ちょっと変わった変異人形達 (Big Versa)
しおりを挟む

45「にゃんでこうにゃっちゃったのよ~!」ウロボロス「可愛いから良し(愉悦)」

404小隊に下された夜間作戦。通称『CUBE作戦』。

 

 

目的は鉄血が守るジャミング装置の奪取。

 

 

作戦は滞りなく進み、小隊は鉄血のハイエンドモデルである『ウロボロス』を追い詰める。

 

 

 

 

 

作戦はとうとう終わりを迎えようとしていた……

 

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

 

「416!ねえ416!大変だよ!」

「一体どうしたのよ!まだ作戦中よ!」

 

 

鉄血の本拠地である司令部内部にて、416はほぼ無力化したウロボロスに銃口を突きつけていた。今は壁を背に倒れ込んでいるが、いつ攻撃してくるかは分からない。そんな緊迫した状況だというのに、突然UMP9が勢いよく転がりながら入り込んできた。

 

 

「よ、45姉がー!45姉がー!!」

「だから落ち着きなさい!45がどうしたっていうのよ!?」

「ね、ね……」

「ね?」

 

 

9はあわあわと声を震わせているばかりだった。416は不審に思いながらも9にもう一度訊ねる。

 

 

「……とりあえず、9は45を連れてきてちょうだい。どうなってるのか分からなきゃ理解のしようがないわ」

「う、うん……と、とりあえず連れてくるね!」

 

 

9は大慌てで来た道を戻ろうとしたが、後ろを振り向けば既に自身の姉であるUMP45が恐る恐ると立ちすくんでいた。

 

 

「うわぁ45姉!?」

「ひゃ!にゃ……ニャインじゃにゃい。びっくりした~……」

「ああ、えっと……45姉大丈夫?具合悪いとか無い?」

「だ、大丈夫だと思う……けど」

「良かったぁ~」

「いやちょっと待って二人とも。特に45」

 

 

互いに安堵する二人を見かねて416がストップをかける。そして45の方に近づいて頭を指差した。

 

 

「貴女……それ何?」

「えっ?」

「頭のそれよ、猫耳生えてるわよ」

「あ……ああ、これ。にゃんか気づいたら生えてて……」

 

 

45は自分で頭を撫でてみる。すると違う感触が得られ、付いている猫耳が前後に動いた。416は目の前の光景と自身の視覚センサーを疑い、目を何度か擦ってもう一度凝視する。しかし得られた光景は同じで猫耳はひょこひょこと動いていた。そして尻尾も生えている。

 

 

「……頭痛くなってきたわ」

「えぇ!?ちょっと416、助けてよ~!45姉が心配じゃないの~!?」

「助けてって言われても無理よこれ!っていうかついさっきまで普通にしてたじゃない、一体何が原因なのよ!」

「わ、分からにゃい……」

「『な』の部分も言えてないし……」

 

 

半分猫のような状態になってしまった45の状態を見て416は頭を抱えた。作戦中で、小隊の、しかも小隊長が猫になってしまうなどあり得ないにあり得ないを積み重ねたような状況に他ならない。この状況にはウロボロスも困り果てたような顔をしていた。が、数秒ほど考え込んで口を開く。

 

 

「あー……おい、おぬし。416」

「何っ?」

「ここで怒っても何も変わらないだろう。まずは本部に報告することだな」

「ふざけないで!こんなことグリフィンに知れたらお得意様が無くなるのよ!?そんなことになったら私達はこの先生きていけないのよ!」

「やるまで分からないだろ」

「何ですって?」

 

 

ウロボロスは目を細めて言葉を続けた。

 

 

「おぬしらの身を案ずるつもりはさらさら無いが、後ろの崖と前の吊り橋……おぬしだったらどっちに進むんだ?ま、賢いグリフィンの人形だったら答えは自明の理だろうがな」

 

 

416は45の方を見て、拳を握る。45は以前までの様子とは違ってどこか怯えているようにも見えた。

 

 

 

 

 

―――ここで答えを出さなきゃ

 

 

 

 

 

―――45があんな状態で、私しか部隊を率いることができない

 

 

 

 

 

―――私が、完璧ならば……

 

 

 

 

 

「そう、よね……」

 

 

416は握っていた拳を解いて笑みを浮かべた。そして言葉を紡ぐ。

 

 

「私が決断できなくてどうするのって話よね。行くわよ」

「ククッ、流石。私を倒す人形はそうでなくっちゃな」

 

 

そしてウロボロスは首を鳴らして立ち上がった。負傷しているにも関わらず元気そうである。

 

 

「それでまあ、わたし個人として一つお願いがあるんだが」

「お願い?」

 

 

ウロボロスは壊れた兵装を拾い上げながら言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私も一緒に降参しに行こうかと思っててさぁ~」

「少しは立場わきまえろボケナスお団子がぁ!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

 

「416~、少しは手加減してくれてもよかったではないか~……手錠も着けられてるし~……」

「うっさい!鉄血の屑野郎め!あんたなんかグリフィンに差し出してリサイクル用品にしてやるわ!」

「いたいぃ~……」

「だ、大丈夫にゃの……?」

 

 

作戦エリアから輸送ヘリで撤退し本部へ向かっているが、ウロボロスは三重に手錠を着けられほぼ身動きが取れない状態になっていた。そんなウロボロスの様子を、45は心配そうに見つめていた。

 

 

「416、流石にやり過ぎじゃにゃいの?もう武器とかもにゃいんだしさ。手錠は一個だけでも十分よ」

「グリフィンも警戒するでしょ。あいつらの鉄血嫌いは筋金入りよ」

「それもそうだけど……」

 

 

416は後部座席の右端で不貞腐れたように言った。彼女の言う通り、グリフィンの鉄血への敵対具合は度を超えている部分もしばしばある。404小隊から見れば、グリフィンの方が悪役になることだって少なくは無い。それは45も、この場にいる全員が分かっていることだった。

 

 

「でもにゃ~……」

「お~45は心配してくれてるのか、よーしよしよし」

「んにゃあ!?」

 

 

ウロボロスは動かない腕を伸ばして45の頭を撫でた。触るたびに猫耳が反応し、45は肩を震わせる。

 

 

「ちょ、ちょっと、触り過ぎよ……」

「いいだろいいだろ~。猫ってこんなにも癒されるんだからなぁ~」

「にゃあぁぁぁ……」

「ちょっとウロボロス!あんた捕虜だからね!?分かってるの!?」

「あぁ^~尊い^~」

「えっG11あんた起きてたの!?」

「アハハ!すごい賑やかだね45姉!」

「ちょっとうるさい……かにゃ……?」

 

 

任務の帰りはいつも以上に騒がしかった。

 

 

 

 

 

「もとはと言えばあんたのせいだからね45!」

「にゃ!?わ、私は悪くにゃいわよ!」




あ、そうだ(唐突)

大陸版で新しい冬イベが発表されたゾ。タイトルは『ISOMER』(異性体)検索すればPVもあります。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

416「まさかこうなるとは……」45「災難にゃのか分からにゃいわね……」

CUBE作戦から二か月後、416は欠伸をしながら通路を歩いていた。

 

 

「猫ねぇ……」

 

 

思い出されるのはあの衝撃的な光景。45に猫耳と尻尾が生えるなんて誰が予想できただろうか。完璧と自負している自身の電脳をもってしても、答えはおろか原因の欠片すらも判明することは無かった。その証拠に、ここ最近は思い詰めることも多く眠りが浅い日が続いていた。

 

 

「ハァ……」

 

 

私がしっかりしていれば、と考えてしまう電脳を取り払いたかった。首を二、三度横に振り、416は45がいるという特別収容室の扉まで来た。認証パネルの目の前に立ち、右目をセンサーに近づける。

 

 

《網膜スキャン開始……完了。戦術人形『416』の認証が完了しました》

 

 

ゲートが開かれ、416は中に入った。中は病室のように殺風景で窓に近い位置にベッドがあるが、白いカーテンで仕切られている。

 

 

「45?開けるわよ」

 

 

416がカーテンを開ける。すると、

 

 

 

 

 

「お、416じゃないか。どうしたんだ?」

「んにゃ……?」

 

 

 

 

 

ウロボロスに身体を摺り寄せている45がいた。

 

 

「随分と甘えられたものね。ハイエンドモデルさん?」

「それは仕方ないことだ。45も独り身が嫌だと言っていてな」

「45、そうなの?」

「うん……にゃんか、一人が怖くて」

 

 

45は猫耳をぺたんとさせながら呟くように言った。猫のパーツが生えただけでこんなにも気弱な性格になるのか、と思わざるを得ない416は腕を組んで思考に走る。

 

 

(一体何が原因なのかしら……この前の精密検査ではウイルスの類は一切見つからなかったし、今のところ生活に支障が出てるわけでもない。ただ性格は変わりに変わって戦闘に参加できる状態ではないという結果がグリフィンの見解……参ったわね)

 

 

416もその場で見ていたが、45に戦闘シミュレーションをさせたところ、鉄血兵に一発も撃てないという判定結果が出た。それはすなわち、戦場で鉄血人形やハイエンドモデルに遭遇したとしても対抗手段が取れないことになる。

 

 

(確かに戦闘には参加させることはできないわよね……)

 

 

416は深い溜め息をついた。

 

 

「このままじゃ404も活動が限られるわね……」

「戦力バランスとしては都合がいいんじゃないか?鉄血が早くにいなくなれば、グリフィンの選択肢は二つ。一つは退屈な巡回」

「……もう一つはELIDとの交戦。それだけは勘弁願いたいわ。PMCごときでELIDなんかに敵うわけがないもの」

 

 

それを聞いて、ウロボロスは僅かに笑った。

 

 

「このまま隠居すれば平和に暮らせそうだがな」

「それが出来たら苦労しないわよ。多分グリフィンは私達を放す気なんてさらさらないと思う……」

 

 

二人は息をついて今後を思案した。互いの電脳の中では様々な自問自答が繰り広げられていたが、それもついには45の声によって切断されることになった。

 

 

「あの、ごめんにゃさい……私がこうにゃっちゃったせいで」

「ん?ああ、別に大丈夫さ。わたしは死ななかっただけマシだからな」

「私も気にしてないわよ。とにかく、今は観察期間が終わるのを待つだけよ」

「う、うん……」

 

 

45は安堵したのか、頬を緩ませてウロボロスに顔を摺り寄せていた。

 

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

 

「ほ~れほれ~。猫じゃらしだよ~」

「あっ、んにゃ!」

 

 

昼を過ぎた頃、9は猫じゃらしを上から左右に振って遊んでいた。45も猫じゃらしに反応し、手を伸ばすが中々取れない。

 

 

「と、取れにゃい……」

「アハハ、45姉すごく飛びつくよね~。可愛いな~もう」

「にゃふ……」

 

 

45は9に抱き寄せられ、胸に顔をうずめられた。柔らかい感触に包み込まれ、45は手足をバタバタと動かす。顔を離した45は頬を赤く染め、息を荒くさせていた。

 

 

「ハァ……ハァ……苦しかった……」

「あ、ごめん……45姉が可愛くてつい」

 

 

そう言って9は自身の頭を軽く小突いた。

 

 

「でも本当に可愛いと思うよ?その猫耳だってさ、AR小隊にも見せちゃおっか!」

「えっ!?そ、それは駄目よ!あの小隊に見せちゃ……」

「何で?」

「だ、だって……にゃんか、馬鹿にされたり、とか……」

 

 

同じ404小隊ならともかく、AR小隊にまでこの姿を見られては隊長としての面子が保てないこともあった。いくら猫みたいになった45と言えど、小隊長としての立場を完全に捨てたわけではない。

 

 

きっと笑われるに決まっている。そういう思いが電脳内で反芻していた。

 

 

「私だって隊長にゃのに……」

「だーめっ!ちゃんと皆にも理解してもらわないと。それに、もしもの時は私達が守ってあげるから、ね?」

「ニャイン……」

 

 

9はいつものような明るい笑顔でそう言った。45は俯いていた顔を上げ、笑みを浮かべる。

 

 

「……分かった。じゃあみんにゃに頼ることにするわ」

「さっすが45姉!早速だけどぎゅーってしてあげる!」

「にゃ!?」

 

 

9は突然45の背中に手を回したかと思うと、そのまま45の身体を持ってきて抱きしめた。顔の距離も近く、45は9の吐息を間近で感じる。

 

 

「にゃ、ニャイン……!?あの、えっと……」

「45姉大好き!ずっと抱き枕にしたいな~」

「か、顔が……近いよぉ……」

 

 

45の視線は既に左右に泳いでいて9の顔を直視できないでいた。しかし9は両肩を掴み、45の顔を強制的にこちらに向かせる。45はもはや耳まで赤くなっていた。

 

 

「ん~恥ずかしいのかな~?」

「にゃ……」

「えへへ~、耳も触っちゃうぞ~?」

「んにゃあ!?」

 

 

突然耳を触られ、45は身体を震わせた。しかし9の手は止まることなく、指全体で猫耳をほぐすように触っていく。45は力が抜けるのを感じて抵抗するように動かしていた両腕も、糸が切れた人形のように垂れ下がっているばかりだった。

 

 

「にゃ、にゃんか変だよぉ……」

「すごい触り心地いいよ45姉~。癒されるなぁ~」

「力が、入らにゃい……」

 

 

45は抵抗も叶わず9に身体を預けた。そしてそのまま寝息を立ててしまった。

 

 

「んにゃ……」

「ちょっと遊びすぎちゃったね45姉。おやすみ」



目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。