氷を枕にして眠る彼女には戻ってきた俺の体温は暑く、寝苦しさを生んでいるのだと思う。額には、うっすらと汗が滲んでいる。実際は結露が見せた錯覚なのだが、俺には知る由も無い。

 

「……ま……ぅ……」

 

「どうかしてるな、俺」

 

 空いていた左腕で、いつでも振り下ろせるように固めていた握り拳。その力を抜いて、ズボンからスマートフォンを取り出した。

 もし電波が繋がるなら、110番からこちらの位置を逆探知して俺を見つけてくれる。その時の俺が、死体だとしても。素早く画面を確認したが、洞窟の中は圏外だった。よし、殴ろう。俺は決意と共に、スマートフォンを強く握った。

 

「──ママ?」

 

 目と目が合った。気がする、暗闇だが。

 相手は寝ぼけているが、俺も混乱している。

 

「さようなら」

 

 俺は何を、言っているのだろう。

 冷気が迸り、右腕に彼女の蠢く髪の毛がマメ科の植物の蔦のように這って、絡め取られそうになる。俺は慌てて飛び退いた。そして立ち上がり、スマートフォンの明かりで洞窟を照らしながら、出口へと走る。

 

「……ぁ……行かないで」

 

 絶望を孕んだか細い声が、背中から聞こえた。体感ではそのコンマ秒後に人工的な明かりが廊下を走り、一瞬で俺を追い越した。振り向くと、彼女は俺に背を向け、氷像の一つに抱擁をしていた。髪は白くなっている。それに連鎖するように『彼女の目を見てはいけない』と得たばかりの教訓を思いだし、前を向いて走り出す。

 

 足音は二重になって、追走曲を奏で始める。

 タッタッタッタッ……

 タッタッタッタッタッタッタッタッ……

 

 目の前に突然行き止まりが現れた。道を間違えた?いや違う。これは出口付近のヘアピンカープだと思い出して減速し、体を反転させてまた走る。一瞬視界に入った彼女は、NARUTOの屍鬼封尽で両腕が使えなくなった大蛇丸のような走り方で迫っていた。真顔だったのに、その瞬間だけ笑顔になるのは心が折れそうになるからやめて欲しい。

 

 外の暗がりは、相変わらず余所余所しい。自然の中で人間は、異物になって久しい。誤魔化しようもなく、俺は地面に座り込んで動けない。

 彼女は洞窟の外に出て、俺を探している。

 そこへスマートフォンの電子音が、静寂を割って鳴り響く。

 彼女が音の鳴る方へ走り出す背中を確認したら、俺は立ち上がり、洞窟の奥へと歩きだした。

 

 ◆◇◆

 

 俺は走って逃げ切れないと、諦めていた。

 だが、生きたいという強い気持ちは揺るがない。

 その生への強い執念が、俺にある仮説と悪魔的な発想をもたらした。

 俺は洞窟の外には出ずに、ヘアピンカープの先の岩の窪み、陰が濃くなる場所に身を潜め、彼女が勝利を確信させる、ミスリードを仕込んだのだ。

 

 電話帳を開いた一番上は、気遣いのよく出来る後輩の名前で、迷わず発信してワンコールも待たずに切り、洞窟の外へと放り投げた。携帯はハードカバーで防護されているので、よっぽどの事で壊れたりはしないだろう。

 そして間髪入れずに通り過ぎていく彼女、その背中を眺めていた。携帯を投げてから十秒も経たずに、後輩からの着信音が鳴り響いた──

 

 ──天井には文明の象徴とも言える電球がぶら下がっていたが、それを不思議だとは感じなかった。むしろ俺は、納得した。仮に雪女が仙人のように霞を食べていたとしても、生きにくい世の中なのだから。

 洞窟の奥へと戻ると、改めて氷像と向き直った。表面が濁っている氷像に、車の鍵のキーホルダーに下げていた小型ライトで一つ一つを照らしていくことで、その殆どが()()()()で出来ていることが分かった。

 様子が違ったのは、たったの二つ。『先代枕』の腕がもげた熊の氷像と、美しい女性がベースとなっている氷像、だ。

 

「──それ以上近づいたら、君のママを粉々にするよ。……いいね。僕はあくまで、交渉がしたいんだ」

 

 洞窟の外から戻ってきた彼女は、地面を叩き割る勢いで地団駄し、歯軋りの音が聞こえる。……ビンゴ。きっと憎々しげに俺を睨み付けているのだろう。

 

「殺シテヤル……ッ、どうして動けた」

 

「さぁて。怖いなぁ、僕は被害者なのに。手が震えちゃうね」

 

 俺は舞台の台詞を読み上げるように朗々と話し、手に掴んだ氷像を揺らして挑発をする。

 

「触るなッ!」

 

 「立場を理解しろよ雪女ァ!!!」

 

 俺が被せるように怒鳴ると、余韻が消える頃にはとても静かになった。

 

「有意義な話し合いが出来るといいね」

 

「……この悪魔め」

 

 ドキリとした。言い得て妙だな、と思ったからだ。

 俺の心は、あの時から凍てついたままなのかもしれない──と幼稚な考えが頭を掠め、苦笑する。

 

「クハハッ……いいね」

 

 背後から固唾を呑む音が聞こえ、俺は笑みを深めた。

 

 〔 第2ラウンド 一般男性 WIN 〕──続く




次は雪女の回想から、たぶん終わる。

(なんでいきなり熊?と思った鋭いお方、熊は深夜と整合性の摩擦で生じたバグです。)


目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。