戦姫絶唱シンフォギア~I'm thinker~ (トライグルー)
しおりを挟む

黒い烏と白い孤児院

はじめまして私はここであなた方傭兵へのあらすじや説明を担当する無名のオペレーターです。以後お見知りおきを。
この小説は作者が「XD面白いなぁ!でもこの人が主役の作品ってないなぁ?なら書くかぁ!」と謎の衝動に刈られ書いた作品となります。正直優秀な傭兵であるあなた方へのお目汚しになる可能性もあり、それが無理と言うかたにはブラウザバックを推奨しますが、それでも読む覚悟がある場合は…。そうですね有名な言葉を送りましょう。













歓迎しよう盛大にな


『緊急事態発生!緊急事態発生!実験中の聖遺物が暴走中!職員は至急避難されたし!繰り返す!…』

 

「ハハハッ……だから言っただろ?失敗するって…」

 

 非常警報が鳴り響き、辺りに散らばる瓦礫と燃え盛る炎のなかで白いはずの白衣を所々真っ赤に染めた男は皮肉たっぷりに呟き、薄れる意識の中前方で暴れるアルビノ色のバケモノを見据える。

 

「上層部のクソッタレ共が…未だに謎が多い聖遺物でさえマトモに解析出来ないくせに……ゴフッ…!完全聖遺物なんて代物に手を出すからこうなるんだよ…なぁ?ネフィリム?」

 

 そして今も尚施設を破壊し続けているネフィリムと呼ばれるバケモノに対し愚痴るが、ソイツは返事を返すはずもなく、意識を遠退かせていったのだが。

 

 

『Seilien coffin airget-lamh tron』

 

「ッ!?」

 

 本来なら聞こえるはずもない歌に驚き意識を覚醒させた。

 

 

★★★★★

 

 

 F.I.S.。フィーネと呼ばれる人物が米国と協力し自分の為に作り上げた組織。

 目的はフィーネが米国と共に秘密裏に聖遺物の研究を進めている言わば裏組織であるのだが、この中にレセプターチルドレンという存在がおり、その用途は“フィーネの魂を受け止める器”というオカルトチックな目的の為に非合法に集められた子供の総称である。

 

 そしてある一人の少女はその日の訓練を終え同じレセプターチルドレンの自分の姉や年下の二人の少女、自分達に厳しくも母親のように接してくれる研究員と共に部屋に戻るはずだったのだが。

 

『緊急事態発生!緊急事態発生!現在実験中の聖遺物が暴走!職員は至急避難されたし!繰り返す!…』

 

「マム!?」

 

「皆、落ち着きなさい。緊急時のシェルターの場所は覚えていますね?まずはそこへ向かいましょう」

 

 緊急警報が発令され突然のことに少女達がおびえる。しかしマムと呼ばれた研究員は少女達を一言で落ち着かせトレーニングルームからシェルターのある場所へと避難させる途中事件は起こった。

 

「マム!マリア姉さん!危ない!?」

 

 最後尾を走る研究員とマリアと呼ばれた姉の上へ崩れた天井の瓦礫が落ちてきたのだ。そして咄嗟に研究員はマリアだけでも助かるようにと彼女を庇うように抱き寄せ衝撃に備えるが。

 

「糞が、最悪だぜ。ツイてねえ!ツイてねえよ!」

 

 そんな言葉が聞こえ瓦礫が激突するよりも前に上ではなく体の横から少し鈍い衝撃と共に二人とも前方へと吹き飛ばされた。

 

 

 

★★★★★

 

「マム!?姉さん!」

 

「マム!?」

 

「マリア無事デスか!」

 

 少女達が今まさに瓦礫に押し潰されそうだった二人へと駆け寄りその無事を確かめると安堵する。

 

「マリア大丈夫ですか?」

 

「えぇ、私は大丈夫よマム…それより何が……っ!?」

 

 そして潰されそうだった二人も互いに無事なのを確認したのだが、その答えは自分達が居た場所を見たときに理解した。

 

「そんな…」

 

 一人の男性研究員が咄嗟に突飛ばし身代わりになってくれたのだ。

 

 だからこそ彼女達はその研究員を助ける為にの元へと駆け寄る。

 

「な゙に゙やってるんだ、早ぐ行げ…!時間の無駄だ!」

 

 しかし研究員は彼女達を突き放した。彼にはもう一つの理由があるにしろ、それ以前に瓦礫が頭に当たり血を大量に流し両足は瓦礫に挟まれ誰から見てももう助からないからである。

 

「いいえ!助けます!」

 

 

 しかし彼女達も諦めなかった。たとえ彼が助かる可能性が少なくても。

 

★★★★★

 

 

幸い男は生きていた。生存者は居ないかなどの最終確認のための警備兵達が合流したからだ。

 

そして、男は近くの壁へともたれ掛かり警備兵にレセプターチルドレンの子供と自分以外の研究員を避難させろと指示を出す。

 

「何を言うのですか、貴方の方が重症なのですよ?先に避難するのは貴方です!」

 

だが、その研究員は無傷である自分達よりも重症の彼を優先したがったが男は研究員の襟をつかみ叫ぶ。

 

「バカ野郎が…違うんだよ…ここの近くにはヤツが…アンタ等が…アガートラームをもってる嬢ちゃんが一番危ねぇんだよ!」

 

「どういうです!…まさか!?」

 

マムと呼ばれる研究員が男の言葉を聞いた直後だった。

 

男が懸念していたヤツが壁を突き破り出て来たのだ。

 

そして、ソイツは目のない顔をヒクヒクと匂いを嗅ぐように動かし辺りを見渡すとそれを見た少女達や警備兵は男の逃げろという言葉を聞きやむを得ず走り出した。

 

 

★★★★★

彼女、セレナ・カデンツァヴナ・イブはそのままシェルターへと逃げてしまうことも出来た。

 

『嬢ちゃん…こんな所でなにをやってるんだ?』

 

『えっと…その…』

 

『なるほど上層部のバカ共またか…。仕方ない…ホラ、飴玉やるから泣き止め。皆のところへ戻るぞ。…何やってる案内してやるから着いてこい』

 

それはほんの些細な切っ掛けだった。

 

『今度はどうした?確か今日はレセプターチルドレンのパッチテストの日のはずだぞ?あぁ、嬢ちゃんが一人目の…なるほどね』

 

それでもあの日の出来事以来、自分の姉とマムを助けてくれた研究員の所はどこか落ち着き。

 

『嬢ちゃんはお姉さんやお友達の所へ行かなくていいのか?確か担当はあのナスターシャ教授だろ?』

 

他の研究員と違いマムのように自分達を人としてみてくれる。

 

『落ち着くといわれてもさぁ?ここには面白いもなんてないんだけどねぇ…。ほら、オジさんも忙しいんだ、それに君をたぶらかしたとか言われてもアレだしね?』

 

だから絶対に見捨てることができなくて。

 

『糞が…!お前ら走れェ!』

 

気づいたときはマム達の制止を振り切り、白いバケモノの目の前に立ち。

 

『Seilien coffin airget-lamh tron』

 

守りたい人のために歌っていた。

 

★★★★★

 

 

「F.I.Sのゴミ虫共(警備兵共)が…最低限の仕事も出来ないか…!」

 

 

男の目の前で一人の少女がギアを纏いネフィリムと戦う。

 

懐に入り込み切つけながらも、ネフィリムの剛腕を避けさらに牽制といわんばかりにダガーを投擲する。

 

しかし戦況は決して良いものとは言えなかった。確かに手数だけなら少女の方が上であり機動力共にネフィリムを上回っていただろう。

 

だが、戦闘経験がない男にも見てわかるほど決定打に欠けていたのだ。例えるなら戦車にライフルを撃っても効果がないほどに。

 

だからこそ男は、この際賭けと言わんばかりに避難の際鞄の中へ入れておいたモノと赤色に光る薬品に手を伸ばした。

 

 

本来シンフォギアシステムの提唱者、櫻井了子が開発したLiNKERと呼ばれる薬は緑色をしており、用途は奏者と聖遺物の力を繋ぐための薬品である。

 

だがF.I.S.の一部の研究員は思ってしまったのだ。個人の才に左右される「歌による起動」では例えLINKERを使用しても十分な数値を得られないと。

 

だからこそ研究員たちは頭を悩ませた。櫻井理論を元に適合者でなくても可能な尚且つ安定したギア起動方法を。

 

意外にもその答えはすぐに出た。簡単な話だったのだ、適合値が満たないのなら上げてやれば良い、ギアと繋がることが難しいのなら…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無理矢理繋げてしまえばいいと。

 

結果生まれたのが男の持っていた赤色のLINKER通称LINKER.typeΩであるのだが、後に研究員達がこの間違い気づくまでに数名のレセプターチルドレンが犠牲になるのだがそれはまた別の話である。

 

★★★★★

 

男は取り出したLINKERの入ったアンプルをピストル型の注射器へとセットし自身の首へと突き立てる。

 

「っ…!?クソッタレが…」

 

しかし注射器を構える手が震え一向に男の指は動こうとしなかった。

 

それもそうだこの薬の副作用は確実に人を殺す、男は知っているのだ失敗すれば死ぬと。

 

思い出したのだ。ある日、非合法に拉致した女軍人に改良に改良を重ね負荷を軽減した三番目のtype.αを投薬した際、ギアを起動するまでもなく血を吹き出して死んだことを。

 

しかし時間はそんな男を許してくれなかった。

 

「今度は何だ…!?」

 

自分の真横の壁へナニカが叩きつけられた。

 

男は最初ネフィリムが自分を狙い瓦礫を投げたかと思った。しかしあの怪物が道具をつかう知能を、ましてやわざと外す知能を持っているか?否である。なら何を吹き飛ばしたか…。

 

「コフッ……」

 

 

今まで戦っていたセレナである。

 

 

★★★★★

 

「嬢ちゃん!?何で逃げなかった!」

 

 

「すいません…どうしても見捨てることができなくて」

 

 

「だからって…嬢ちゃんは大事な正規適合者なんだぞ!?お前を失えばどれだけの損害が…!」

 

男はセレナが戻ってきたことを咎める。

 

「だって……お兄さんは私達を人として見てくれた。この施設にやって来て不安しかない私達に優しくしてくれた」

 

だがそんな男の建前は彼女前では通じず、ボロボロの体を奮い立たせたセレナは。

 

「あの怪物は目が覚めたばかりなんですよね?なら私が止めますから…もし私が死んじゃったらマリア姉さんに謝っておいてください」

 

「おい待てっ…!」

 

男に微笑み再びネフィリムへと向かっていった。

 

★★★★★

 

『いいですかセレナ。あなたの纏うギアの絶唱特性は恐らくベクトルの操作を可能とします。そしてベクトルというのは…』

 

セレナは自分がギアを纏えるようになった後ナスターシャから自らの絶唱の特性を説明されたことを思い出す。

 

(マムのいった通りなら私の絶唱でこの怪物や火事を止められるってことだよね…)

 

 

そしてセレナは深く息を吸い込み絶唱を放とうとするが…。

 

GrraAaaaAAAaaaaaa!

 

「あっ…!」

 

ネフィリムがそれを許すはずもなくその剛腕がセレナに襲いかかろうとしたとき。

 

ギャハハハハハハ!アッーハッハッハッハ!

 

鉄の巨人がネフィリムを吹き飛ばした。




冒頭ぶりです傭兵の皆様。まさかこの作者の作品をここまで読みきる方がいるとは私は思いませんでした。しかし私のこの声を聞いているということはこの物語に多少なりとも興味を持ったという事実が含まれます。因ってもし次があればそのときもこの作品をよろしくお願いいたします。それでは。


ちなみにですが私はフラグを乱立するヴェニデのオペレーターではありませんのであしからず。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

ハングドマン

お久しぶりです傭兵の皆様、これより前回のおさらいもといブリーフィングを開始します。
前回、物語の冒頭でいきなりですが完全聖遺物であるネフィリムが暴走。そしてとある男性研究員が
逃げ遅れた子供及び職員へと避難勧告を出しますが一人の少女セレナはこれを無視。
さらにはネフィリムに対し反抗を開始しましたが重症を負いプランDへ以降(所謂ピンチです)。
よって、彼の今後行動に期待しましょう。





それはセレナがボロボロの体を奮い立たせ、ネフィリムへと向かって行った後の出来事だった。

 

「何でなんだろうな…まったく…」

 

自分の事を情けないと思いながらもポツリと呟く。

 

なぜなら男は一人の正義感が強い少女には酷だが自分の事を考えず、その辺の一研究員など見捨てて逃げてくれればと思った。

 

例え数秒、数十秒であってもこの身に残された力を振り絞って少女の逃げる時間を確保できればどれだけ気楽だったかと。

 

だが現実は違う、男は体に力が入らず少女は自らの命を燃やし自分を救おうとしている。

 

『あなたは自らの人生をどのように生きたいですか?』

 

だからこそ…。

 

「好きなように生きて理不尽に死んでやるさァ!」

 

男は迷い無く赤いLINKERを自らに打ち込み翼の形をした完全聖遺物を自分の胸へと突き刺した。

 

★★★★★

 

深海。一言で言えばそう表現するのが正しいほどに真っ暗で何もない空間に男いる。

 

「俺は…失敗したのか?」

 

男は疑問に思う、それは先程までLINKERの副作用に苦しめられ全身を激痛が掻き毟っている中、突如視界が暗転し、気がついたらここにいたからだ。

 

「いいや新入り失敗じゃない。ましてや成功でもないがな」

 

「誰だ?」

 

そしてふと声をかけられ振り向くとそこには顔は見えないが自分意外にもう一人男が立っており自分の事を新入りと呼ぶ。

 

「よぉ新入り俺がだれかって?俺は■■■■だ」

 

「なんだと?今なんて言った?」

 

だが彼の名前を聞き取ろうとするがまるで水中で喋っているかのごとくぼやける。

 

「ふむ?聞こえなかった……という訳じゃなさそうだ…寧ろぼやけたか?」

 

「どういうことだ?」

 

「言葉通りだよ新入り。多分お前にはまだ俺の名前が聞こえないそうだな…」

 

 

だからこそ彼は男のために自らの事をこう名乗った古王(オールドキング)と。

 

★★★★★

 

古王(オールドキング)だと?つまりアンタは王様なのか?」

 

「いいや、別に俺が王様をしていた訳じゃない古い友人がやっていたのさ」

 

「古い友人ね…それよりここは何処なんだ?」

 

「ここか?名前は色々あるが…俺はビッグボックスと呼んでいる。まぁ、説明しても理解できないと思うが…」

 

男は興味ないと言わんばかりに話題をそらす。そして今自分の置かれている状況に対しオールドキングは呆れた様に答えた。

 

「とりあえずは、お前の精神世界とでも思っとけばいいさ」

 

「精神世界だと?」

 

「あぁ、そうさ。現実と切り離された架空の世界。お前の精神の底さ」

 

「じゃあ外はどうなってる?俺はさっきまで…」

 

「そうだな、新入りの考えてる通りだよ。今お前からは見えてないだけだが、あの小娘は絶唱とかいうのを放とうとしてる。更に言えばあの小娘は死ぬ…絶対にな」

 

 

だが未だ解決に至っていない現実に男は焦り俯くが。

 

「なんだと…!じゃあ俺は間に合わなかっ「最後まで話を聞けよ新入り」っ!?」

 

「いいか?今の結果は俺が予測した未来の一つにすぎない。だが、お前はそれを覆す力を持ってる…解るか新入り?つまりは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ間に合うんだよ」

 

男はその言葉に俯いた顔をあげ勿体ぶってるオールドキングを睨む。

 

「守りたいんだろう?色々と、だったら聞かせてくれ新入り」

 

しかし彼はそんなのお構い無しと話を続け。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ソノチカラデキサマハナニヲマモル?」

 

彼はそう告げた。

 

★★★★★

 

 

 

「ガハッ…!?っ…!戻って…きたのか?」

 

男はアビスから現実に引き戻され、まだ彼が言った未来が訪れていないことを確認する。そして、現実世界へ戻る際オールドキングとの会話を思い出す。

 

『いいか?新入り。今のお前に貸せるはほんの一握りの力だ…しかしその力はシンフォギアシステムとか言う訳のわからない紛い物とは違う』

 

『どういうことだ?』

 

『解らないのか新入り?お前が手を出したモノはお前らが言う完全聖遺物だ。つまりお前たち研究員の考える聖遺物の欠片がそよ風程度のエネルギーならコレはエネルギーの暴風に近いんだよ。言っただろ失敗でもないましてや成功でもないと』

 

『じゃあどうすればいいんだ?』

 

『さぁな?ソコは自分で考えろ。まぁ、自分の胸にてを当ててみろよ新入り(ハングドマン)あと、呑まれるなよ?』

 

 

「やってみるか…?」

 

そして、言われるがまま先程聖遺物を突き刺したであろう場所に触れ意識を集中すると異変は起きた。

 

それは淡い光と共に胸の辺りを中心に黒い突起物のような結晶が生えはじめるたのだ。

そして突然のことに男は焦ったがすでに遅く結晶は全身を覆い尽くし、男が反射的に閉じた目を開くと視点は高くなり自分は五メートル近くの巨人になっていたのだが。

 

「ハハハハッ…!」

 

同時に男の精神を黒いナニカが飲み込んだ。

 

 

★★★★★

 

「なに…あれ…」

 

セレナはギアの変身が解け無茶をしたせいで来るバックファイアの負荷があるにも関わらず目の前で起こる化け物同士の戦いから目を離せないでいた。

 

それは彼女が絶唱を放つ前にネフィリムの攻撃がセレナを葬ろうとした直後のこと。

 

突如乱入してきた鉄の巨人はネフィリムを蹴り飛ばし、ネフィリムもいきなりの事に驚きつつもセレナから巨人へとターゲットを変え襲いかかる。

 

だがそれが命取りだった。

 

ネフィリムが巨人の体をどれだけ殴り、切り裂こうとしてもその体は傷つかず、逆に巨人の持つ淡い青色の光を放つ鉄筋コンクリートの柱は確実にネフィリムの体を抉る。

 

だからこそ巨人はセレナがあんなにも苦戦させられたネフィリムを文字通り蹂躙している。

 

「ギャハハハハハハッ!!潰れろよ…ゴミ虫が…」

 

「GraAaaaAr…!」

 

「凄い…」

 

そして巨人の最後の一振りがネフィリムの頭を吹き飛ばし頭を失ったアルビノ色の巨体が音をたてて倒れ動かなくなる。

 

 

だがそれと見たセレナは緊張感が解けたのかはたまた戦闘後の疲労からなのか…。

 

セレナァァァアァァ!

 

頭上へと降り注ぐ瓦礫に気づかず、自分の姉の叫び聞きながらも意識を落としてしまった。

 

「………ここは?」

 

次にセレナが目を覚ますとそこは見覚えの無い場所だった。

 

「確か…私…そうだマリア姉さん!…!?」

 

 

そして意識が覚醒するにつれ様々な事を思い出し、不安になる。だが自分の意思とは裏腹何故かに体に力は入らずセレナは起き上がることすらできなかった。

 

★★★★★

(私の体…どうなっちゃったんだろ…)

 

彼女が起き上がることができないままどれだけの時間がたっただろう。セレナは部屋の中をある程度見渡しながら自らの体の自由が利かない事を考える。

 

(多分無理しちゃったからだよね…マムやマリア姉さんに怒られちゃうかな…)

 

そしてセレナがそんな事を思っていると。

 

「やぁ、嬢ちゃん目が覚めたかい?」

 

「あっ…お兄さん!無事だったんですね!」

 

「あぁ、嬢ちゃんのお陰でね!この通り元気さ」

 

部屋の扉をノックし見慣れた男が入ってくる、そしてセレナは目覚めてからずっと安否が気になっていた彼が無事なことに気づきホッとしたのだった。

 

男はセレナの体を起こしてやり、ベッドの脇にある椅子へと腰掛けると真剣な表情しクリップボードに付けてある紙に何かを書き込み始め、セレナとボードを交互に見ながら質問を行っていく。

 

「ところで嬢ちゃんにとって辛い質問なんだが…目が覚めてから何か体に違和感とか無かったかな?例えば~…感覚が無いとか、目が見えないとか?」。

 

「えっと…お兄さんが言った通り特にありません…」

 

「そりゃよかった!じゃあ、特に問題はないね」

 

そして何気ない会話をしながらも一通り質問が終わると男はボードを脇に置き、彼女の体へ特に異常がないことを伝え部屋を出ようとすると。

 

「あのっ!」

 

「どしたの?」

 

「えっと…私が気を失った後…の事を教えてもらってもいいですか?」

 

セレナには気になる事があるのか男を呼び止め自分が気を失った後の事を聞く、すると男は少し考え込む素振りをすると片手の指を三本立てながら言った。

 

「………三つだけ」

 

「えっ?」

 

「キミにとってとても辛いと思うが…受け入れて欲しい現実が三つだけあるんだ…。」

 

「辛い事…ですか?」

 

「あぁ、だが返事は今じゃなくていい…気持ちの整理がついたら教えてくれ」

 

そして男はセレナが答えるのを待つのであった。

 

 




冒頭ぶりてす傭兵の皆様。
さて、またもや最後まで読んでいただいたことにクライアント(作者)はきっと喜んでいることでしょう。

更には一話を投稿してから少なからずお気に入り登録者が数名居たことによりクライアントも安心したと思います。

最後に私はこのあらすじにしか登場しませんが微力ながら傭兵の皆様の誤字報告や評価などの援護がクライアントのモチベーションアップへとつながることでしょう。
それては失礼いたします。


目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。